カリフォルニア/ナパヴァレー予習その4

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店、
オンラインWassy’sのサトウです。
気が付けば、カリフォルニア/ナパヴァレーツアーまで、一週間を切りました。
ワクワクと不安で、ドキドキしてます
ナパヴァレーを南北に
ロス・カーネロス、オーク・ノール、ヨントヴィル、オークヴィル、ラザフォード、セント・ヘレナ、カリストガと
通る主要道、29号線沿いには、たくさんのワイナリーがあります。
napa全体図
「ここをはずして、ナパヴァレーは語れない」ということで、
今回は、国道29号線沿いには、どんなワイナリーがあるのか?
ナパヴァレーの主な産地は、みていこうと思います。
まずは、ロス・カーネロスから、
ロス・カーネロス
画像は、もう少し南にいくとサンパブロ湾です。
エチュードが見えていますね。
シェーファーダラヴァレアロウホなどなど、
超有名ワイナリーを手がけたワインコンサルタント トニー・ソーター氏が
立ち上げたワイナリーです。
現在は売却し、
「オレゴンって面白そー!!いっちゃおー!」って、
アメリカ/オレゴンでワイナリー「ソーター」を手がけてますが、
アドバイザーとして、今もエチュード関わっています。
ぐ~と、北上して、次はオークヴィルです。
オークヴィル
ナパヴァレーの中で、
もっとも華やかな地区なんじゃないでしょうか。
超有名ワイナリーが目白押しの地区です。
カリフォルニアワイン・ファンには言わずと知れた
オーパス・ワンや、ロバート・モンダヴィのワイナリーが見えています。
ワイナリーの詳細は、文字の部分をクリックしてみてね♪
他にも、オンワイン・ワッシーズで取扱いのある
ケークブレッドターンブルなんかもありますね。
さらに北上しラザフォード、
ラザフォード2
ガーギッチ・ヒルズが見えています。
シャトー・モンテリーナで醸造責任者マイク・ガーギッチ氏が手がけたワイナリです。
商品紹介しようと思いましたが、今扱っているアイテムがありませんでした。
残念です。。。
ニーバウム・レーンを真っ直ぐ突き当りまで進むと、
映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏のワイナリーがあります。
先週、フランシス・フォード・コッポラ ワイナリーの方が
来店して、いろいろお話したので、ついつい書いてしまいました(笑)
最後にラザフォードの北方にあるセント・ヘレナ、
セントヘレナ
赤○のAは、今回のナパヴァレーの期間中、滞在する宿があります。
画像の西側にはスポッツウッドも見えていますね。
こちらも、ナパヴァレーを代表する生産者のひとつです。
ほんの少ししかお見せできなくて、すみませんm(_ _)m
でも、ちょっと覗いただけで、これだけのワイナリーがでてきます。
googleの地図で29号線沿いを見てみると、
いろいろなワイナリーがあって、なかなか面白いです。
新しい発見があるかもしれませんよ
皆様もお時間がありましたら、地図でナパツアー楽しんでみてください(笑)
gooleのナパヴァレー地図へのリンクを貼ってみました。
よかったら、クリックしてください→ ナパヴァレー地図
さて、本日の体重は、87.0kg
今週は、ちょっと食ってしまったという自覚があるので、
仕方ないです。反省
ツアー中は、きっと食べてしまいます。
行くまでに、少しは絞らないと、
帰国後、まずいことになるような予感がします(笑)

胃腸炎でした(T_T) gastroenteritis!

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリ@おなかがすいて力がでないよぉbyあんぱんまん)です。

火曜日に、どこかで私書いてました。(facebookだったかブログだったか、twitterだったか・・・)

写真 1
アボカドオイルがあまりにおいしすぎてワイン飲みすぎました。

。。。。間違ってました
あの、胃の気持ちの悪さは、二日酔いではなく

『胃腸炎』

でした。

火曜日の夕方ごろ、あまりの気持ち悪さ+胃痛で会社の横の病院行ってみると、熱まで出ている事が発覚。

あとは、地獄へとなだれ込んで行きました
2日間しっかりお休みをいただき( 動けんかった  )
今朝会社来て見みましたが(仕事がたまってるのさー)

なんちゅーても、断食2日&おかゆシカ食べてないので、体がうごかないです。
そして、あまりに魅力的だったので、思わず会社の下の自販機で買ってしまった↓

写真

2口目くらいまでは美味しかった、、、、
でも、、、、

無理でしたm(__)m

二日酔いと思ったら、胃腸炎ってびっくりするけど、
私は、なんか下腹太ったなーー。と思ったら、膿腫が出来てたヒトでした。←過去の話ね。

やる事こなして、はやく家返って寝ようと思います m(__)m 休養がイチバン大事なんだってさ。