ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~ジュラ・サヴォワ(2)~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

今回はジュラ・サヴォワ地方の2回目です。

==========================
『ジュラ・サヴォワ』
==========================

①Vin Jauneの説明で間違っているものは?
1:サヴァニャンとシャルドネを白ワインとして醸造する。
2:ワインをオークの小樽に詰め、ウイヤージュせず、産膜酵母下で熟成。
3:Clavelinに詰める。
4:収穫から7年目の1月1日以降に、消費者向けに出荷が可能。

②Vin Jauneは最低何カ月間、産膜酵母下で熟成させないといけませんか?
1:45カ月間
2:50カ月間
3:55カ月間
4:60カ月間

 

③Clavelinの容量は?
1:325ml
2:620ml
3:750ml
4:900ml

④Vin Jauneのみに認められたA.O.Cはどれ?
1:Arbois
2:Chateau-Chalon
3:L`Etoile
4:Cotes du Jura

⑤ジュラ地方のVin de Pailleの木樽で熟成させる最低期間は
1:18ヶ月
2:12ヶ月
3:36ヶ月
4:48ヶ月

⑥サヴォワ地方のA.O.C「Seyssel」で許可されているブドウは?
1:Altesse
2:Chasselas
3:Jacquere
4:Roussanne

 

今回の問題はここまで。

正解は下にスクロール。

 

 

 

 

 

①Vin Jauneの説明で間違っているものは?
1:サヴァニャンとシャルドネを白ワインとして醸造する。
※サヴァニャンで醸造したもののみ。

②Vin Jauneは最低何カ月間、産膜酵母下で熟成させないといけませんか?
4:60カ月間

③Clavelinの容量は?
2:620ml

④Vin Jauneのみに認められたA.O.Cはどれ?
2:Chateau-Chalon

⑤ジュラ地方のVin de Pailleの木樽で熟成させる最低期間は
1:18ヶ月
※収穫から3年目の11月15日まで。その期間のうち18ヶ月以上木樽で熟成

⑥サヴォワ地方のA.O.C「Seyssel」で許可されているブドウは?
1:Altesse
※Altesse(アルテス)のシノニムとしてRoussette(ルーセット)も合わせて覚えておきましょう

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA