うま味の相乗効果がたまらん(´▽`)
トレフェッセン エシュコル シャルドネ ナパ ヴァレーとブイヤベース

j の日々
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

お魚を堪能する日々が続いています( ̄▽ ̄)

今日はブイヤベース。

ブイヤベースという料理は

南仏のトマトベースの魚のスープ。

いろいろ魚を入れた方が、味わいに深みが出るとは思うけど、

私のフランスでのホームステイ先のマダムが作る

イワシだけのブイヤベースはめっちゃ美味しかったです。

たくさんの種類を入れないと、と思っていた私。

「手に入るお魚で作ればいいのよ」と言うマダムの言葉は

まさに目から鱗でございました。

今日の我が家のブイヤベースは

お魚ボックスのタラとレンコ鯛、

そこに赤エビとホタテ、イカを追加しました。奮発!

カットされたトマト缶を入れて

マギーブイヨンと魚の出汁、

塩コショウで味を調えたら出来上がり。

さて、ワインはどうしよう・・・と思ったときに

目についたトレフェッセン エシュコル シャルドネ ナパ ヴァレー

我が家の常備ワインのひとつです。

トレフェッセンといえば

50年以上、3世代にわたって続くナパの老舗ワイナリーです。

1970年代後半、

カリフォルニアワインがまだ世界的に知られていなかった時代に

トレフェッセンのシャルドネが2度も世界一に輝き

カリフォルニア、ナパの名前が一気に知れ渡りました。

そしてその名声に驕ることなく、

今もなお素晴らしい品質のワインを造り続けています。

エシュコル シャルドネ ナパ ヴァレー は

トレフェッセンが持つ2つの自社畑のうち

平地のメイン・ランチのブドウを100%使用したエステート・ワインです。

グラスに注がれたワインは輝きのあるグリーンがかったイエロー、

フルーティ。洋梨などの甘い果実の香りがいっぱいに広がります。

口に含むと思った以上にドライですが、ほどよく厚みもあり

シャルドネらしい透明感と豊かさを併せ持つ味わい。

バランスの良さは、ピカイチ。

入門編となるワインということなのですが、

そのクオリティはセカンドというにはもったいない気がします。

で、このエシュコルがブイヤベースに合うのかしら?

心配無用。合います。

ワインのほどよい厚みとブイヤベースの濃厚なスープ。

うま味の相乗効果がたまりませぬ(>_<)

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました