タレの焼き鳥にも(^○^)フープラ カベルネ ソーヴィニヨン 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

我が家の近所の鶏屋さんは

ちょっと頑固なおじさんが一人で切り盛りしています。

いわゆる「ヘンコなおやじ」です。

で、店先には生の鶏以外に

唐揚げや、ヤキトリもちょこっと置いてあります。

これまで頼んだことなかったけど

ヤキトリをいろいろおまかせでお願いしてみました。

「おっちゃんはな、タレにこだわりがあるねん。」

全部タレでした

 

焼きたてを急いで持って帰ったので熱々。(徒歩3分)

そしてこれがまた旨いっ!

タレついてるけど、ちょこっと辛子つけたり

定番の山椒とか、めちゃめちゃ旨いっっっ!!

うわー、ビールもめっちゃ進むけど、

ちょっとワインも飲んでみようっ、と

我が家のヘビロテワインのひとつ

フープラ カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア [2018]

カシス、ブルーベリー、ブラックチェリーの黒系果実がぎゅっとつまった

濃くてジューシーでフレッシュな味わい。

濃いけど重くない。そして軽くもない。

タンニンなめらかで、口当たりの良い酸味。

結構万能選手なので

ヤキトリにも合うのです。

山椒はつけすぎなければOK。

あっという間に1本開けてしまった

 

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

化けました!デキャンタージュ(*^▽^*)ファイヤーストーン カベルネ ソーヴィニヨン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

休みの日のランチにあけた

ファイヤーストーン ヴィンヤード カベルネ ソーヴィニヨン パソ ロブレス

うーーーん、ちょっとかたい。

冷えているわけでもないのに香りもあんまりしない(-“-)

普段はあんまりしないけど

のんびりした休日だし、

デキャンタージュしてみよっか、と

してみてビックリ!!!

化けました

バラや紅茶の香り、

ドライプラムやブラックチェリーの果実味たっぷり

タンニンやわらかで心地よく、

凝縮感あふれてリッチな質感。

何だか一気にええワインに変身です

トマトの冷製パスタやサラダ

そしてチーズの盛り合わせという

手抜きランチではありましたが

ワイン美味でシアワセ~。

是非一度お試しあれ!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

スタッフ全員が大ファン。試飲でもついついおかわりしたくなる『リヴァース マリー』

シュレーダー、ダブル・ダイヤモンド、ヘスタン、カーサ・ピエナ、レヴァーナ、ハンドレッド・エーカー、アウト・ポスト、マイ・バッハ、ブラック・シアーズ、まだまだありますが、これらの名前、皆さん聞いた事あるんじゃないでしょうか。

カリフォルニアでもTOPクラスのワイナリーばかり。実はこれらのワイン全て同じ人物が手がけているワインです。
手掛けているのは”トーマス・リヴァース・ブラウン“。今一番ワイン業界で注目されている人物。

彼が手がければ瞬く間にそのワインは話題となり高評価を獲得しています。中でもカベルネソーヴィニヨンはワインスペクテイター誌やワインアドヴォケイト誌でも超高得点を獲得。

その彼が妻と2人で自らの名前を冠したワインをリリース。それが今回紹介する

『リヴァース マリー』

カベルネで高評価を獲得する彼が、プライベートブランドとして手掛けるのは、なんとピノノワール!

カベルネのプロが手がけるピノノワール、当然気になります。

で、実際飲むとこれがもう「たまらなく美味しい」

試飲会などで口にする機会が何度もかありますが、いつも終わってからスタッフ全員が良かったワインを照らし合わせると、必ずリヴァースマリーの名前があります。これだけは試飲にも関わらず、ついゴクリと飲んでしまう位。

ピノノワールの高貴でエレガントな感じはあるんですが、どこかプライベートブランドとしての親しみやすさ、飲んだ時の飲みやすさがあり、飲むとついつい嬉しくなってしまうんです。

ピノノワールはソノマに特化し、その年のいい畑のブドウをブレンドしてつくられる、最も手頃なソノマコーストと、秀逸な畑のブドウを用いて作られるシングル・ヴィンヤードのラインナップ。

リヴァース・マリーのワインは1300~2000ケースという生産量の少なさから4000人以上がワインの購入を待つメーリング・リストのみで販売されていましたが、数年前から日本へは輸入販売される特別対応。現地の人もうらやむこのご案内は飲むしかないですね。

※2021.4.26現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

飲んでないなら、まずはこれから!
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール ソノマコースト[2019]
販売価格 5,423円

リバース・マリーの入門的ピノノワール。
とは言っても、リヴァースマリー好きならなんどもリピートする安心のワイン。
ソノマ・コーストらしく、ピノ・ノワールらしく、リヴァース・マリーらしい、ピュアな魅力溢れるワインです。

華やかな赤い花、赤系ベリー、スパイス、芳ばしいパンを焼きあげた香りに、フレッシュな酸が惹き立ち、一本のボトルを二人で楽しんで飲み干せるようなバランスに仕上げています。毎年、畑の割合は異なりますが、そのヴィンテージの特
徴を良く表したワインとなりますが、この2019年は初めて単一畑で作られました。

毎年入荷数の少ない人気の単一畑シリーズ。
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール プラット ヴィンヤード[2019]
販売価格 12,210円
初リリースから2年目。この畑はラジオ・コトー、レイミー、レッド・カー、リトライ、フェイラ、シェアーなど名だたるワインが生まれた畑、かねてから熱望していたリヴァースマリーも遂に手に入れる事が出来た念願のワイン。

■リヴァース マリー ピノノワール シルヴァ― イーグル ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
3つの個性が異なるクローンから生まれたブドウを使用。そのコンビネーションから生まれる複雑味がこのワインの個性。

■リヴァース マリー ピノノワール オキシデンタル リッジ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
オキシデンタル・リッジは、ピノ・ノワールスーマ・オールド・ヴァインと双璧を成すフラッグシップといっても過言ではないワイン。2019年はまったく欠けることなく全ての要素が整った最高の出来。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ オールド ヴァイン[2019]
販売価格 12,155円
オールドヴァインと言う名前の通り古い樹齢(約40年)の為収穫量は落ちますが、ブドウに凝縮感が生まれます。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
2019年のスーマは、スーマ・オールド・ヴァインと注ぎ間違えたかと思うほど味わいの差が近くなりました素晴らしい仕上がり。

専門家評価が非常に高いカベルネシリーズ
──────────────────────────
■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン ハーブ ラム ヴィンヤード ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 18,260円

■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン カリストガ ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 14,080円

生産数が1,300~2,000ケースと非常に少なく、アメリカでは
メーリングリストのみで手に入るワインですが、日本では一
般販売というアメリカの人もうらやむ状況。

 

 

パーカー100点 ナパ・カベルネ【スポッツウッド】

オンライン・ワッシーズのサトウです。

今回も、入荷したけど、
紹介できていなかったワインから、
こちらもワイン↓↓↓

●○-●○-●○-●○-●○

■スポッツウッド

ワイナリー詳細↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4097

●○-●○-●○-●○-●○

 

スポッツウッドは、
オーパス・ワンなどがあるオークヴィル地区から
少し北にあるセント・ヘレナ地区にある生産者です。

1972年に、マリー・ウェバー・ノヴァックと
ジャック・ノヴァック夫婦によって設立され、
現在はマリーの娘ベス・ノヴァック・ミリケンが
ワイナリーを管理しています。

 

創立当初は、
造ったブドウをダックホーンやシェーファーなど
他のワイナリーに売っていたそうですが、
ダン・ダックホーンやジョン・シェーファーに
ワインを造ってはどうかと勧められたことも
ワイン造りをはじめるきっかけのひとつとなったそうです。

最初の、
カベルネ・ソーヴィニヨンを1982年に生産されました。

エステート・ヴィンヤードは40エーカーで、
現在は、カベルネソーヴィニヨンを中心に
カベルネフランとソーヴィニヨンブランが
少量ずつ植えてあります。

 

スポッツウッドの
目指しているワインのスタイルは、

タンニンや果実味などの成分が過剰に抽出され、
過度に凝縮されたスタイルではなく、
「バランスのとれたエレガント」なスタイルです!

 

2010年以降の
スポッツウッド カベルネソーヴィニヨンの
ワイン・アドヴォケイトの評価をみても、

2017年 97+点
2016年 100点
2015年 100点
2014年 98+点
2013年 99点
2012年 99点
2011年 95点
2010年 100点

と、100点を3度獲得し、近年は、
高得点を連発し、高い評価をうけています。

 

現在、オンライン・ワッシーズでは、
そんな高評価を獲得したカベルネソーヴィニヨンから
100点を獲得した2016年と、
98+点を獲得した2014年の在庫がございます。

※掲載商品の価格は、2020年2月22日現在の価格です。
(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン[2016]
【ワインアドヴォケイト: 100点】
【スペクテイター: 96点】

通常35,200円のところ
特価32,780円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/59423

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン[2014]
【ワインアドヴォケイト: 98+点】
【スペクテイター: 88点】

通常27,500円のところ
特価21,780円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/45771

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

また、スポッツウッドでは、
白ワインを、1アイテム造っています。

ソーヴィニヨン ブランは、
マリー・ウェバー・ノヴァック夫人の
お気に入りのワインで、
特別に念入りに造られているそうです。

特徴的なのは、
ステンレス・タンク、
フレンチオーク樽、
卵型のコンクリート・タンクで
発酵させたものをブレンドしています。

この方式は何年も変わらず、
行われているそうです。

もちろん、
こちらの商品の取り扱いもございますので、
ご興味がございましたら是非!!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド ソーヴィニヨンブラン[2016]
通常6,050円のところ
特価4,290円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/45769

ちなみに、2016年は、
ステンレス・タンク 60%
フレンチオーク樽(新ダル15%)35%
卵型のコンクリート・タンク 5%
の割合で、ブレンドされています。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

スポッツウッド以外にも、
まだまだあります、
95点以上の高得点ワイン↓↓↓

~~~~~~~~~~~~

●95点以上の高評価ワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

~~~~~~~~~~~~

 

■特集ページのご紹介です。
=============

新着ワイン
随時データ更新しています。

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410

=============

3,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1595

5,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1596

10,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1598

=============

30~50%OFF以上、在庫限りの特価ワイン

特価価格のプレミアムワインもございますので、
チェックください!!!

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1408

=============

送料無料ワイン特集
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1361

=============

90点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr340

=============

95点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

=============

本日も最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございます。

ナパ・ハイランズが造るリーズナブル価格のナパ・カベルネ&シャルドネ

 

いつもメルマガをご愛読いただき、
ありがとうございます。

ワインを販売しています
オンライン・ワッシーズのサトウです。

メルマガを書きつつ、
なんだか最近、ナパ・ハイランズを、
結構、プッシュする機会が多いな~と、
ふと思ったのですが、

関連商品が、2アイテム入荷しておりますので、
本日も、お付き合いいただけると幸いですm(_ _)m

 

※掲載商品の価格は、2020年2月14日現在の価格です。
(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

 

2017年の年末に、「ホンマでっか!?TV」で
明石家さんまが絶賛したことで、
一躍、人気ワインの仲間入りをした
「ナパ・ハイランズ」につきましては、
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■ナパ・ハイランズ

ワイナリー詳細はコチラ↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4607

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]

通常5,280円のところ
特価4,170円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/54764

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ナパ ハイランズ シャルドネ ナパヴァレー[2018]
通常5,280円のところ
特価4,224円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/59431

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

そして、先日は、「ナパ・ハイランズ」の
上位クラスであるリザーブ・カベルネを
メルマガでご案内しました。

最高評価3つ星の評価を受ける
ナパ・ヴァレーの
ブドウ栽培農家B(頭文字しかお教えできません)の
オークヴィル南にある畑から収穫された
カベルネソーヴィニヨン100%です。

この栽培家Bの畑のブドウから造られたワインが、
1万円程度で販売されることは、まずないです!

★–★–★–★–★–★–★–★

【お一人様1本限り】

ナパ ハイランズ リザーブ
カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパヴァレー[2016]

価格: 11,000円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/60294

★–★–★–★–★–★–★–★

 

 

今回、ご紹介するのは、
ナパ・ハイランズのリーズナブル版にあたる
カベルネ&シャルドネを入荷したので、
こちら↓↓↓のご案内です。

 

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2017]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60295

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60296

●○●○●○●○●○●○●○●

 

ナパ グレンの「グレン」とは、
スコットランドのゲール語で狭い峡谷や谷という意味で、
「ナパの峡谷=ナパ・ヴァレー」を表しているそうです。

「クラッシックなナパ・ヴァレー・スタイル」の
シャルドネ&カベルネ・ソーヴィニヨンを分かりやすく、
表現しようとしたシリーズです。

葡萄の価格が高騰するナパ・ヴァレーの中で、
長年培って来た栽培農家や自社畑を持つワイナリーとの
コネクションを最大限に生かし、

リーズナブルで、 そして、
ナパ・ヴァレーの品種や特定の地区の個性・特徴を
表現することを、最大の目標として造られるワインが、
この「ナパ・グレン」だそうです。

 

ちなみに、ナパ グレンの考える
クラッシックなナパ・ヴァレー カベルネとは。

赤紫の濃い色合い、濃厚なベリー系のアロマ、
ハーブ、スパイスのニュアンス、豊かでふくよかな果実味、
フル・ボディの味わい。樽のニュアンス、ココア、葉巻、
しっかりとしたタンニン(渋味)、長い余韻、
肉料理との相性が良いワイン。

また、
クラッシックなナパ・ヴァレー シャルドネとは。

黄金の色合い、しっかりとした果実の濃さ、
オイリーなニュアンス、ダレ無い酸が綺麗に存在する、
樽のニュアンスが香ばしさや
スパイス感となって溶け込んでいて、
甲殻類との相性が良いワインだそうです。

 

「ナパ・グレン」は、
このようなスタイルのカベルネ&シャルドネを、
リーズナブルな価格で表現しています。

明石家さんまも絶賛したナパ・ハイランズの
リーズナブル版「ナパ・グレン」の味わいを、
是非お試しくださいませm(_ _)m

 

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2017]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60295

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60296

●○●○●○●○●○●○●○●

 

 

■特集ページのご紹介です。
=============

新着ワイン
随時データ更新しています。

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410

=============

3,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1595

5,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1596

10,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1598

=============

30~50%OFF以上、在庫限りの特価ワイン

特価価格のプレミアムワインもございますので、
チェックください!!!

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1408

=============

送料無料ワイン特集
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1361

=============

90点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr340

=============

95点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

=============

本日も最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございます。

ヴァレンタインさんのしっとり熟成ワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

肌寒い日もずいぶん増えて、ぐっと秋の気配が感じられるように思います。

 

不思議なもので、今までは「ビール」「泡」「スッキリ白」ばかりが飲みたかったのに、少し気温が下がるとしっとりと落ち着きのある赤ワインが飲みたくなってきます。

 

熟成したワインはなかなかに高価なものですが、そんな中でも良心的価格のこんなワイン。

 


