10月の人気ワインランキング★

 

ワインアウトレットセール お買い得ワイン オンラインワッシーズ

 

こんにちは♪
オンラインWassy´s ひのみです。

本日は、
10月の月間ランキングをお届けいたします。

 

“ワシントンワインの鬼才”と言えばこの方!!
チャールズ・スミスさん。
(※一度見たら忘れられない、パンク・ロックな男)

ワシントンワイン Kヴィントナーズ チャールズ・スミス

「ワシントン州はフランス全土の縮小版」

と、テロワールの可能性を信じ
旨いワインを作ることに余念がない独学の天才 です。

そんな彼が手掛けるワインが
今月の赤白トップにランクインしました☆彡

 

10月の人気ワインランキング

10月の人気ワインランキング オンラインワッシーズ

 

――――――――――――
◆◇◆赤ワイン部門◆◇◆
――――――――――――

【第1位】
黒果実のアロマと澱由来の旨味がもたらす
濃く引き締まった味わい
ワインズ オブ サブスタンス カベルネ ソーヴィニヨン [2018]

ワシントンワイン ワインズオブサブスタンス カベルネソーヴィニヨン

 

【第2位】
ナパ・ハイランズと飲み比べで多くお買い物いただきました♪
定番人気ワインのリーズナブル版
ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2017]

 

【第3位】
当店の隠れ人気品は、現地価格150$も納得のリッチな味わい
カシスやいちじくの果実味と幾重にもなる複雑なアロマ
アリル カベルネソーヴィニヨン エステート ナパヴァレー [2016]

個人的な話ですが…ここぞ!ってときのギフトで使って
喜んでもらえたワインだったので完売したらちょっと困るなぁ。

 

――――――――――――
◆◇◆白ワイン部門◆◇◆
――――――――――――

【第1位】
このお値段で、実はシングルヴィンヤードなんです!
アジア最大規模の審査会『ジャパン・ワイン・チャレンジ2020』で
プラチナ賞に輝いた実力派
チャールズ スミス ワインズ カンフーガール リースリング [2018]

ワシントンワイン チャールズ スミス ワインズ カンフーガール リースリング

 

【第2位】
アプリコットやオレンジ、トーストしたオークが薫ります
飲み応えとお手頃プライスが◎
レーヴェンスウッド ヴィントナーズ ブレンド シャルドネ [2017]

 

【第3位】
「無二」は残りわずか★ヴィンテージごとに愛称が変わります
樽香を楽しむまろやかなシャルドネ
オーボンクリマニュイブランシュ 無二(ムニ) シャルドネ [2015]

──────────────
まとめ買いがおすすめ!
不動の売れ筋ワイン
──────────────

多くのお客さまから選ばれている高支持率ワインはこちら♪

1)カレラ 各種

 

2)さんまさんのお気に入りで一躍人気者に!
ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]

 

3)まるで本物のシャンパーニュ
お酒が飲めない方との席には欠かせない存在
1688 グラン ロゼ NV ノンアルコール スパークリングワイン

 

以上、ワッシーズ人気者たちのご紹介でした。
ぜひ一度お試しくださいませ^^

カリフォルニアワイン オンラインワッシーズ本店 リニューアル

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

ナチュラル系即完売常連『ルーシーマルゴー』と新顔『ドーミローナ』

年に数回入荷するなり、お客様がそうそうに在庫を発見、ご紹介のメルマガを書いてるのに書きあがった頃には既に完売してしまい、僕のメルマガは無駄骨と化す・・・そんなワイン。

『ルーシー マルゴー』

幸い今回は無駄骨にならなくて済みました。

なぜならある程度の数を確保できたから!
とは言え既に在庫は減ってきてますし、一部はもう完売してしまいました。

このワインを輸入しているのが”ワインダイヤモンズ”さん。オーストラリアの最新トレンドとも言われるルーシーマルゴーを筆頭としたナチュラルなワイン造りを行い小規模ワイナリーを積極的に日本に紹介してくれています。

他にはない個性的で新しいワインを探しているならこの輸入元さんをチェックしておくといいかもしれません。

ワインダイヤモンズ特集
https://winestore.jp/winediamonds.html

では今回の新入荷は以下のワインです。

※表示価格は配信日現在の税込価格です
(変動がございますことご了承ください)

─────────────────────────
ナチュラルワインの筆頭で何より真っ先に完売してしまう
ルーシーマルゴー。今回入荷はこの2点。
─────────────────────────


■ルーシー マルゴー シャルドネ ピカデリー ヴァレー [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus9/2112/63541
特価 5,720円

ピカデリー・ヴァレーの麓にある「Cemetery Block」は、沖積層の黒砂質土壌で、ブドウの木は長梢剪定されたものです。
この農園はジェニーとジェームス・グリッグスによって運営されています。
果実は全房プレスし、500L樽(15年古樽)で発酵させ、澱の上で熟成。ワインはフリーラン・ジュースのみ。ワインは軽やかで、ミネラル感、塩気のあるカキ殻のキャラクターを持ちます。
SO2無添加。


■ルーシー マルゴー ライト レッド [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus9/2112/63542
特価 4,840円
淡いピンク/赤で、豊かなローズヒップの風味があります。冷やしてお召し上がりください。
自根の樹齢26年のピノグリ35%、接ぎ木した樹齢4年のガメイ35%、その他はシャルドネ、メルロー、ピノ・ブラン、サンジョヴェーゼ、ピノノワール、カベルネフラン、ソーヴィニヨンブランとあれこれまぜこぜのルーシーならではのMIXブレンド。

─────────────────────────
こちらは新しい作り手『ドーミローナ』
ナチュラルワインのブームをきっかけに人気のオレンジワインや
やさしい発泡のペットナットをラインナップ
─────────────────────────


■ドーミローナ シュナン ブラン [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63547
特価 4,400円
ホールバンチ プレス(全房搾汁)で、古樽を使った野生発酵。滓引きと熟成を重ねて、ボトリング。品種個性に対してとても正直です。グレープフルーツやライムの香りとこの生産地独特の洋梨やレモングラスの個性が混在しています。ファンキーな作り手ですがワインがとても美しいです。

■ドーミローナ スキニー [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63546
特価 4,400円
オレンジワインは、時にフェノール成分の所為で飲み疲れしてしまい、グラス1杯で満足してしまいますが、このワインはその香草的ニュアンスのお陰で飽きずに楽しめます。

■ドーミローナ クレイフェイス ペットナット [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63545
特価 5,280円
洋ナシと青リンゴの鮮烈な香りと鋭角なミネラル。品種個性に非常に忠実、ちょっぴりクラウディーで旨味もたっぷり。とても美しい出来のペティアン

■ドーミローナ ヨーケル グルナッシュ [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63544
特価 3,850円

ヨーケル(Yokel)シリーズはそんなSwan Valleyのブドウ農家にスポットライトを当て、再び活気を取り戻すべく始まったプロジェクト。しかしながら全ての農家がオーガニックのプラクティスを徹底しており、品質の高ささとカジュアリティが並び立つ素晴らしいコンセプトでもあります。

Yokelシリーズで最もジューシーでナチュラルな仕上がりはこのキュヴェ。軽赤がお好きな方ならきっと気に入って頂けると思います。
Swan Valleyの中で最も古い畑が集中した中部エリアにある自根の樹齢80年超Gグルナッシュから生まれます。手収穫、手除梗。ステンレスの開放槽で発酵、古樽熟成しています。

■ドーミローナ ヨーケル ヴェルデーリョ [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63543
特価 3,850円

Swan Valley北部に植えらえれた自根ゴブレ、樹齢80年のヴェルデーリョから生まれるワイン。手収穫、手除梗、開放発酵から1週間のスキンコンタクト。バスケットプレス後は再びステンレスタンクで半年のシュール・リー、素手で、数日に一度のハンド・バトナージュ。
SO2はボトリングの際に15ppm使用しています。青リンゴ、レモンゼストマジパンの香りが顕著でフィニッシュがほんのりスモーキー。Swan Valleyの代名詞的ブドウ品種であり、Yokelシリーズの根幹とも言える代表作です。

今回のルーシー、ドーミローナなど生産量が少なくワイナリーで会員登録をしなければ買えないような、オーストラリアの最新トレンドと言われる生産者を日本で案内してくれるインポーター『ワインダイヤモンズ』さんのワインはここからチェック。

 

外食行きたーーい(゚∀゚) イタリアンとハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

まだまだ気を緩めるわけにはいかないけれど

外食にも少しずつ出かけるようになりました。

この間の日曜日は朝から万博公園あたりまで出かけ、

お昼ご飯は千里中央の串焼き屋さんへ。

外で飲むと普段とは違うワインを

グラスでイロイロ楽しめるところが嬉しかった(*‘∀‘)

こんな風に合わせるのもいいなーとか

新しい発見があったり、

外食の醍醐味ですね

今、行きたいなーと目論んでいる

大阪は京町堀にあるイタリアンレストラン。

一度だけ訪れたことがあるのですが、

肉料理も魚料理もほんとに美味しかった!

で、そのレストランで飲んだワインは

ハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ2012

カリフォルニア ナパバレーの赤ワイン。

めっちゃ美味しかったな~(゚∀゚)

焼きたて熱々のピッツアと

ピッツアは

生地にもりもりチーズと生ハムが乗っていて、

しっかりがっつりなピッツア。

これがワインと相性ピッタリだったのです。

厚みのある果実味とやわらかなタンニン、

引き締めてくれる酸味のバランスが

ただ者ではないぞ~、と。

オンラインワッシーズには

ヴィンテージ違いの2015の取り扱いがあります。

■お取寄せ ハイド ド ヴィレーヌ ベル クジーヌ [2015]

ロマネコンティ共同経営者のオベールと

ハイド ヴィンヤードのラリーのコラボ。

バラのポプリ、革、ココアと、プラムやフレッシュなブルーベリー、

スパイスのアロマが感じられ、複雑さと深みを感じるワイン。

皆様にもぜひ味わっていただきたいワインです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

あ、アウトレットにこんなワイン(≧◇≦)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ご存じの方もいらっしゃると思うのですが、

オンラインワッシーズ新企画、

アウトレットワインが始まりました。

アウトレットとはいっても、

品質に問題があるわけではありません。

コロナの影響で

本当だったらレストランで飲まれていたハズのワイン、

良い出来でたくさん生産され過ぎたワイン、

数が揃わないので、売り切りごめん!なワイン

だったりします。

私もフタを開けてびっくり

J憧れのシミ ワイナリー

シミ カベルネソーヴィニヨン ランドスライド ヴィンヤード [2014]

があったり、

クロ デュ ヴァル

に至っては

クロ デュ ヴァル カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2016]

クロ デュ ヴァル エステイト カーネロス ピノノワール [2015]

クロ デュ ヴァル ノース コースト ジンファンデル [2018]

クロ デュ ヴァル エステイト メルロー ナパ ヴァレー [2016]

クロ デュ ヴァル エステイト カーネロス シャルドネ [2017]

5種類!衝撃です。

クロ デュ ヴァルといえば安定の味わい。

古いヴィンテージも少しだけ残っていて、

少し前に飲んだ

クロデュヴァル カベルネソーヴィニヨン[1995]

ちょっと忘れられません。

また飲みたい1本です。ブラックチェリーの香りに、

枯れ葉やスパイスがかすかに感じられ、

その味わいは複雑で、エレガント、

心を溶かす質感。

全部30%OFF!!

在庫が無くなったら販売が終了となるワインもあります。

気になったワインを見つけたら、迷わず手に入れてくださいね。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

文句無しのNZトップ・オブ・トップ入荷『ベルヒル』

ここ最近はカリフォルニアワインをご紹介する事が多かったんですが今回は久々にニュージーランド。

オンラインWassy’sはニュージーランドのご注文比率も多いですからね。

久々にニュージーにして、最高峰のご案内。
まさにTop Of Top、ニュージーランとのピノノワール&シャルドネとして最もプレミアムであり貴重。さらに世界中のピノノワールを並べてもTOPクラスに入れて間違いないワイン。

『ベル ヒル』
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040

─────────────────────────
これがNZ最高ち言われるピノノワールのクオリティ
─────────────────────────

ベル・ヒルは、マーセル&シェルウィン・ギーセンご夫妻によってニュージーランドのノースカンタベリーに1997年設立。

石灰岩の採掘場だった真っ白な石灰質土壌と、バイオダイナミックスで拘りぬいて栽培されたブドウからは最上のブルゴーニュを思わせるピノノワールとシャルドネが生まれ、瞬く間にニュージーランドのトップワインの仲間入りを果たしました。

生産量はシャルドネ、ピノノワールともに100ケース程度。北向き(南半球)の2.5ヘクタールの畑に、9000~11000本の密植度で植えられています。

ワインアドヴォケイト誌の年間のベストを決めるランキングでは2年連続(2013年&2014年)選出をはじめニュージーランドのピノノワール格付けで5つ星。この5つ星に選ばれたのは512ワイナリーの中で、たったの7ワイナリー。他にもあれやこれやと枚挙に遑がない受賞歴。

ニュージーランドでも最高と言われるベルヒルのワイン。冷涼な気候とミネラル感に富む土壌を生かしたヨーロッパスタイルの味わい。しかし単なるブルゴーニュそっくりさんワインではなく、彼らだからこその味わいを持ち、ワイン評論家達も高く評価するグローバル標準のワインです。

生産量の少ないときは、年間で、シャルドネは約1樽、ピノノワールは5樽のみという年もあり、ニュージーランド国内でも中々手に入らないそうですよ。

※2020.10.26現在の価格です(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です


■ベル ヒル シャルドネ [2016]
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040/63519
特価 19,800円

2009年に開墾したシェルフと1999年に開墾したオリジナルブロックであるライムワークスのバレルセレクトブレンドです。もぎ立てのホワイトピーチやグラニースミスのニュアンスがあり、硬質のミネラルは、新樽を嫌味に思わせず、寧ろそのナッツ的余韻が爽やかとさえ想えるます。ブルゴーニュに対するジェラシーを完全に吹き飛ばして忘れさせてくれる、凄まじい出来栄え。

 


■ベル ヒル ピノ ノワール [2016]
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040/63518
特価 20,900円

ワイナリー創世記からコツコツと開墾を続けて来たBellHillですが、現在のピノ・ノワールは、Shelf、Quarry、Sloap、Roadblock、Westbankの5区画からのバレルセレクトブレンド。
ラズベリーやイチゴ、クランベリーや佐藤錦、ドライクローブやアニス、腐葉土の香りも顕著です。タンニンが非常にチョーキーで肌理が細かく、ベルベッティなテクスチャーは世界中のピノノワールと比較しても最高レベルでしょう。

 

 

久しぶりのカレラにびっくり仰天Σ(゚Д゚)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

久しぶりに、本当に久しぶりに

カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション セントラルコースト ピノノワール

を飲みました。

いやーびっくり

完熟のラズベリーやイチゴの香り、

豊かな果実味。

バランスがよく、

まろやかな味わいのこのワイン、

単品で楽しむのもいいけど、

色々な料理に合わせたい。

特に、ジョシュ ジェンセン セレクションは

日本限定販売

カレラの誇る自社畑、

マウントハーランの葡萄がブレンドされたピノノワールなのです。

あらためて

こんなに凝縮感をきれいにまとめた上品なワインだったことに驚き。

皆様にもぜひ味わっていただきたい1本です。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

改めてありがとうを伝えたい【ワイン屋が本音でお届けするメールマガジン】

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

早いもので、本店サイトのリニューアル から
2週間が過ぎました。

カリフォルニアワイン オンラインワッシーズ本店 リニューアル

「画面が大きくて見やすくなったね」
「フランスワインも検索しやすくなった!」

というお声をいただき、嬉しい限り。

 

また新規会員にご登録くださる方も日に日に増え、
スタッフみんなで大喜びしています\^^/

 

ワッシーズに入って驚いたことNo.1といっても過言でないのは、
実は、メールマガジンをご愛読くださっている方の多さ。

 

単なるご登録数ではありませんッ!!

じっくり読んでくださるお客さまが非常に多いのです。

 

お忙しい中ご覧いただけるだけで本当に嬉しい…
さらにお買い物くださる方の割合も多く、
感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとうございます 

 

今日はウチのメルマガ『ワシ等の日々。』について
ちょっとお話しさせてください♪

 

バラエティ豊かなワイン好きスタッフによる
メールマガジン

 

オンラインワッシーズのメルマガの特徴を挙げるならば、
本音で勝負しているところ。

そして、メンバーのキャラの濃さ かもしれません(笑)

ワイン専門店 オンライン・ワッシーズ メルマガ ワッシー社長いち早くカリフォルニアワインに着目し、
代々続く酒屋をワイン専門店に転換した
行動力とスピード感は今も変わらず。

その情報網は凄まじく、もちろん
オールドワールドについての知識も豊富。
特にイタリアワインが大好きで、時々愛が漏れてます。
不定期更新のレア情報は必見です!

 

ワイン専門店 オンライン・ワッシーズ メルマガ 副店長サトーモットーはお客さまに嘘をつかないこと!
巷に溢れるキャッチ―な(だけ?!) の謳い文句よりも
地道に収集した情報を大切に、真面目に正直にお伝えします。

バイヤー業務とページ制作を担当しており、
ワインにまつわるフレッシュな話を常に更新中!

 

ワイン専門店 オンライン・ワッシーズ メルマガ トリーオンラインショップの開店当時から在籍する超ベテランで、
ワインだけでなく、流行りモノや映画にも詳しい情報ツウ!!
楽しく読んでいただけるようにといつもアンテナを張っています。

ブルゴーニュワインを輸入元倉庫から直送でお届けする
姉妹店『ピノノワール・オンライン』の店長も兼務。
またオーストラリアワインのスペシャリストでもあり、
多彩な話は尽きません♪

 

ワイン専門店 オンライン・ワッシーズ メルマガ ひのみ“ワインとおいしいもん”で、ささやかながら
皆さまの楽しいひとときをお手伝いしたいと
奮闘するワイン3年生。

オンラインの形態では試飲して
お買い物いただくことは叶わないけれど、
香りや味わい・合わせるごはんのイメージを
お伝えできたらな、という思いで書いています。

 

 

少量入荷品や希少ワインの情報は、
本店メルマガ会員さまに先行でお届けしています。

中には、光の速さで完売してしまい、
「バックナンバー」に残せないワインも…

 

ご登録がお済みでない方は、この機会にぜひどうぞ♪

新規会員&メルマガご登録はこちら から

 

ワイン専門店 オンライン・ワッシーズ 新規会員登録

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

お得なアウトレットセール 実施中です!

 

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

パラダイス リッジ凄いっ♪~(*^ー^)人(^ー^*)~♪全力で応援したいっ!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

最近のカリフォルニアのジンファンデルは、

ホンマあか抜けて

スタイリッシュな子になったなあ、と

しみじみ思う今日この頃。

ごく最近、

パラダイス リッジ カナエ ザ グレープ キング ジンファンデル

を飲むチャンスがあったのですが、

これまた、ほおっ(*‘∀‘) しばし浸るほどの美味しさ。

冷涼な地域を思わせるチェリーやラズベリーの果実味が豊かで

ほどよい酸味。

とてもエレガントに洗練されていてびっくりしました。

パラダイスリッジは、2017の火災で全焼してしまって

私もショックを受けた一人です。

幸い自社畑は残っていたので設備を借りてのこの出来栄えは

「凄い」としか言いようがありません。

まだまだ大変だと思うので、

ワインの素晴らしさを知ってもらえるように

精進あるのみです。

今年新たな火災がカリフォルニアを襲って、

その被害状況の正確なところは分かっていません。

「2020のヴィンテージはできない」というワイナリーの話も

いくつか聴こえてきていて、とても心配です。

全力で応援します!

カリフォルニアワインの美味しさを

知ってもらって、たくさん買ってもらえるように

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

だから侮れないシャブリ(*‘∀‘)世界で最もお買い得なブルゴーニュ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ブルゴーニュの話が続いてすみません

いつもお昼休みにワイレポートを読んでいます。

そこに、

「世界で最もお買い得なブルゴーニュ、

シャブリがトップ10のうち9銘柄占める」

なんてタイトルが!

なんでも世界最大のワイン検索サイト

「ワイン・サーチャー」が発表した

「世界で最もお買い得なブルゴーニュ」の

トップ10銘柄を発表し、

シャブリの生産者が9銘柄を占めた、というもの。

ワインサーチャーがこんな風に発表してるってことは、

多くの人が、お値段以上の価値があるって思ってるってこと。

そうでしょう、そうでしょう

シャブリはお買い得なんです。

特にトップ10に4つもはいっているシャブリジェンヌ!

ここは1923年から続く協同組合。

組合員は300名ほどで、

シャブリ全体の1/4程度を生産し、シャブリを代表する生産者のひとつ。

ラ・シャブリジェンヌ ホームページ

ACCUEIL

有名生産者のように、個人の名前が湛えられることはないけれど、

シャブリジェンヌにはグランクリュやプルミエクリュがたくさん!!

シャブリジェンヌ

特にお得だなあと思うのは、

1万円以下で飲めるグランクリュ グルヌイユ

ラ シャブリジェンヌ シャブリ グラン クリュ グルヌイユ CH.グルヌイユ [2016]

ラ シャブリジェンヌ シャブリ グラン クリュ グルヌイユ CH.グルヌイユ [2014]

5千円以下で飲めるプルミエクリュ・・・。

決して安くはない額ではあるのですが、

他のブルゴーニュワインの高騰ぶりからすれば、

まだなんとか買えるかなあ・・・なんて思うのです。

数年前、モトックスの試飲会でお目にかかった

シャブリジェンヌの広報部長

エルヴェ・トウッキさん。

めっちゃ情熱的に饒舌に

シャブリジェンヌを語ってくれました。

コロナ禍の中、お元気にしていらっしゃるかしらん・・・

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~ ボルドー ~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

毎年沢山受験される皆さんを応援するため、一問一答”形式で姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題をテーマごとに毎週アップ。ブログでまとめて行きますので挑戦してみてください。

今回は改めて説明する事の無い程のワイン産地ボルドーです。

 

==========================
『ボルドー』
==========================

①次のボルドー地方に関する記述で間違っているものはどれ?
1:ジロンド、ドルドーニュ、ドゥエロの3つの川の流域にある
2:北緯45度前後と、ワインの産地としては北側に位置する
3:大西洋に近く、温暖な海洋性気候である
4:年間降雨量は多く湿度も高いが、ブドウの成熟期には晴天が続く

②ボルドー左岸の気候風土はどれ?
1:粘土質で湿気の多い土壌
2:石灰岩で冷涼な気候
3:乾燥して暑い砂利質
4:温暖で泥灰土が広がる

③次の説明に合致するボルドーの生産地区は? 「ボルドー市の市街地に隣接する区域から南東に50km続くガロンヌ川左岸地帯。赤・白とも質のよいワインを生み出している。」
1:メドック
2:サン・テミリオン
3:グラーヴ
4:ソーテルヌ&バルサック

④ボルドー地方でソーテルヌとバルサックの間に流れる川の名前は?
1:ドルドーニュ川
2:レイヨン川
3:ロット川
4:シロン川

⑤ボルドー地方のA.O.Cで赤ワインのみ認められているのはどれ?
1:Graves
2:Bordeaux Superieur
3:Entre-Deux-Mers
4:Medoc

⑥A.O.C「Cotes de Bordeaux」の生産可能なワインの種類は?
1:白ワインのみ
2:赤ワインのみ
3:白・赤ワイン
4:白・赤・ロゼワイン

それでは、正解に

 

 

 

 

①次のボルドー地方に関する記述で間違っているものはどれ?
1:ジロンド、ドルドーニュ、ドゥエロの3つの川の流域にある
※正しくはジロンド、ドルドーニュ、ガロンヌの3つ

②ボルドー左岸の気候風土はどれ?
3:乾燥して暑い砂利質

③次の説明に合致するボルドーの生産地区は? 「ボルドー市の市街地に隣接する区域から南東に50km続くガロンヌ川左岸地帯。赤・白とも質のよいワインを生み出している。」
3:グラーヴ
※それぞれの地区を川に沿ってどこにあるかと右、左のどちらにあるかを確認

④ボルドー地方でソーテルヌとバルサックの間に流れる川の名前は?
4:シロン川

⑤ボルドー地方のA.O.Cで赤ワインのみ認められているのはどれ?
4:Medoc

⑥A.O.C「Cotes de Bordeaux」の生産可能なワインの種類は?
2:赤ワインのみ

 

今回の問題はどうでしたか?
何問正解できましたでしょうか。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。