本日の試飲 (=゚ω゚)ノ クールな価格!!ランチ32 ソーヴィニヨンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日の試飲ワインはランチ32 の

ランチ32 ソーヴィニヨンブラン

ランチ32はカリフォルニアのモントレーにあるワイナリ。

場所はサンフランシスコからさらに南。

それだけを聴くと、

何となく濃い濃いワインを想像してしまいます。

が、日照量がしっかりありながら、

高温になりすぎない環境で造られます。つまり、

冷涼な気温と長い生育期間が確保されて、

葡萄はゆっくりと成熟し、

リッチで複雑味豊かなフルーツ・フレーバーが、

と同時に素晴らしい酸を保持したワインがつくられるのです。

さてさて、

ランチ32 ソーヴィニヨンブラ

ヴィンテージが新しく2018の試飲。

透明で輝きのあるやわらかい麦わら色。

パイナップル、トロピカルフルーツの香りが溢れて

口にする前からハッピーな気持ちにさせてくれる。

ひと口、

ん?ハーブ等の青草ぽさがなくって

すっきりした甘味と酸味がすごくバランス良い。

それに余韻もあって

これで税込み1,760円ってお買い得(≧◇≦)

他にも

ランチ32 シャルドネ[2018]

ランチ32 メルロ[2018]

ランチ32 カベルネソーヴィニヨン[2017]

全て2000円以下で手に入ります

これがクールな価格ってやつですね。

試してみる価値アリじゃないですか?

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ワイナート最高評価!ブルゴーニュ好きも満足するカリフォルニア・ピノ『リトライ』

Wassy’s鳥井です。

もう”暑い”って感じ、40度ともなるとて”熱い”と書いていいんじゃないかと思ってしまいます。
まだまだ体調にはお気を付けくださいね。

今日のワインは、25年ぶりの特集で話題となったワイナートで表紙を飾り、またテイスティングでは最高得点を得た生産者『リトライ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4133

今改めて注目されています。

リトライは、ソノマで1993年にスタート。ピノノワールとシャルドネだけを手がける小さなワイナリー。ワイナリー名『リトライ』は、ラテン語Litorの複数形の派生語で、Coasts(海岸)を意味します。

当時はカベルネだけでなく、ピノノワールも濃厚な味わいがうけている時代。そんな中いわゆる薄旨系のスタイルだったリトライのワインはあまり評価を受けることはありませんでした。
しかし食事とともに愉しむエレガントなファインワインを探し求めたカリフォルニアのソムリエ達の中で話題となりだし、徐々に有名レストランで取り扱われ出し次第に名声を得ていくようになりました。

そんなその時の流行を追わず頑なに独自のスタイルを貫き通したのがオーナー兼醸造家の”テッド・レモン”氏。

カリフォルニアのピノノワール生産者の中で最も「ブルゴーニュ人」と言われる人物。それもそのはず、フランスのディジョン大学に留学し、醸造学の学位を取得。24歳で、ムルソーを代表するトップ生産者であるドメーヌ・ギィ・ルーロで栽培醸造長に就任した逸材。
なんと、聖地ブルゴーニュでワインメーカーになった初めてのアメリカ人とのこと。

ブルゴーニュで修行し、カリフォルニアの中でも最もエレガントな仕上がりのワインを生み出すリトライですが、ブルゴーニュの模倣品にしようと考えているわけではなく、あくまでもカリフォルニアの地域ごとの個性、畑ごとの個性を生かしたワインづくりを目指しているといいます。

今では当たり前のようになったカリフォルニアのエレガントスタイルのピノノワール、その先駆けであり今でもTOP生産者でもある『リトライ』。しかもお値段もピノノワール好きなら思った以上にお安くも感じる(かもしれない)プライス。

スタッフも飲むと「やっぱりリトライは旨いわなぁ~」を口を揃えて味わいおすすめワインです。

レッツ、《リ》トライ。 (えっ、ダジャレ?!)

──────────────────────────────────

■リトライ ピノ ノワール ザ ピヴォット ヴィンヤード[2017]
特価15,840円
https://winestore.jp/fs/wine1227/4133/62323
《ワイナート:99点》

~ワイナート 一部コメントより~
非常に細かく造りこまれた香り。
果実味と完璧に調和
ワイナートの、カリフォルニア ピノノワール特集の中で【99点】の最高得点を獲得したワイン。
リトライの自社畑。6つの異なるクローンをバイオダイナミクスの手法で育てています。バラの花びら、フレッシュ・チェリー、アルパイン・ストロベリー、ローマ・アップルの華やかなアロマ。凝縮感や、噛み応えがあり、支配的なタンニン、たっぷりとした酸味と口当たりの良い後味を持ちます。非常に控えめで、エレガントなワインです。

 

■リトライ ピノ ノワール サヴォイ ヴィンヤード[2017]
通常14,960円のところ特価13,200円
https://winestore.jp/fs/wine1227/4133/62732
《ワイナート:96点》

~ワイナート 一部コメントより~
奥行きとフィネスが感じられる香。
中心にある核が果てしないエネルギーを生んでいる

アンダーソン・ヴァレーは、冷涼な気候を有し、ピノノワールの一大産地として知られます。このサヴォイはアンダーソン・ヴァレーの高級畑の中では比較的凝縮感が高く、なめらかな舌触り。酸の骨格と複雑な風味。

 

■リトライ ピノノワール ソノマ コースト[2018]
通常10,450円のところ特価8,950円
https://winestore.jp/fs/wine1227/4133/62730
《スペクテイター: 94点》
《ワイナート:90点》

~ワイナート 一部コメントより~
ふわふわと立ちのぼる豊かな香り。
固い果実味に芯があり、骨格もある。余韻にうま味。

冷涼な複数の畑のブドウを、バランスよくブレンドしたエレガントで高品質なピノ・ノワールです。
リトライの本拠地であるソノマ・コーストの各地の畑から集められた良質なピノノワールをブレンド。繊細でバランスの良い味わいが口中に広がります。リトライのエレガントなスタイルを知るなら、まずこのワインから。

■リトライ ピノノワール レ ラルム アンダーソン ヴァレー[2017]
通常10,450円のところ特価8,360円
https://winestore.jp/fs/wine1227/4133/62731
メンドシーノの海側の冷涼エリアにある自社畑を中心とした複数の畑からのブレンド。ソノマコーストと同様に、手頃で美味しく早くから楽しめるワイン。

■リトライ シャルドネ B.A.ティエリオット ヴィンヤード ソノマコースト[2016]
特価15,840円
https://winestore.jp/fs/wine1227/4133/54794
オーガニックおよびバイオダイナミクスの手法で作られるブドウは、豊かな日照と冷たい海風によってよりストラクチャーと豊かな酸味を持つスタイル。

 

 

 

なんとコングスガードにセカンドが存在した。

『コングスガード』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4082

ご存じコングスガードの今回入荷分に驚きのアイテムが!
なんと《激レア》と言える、幻のセカンドワイン。

日本初!良年のみに造られるセカンド・セレクション
──────────────────────────────────

■コングスガード キングス ファーム レッド ワイン ナパ ヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4082/62894
特価16,800円

セカンドにあたるこのワインは、現地のメーリングリストのVIP顧客にのみリリースされていたワインで当然日本未入荷のシロモノ。それが今回初めての日本での正規リリース。

本来はシャルドネとレッド・ワインの2種類がありますが、2017ヴィンテージはレッド・ワインのみリリースとなりました。
(次はぜひシャルドネも希望)

セカンドとはいえ、何から何までコングスガードと全く同じ醸造方法。違うのは最後の最後に複数の樽からコングスガードに使われなかった樽で作る事。とは言え使わなかった樽でもコングスガードの名が付く限りは単なるセレクトから落ちたのでなく、満足いくヴィンテージで使わないには惜しいと思えるクオリティの年だけリリースされる貴重なワイン。

キングス・ファームのラベルは、コングスガードの祖先の出身地はノルウェーの東部の渓谷「ハリンダル(Hallingdal)」であり、そこに現代まで残る希少な中世期に建てられたノルウェーを代表する木造の「トルポ・スターヴ教会(Torpostavechurch)」の内部の壁に1225年に描かれた王が騎乗する壁画をモチーフにしています。

 

カリフォルニア・シャルドネのベスト5、いやベスト3入り
──────────────────────────────────
■コングスガード シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4082/62890
特価17,990円

コングスガードと言えばまずはシャルドネ。
シャルドネの名生産者は多くありますが、間違いなく指折りの作り手なのはだれも異論がないはずです。事実このシャルドネともうワンランク上に辺るジャッジは、毎年リリースを待ちわびる人気ワイン。今回の2018年も非常に評判高く作り手、評論家も満足のコメント

ジョン・コングスガードのコメント
「2018年のナパ・ヴァレーシャルドネは、シャルドネの素晴らしさのすべてを内包した、華やかさとエネルギッシュさを兼ね備えています。トーストした香ばしいブリオッシュのアロマに、白桃と蜂蜜が香り立ち濃厚な果実味に硬い石のようなミネラル感が長い余韻となって続きます」

ワイン・アドヴォケイトのリサ・ペロッティ・ブラウンのコメント
「アタックから口が痺れてしまうような感動がなだれ込む。クラッシックな造り方(樽醗酵・樽熟成)で鍛え上げられたシャルドネはいつも驚かされるほど素晴らしい」と評しています。」

ワインアドヴォケイト誌: 93-95点

カリフォルニアで最も偉大なシラーと大絶賛
──────────────────────────────────
■コングスガード シラー ナパ ヴァレー[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4082/62893
特価35,800円

コングスガードの中でも特にマニアックでいてツウなレアワインとワイン好きをくすぐるのがこのシラー。
スティーブン・タンザー氏は、コングスガードのシラーは「間違いなくカリフォルニアで最も偉大なシングル・ヴィンヤード・シラーである。」と評価。他にもワイン・アドヴォケイトのリサは「すごーーくスパイシー!」と感激するなど、コングスガード=シャルドネのイメージを覆す絶賛。元々の数も少ない為、今回入荷分はわずか3本。毎回数本しか入荷しませんが、知ってる人はちゃんと押えているようで必ず完売しているワイン。新しい発見としてシャルドネしか飲んだ事無い方は飲んでみては。

ワインアドヴォケイト:(97-99)+点

バックヴィンテージ(2014) は特別プライスの30%OFF
──────────────────────────────────
■コングスガード カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4082/62892
特価38,500円

通年では80%カベルネ、20%程メルロのブレンドで作られるのですが、このヴィンテージはカベルネソーヴィニヨン100%で作られた非常にレアな仕上がりとなりました。
ワインアドヴォケイト:93-95点

■コングスガード カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4082/39869-000
通常38,500円 → 【30%OFF】特価26,950円

6年間の期間を越してますから、ようやくワインの硬さが取れ出して、これからいい具合になってきてるであろう2014年バックヴィンテージが特別価格。R・パーカーのワインアドヴォケイトの飲み頃予想は2016年~2036年。
ワインアドヴォケイト:92点

 

 

 

 

 

 

 

 

【巣ごもりのお盆に…】おいしいワインとフレンチはいかがですか?

フレンチ デリバリー ワッシーズ ダイニング スープル

 

こんばんは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

なんだか あっという間に8月も半ば…!

 

帰省やお出かけがしづらいのは残念ですが、
今年は例年にないサービスが日々生まれていますね。

できる範囲で、楽しいことにも目を向けて
素敵な夏を過ごしたいものです。

 

 

ワイン屋直営レストラン『スープル』
デリバリーもやってます

フレンチ デリバリー ワッシーズ ダイニング スープル

 

本日は、姉妹店レストラン『スープル』
【大阪市内限定】耳寄り情報をシェア♪

 

作りたてのフレンチをMKタクシーで
お届けするサービスが始まりました。

現在、配送料500円キャンペーン実施中です!
(※2020年8月末まで※)

 

も ち ろ ん ♪

ワインも一緒にご注文いただけますよ^^
おうちレストランの準備がお電話1本で完結します★

 

 

スペシャルな日に食べたいアラカルトやコースの他に、
日替わりフレンチ弁当もあります。

 

わたしも先日、お昼ごはんに食べたのですが
付け合わせのサラダまで
抜かりなく美味。満たされました。

お弁当 ワッシーズ ダイニング スープル

やっぱり、おいしいもんを食べると元気が出ますね^^

 

感染症の心配だけでなく
こうも暑いと、ちょっと外に出るのも一苦労です。

 

ぜひ、デリバリーで
おうちレストランをお楽しみくださいね♪

 

▼詳しい情報は、下記をご確認ください▼

デリバリー宅配料お試し価格500円!

お盆も休まず営業しています!!

================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
================

 

日本発売のニュースに思わず二度見する幻のワイナリー

カリフォルニアワインを古くから飲まれている方詳しい方なら、この名前に反応してしまう人もいるんじゃないですか?