■【お取寄せ】ヴァレンタイン トリーズ ブロック カベルネ ソーヴィニヨン[2006]
https://winestore.jp/fs/wine1227/48740
税込4,212円

 

こちらも決して安くは無いのですが、何といってもカリフォルニアのカベルネソーヴィニヨンで、10年以上熟成、しかもワイナリー蔵出しのごく少量生産ワイン。

 

輸入元の布袋ワインズさんの試飲会で飲ませていただいた時、「この価格でいいのかな」と、コストパフォーマンスの良さに驚きました。

 

数々の有名ワイナリーに愛されるぶどうを育てていたヴァレンタイン氏がほんの数ケースのみ生産していた、自身の名前を冠したワイン。

 

口あたりはなめらかで、果実の凝縮感とタンニンがなじんでしっとりと落ち着いた味わい。

暑くもなく寒くもなく、ちょっと涼しい秋の夜長にゆっくり飲みたいワインです。

テレビの力恐るべし(@_@) ナパハイランズ、ようやく入ってきます!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

昨年、某さんまさんが「オーパスワンに似てる 美味しい」とテレビでおっしゃって
一躍脚光を浴びたナパハイランズ カベルネソーヴィニヨン

このナパらしいリッチな果実味、重厚感のあるワインは、さんまさんが「気に入ってる」
とおっしゃる前から、人気のワインでした。

ですが、テレビの力はすごい・・・

あっという間に売り切れてしまって、長らく品切れ状態が続いておりました。

輸入元は中川ワインさん。
やはりテレビをご覧になった方からの直接の問い合わせも多く、
ちょっとしたパニックだったみたいです。
さんまさん罪ですね~

とは言っても、これがきっかけになって
ワインを楽しむ人が増えたらいいな~とも思うし、
話題になるってありがたいし嬉しいものです。

その中川ワインさんから
「ナパハイランズ カベルネソーヴィニヨン 4月上旬にはいってきますっ!!!」
との連絡がありました。

入荷しましたらホームページは勿論、
フェイスブックやブログでもご案内いたしますので
今しばらくお待ちくださいね。

先々週のカリフォルニアの試飲会では、
中川ワインさんからEXPERIENCE エクスペリエンスとFORTUNE 1621 フォーチュン 1621という
同価格帯でナパハイランズに負けないナパらしいカベルネソーヴィニヨンの提案がありました。
カベルネ主体でナパのワインですが、それぞれの個性が違っていて面白い(^O^)
オンラインワッシーズでも近々ご案内できる予定です。

ナパハイランズとこの2本を飲み比べしてみるのも面白そう。
さんまさん、試してみてくれないかなあ・・・。
どんなコメントを仰るか、とっても気になります。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

パルメイヤー 映画で有名になった?それだけじゃないっ(-_-) その1

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

パルメイヤーのセミナーに行かせていただきましたー(^O^)

パルメイヤーのシャルドネは映画ディスクロージャーに登場したことで
一躍有名になりました。


思わず買ってしまった・・・(^O^)

≪91年のパルメイヤー?よく見つかったな・・・≫
映画の中でのマイケル・ダグラスのセリフ。
小道具としてなかなか存在感ありますよね。

とはいえ映画に出て有名になったのはラッキーだったけど、それはそれ・・・と
淡々と語るのは現社長のクレオさん。

創業者であるジェイソン・パルメーヤーさんのお嬢さん。
2008年にスタッフとして入社し、実績を積み、昨年2017年に社長に就任されています。

映画であんな風に使われるのってすごい・・・とJなんかはそっと思うけど
実力があって存在感あるから使われたのですよね~

このパルメイヤーのシャルドネ、今回試飲をさせていただいたのは2015ヴィンテージ。
ナッツ、木の実、ドラジェ(糖衣をかけたアーモンド菓子)の香り、
凝縮したフルーツが溢れ、ほどよい樽香がここちよい。
やわらかな口当たり、決して重すぎず、樽の香りも浮いていなくて
うまくワインに溶け込んでいる。
税別15000円は決して安くはないけど、ちょっと頑張って記念日とかに買ってみたいな。
そしてスペクテーター9位というのは、本当に実力あるワインだからこそ。

主催者である中川ワインさんの試飲会では、このパルメイヤーはほぼ毎回1~2本出ていて、
そのたびに濃いだけじゃなくて、口当たりがやわらかく、酸味とタンニンのバランスが
素晴らしい美味しいワイン!!と思っていました。

明日はセミナーで試飲をさせていただいたパルメイヤーにウェイフェアラー、
そしてセカンドラインのジェイソンについてです。
みてくださいね~

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

応援したい!パラダイスリッジとシャトー モンテレーナ(*^_^*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

今日はパラダイスリッジシャトー モンテレーナを取り扱っていらっしゃる
布袋ワインズさんの試飲会に行かせていただきました~

昨秋の火事で甚大な被害をうけたワイナリー。
パラダイスリッジは醸造所も消失してしまい復興頑張っているところ。
シャトーモンテレーナは畑が火を食い止めて建物はかろうじて無事だったそう。
どちらももう少ししたら品切れ状態になってしまうらしい・・・(-_-)

何とか踏ん張って頑張ってほしいので、精一杯応援しなくっちゃ!
勿論パラダイスリッジとシャトーモンテレーナだけじゃなく
カリフォルニアワインを応援します。
その魅力をどんどん伝えて皆さんにたくさん飲んでいただこう!!

試飲会で「むむ・・・お、美味しいっ」と思ったワインをご紹介。
パラダイス リッジ カナエ・ザ・グレープ・キング シャルドネ[2015]長澤鼎 かなえ

名前が先行してしまって味はどうなんだかな~
なんて思ってらっしゃる方にこそ是非飲んでほしい1本。
果実味が豊かで、冷涼な地域の特徴の豊かな酸がとても深い味わい。

そしてロキオリ ソーヴィニヨンブラン  ロシアン リヴァー ヴァレー[2014]
樹齢60年のブドウからつくられるこのソーヴィニヨンブランは、
果実の凝縮感、豊かな酸のバランスがすばらしい。美味し~

ロキオリの歴史は1938年にロシアン・リヴァー・ヴァレー に土地を所有したことから
はじまるのですが、最初はカベルネソーヴィニヨンなどの品種を植えて失敗したのだそうです。
でも1959年に現当主の父、ジョー・ロキオリ がこの冷涼な土地にピノ・ノワール、
シャルドネそしてソーヴィンニョン・ブラン に適している事に着目して今に至っているそうです。

試飲会に行くとこうしたお話をいろいろ伺えてオモシロイ(^O^)

あといくつか気になった布袋さんのワインを是非ご紹介したいので、続きは来週に!!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

今年も飲む(-_-) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

主婦にとって年末年始は忙しいだけでヤダなー・・・というのが正直な感想なのですが、
お昼から堂々と飲んだり、懐かしい友人に会ったりできるのは嬉しい。
げんきんなもんです(-_-)

今年初めて飲んだのはニュージーランドの泡 クォーツ リーフ メトード トラディショナル NVでした。
フレッシュかつ濃厚。はちみつやリッチなブリオッシュの香り。美味しい!!しあわせ~

友人が持ってきてくれた
ロバートモンダヴィ ワイナリー シャルドネ リザーブ[2014]
なんてエレガントなワイン!やわらかな果実味。余韻長い。
いつまでも飲んでいたいワイン。

それに我が家のリピートワイン
フリーマークアビー メルロ
とても濃く深いルビー色。ブラックベリーの香り。凝縮した果実味。スムーズなタンニン。
メルロのやわらかさ繊細さがまたリピートさせるのです。

今年もニュージーランドとカリフォルニアワイン たくさん飲みそう(^O^)
うん、今年も飲む!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。