キングエステートのディナー

うわっ!ワインリストすごい。

2004年のピノグリと2012年のピノグリ!

熟成したピノグリめっちゃ美味しー。
買おっ!(オンラインでは2011年VTのピノグリを販売中です)

ベンさんの目の前でディナー(^o^)/らっきー


えーっっ。

ワインメーカーになって4年目で
キングエステートのヘッドワインメーカーかよー。
そりゃ、皆に天才っていわれるよ。

キミすごいわー。


2004と2012のピノノワール比較。
幸せです~。

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!

ブログランキングもぽちっとよろしくお願いします♪

キングエステートのワイナリーツアー

ワインメーカーのベンさんはキングエステートの前はニュージーランドの ホワイトヘヴン!(また、nz!!)で働いていたそうです。その前はなんとインド!!

このツアーの中で今のところ1番おもろかったワイナリーツアー
ピノグリの発酵中のテクニック
発酵中にタンクを3回も移動させるそうです。それはなぜかと言うと、、、、最後の新鮮なおりをバトナージュするため。

移動させるたびにうえの綺麗なジュースだけをとって、また新しく発酵させてオリを沈めます。

え? 3回もーーーー。めんどくさーーーい(>人<;)
そんなの始めて聞いた!

えーと分かりやすく説明すると 通常ワインは発酵が始まると数日間温度や糖度を見ながら同じタンクで慎重に発酵が終わるのを待ちます。

でもここはもっと慎重にワインをみて、発酵温度を3段階にわけその都度、他のタンクに移動させるのです。
通常より3倍以上めんどくさい!!

そんな事をする理由は
はじめに発酵した後にでるオリより3回めの方が
軽く新鮮でよい要素がもちワインに複雑味が出るからだそうです。

↑ タンクについているふたつのこのバルブの片方にプロペラがついている、バーをつっこんで攪拌させます。

↑ これ!!
すごいっ!始めたみた!
かしこーーーーい

シュールリーもこのオリの上で行います。
大体3ヶ月から5ヶ月。ワインのランクによって変えます。
これをすることによって、クリーミーで柔らかなワインとなるんだそうです。

新しい、テクニックをきいて、ハダノリ興奮ですっ!

そしてもう一つ!
これっ↓

酒石を電子で取り除く機械

えーーーーっっ!
マシンで酒石を取り除くのーーー?

マイナスイオンとプラスイオンで引きつけてカリウムを取り除く。
マイナスまで下げないので、冷却による酸化を防ぐのと共に『酒石酸』ではなく酒石酸の元になる” カリウム”のみを取り除くことができるのです。

すごい、すごい!
たのしーーーー

では送料無料キーワード
” 新しい醸造テクニックで興奮!”

お買い物の際、備考欄にこのキーワードを書いていただくと送料無料(クール便除く)にさせていただきます。
そして、ブログランキングへの投票もどうぞよろしくお願いいたします。

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!

ピノグリでウェルカム

ピノグリでウェルカム
バスの後は気持ちいー



そして、ワイナリーツアーへと出発です

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!

ブログランキングもぽちっとよろしくお願いします♪

キングエステートへ移動中です

オレゴンワインとワシントンワインのオンラインWassy’s店長ハダノリです。

バスで移動中(^o^)/
ずーっと、南へ下ります。

いい天気だわ~。
時間ができたのでちょっと雑談
先ほどドメーヌセリーヌで頂きました。

これ。

これ。↑長くて写真にも写り切らないですが。
この長い方はたぶん地図ですね。
で、小さい方は

おおっ( ̄▽ ̄)
輝く金バッジ!!
日本帰ったらお客様プレゼント企画またやりまーす。
(けっこう、色々ワイナリーグッズたまってます(^o^)/)

ちなみに、ドメーヌセリーヌのチーフワインメーカーのエリックさんは、ドメーヌセリーヌにくる前は、アデルスハイムにいたそうです。
んで、その前はなんと一年間 ニュージーランド、クライストチャーチ( ←ハダノリが住んでた、近く)にいたんだってー!

2003年!
私もその頃いたわー。

アーマーストリートに住んでいたって、
私の友達もアーマーストリートに住んでたよー。
と、世界は狭いです。

その他、今回の旅は実は余裕があるのでワインメーカーさんたちに
今まで聞きたかったけど聞けなかったことを、ぽろぽろ聞いてます。

何をきくか考えて行ってるわけじゃなく、その場で畑やワイナリーで
そういえば、前から不思議だったんよねぇーーーー。
と思うこと。

たとえばドメーヌセリーヌでは、
発酵用にはプラスティックタンクとステンレスタンクをつかってました。
( ↑ 写真なくてごめんなさいm(_ _)m )

発酵にプラスティックタンクを使ってるところはよく見ます。
でも、ワインメーカーがのエリックさんさんは、あんまり使いたく無いからどんどん減らしてると言ってました。

で、 はてな

プラスティックとステンレスタンク
発酵に使用すると味に違いが出るの???
答えは→ NO

でも、ストラクチャーに違いがでるそうです。( 骨格ね。)
ステンレスタンクタンクでの発酵は温度の調整ができる。(←温度調節できるタンクならね)けど、プラスティックだと出来ない!

と、説明されると
『 なるほどぉーーー。』
そんな事気がつきなさいよ、私!
習ったでしょっ!と思う。

『そういえば プラスティックタンクでは”コールドマセレーション” どうやってやるの?』
【 ドライアイスで 】
なるほどおぉ~(・ω・)ノ

って、私 vidal(ヴィラマリア)の研修時、下っ端だからプラスティックタンクに毎日 ドライアイスほりコム役目してたやん。
( ↑あれは、参加を防ぐためだったけどさーーー )
あかんあかん、色々わすれるわーーー。

そして
もうひとつ、ソーコルブロッサーで聞いて見た。
” うちはグラヴィティフロー( ポンプを使わず重力をつかってワインを移動させること、ドメーヌセリーヌが代表的、階上へ収穫したしたぶどうを運び、最終的に樽はもっとも低い階下にあるので、そこまでは自然にワインを流して行く方法、ワインによけいな圧力をかけないので良いと言われています。)を使ってないからねぇーーー。”
と言ってました、

おっ( ̄Д ̄)ノ
それ、ハダノリ前から気になってた!

ほんまに、ポンプの圧力を使うと、ワインの品質に影響するのか???
それって、『 うちはグラヴィティフローなんだよーーー 』
と自慢する 人には聞けないっ。
ちゃーーーーんす!

” ねぇねぇ、ほんまにグラヴィティフローって良いの? ”
ソーコルブロッサーのアレックスさんの答え
→ うーーーーーん。僕の1番好きなワインはグラヴィティフローじゃなく1階建てのワイナリーだし、
今までオレゴンでナンバーワンと言われるワイナリーも1階だてだしねー。
Good Answer (^o^)/
ちょっと、すっきりした

まだまだ色んな事きいていきまーーす。

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!
ブログランキングもよろしくお願いしまーす。

Domaine Serene でテイスティング

Domaine Serene でテイスティング
ワインメーカーのエリックさんと超贅沢テイスティング


1. 11Evenstad reserve chard

100% ディジョンクローン
エステートシャルドネのブレンド
この2月に瓶詰めされたばかりの若いワインです。今でも楽しめるけど、やはり熟成させた方が美味しいかなーー。
香りはやわらかく、樽の甘さを感じるけれど、飲んでみるとかなりの酸がありすっきりとした後味です。
この酸味は2011の冷涼な特徴を良く出してます。ストーンフルーツや白い花、ミネラルがはっきりでています。
ワインメーカーさんとしては5年後どうなっているかを楽しみにしているんだそう
2. 10 Re’colte (フランス語で収穫の意味)

もっともパワフルで表現豊かな白。超限定生産で白ヴァージョンのモノグラム。最高品質のシャルドネをブレンド、1樽くらいしか作ってないってーーー!
めっちゃふくよかなのに、酸があり、素晴らしいバランスです。これ酸がなかったらおっそろしく強いんじゃないかと思います。【バランス!】です。
ショウガの飴みたいなスパイシーな感じがあります。きっとながーーく熟成するシャルドネ。
3. 10 Coeur Blanc
(オンラインワッシーズで販売中のワインはヴィンテージ違いの2009年)
ピノノワールから作った白ワイン!(大好き)
ワインメーカーがじっくりとクールブランに適したぶどうを選ぶそうです。完熟し一つの房が均等に適したぶどうをえらびます。
慎重に慎重によーく確認しながらタンニンや色が出過ぎないようにプレスします。
すっきりとしているけど、ながーーいフィニッシュがあるので飲んだあと、すごく食欲がでるわぁ。
美味しーーーー(^-^)
3. 10 Yamhill cuvee PN
(こちらもオンラインワッシーズで販売中なのはヴィンテージ違いの2009年)
フルーツの美味しさが前面にでた皆に好かれるタイプのピノノワール。
50%新樽を使ってます。
黒いさくらんぼやプラムのフレーバーが心地よい。
4.10Evenstad reserve PN
(オンラインワッシーズで販売中なのは2008年ヴィンテージ)
黒いフルーツといっしょに、ラベンダーのやさしい香りとタールの焦げたアロマなど複雑味さが素晴らしい。
タンニンもスムーズ。まだまだ熟成したら、もっともーーーっとスムーズになめらかになると思います。
09のevenstadは作られていないと、言う事からもわかるように、ものすごーーく丁寧にいいものだけしかこのevenstadにはなりません!
ちなみに、ヤムヒルもエヴェンスタッドも新樽は50%なのに、エヴェンスタッドの方が樽が少ない気がする、、
ぶどうの複雑味がエヴェンスタッドの方が強いので樽を感じにくいのだそう。
5. 08 Monogram
オーナーのケンさんのキャラクターが最もよく現れたスペシャルキュヴェ
その年のもっともよい樽:もっともよいぶどうの区画からワインを作ります。毎年その区画は変わります。でもなんとなーーく大体同じような場所かな~っってワインメーカーさんはおっしゃってました。

2008年はマークブラッドがメイン。
他とは完全にちがう・・・
チョコレートタバコ、ドライフルーツ、力強いです。
もちろん、間違いなく15年は熟成しますね。
で、もちろん09年は作っていません。
とりあえず、どれもファンタスティックですー。

さて、現在の送料無料パスワードは

送料無料パスワード
” 去年もハダノリ似がトリイモアにいたらしい”
※クール便代金は別ですm(_ _)m
今だと訳わからないですね。ははは

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!
ブログランキングもよろしくお願いしまーす。

ついに、ドメーヌセリーヌ内部に!

オレゴンワインとワシントンワインのオンラインWassy’s店長ハダノリです。
ついに、ドメーヌセリーヌ内部に!
ずーっと、ゲストハウスに、泊まり遠くから見ていたワイナリー


やっと来れた!
近くから。

中は完全にグラヴィテイフローを使った、超贅沢ワイナリー


どこみても、
はぁ^ ^
と、ため息つくような素晴らしく機能的な、ワイナリー。


これ↑ 上から下へとワインが流れます。

タワーの階段を下から上へ見たところです。
素晴しいっ!

今日もポチッとランキング投票お願いいたします。
店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!

Evenstad 一周!

ゴールドイーグルの畑。
バワフルで骨格のあるぶどうが出来ます。
斜面の下のグレースの畑やずつとソフトでスムース。
こんなに近いのにキャラクターがぜーんぜん違うのね~。

そして一目瞭然!植えてる方向が違う!
しかも、それぞれのサイドを別々に収穫前するんだってー。
フレーバーも全然ちがうそうです(^o^)/

↑今度は西側の斜面。
1番高いところで750フィート。
マークブラッドフォードの区画です^_^

↑エトワールの畑

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!
ブログランキングもよろしくお願いしまーす。

Evenstad vineyard

オレゴンワインとワシントンワインのオンラインWassy’sら店長ハダノリです。
朝から畑で幸せです~(≧∇≦)
ここから見える
Cote sud

コートスッドには、まだ自根のぶどうが30~40%ある古い畑です。
ドメーヌセリーヌは、お互いの畑やが近いにも関わらず、小さな区画それぞれキャラクターが違うのでワインメーカーとしてはワイン作りが、楽しいそうです。

ここの台木はリパリア種を使っています、リパリアだと他よりも1~2週間早く成熟するそうです。

へ~。

今日はほんま気持ちのよい朝だわ~。

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!
ブログランキングもよろしくお願いしまーす。

ドメーヌセリーヌの畑に向かいます

ドメーヌセリーヌの畑に向かいます
バスの中で、ワインメーカーのエリックさんが説明してくれます。

店長ハダノリ訪問中につき、オレゴン&ワシントンポイント10倍!!
さらにブログキーワードで送料無料実施中!
※クール便代金は別ですm(_ _)m

キーワードはブログの記事を探してね。
ブログランキングもよろしくお願いしまーす。