『デリンガ―』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4716

人によっては『デリンジャー』の方がピンッとくるかも。

現地ではロキオリやフラワーズ、レイミー、ゲイリー・ファレルなど名だたる生産者と並ぶ、いやそれを上回ると言われる、まさに伝説と呼ばれる作り手。

限られた範囲でしか購入する事ができず、海外輸出なんで論外。オーナー・トム デリンガー氏自身がまったくワイン造り以外に興味なく、プロモーションやメディアなどに出る事無いそうで、ワインだけでなくトム・デリンガー氏自身も幻の人物。

恐らく今まで数々の輸入業者が日本に輸入させてくれと嘆願したであろうこのワインが、まさか、まさかの輸出承諾。

いったい何が起こったんでしょうか?
(その辺りは輸入元さんに聞いてみたい所です)


トムの子供もワイナリーの経営に携わり、次世代へ向けて方針が変わったのかもしれません。

か、コロナの影響でレストラン需要などの減でその分が日本に割り当てられただけかもしれませんが。(そうなると今年限りの輸入と言う可能性もあるか?!)

元々の生産量が多くないワインですから、Wassy’sでの販売数も決して多くはないですが、日本で買って飲めるって事だけでも貴重な体験。

 カリフォルニアワイン好き
 ピノノワール&シャルドネ好き
 何においてもワイン好き

ワイン好きで興味沸いたら迷わず手に取って欲しいワインです。


■デリンガー ピノノワール ゴールドリッジ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017]
特価 9,980円
https://winestore.jp/fs/wine1227/62885

《アントニオ・ガローニ:92点》
ゴールドリッジピノノワールは、しなやかなテクスチャー、高貴なフルーツのアロマに溢れたワイン。収量も少ない自社のゴールドリッジの畑で収穫されたピノノワールは25年以上のヴィンテージに渡り造り続けられており、ロシアン・リヴァー・ヴァレーで造るピノノワールの見本のような存在です。

試飲してみました。
場所柄酸はしっかり。繊細なピノと言うよりはふくよかで厚みのあるボリューム感。果実味しっかりの味わい。
口当たりはピノノワールらしいきめ細かくスムーズ、タンニンもこまかくで良質なワインである事が実感できますね。
パッと華やかでキャッチー万人受けのスタイルというよりは、ちょっぴりツウで玄人受けしそうなイメージですが、難しいワインではないので良いピノノワールを飲みたい人は、貴重ワイン飲んでみてください。

 

■デリンガー シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017]
特価 7,990円
https://winestore.jp/fs/wine1227/62884

《アントニオ・ガローニ:92点》
エステート・シャルドネは自然酵母を用い、フレンチオーク3分の1を少し上回る新樽率で樽醗酵。シュール・リーで、瓶詰もフィルターをかけず行うことでしっかりとしたテクスチャーとフレーバーのあるスタイルに仕上げています。レモンカスタードや白桃のアロマ、ライムの皮や煎った芳ばしいヘーゼルナッツの味わいが広がり、長い余韻へと誘います。生き生きとしたフレッシュな酸複雑な味わい、デリンガーならではの上品さが感じられるシャルドネ。

試飲してみました。
オレンジ、メロン、レモン、ライムと色々な果実柑橘の香りと味わい。コクを感じる飲み心地。アルコール度はやや高め(14.3%)ですが、酸がしっかりとありますので、飲んだ感じは好印象で贅沢感を感じます。最近のスタイルと言うよりはひと昔前のカリフォルニア、クラシカルなイメージの仕上がりです。
長くカリフォルニアワインを飲んでる人なら「懐かしい味~」って言葉が口からでちゃうんじゃないかと。

 

日本への入荷わずか60本の超レア・ワイン
──────────────────────────────────
■デリンガー カベルネソーヴィニヨン ロシアンリヴァーヴァレー[2014]
特価 13,200円
https://winestore.jp/fs/wine1227/62887

《アントニオ・ガローニ:92点》
2014年の凝縮感に溢れるカベルネは、ソノマ・カウンティのブドウならではの力強い濃厚な味わいを持ちながら、その気候からもたらされる上質な酸、程よい重み、しっかりとワインを支えるタンニンと仕上がりの良さが光る味わい。
ブラックカラント、スギ、辛みのあるチリチョコレートなどの香りと多くの味わい、香りが楽しめまる奥深いワイン。
日本在庫が60本とまさに激レアの1本。

デリンガーのフラッグシップと言えるワイン
───────────────────────────────────
■デリンガー ピノノワール アルタモント ロシアンリヴァーヴァレー[2016]
特価 12,800円
https://winestore.jp/fs/wine1227/62886

《アントニオ・ガローニ:94点》
淡いルビー色の美しい色合いが色調だけでもその良さは見てとれます。、チェリー、トフィー、ダークラズベリーの香り。バランスがとれ、繊細な味わいがとても魅力的でさすがフラッグシップと呼ばれるクオリティ。
その果実の味わいを繊細できめ細やかなタンニンが包み込むように感じられます。一度飲んでいただければ、その味わいの虜になること間違いなしと言われています。

 

デリンガーは、1975年にソノマのロシアン リヴァー ヴァレーで設立。今もなお家族経営にこだわるワイナリー。
設立当初より、ロシアン リヴァー ヴァレーの自社畑のブドウを使い、40年以上に渡り、最高のワインを造り続けています。

生産量の少なさから当初は地元で知られるワイナリーでしたが、その高いクオリティの高さとワインの評判は、瞬く間に全米へと広がりました。
頑固者などとも言われるトムが手がけるワインは40年以上の長い歴史の中でも変わらず、ヴァンヒルロードにある自社畑のブドウを使ってワインを作り続けています。
そして現在は。カルメン、エヴァという2人の娘さんも携わり、日々ワイナリー、ヴィンヤードの仕事を見ているとの事。植え替えの時期になったブドウの樹の世話をはじめ、畑の手入れを続けながら、決してぶれることのない、最高のブドウ栽培、ワイン醸造をするというデリンガーならではの手造りワインを生み出すことに情熱を燃やしています。

 

 

 

 

 

 

 

カリフォルニア・ピノの伝説が次に選んだのはオレゴン『ソーター ヴィンヤーズ 』

ワイン雑誌『ワイナート』で25年ぶりの特集として掲載ワインをご案内したカリフォルニア・ピノノワール特集。完売のワインもでる大反響。

今日のメルマガはピノノワール人気の流れをそのままに、アメリカ、もう一つのワイン産地オレゴンからおすすめのワイナリーを紹介。


『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

今回のワインは、元々カリフォルニアでスタッグスリープワインセラーズ、シャペレ、スポッツウッド、コッポラ、ヴィアディア、ダラ・ヴァレ、シェーファー、アロウホなどなど、数々の著名ワイナリーのコンサルタントを歴任した人物”トニー・ソーター”。

その後自身もワイナリーでワインもリリースするのですが、コンサルで手掛けたワインがカベルネ系の評価が高いワイナリーなんですが、自分のワインのメインとなる品種はピノノワール。それが『エチュード』。

このワインが各方面で高い人気をと評価を受け、当時カリフォルニアのピノノワールの代表的ワインとして、日本でも人気がありました。そのエチュードは高い評判のままに2001年ワイナリーをベリンジャーに売却。自身は故郷のオレゴンへ移住してしまいます。

カリフォルニアで自身のワイナリーではピノノワールを作る位ですから、より美味しいピノノワールを作る為に故郷のオレゴンに帰ったのでしょうか。

なんにしろ、エチュードでの評価をえた技量とピノに適した土地で作るワインは美味しいに決まってる。

しかも土地も安いからなのか、価格も ◎。

─────────────────────────
ソータ―が直接出がけるワインとしては超破格
─────────────────────────
おすすめはなんと言ってもコレ。
カリフォルニアでワイン造りしているときは1万円を超えるようなピノを作っていた彼が、故郷オレゴンで作るワインは定価でも4180円と超破格。
しかも今はセール特価で2926円のスペシャルプライス。

良質のピノノワールらしくフレッシュな味わいとでシルクのように滑らかな口当たり。堅苦しさや気難しさはなく、カジュアルな気分で味わえるラズベリー、シナモン、サクランボなどの香り。夏の果実、チェリーコーラ、木煙、ブラッド・オレンジと多彩かつふくざつさもある味わい。

シャルドネも同様に100%ウィラメットヴァレー産のシャルドネを使用。2015年とリリースから時間を得ているおり、酸や果実味に落ち着きある飲み頃感。コチラは残り数わずか。

オレゴン州認定サステイナブルワインとされており、このプラネットは購入毎に1ドルの寄付が行われるそうです。


■ソーター プラネット オレゴン ピノノワール[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61932
通常4,180円 → 特価2,926円

ワインアドヴォケイト:90点
アントニオ・ガッローニ:91点

■ソーター プラネット オレゴン シャルドネ[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45100
通常3,850円 → 特価2,359円

─────────────────────────
オレゴンのテロワ―ルの素晴らしさを知るワイン。
─────────────────────────
オレゴンを代表するもっとも有名なウィラメットヴァレー。
その中でも最高級のぶどうとも言われるノースヴァレーの
畑。
気候、地理的特徴、栽培条件と、この地域が世界で最も恵ま
れたワイン生産地の一つであることを示す為オレゴンのテロ
ワールを象徴していると言うワイン。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ ピノノワール ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61931
通常6,600円 → 特価4,345円

ワイン・エンスージアスト:92点
ジェームス・サックリング:92点

フレッシュラズベリー&ストロベリーとフレッシュな香りに
白コショウを思わせる香りがアクセント。その後から溢れる
さまざまな柑橘系が奥深さと2杯3杯と飽きさせない味。
滑らかでスムーズで長く残る余韻とわずかに残るタルトの様
な香ばしさ。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ シャルドネ ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61930
通常6,050円 → 特価4,840円

ジェームス・サックリング:92点
ワイン・エンスージアスト:93点

リンゴ、さわやかな柑橘類の香りとトロピカル系果実の味わい
。パリッと張りのある酸がそのままフィニッシュまで続く、こ
れからの時期にも美味しいシャルドネになってます。

■ソーター ノース ヴァレー オリジン ピノノワール エオラ アミティ ヒルズ[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45103
通常8,800円 → 特価6,160円

オリジンのシリーズは地域ごとのバリエーションでリリースされ
ており、それぞれの特徴を楽しむワイン。
エオラ・アミティ・ヒルズでは、

ベリーの甘酸っぱさ、スパイス、土の印象がワンランク上のピノ
ノワールである事を感じさせます。
バランスの良い酸味。きめ細かいタンニンは時間と共に液面にな
んでおり余韻までスムーズでエレガントな深みを感じます。

『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

 

 

ソーターがカリフォルニアで手掛けたワイナリー
『エチュード 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4012

■エチュード ピノ グリ[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/57656
特価 5,280円
■エチュード ピノノワール カーネロス[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/56322
特価 6,666円

 

みんなでワイワイできる日は・・・(T_T) テキストブック

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナの影響で、

皆でワイワイ料理とワインを楽しむという食事会は

しばらくできていません

昔の写真を見ていたら、何だか寂しくなりました。

これはいただきもののローストビーフと

テキストブック ザ フォリジャー ピノ ノワール ソノマソースト

バランスの取れた力強さ、あふれ出る香り、

グラスが動くたびに香る上品なベリー

本物で上質なピノ。

ちょっと既成のローストビーフでは

太刀打ちできなかった印象。

食べ物のバランスってあるなあとしみじみ思った瞬間。

別の機会に

鴨ロースと

テキストブック カベルネ ソーヴィニヨン ミゾン プラス

を合わせたときは、

思わず めっちゃ旨いやん!! と

笑ってしまいました。

鴨の脂としっかりとしみ込んだお醤油ベースのたれが

パワフルでなめらかなタンニンとマッチ!!

テキストブック カベルネ ソーヴィニヨン ミゾン プラス

オンラインワッシーズでも超人気なこのワイン。

有名畑の隣とかそういう情報はホームページで見ていただくとして、

造りてがすごい。

もうね、頑固な職人さん。

ワタクシ実際にお目にかかったのですが、

にこやかでやさしくて物腰やわらかなその内に秘めた芯の強さ。

丁寧にまじめに。

それがテキストブック

皆さんにもぜひ味わっていただきたいワインたちです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

25年振りで話題騒然。カリフォルニア・ピノノワールが大注目

スタッフトリイです。

ワイン雑誌『ワイナート』ってご存知ですか?
ワイン好きの方もワイン関係者も読んでる代表的なワイン誌のひとつなんですが、今月この雑誌がちょいとした話題に。

今月号の特集が”カリフォルニア特集”!


なぜこの特集で話題なのかと言いますと、毎月発行されるこの雑誌はその月ごとに、今月はボルドー特集、その次はブルゴーニュのどこそこ地域の特集、次はイタリアの特集と毎月特集が変わるわけですが、前回のカリフォルニアを特集されたのが、

なんと、なんと・・・

25年前!!

ワイナート創刊の特集はカリフォルニア。

そう、創刊号以来の特集号。今回で99号目と、100号手前で二度目の大特集。

どんだけ売れへんかったねん(泣)

そんな25年振りと言う事で、カリフォルニアワイン好きだけでなく、カリフォルニアワインを取り扱うショップやインポーターさんも大喜び。

みなさんこぞって宣伝しまくってます。

だってまた売れなかったら25年後になりかねないっ。

─────────────────────────
高得点のピノノワールがWassy’sに沢山。
─────────────────────────

カリフォルニアのピノノワール特集。力入ってます。
コロナでのロックダウン直前の総力取材。60ページ弱、20ワイナリーのチカラの入りよう。

沢山のピノノワールが紹介されているわけですが、嬉しい事に該当ワインがWassy’sには結構在庫有り。

もうすでに、この雑誌を読まれた方からも注文もきていま
して反響は上々。

誌面でのワインは現地試飲と言う事もあってか2018年と未入荷ものもありますので、その辺は今後の入荷となりますので、要チェックですね。

表示を飾るのはこの3本


【99点】
■リトライ ピノ ノワール ザ ピヴォット ヴィンヤード[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/62323
特価15,840円


【98点】
■オーボンクリマ ラーム ド グラップ[2005]
https://winestore.jp/fs/wine1227/46391
特価20,240円

【90点】
■ハーシュ ヴィンヤード サン・アンドレアス・フォルト・エステート ピノノワール[2017]

リトライはワイナート誌上でもめずらしい99点と言う《超》が付く高評価を獲得。輸入元にもすでに在庫はなく争奪戦になる注目ワイン。

《リトライ》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4133
─────────────────────────
【90点】
■リトライ ソノマ コースト ピノ ノワール[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/58877
特価8,360円

【99点】
■リトライ ピノ ノワール ザ ピヴォット ヴィンヤード[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/62323
特価15,840円

《オー・ボン・クリマ》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4001
─────────────────────────
【97点】
■オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2009] 1500ml・マグナム
https://winestore.jp/fs/wine1227/46385
テイスティングでこの得点。このマグナムならさらに美味しい予感。
特価27,316円

【98点】
■オーボンクリマ ラーム ド グラップ[2005]
https://winestore.jp/fs/wine1227/46391
特価20,240円

《セインツベリー》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4021
─────────────────────────
【88点】
■セインツベリー カーネロス ピノ ノワール[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4021/59829
特価5,808円

《カレラ ワインカンパニー》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4061
─────────────────────────
【87点】
■カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション ピノノワール[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4061/58001
特価4,125円

《ドメーヌ・ド・ラ・コート》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4487
─────────────────────────
【93点】
ドメーヌ ド ラ コート ピノノワール ラ コート サンタ リタ ヒルズ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4487/58848
特価13,200円

《ロキオリ ヴィンヤード&ワイナリー》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4213
─────────────────────────

《ハーシュ ヴィンヤード》
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4107
─────────────────────────

─────────────────────────
スタッフが驚いた「え?ピノ作ってるの」
─────────────────────────

ピノ特集の中に記載されているワイナリーの中に『リッジ』の文字。「あれ、リッジはピノつくってないぞ?」と思ったんですが、1971年にい一度だけ作って以来、なんと47年ぶりに作ったんだそうです。これは驚いた。
リッジと言えばアメリカンオークですが、このピノノワールもアメリカンオーク使用。これは他ではない事、かなり興味ありますが飲めてません。入荷数少ないので気になる方はお早めに


リッジ コラリトス ピノ ノワール[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/62325
特価9,800円

ワイナートさん、次回のカリフォルニアは早々の特集でよ
ろしくお願いいたしますよ。


【Wassy’sのピノノワール特集はコチラ】
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/pinotnoir

 

[広告]外部サイトへ移動します


Winart(ワイナート)2020年7月号
【巻頭特集】●カリフォルニア ピノ・ノワールの肖像 ◇カリフォルニア・ピノがたどってきた道をたどる

 

 

6月&上半期の人気ワインランキング★

ワインお買い得 家飲み応援キャンペーン

 

こんにちは♪
オンラインWassy´s ひのみです。

 

20周年を迎えた節目の月に、
何とも嬉しいニュースが舞い込みました♪

それは…専門誌『ワイナート』にて、
約25年ぶりにカリフォルニアワインが取り上げられたこと!
最近の通勤電車のお供はこれです。

 

中には『オー・ボン・クリマ』ジムさんのお姿も。
ジムさん公認ワインショップのワッシーズ。

カリフォルニアワイン オー・ボン・クリマ

何度もご来店いただいていますが、残念ながら
わたしはまだお目にかかったことがありません。

 

社内の写真で見るジムさんは、どれも温かい笑顔が印象的で、
“ほとんどいつも何かに怒っている”
熱いパッションの持ち主という記述が
意外で驚きました( ゚Д゚)笑

 

「とにかく飲み手が満足してくれればいい。」
その一心でワインの価格と高い品質を
守り抜いているジムさん。

 

お会いできる日が来たら、
「わたしの財布でも手が届くおいしいワインをありがとうございます!」
と、全力で伝えたいです。

ワイナート 99号 カリフォルニア・ピノ・ノワール特集

オー・ボン・クリマ、2つのフラッグシップワイン

約20の畑 最上の樽をブレンドした華やかな味わい
オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2015]

 

単一畑単一区画、しっかりとした骨格
オーボンクリマ ピノノワール ノックス アレキサンダー[2014]

6月の人気ワイン&
上半期人気ワインランキング

6月の人気ワインランキング オンラインワッシーズ

さて、本日は

◇6月の月間ランキング
◇オンライン・ワッシーズ上半期総合ランキング

をお届けいたします!

───────────────
◆◇◆6月:赤ワイン部門◆◇◆
───────────────

【第1位】
“パリスの審判”から引き継がれる伝統と技法
カベルネソーヴィニヨン、メルロのブレンドで柔らかいタンニン
スタッグス リープ ワイン セラーズ ハンズ オブ タイム レッド ブレンド[2014]

 

【第2位】
リッチで奥深い味わいなのに、誰にとっても親しみやすい旨さ
ジムさん渾身の1本
オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2015]

 

【第3位】
人気は衰え知らず!
凝縮感のある果実味と香ばしいバニラのニュアンス
ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニョン カリフォルニア[2017]

 

───────────────
◆◇◆6月:白ワイン部門◆◇◆
───────────────

【第1位】
スタッフおすすめお値打ちソーヴィニヨンブランが
ついに1位!!(歓喜)
アラン スコット ソーヴィニヨンブラン[2018]

海老のハーブグリル ニュージーランド ソーヴィニヨンブラン

ちなみに、わたしは先週末の夕食で
海老のハーブグリルと楽しみました^^

レモングラスやタイムでマリネした海老を
殻ごとオーブンへ。
仕上げにフレッシュなレモンを搾ります。

 

これがもう本当に…ワインと合っておいしかった~!
改めて、おすすめして良かったなぁと思いました。

ありがたいことにリピート率が右肩上がりの
アランスコット。ぜひぜひお試しくださいね♪

 

【第2位】
今月はジムさんのワインが大人気!
アプリコットやほんのりフローラルな香り、樽香も優しい
オーボンクリマ シャルドネ サンタ バーバラ ツバキ ラベル[2017]

 

【第3位】
夏に向けて爽やかな味わいはやっぱり美味.*
オレンジや青リンゴのみずみずしいアロマ
クラウディー ベイ ソーヴィニヨンブラン マールボロ[2019]

 

──────────────
 上半期総合ランキング 
──────────────

早いもので今年も半分が過ぎようとしていますね。

皆さまから沢山ご支持いただいたワイン
TOP5も併せてどうぞ♪

 

【第1位】
カレラ セントラルコースト ピノノワール[2016]

【第2位】
カレラ セントラルコースト シャルドネ[2016]

【第3位】
ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]

\今春、飛ぶ鳥を落とす勢いでした/
2ヴィンテージ累計でランクイン♪
【第4位】
ワインズ オブ サブスタンス カベルネ ソーヴィニヨン[2018]

【第5位】
カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション
セントラルコースト ピノノワール[2017]

 

以 上
ワッシーズ人気者たちのご紹介です♪

 

 

6月はいつもにも増して、ご愛顧くださる
お客さまへの感謝をかみしめる日々でした。

ワインのおいしさ・楽しさを少しでも
お伝えできるよう、これからも走り続けてまいります!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

=================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
=================

 

噂のワイナート99号を買いました(*^▽^*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

久しぶりのカリフォルニア特集!

と周りは大騒ぎしております。

25年ぶりだそうです。

ワッシーズに入って、

カリフォルニアワインに触れること10年。

まだまだ知らないことばかりだけど

ページを繰ると

「これ間違いないわ~」って知ってる生産者たち。

皆さんにも知ってほしいから

ぜーんぶ紹介したいけど、

記事もほんとに面白いし、写真も美しいので

是非ご自身で手に入れられることをお薦めします。

最近買った本の中で一番良かったなーって思っています。

さて、パラパラ繰っていると、

シャトー・イガイタカハ!!

ワッシーズにもよくお出でいただいているし

試飲会でも何度もお目にかかって

そのワインとお人柄に魅了され続けています。

今回のワイナートにも取り上げられていた

シャトー イガイ タカハ ピノノワール ソノ 園 サンタリタヒルズ[2017]

華やかで複雑で秘めた力強さがあって

ついリピートをしてしまうワイン。

大好きです。

奥様の美代子さんが

「私のワインなの!」とにこにこ仰っていたのが印象的。

奥様の旧姓から付けられたのですものねー。

いいないいなー。

早くまたお目にかかりたいなー。

コロナウイルスの影響で、軒並み中止の試飲会。

大手を振って行けるようになってほしいものです。