クリーミーなフレッシュチーズと
フェルトン ロード ピノノワール カルヴァート(´▽`)

j の日々
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日はチーズの取寄せをしたから絶対ワインだっ(≧◇≦)と

スキップする勢いで家に帰りました。

この2年ほど、コロナの影響やウクライナの関係で

輸入チーズもほしいなと思うものがなかなか見つかりません。

久しぶりに某チーズ王国で見つけた時は

「やった!」と言ってしまいました・・・。

私はフランスのブリア・サヴァラン フレという

クリーミーなフレッシュチーズが大好きなのです。

これがブルゴーニュのピノとシャルドネどちらにもめっちゃ合うんですよ。

このブリア・サヴァラン フレは

フランスのブルゴーニュ地方サリニーという町で作られているということもあるのかな。

でも今日のワインは

フェルトン ロード ピノノワール カルヴァート [2018]

ニュージーランド、セントラルオタゴのワインです。

「世界三大ピノ・ノワール産地」と呼ばれるほどに

素晴らしいピノノワールが産出されています。

そしてフェルトンロードはそのセントラルオタゴで1991年に設立、

1996年にブレア・ウォルターが参画してから初リリースのピノノワール1997年に

ロバートパーカーが高得点を付けたことで一躍世界の注目を集めることとなったワイナリーです。

個人的にフェルトンロードはブルゴーニュぽいなあ・・・と思っています。

やや果実味がブルゴーニュに勝っているけど、

おんなじくらいエレガント💗

グラスに注ぐとスミレやバラなどの花の香り、

ブルーベリー、ブラックベリー、

きのこ、ピノ独特の土っぽいさ、と次々に重なる香り。

味わいは凝縮感ある果実味ながらとてもエレガント。

ほどよい酸味とまあるいタンニン。

それに旨味もあるっ!(^^)!

ブリア・サヴァランにも共通している酸味や旨味とすごく合う。

ぎゃー(; ・`д・´)美味しすぎっ

フェルトン ロードは今年の春に試飲をさせてもらって以来

すっかり心を奪われています。

デイリーってわけにはいかないけれど、

「今日はスペシャルなチーズがあるからフェルトンロード飲もう!」

って日があってもいいと思う。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました