さんまさんTV効果で売れに売れた『ナパハイランズ』入荷

「次の入荷はまだですか?」
と沢山の皆様に再入荷のリクエストを頂いておりました
昨年2018年大ヒットワイン入荷のお知らせ。

サクッとご案内。

■ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54764

説明不要!2017年の年末に取り上げられてから、もう1年以上
まだまだ売れ続けるこのワイン。
誰もが予想しない反響でその当時のリリースヴィンテージは
輸入元が仕入れる側から売れていき遂に完売。

次のヴィンテージが待たれておりましたが、やっと入荷です。

 

——————————————————–

このワインのヒットで、アチコチの輸入元が《ナパ ハイラン
ズ イーター》を狙って同価格帯のカリフォルニア・カベルネ
を強化。
ここ最近にはないブームになってます。

ナパ・ハイランズだけではもったいない。この3本も絶対おすすめのカリフォルニアカベルネ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スタッグス リープ ワイン セラーズ ハンズ オブ タイム レッド ブレンド[2014]
『パリスの審判』カリフォルニアワインのポテンシャルを世界に知らしめた。


ホワイトホール レーン トレ・レオーニ ナパヴァレー[2015]
Wassy’sの実店舗では、さんまさんが美味しいと言ってから1年以上売れ続けている『ナパ・ハイランズ』を超える人気で大ヒット!
カベルネ主体に、メルロ、シラー、ジンファンデルをブレンドにカリフォルニアらしいボリュームと果実感、チョコのビターさに程よく酸もありバランスのとれた仕上がりで飲み飽きず、リピートされる事もしばしば。ラベルもとてもアーティスティックです。


ナパ ワイン アーツ カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2015]
『ナパ・ハイランズ』を手掛けた生産者と同じワイン。あちらはカベルネ90%、プティ ヴェルド10%にたいして、こちらはカベルネ ソーヴィニヨン95%、プティ ヴェルドー5%少しだけプティの比率をあげている事で、タンニンの渋みが控えめで、果実感が増している感じに仕上がっています。
ワインアーツと名付けるだけあって、このワインを生み出したメンバーは美術収集家としての一面を持っており、彼らの手掛けたブドウもアートとして捉えている事からこの名を付けています。

「1日1杯のワインは健康に良い」こう言った張本人のワイン

今年のゴールデンウィークは10連休。輸入元や倉庫も
お休みになりますので、その時期のご注文はご注意ください。
あと、連休明け全国的に物流が増えてお届けの遅れなども予想
されます。早めに準備しておいた方がよろしいかと。

さぁ本日のワイン。

何年周期かで

「ワインは健康にいい」
「1日1杯のワインは〇〇効果がある」

って健康ネタが出ています。

こういう話題って、どこそこの研究機関や医師が発表となって
る事が多いですが、今回のワインの作り手がその言った本人。

「健康にいい!」と言ったからには、なのかは解りませんがそ
の本人がワイナリーを購入してワインを作ってました。

『レヴァーナ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4136

彼ドクター・レヴァーナ氏は、心臓病学者だそうで臨床研究の
結果として「男性1日2杯、女性1日1杯の赤ワインは、心疾患・
健康維持に効果的」と発表した人物。ワインは元々好きでナパ
で趣味と副業を兼ねてワイン造りをはじめ、気付けばプレミア
ムワイナリーの仲間入り。

好きで初めたからとは言え本気。コンサルタントにカリフォル
ニアの超スーパースターコンサルタント”ハイジ・バレット”を
招集。
ハイジ・バレットと言えばグレイスファミリー、ダラ・ヴァレ、
スクリーミングイーグル…。数万円から数十万円クラスのワイ
ンを手掛ける【女神】と呼ばれる人物。
彼女が見事に起動に乗せ、現在のワインメーカーは現在最も熱
いコンサルタント”トーマス・ブラウン”。注目度も抜群です。

カリフォルニアのTOPワインとしての素質は十分、まだ歴史
が浅い為、認知度はこれから伸びていきますが、どこかのタイ
ミングで大爆発しそうな要注目な作り手。

歴代コンサルタントが手がけたワインの現在の価格をみれば、
これから高騰間違いなしでしょう。

今の価格だとシュレイダーの半額以下

今回ご案内のレヴァーナは”通常”でも”クール便”でも送料無料

——————————————————–

セントヘレナにあるレヴァーナの9エーカーの畑は9つのブロ
ックで構成。それぞれ土壌の性質が異なりその土壌に適した台
木を選び出し植えられています。
秀逸なカベルネの採れるこの地で、さらにその土壌に合わせた
最良の樹から収穫され作られるブドウ。
医者・研究者としての得意なデータ研究を存分に発揮したワイ
ンです。

4ヴィンテージ垂直飲み比べも可能。

■レヴァーナ ファミリー ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン エステート[2013]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/4136/38798-000
==> 特価30,240円

■レヴァーナ ファミリー ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン エステート[2012]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/4136/38797-000
==> 特価30,240円

■レヴァーナ ファミリー ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン エステート[2011]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/4136/38796-000
==> 特価27,000円

■レヴァーナ ファミリー ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン エステート[2010]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/4136/38795-000
==> 特価24,840円

こちらはちょっぴりお安いセカンド的位置づけのワイン
■レヴァーナ ファミリー ヴィンヤード
テロワール シリーズ カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2013]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/4136/38799-000
==> 特価17,280円

トーマス・ブラウンのワインと言えば・・・

スタッフ大好きなんです
『リヴァース マリー 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4435

カリフォルニアの最上級プレミアムの1本
『シュレイダー』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4401

 

 

4月限定のお買い得品
《ポイント20倍》&《送料無料》
Wassy’s独占販売のニュージーランド・ピノ
https://winestore.jp/fs/wine1227/38547-000
『セレシン』の日本輸入元のカタログリストにも載せてい
ないシングルヴィンヤード・シリーズ
『セレシン・ピノノワール・ノア』

こんなお宝ワイン気がついてました?100点満点高得点

とうとう老眼鏡を買ってしまいましたスタッフ・トリイです。
老眼鏡とは呼ばずに”Reading Glasses”って言うそうです。

 

8000前後の品揃えがあって、しかも日々新しいワインが
入荷していると、ご案内が遅れたり、そのまま忘れてし
まってずいぶん後になって「あっ、このワイン紹介して
なかったやん」と言ったワインも出てきます。

今日はそんなご案内が遅れてしまったワイン。

なんでこんなお宝ワイン紹介してなかったんでしょうね。
しかもバックヴィンテージもの。

海外のオークションで出した方が高く売れるんじゃないか?
なんて事も考えてしまうほど。

『キャンプサンディ』はいわゆるカリフォルニア・カルト
などと呼ばれるレアワインの1本。

ハンガリーから亡命したルー・キャプサンディ氏が建設業
で成功し、2000年に『ベリンジャー』から畑を買い立
ち上げたアメリカンドリームなワイナリー。

他業種で成功しワイナリー設立

豊富な資金で有名コンサルタントを招集

アッという間に高評価

と、このカルトワイン鉄板の流れで、カリフォルニアTOP
ワイナリーの仲間入り。

ファーストヴィンテージからはヘレンターリー、
2007年から『シャトー・ラトゥール』醸造長のデニス・
マルベック氏がワインメーカーに就任。彼が担当した
その年2007年、翌年2008年、2012年と3度に渡りロバ
ート・パーカー氏のワインアドヴォケイト誌の評価で
《100点満点》のパーフェクト・スコアを受けてい
ます。

華々しいデニス・マルベック氏とキャプサンディ

で し た が !

2016年頃で日本正規輸入元が取扱いを終了。

しかも、その同じタイミングでワインメーカーである
デニス・マルベック氏が交通事故で亡くなってしまう
と言う悲しい出来事が。

彼が最後に手掛けた2012/2013年ヴィンテージが日本
正規輸入としても最後のヴィンテージとなってしまい
ました。

最後のヴィンテージであり、パーカーが100点を
付けた事でリリース時点でプレミアム価格となって
おりますが、こればっかりは致し方ない所。

そんなラストヴィンテージを含むワインは、それぞ
れ1本、2本と言った数ですが、超特別なカリフォル
ニア・カルト系ワイン、Wassy’sのセラーに眠らせて
おくのは申し分ないので、ワインをこよなく愛する
方のお手元へぜひ。

ここぞ!な持ち込みワイン会や記念日に味わってくだ
さい。

2007年、2008年に続く100点満点のパーフェクトワイン
——————————————————–
キャプサンディ カベルネソーヴィニヨン グランヴァン ステートレーンヴィンヤード[2012]
==> 特価129,600円《送料無料》

販売本数限定:2本
【ワインアドヴォケイト:100点
ロバート・パーカーが2007年、2008年ヴィンテージに引き続き2012年に3度目
のパーフェクト・スコアを付けたカベルネ・ソーヴィニヨン。
ボルドー左岸メドックスタイルを目指すワイン。途方もないリッチさ、きめ細
かさとフィネスを持つワイン。そのアフター・テイストの長さは驚異的。ステ
ート・レーンのカベルネソーヴィニヨンの美質がすべて詰まったワインです。

 

もう飲めない!これがラストヴィンテージ
——————————————————–
キャプサンディ アンドレ ステートレーン ヴィンヤード ヨントヴィル[2012]
==> 特価16,200円《送料無料》

販売本数限定:6本
【ワインアドヴォケイト:88点】
赤ワインをエステート・キュベ、グラン・ヴァン、ロベルタ、ラプソーディア
の4種類にフォーカスしていくことに決め、この2012年ヴィンテージがアンド
レのラスト・ヴィンテージとなります。
アンドレを一言で表すと「ソフトさに包まれた深く複雑な表現」。柔らかく絹
のようなタンニンと華やかなアロマと黒系ベリーの豪華な果実味を持つ、豪奢
なセカンドワイン。

 

パーカー曰く「オーゾンヌか、シュヴァルブランを思わせる。」
——————————————————–
キャプサンディ ラプソーディア ステートレーン ヴィンヤード ヨントヴィル[2013]
==> 特価135,000円《送料無料》

販売本数限定:1本
【ワインアドヴォケイト:99点】

 

メルロ主体のカリフォルニアワインの中で最も凝縮感がありリッチ
——————————————————–
キャプサンディ ロベルタズ リザーブ ステートレーン ヴィンヤード ヨントヴィル[2012]
==> 特価129,600円《送料無料》

販売本数限定:2本
【ワインアドヴォケイト:98点】
ボルドー右岸・ポムロール・スタイルを目指したワイン
フルボディーの力強い口当たりでリッチさとワインの純度の高さが魅力。

 

最終特価の【30%OFF】

キャプサンディ エステートキュベ ステートレーン ヴィンヤード ヨントヴィル[2012]
==> 特価28,728円

【ワインアドヴォケイト:96点】
生産量の半分を占めるキャプサンディのスタンダード・ワイン。
贅沢で豪華というのか2012年ヴィンテージの特徴。

キャプサンディ ロベルタ リザーブ[2009]
==> 特価71,820円
【ワインアドヴォケイト:96点】

キャプサンディ ロベルタ リザーブ[2006]
==> 特価27,594円
【ワインアドヴォケイト:96点】

キャプサンディ ロベルタ リザーブ[2005]
==> 特価44,074円
【ワインアドヴォケイト:98点】

ポムロール・スタイルを意識したメルロ主体のワイン。
常にメルロは90%以上使用しています。

キャプサンディ カベルネ ステートレーン グランヴァン[2009]
==> 特価60,480円
瑞々しい赤い果実、花、スパイス、鞣革にリコリスの香。
長い後味と洗練された味わいがあります。

キャプサンディ エステートキュベ カベルネソーヴィニヨン[2009]
==> 特価26,460円
美しく味わいのあるタンニンと長く均整がとれて多重層
に感じられるフィニッシュがあります。

キャプサンディ エステートキュベ[2006]
==> 特価24,948円
ミディアムとフル・ボディの中間で、エレガントで長い
この中では比較的低価格ですが、20年の熟成が可能の高
品質クオリティ。一度飲んでみたい人にも。

キャプサンディ ロゼ ステート レーン ヴィンヤード[2009]
==> 特価5,940円

オーク不使用。セニエ(血抜き法)で黒ブドウからロゼ。
全工程は手作業、発酵はステンレス発酵槽で行い、シュー
ル・リーで9ヶ月、マロラクティック発酵を行った結果、
コクのあるロゼが出来上がります。

 

 


【ただいま入荷しました、新着ワイン】
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410


【30%引き売り切りコーナー】
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1409

 

 

 

 

売り切り特価ワイン、更に増えました

入荷したそばから売れております【30%引き】売り切り特価コーナー

年末総ざらえとばかりにまだまだ増えております。
これで年明けから新たなワインが入荷できそうです。

既に輸入元では完売した、いい感じに熟成したワインも沢山。
よ~~く見たら、結構狙い目なの見つかるはず。

 

【ニュージーランド】

2000年代前半からの熟成ピノがあります。
新世界などと呼ばれる産地はなかなか古いヴィンテージを
手にするチャンスが少ないですが、ニュージーの古酒を
味わえる貴重なタイミングになるかも。

●ピラミッドヴァレー リヴァーブルック ヴィンヤード マールボロ ピノノワール ホアーファミリー[2008]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/02074-000
通常5,832円のところ特価4,082円

●ピラミッドヴァレーヴィンヤーズ ライオンズ トゥース シャルドネ[2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22036-000
通常7,344円のところ特価5,140円

●ピラミッドヴァレーヴィンヤーズ ハウウェル ファミリー ヴィンヤード ホークスベイ カベルネフラン[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/16103-000
通常5,400円のところ特価3,780円

●フロム フロム ヴィンヤード ピノノワール[2002]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/03597-000
通常7,884円のところ特価5,518円

●プリリヒルズ クレヴドン エステート[2000]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/30646-000
通常4,860円のところ特価3,402円

●モノワイ ピノノワール ホークスベイ[2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/10910-000
通常3,210円のところ特価2,246円

●モートン・エステート・白ラベル・ホークスベイ・ソーヴィニヨンブラン[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20338-000
通常2,970円のところ特価2,079円

●バビッチ ファミリー エステーツ ギムレット グラヴェルス ゲヴェルツトラミネール[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/21223-000
通常2,700円のところ特価1,890円

●ビランチャ シラー オブ ホークスベイ レーニィ ギブソン[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22473-000
通常4,860円のところ特価3,402円

 

【アメリカ】

●ドンキー&ゴート ザ・レクリューズ・シラー・ブロークン・レッグ・ヴィンヤード[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22908-000
通常6,804円のところ特価4,762円

●JCB ジェーシービー No81 シャルドネ ソノマコースト[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20614-000
通常5,184円のところ特価3,628円

●ヨークヴィル セラーズ プティ ヴェルド [2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/15407-000
通常3,780円のところ特価2,646円

●シフレットエステート ソーヴィニヨンブラン ナパヴァレー[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/19538-000
通常4,860円のところ特価3,402円

●アルタ・マリア ピノノワール[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20969-000
通常4,482円のところ特価3,137円

 

【オーストラリア】

●ハイバンク クナワラ シングル ヴィンヤード[2003]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/00938-000
通常8,100円のところ特価5,670円

●ジェイコブス クリーク ヨハン シラーズ カベルネ[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20732-000
通常8,813円のところ特価6,168円

●ファースト ドロップ マザー オブ オール ハーヴェスト[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22250-000
通常1,728円のところ特価1,209円

 

【フランス】

●JCB ジェーシービー No69 ブリュット ロゼ クレマン ド ブルゴーニュ NV
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20613-000
通常4,320円のところ特価3,024円

 

これ以外にも只今219種類(12/26時点)
全て在庫限り商品ですのでお早めに。

【30%引き】売り切り特価コーナー
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1409

 

年末年始の配送スケジュールなどに移行してきておりますので、
年明けからのご指定をおススメします。

 

明石家さんまさんに、ぜひ次に飲んで欲しい

まとまった本数が入荷しても、数日の内に完売してしまう
『ナパ・ハイランズ』。

TVで紹介されるとヒットするワインが幾つかありますが、ここまで息の長いヒットはひさしぶり。さすが人気タレントとなるとこういうトコの影響力が違いますね。

只今完売中、次回入荷まで今しばらくおまちください。

さんまさんが飲んでここまで売れるなら、コッチのおススメワインを
送りつけて飲んでもらったら、TVとかでしゃべってくれないかな?
と考えてしまいます。

さんまさんがTVで「オーパスに負けないくらい美味しい」「コレおすすめやで」と絶賛したナパ・ハイランズ。きっとこのワインも飲んだら気に入ってくれるはず。

なのが、これ

ホワイトホール レーン トレ レオーニ ナパヴァレー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/49675

長年カリフォルニアワインを飲んでる皆様ならご存じ、カリフォルニアワインブームの時期から人気の高かったワイナリー。
こちらもオーパス・ワンの近所。斜め向かい位になるんですかね。

重口ながらもメルロの果実感がカベルネのタンニンを中和して、ジューシーでいてソフトな味わいをもたらしてくれます。

カリフォルニアのしっかり赤ワインがお好きな皆様には今イチオシの1本。

誰か、さんまさんに飲ましてあげて~。

 

 

 

 

年末と言えば”ランキング”

明日はボージョレ―ですね(オンラインでは扱ってませんが)

年末近いわぁ~と、実感するわけですが、実感すると言えば
何かと2018年のベストなんちゃら。とランキングがでてくるのも
年末らしさの1つ。

流行語とか日経トレンディ―のランキングなんかはニュースでも
紹介されますし。

ワインのランキングと言えば、なんと言っても

ワインスペクテイターTOP100!

その中で上位10本がまずカウントダウン形式で紹介されます。

 

その10位に、早速取扱いのワインが登場

ベッドロック ザ・ベッドロック ヘリテージ ソノマヴァレー レッドワイン2016

このランキングで紹介されても、リリースと日本輸入の関係上
同じヴィンテージのワインをご案内出来る事は少ないんですが
これはそのもの。

ランキング判明して、早々に輸入元に在庫確認の連絡しましたが
既に完売。朝から輸入元には電話と発注がジャンジャンあったみたいです。

Wassy’s在庫持ってます。
当然在庫限りとなってます。

9位以下、取扱いワインはでてくるのでしょうか?

 

■2018年ワイン・スペクテイターTOP100[10位]
ベッドロック ザ・ベッドロック ヘリテージ ソノマヴァレー レッドワイン[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/43643-000

 

そのうち皆ワイン名に

先日飲みながらの会話で
「なんでヤンキー車はゴッドファーザーのテーマ曲をみんな使うんだろ?」
なんて事を話しながら理由とか検索してたら、Amazonで売ってるのを
みたもので、ちょくちょく「あなたにおススメ!」とゴッドファーザーのクラクションをおススメされているスタッフ・トリイです。

理由は当時ヤンキー車が流行った時、クラクションで出せる音階の中で当時カッコいいのがこれだった位でそのまま新しい音楽が出てこなかった位のようですね。

ゴッドファーザーと言えば、コッポラ監督のワインは変わらぬ人気ですが、色々あるワイン一番人気は娘のソフィアを名付けたスパークリングワイン『ソフィア』

 

実は他にも

奥様の名の『エレノア』
祖母マリアにちなんだ『サンテ』
何故か叔父さんを名付けた『アルキメデス』

と家系から3人のワインが。

ざっくりと家系を書くとこんな感じ

いずれ、両親、息子だけでなく、ニコラスとかタリアとか出たりするんですかね?

もちろんタリアのワイン名はぜひ”エイドリアン”で!!

 


フランシス・コッポラ ソフィア ブラン・ド・ブラン モントレー [2017]

ご存じ娘の結婚のお祝いに合わせて作られたスパークリング。
ちなみに既にその相手とは離婚されてますので、贈り物の際には
ご注意ください。
昨年リリースされたロゼ・スパークリングもおすすめです。

フランシス コッポラ エレノア レッド ワイン[2012]

奥様エレノアさんの名前を冠したワイン。

 


アルキメデス カベルネソーヴィニョン アレキサンダーヴァレー[2015]

フランシスの祖父アゴスティーノはアルキメデスを尊敬していて、
彼の最初の息子を「アルキメデス」=アントンと名付けた事から。

フランシス フォード コッポラ ヴォトル サンテ ピノノワール[2016]

祖母マリアは4 ヶ国語を話すそうで彼女はディナーの度にフランス語で
“ ア・ヴォトル・サンテ! ”(あなたの健康の為に!)と言って乾杯していた
事にちなんで。

あぁ、その距離5メートル

まさに「時は来た!」そんな日曜日でした
スタッフ・トリイです。

広末涼子が大阪に来る、
徒歩圏内のハルカスビルに来る。

視線確保すべきとAmazonで鳴子をポチッ。
なんなら散髪も行ってきた

そう、まさに


「時は来た!」

 

と、その前に吉岡里帆ちゃんの映画舞台挨拶の
お誘いをいただきましたので、前菜とばかりに
朝9時に劇場へ。
広末視線確保が”鳴子”なら、吉岡視線確保はもちろん”どん兵衛”。

 

映画もともかくでしたが、吉岡里帆ちゃんは可愛かったです。
質問コーナーでは手を挙げたおっちゃんは「僕を励ましてください」
とか、阿部サダヲファンの女性は映画にちなんで「「このタコ!」と罵ってください」とか。
その手があったか。次からの舞台挨拶行った時の参考にしよう(罵ってもらうのか?)。


イベントはまさかの撮影可


トークショーは15時なのに映画見てから会場着いたのが12時。
オッサン2人でイタリアワイン&ビールとランプレドット喰いながらの作戦会議と会場の下見してからスタンバイ。

 

イス付きの観覧席は主催者のカバン買ったお客様限定
しかもカバン買えば広末からの直接お渡しサービス(!)。
「こっ、これは!」と思ったんですが女性限定。
そりゃそうですよね、40代後半になろうかってオッサンが女性バッグ
買って手渡し並んでたら不審者の可能性高いですもんね・・・

 

しゃーないんで立ち見の最前列を確保、トーク時間約20分、
終始ドキドキ目線あったら死ぬんじゃないかと思いながらみてました
(AppleWatchでも着けて心拍数図ってみたかった。)

10数年ぶりの再開(一度会ったんだよ)

瞬きするものもったいなくて、ドライアイになるくらいに凝視しておきました。

肩越しの2ショット

その距離約5メートル。
一気に飛び出して人生終わらずとか(アカンアカン)

あっ、せっかく視線確保用に買った鳴子を振るの忘れてた。

 

会場から店も近いしワイン買いに来て「このワイン美味しい」
とか宣伝してくれないかなぁ。

 

宣伝と言えば、さんまさんがTVで美味しいと紹介してたワインと
YOSHIKIワインは近々入荷しますのでこまめにチェックお願いします。


ナパ・ハイランズ カベルネソーヴィニヨン2015

 


ワイ・バイ・ヨシキ カベルネソーヴィニヨン2016

満を持してのリリース(^^♪ ハイダイブ 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

先週はカリフォルニアワインの試飲会へ。
大抵、いやほとんど、確実にそういう試飲会では
元オンラインワッシーズの店長のハダノリに会います。
何となくほっとする一瞬。

今回は彼女が発掘、いちおしのキャノンボールのヨアヴ・ギラットさんが
来日されていました。
すっと出したかったワイン ≪ハイダイブ2014≫をやっとやっとリリースとのことで
試飲をさせていただきました。
ラベルはまさにハイダイブ「高飛び込み」で、膝を抱えたキャノンボールより思い切った感あふれるデザイン。
お値段が19000円とちょっと高く感じるのだけど・・・
64%カベルネソーヴィニヨン、19%メルロ、14%カベルネフラン、3%プティヴェルド。

「なにこれー?ええボルドー飲んでるみたいやん・・・」 
パワーあるけど、それだけじゃない。果実もギュッ!タンニンがワインに溶け込んでまろやか。
酸味とのバランスも申し分なしっ(^^♪
そしてキノコの香りを残した余韻が長い・・・。これトリュフとか合せてみたいなあ。
めっちゃ贅沢だけどやってみたい~♪
決してお安くないのですが、満を持してのリリース。私としては個人的に手に入れたい1本です。

この≪ハイダイブ2014≫は品数限定らしく、今のところ手に入るかどうかわかりません
そりゃないよ~

どうしても欲しい方は、ハダノリに訴えてみますので、
オンラインワッシーズまでご一報を!

勿論、キャノンボール、エンジェルズ&カウボーイズもすこぶる美味。
ほとんど3000円以下っていうのも魅力的。

春先から夏いっぱいはロゼがちょーおすすめ。
キャノンボール エンジェルズ アンド カウボーイズ ロゼ[2016]

ロゼといえば「春」と思い浮かべてしまうのですが、
私は年中このロゼをいただいています。
すっきりとした飲み口にさらに飲み応えもあり!
料理にとっても合わせやすくって重宝するのです。
是非おためしくださいねっ

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

パルメイヤー そして新しいブランドウェイフェアラー(*^_^*) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

パルメイヤーの続きです。

パルメイヤーには3つのブランドがあります。
パルメイヤー、ウェイフェアラー、そしてセカンドラインのジェイソンです。

まずパルメイヤーですが
ボルドーワインに拘った品種が作られています。

クラシカルなボルドーワインを生み出すクローン、
カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルド、マルベックが植えられています。
またフランスボルドーからこっそり樹を持って来て畑に植えたり・・・と
そのこだわりは相当なもの

 

そして当時カリフォルニアで№1と言われたワインメーカーランディ・ダンとともに、
1986年パルメイヤーはボルドースタイルのワインを初リリース。
瞬く間にその実力は知れ渡ることとなり、
95年には映画にも使われるようになるほど。

            

その後もパルメイヤーは素晴らしいワインメーカーとともにあり、
93年からは、マーカッシンのヘレン・ターリー、
2012年からヴィヴィアナ・ゴンザレス・レーヴと紡がれていきます。

パルメイヤーは自社畑ウォーターランチと信頼関係がしっかりとある
昔からのお付き合いのあるナパヴァレーの契約畑のぶどうからつくられます。

自社畑ウォーターランチというのはナパヴァレーのアトラスピーク近郊の高地にあります。
標高が高いので、霧が発生しても全く影響がありません。
だからいつも乾燥しています。

土壌は赤土、火山性なので水はけがいい。
結果、水分が不足気味の土壌においては、根は深く土中に伸びようとします。
根が伸びることによって水分といろいろな栄養をも吸収し、
より良質なぶどうを結実するのです。
ここではシャルドネメルロプロプライエタリー・レッドがつくられます。

どのワインもため息が出るほど香り高く、樽香がうまくワインに溶け込み、
リッチで丁寧に造られているのが伝わってくるものばかり。

そして2014年ソノマコーストに、新ブランドとしてウェイフェアラーが誕生。
このウェイフェアラーには現社長であるクレオさんが深く関わっています。

一スタッフとして入られたクレオさん、
勿論出荷作業や、細々とした雑用から色々なことをこなしてこられたのですが
この新ブランドの立ち上げにも携わり、
いわばクレオさんの成長とともにあるブランド。

往々にして子どもがワインビジネスを継がないこともあるいまこの時代に、
娘が後を引き継いでくれるというのは、それは嬉しいことだったでしょう。

ジェイソンさん、実はブルゴーニュワインも大好きで、
ブルゴーニュの地に畑を手に入れてワインをつくろうと考えていらしたそうです。

しかし、結局はブルゴーニュに畑を購入することはありませんでした。
1998年当時、ワインメーカーであったヘレンターリーの
「カリフォルニアのラ・ターシュとなる畑だ」アドバイスにより
ソノマコーストに、カリフォルニア ピノノワールとシャルドネの
グランクリュとなる可能性を高く秘めたポテンシャルの高い土地を購入しました。

畑は標高が330mと高く、海が5kmと近い。
畑に行くまでに曲がりくねった道を2時間かけていかなければなりませんが
近くにはハーシュ、マーカッシン、ピーターマイケルの畑もあります。
細かく区分けされた畑は様々なクローンと台木によって構成され管理されています。

日照量が多く、海からの涼しい風、クローン台木、激しい温度差という環境。
土壌は白黄色の、昔海底であった砂が隆起堆積した土壌で、
痩せていて非常に水はけが良です。
水はけがよいと病気にもなりにくいし、
ぶどうは水を求めて深く深く根をおろします。
そうすることによってさまざまな養分や水を得ることができ、
やせた土地すなわちピノノワールとシャルドネに適した土地なのです。

冷涼な気温と細かい区画の徹底した栽培管理。
それぞれのクローンの持つフレーバーやタンニン、酸をしっかり残した、
小粒で健康なぶどうが育ちます。

最高のブドウに最高のワインメーカー、
最高のワインができるはずです。(納得)

 

次回はセカンドラインのジェイソンとカリフォルニア火災のその後・・・を
お伝えします\(^o^)/読んでくださいね~

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。