チャールズ スミス ワインズ カンフーガール リースリング( `ー´)ノ 鍋との相性サイコー!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

毎年箱根駅伝をテレビで観戦して泣きます。

あの全身全霊の走りをみたら、勝手に涙が出るんです(^^ゞ

歳だなあ。

ここ数年は青学を密かに応援しているのですが・・・

つい最近、その青学の監督の奥様による

鍋レシピがテレビで放送されておりました。

中でもネギの豚肉巻き鍋なるものが面白く簡単そうだったので

早速家で作ってみました。

いつもバラバラに食べている豚肉をネギに巻いただけで

こんなに印象が変わります。

さて、今日は

チャールズ スミス ワインズ カンフーガール リースリング [2019]

ワシントンのワインです。

輝きのある外観、洋ナシや桃の香り。

イキイキとした酸味、

フレッシュな果実をいっぱいに感じ

ミネラルも感じられるのに硬い印象はない。

ほのかな甘みと香りが華やかさマシマシの原動力?

とにかく飲みやすくって

リースリングはドイツかアルザスが好きです・・・という方にも

納得いただける味わいです。

暫くハレの日ワインが続いていたので、

ケの日(普段の日)ワイン。

チャールズスミスと言えば、ロックな外見で

いや、実際にワイン造りに携わる前は11年間ヨーロッパで

ロックンロール・バンドのマネージャーをされていたという

おもしろい経歴の持ち主。

そのチャールズスミスが造るワインは

ものすごく種類がたくさんあるのですが、

一本筋が通った感じ。

おしゃれでバラバラに見えてもどこか根っこが繋がっていて

アンバランスなようでバランスが取れている。

どのワインも不思議と(ゴメン!  )ブレがなく、

ちゃんと美味しい。

そしてリースリングと豚肉はホント相性がいい。

鍋にしたらサイコー

是非お試しを!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます