やるときゃやるね!サトウ(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。

昨日、副店長サトウとロバートモンダヴィUMAMIセミナーに行ってきました(^O^)

SANY1510.jpg

講師はこの方、マスターオブワインも取得されているマーク・デ・ヴィア氏。

15年前に、半年だけロバートモンダヴィで働くつもりが、マスターオブワインを取得したのでモンダヴィに予定より長く残ることになったそうです。

ロバートモンダヴィの情報はコチラ(*^_^*)

ロバートモンダヴィはご両親がイタリア移民ということもあり、食事とワインを大切にする家庭に育ちました。
ワイナリーにはその思想が濃く反映されているとマーク・デ・ヴィア氏。

うーーーんますます期待が高まる!

は料理あってのワイン、ワインあっての料理・・・どちらが欠けてもいやだな~と思っているので、何かヒントがもらえたらうれしいな

うまみに着目したワインと食材、調味料のマッチング体験か~

目の前に運ばれたのは・・・

SANY1512.jpg

ワインと、何やら焼いた食材が・・・ この食材は、本当に焼いただけで、何の味つけもされていません。

ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、マスカット・ドロの3種。

≪まず、魚をそのまま一口食べてみてください。そしてそのあとカベルネソーヴィニヨンを口に含んで・・・≫

うーーー(-_-)・・・、ワインいやな苦みが出てる。

≪次に塩、レモンを少しかけて口に入れてください。同じようにカベルネソーヴィニヨンを口に含んで・・・どうですか?≫

良かった(・.・;)せっかくの食材が台無しになるところだ~、ワインも美味しい。
ん?白身魚と赤ワインだな。しかもレモンまでかけてるけど・・・。

≪このように、食材自身が持っている甘みやうまみだけの場合、塩、酸味をプラスしてバランスをととのえることによってワインとの良い関係ができます。≫

ほーーーーー食材は関係ないのかな?

≪昔からのマッチング 魚、肉の種類によりワインを選ぶということにとらわれず、食べ物自身の持っているうまみ、甘み、塩味、酸味のバランスをとれば、どのパターンにも応用できます≫

そ、そうなのお・・・

とはいえ、会場に必ず2~3人は「でも・・・」という人がいるらしい。

ふふふ、わかる(^O^)
そんな感じで3種のワインと食材を実際に口にしながら、面白い体験ができました。

だって、絶対自分じゃやらないもの

そうしてセミナーが終了したら、副店長サトウが立ち上げり、タタタ・・・と
マーク・デ・ヴィア氏の元へびっくり3.さ、サトウどうしたの?

SANY1514.jpg

は、はうあーゆー?

なんて言ってるのかな~?ドキドキ・・・

いつもは控えめなオンラインワッシーズの副店長サトウ、やるときはやるのねぱちぱち
何か質問しに行ったのかしらん?

タネを明かせば、実は通訳をしてくださった方とカリフォルニア/ナパヴァレーツアーで一緒だったのですって。

そのあとも一緒に記念写真撮ってもらいました~。(えへへ)
satotrouble_20130403212431.jpg

良かった~知ってる人が通訳で~(サトウ心の声)
今日もブログの応援ぽちっとお願いします<(_ _)>

一回目の授業はカメラの構造を学ぶ(その1)

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリ@ケヴィンジュッドです。
写真 3
超初心者の為の写真教室に行ったのです。月曜日。
写真 12
イベントチームの一眼借りて・・・・・
でも前の日のカレーイベントの後だったから、、、
カメラ泥どろ。
ちなみに、レンズキャップ紛失してました。
ちなみに、よーく見ると、レンズの先っぽ欠けてます。
kiss.gifでもナイよりはあるほうがよいのだ♪
5人だけの小さい教室でみんな女性。先生も女性でとっても良い雰囲気のクラスです。
皆初心者なので、【え?フラッシュのボタンってどこにあるんですか?】と言っても皆知らないから大丈夫。
ちなみに、皆さん自分のそれぞれのカメラ持って来てます。一眼じゃなくてももちろんOK.
と、言うわけで私が第1日目に習った事をおさらい♪
写真
まず、うちの会社のこのカメラは一眼レフじゃなかっつた!!
一眼レフじゃなく、一眼。 ミラーレスって言うそうです。
一眼レフのレフはreflection(リフレクション)反射鏡のレフ。
これは、反射鏡(ミラー)が中にはいってないから、一眼レフじゃないんだってーーーー。
へぇーーーーぱちぱち
で、まず 絞り について。
きゅーーーっつと、大きくなったり小さくなったりするレンズの真ん中にある穴。
この穴が大きいのの数値は小さくて
数値が大きいと穴の大きさは大きい。
って、そこはややこしいのであんまり考えない。
穴が大きいと光の量が大きくて、ピントの合った被写体以外のまわりはボケる
穴が小さいと光の量が小さくて、ピントを合わせた被写体以外の周りにもピントがあう。
考えるとややこしいので、
会社で練習用にやってみた。
絞り値 F32 小さい穴
_1420773.jpg
絞り値 F2 大きい穴
_1420772.jpg
ねっok_20130308103423.gif  違うのだ。
そして、ハダノリにもこんな事が出来るのだ♪ このカメラ渡された時、本気で撮影と再生の切り替えボタンがどこかもわからなったけど。ちょっとの学習でこんなに出来るのだ♪
写真 11
ちなみに、このときはダイヤルをAにあわせました。
ほんで
shibori.jpg
このダイアルをくるくる回したら、絞りがかわりました。
うふふ。簡単
楽しい
ぶちょーーーーー。楽しいですーーーーーーー
ハダノリ 写真家なりますーーーーーー
まだまだ続くよ。
ブログランキングも投票してね。

写真家への道♪ 昔は畑専門

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリ@はまったです。
と、言うわけで突然写真スクールに週1回2時間通う事になったハダノリです。
自分に時間がないのは、わかってるけど、絶対ハマルのはわかってた
2001年から2007年 ニュージーランドのヴィンヤードで働いてる時、
私は、毎日写真とってました。
ただひたすら、畑の写真
2006_0926_203618AA.jpg
2006_0906_164838AA.jpg
2007_0208_145638AA.jpg
2007_0316_061209AA.jpg
2003_1220_132617AA.jpg
2003_0422_095641AA.jpg
2003_0422_150343AA.jpg
カメラの使い方とか、ぜーーーんぜん知らないし、
ただただ、毎日撮ってただけ。(ちなみにカメラは土木工事現場用の土ぼこりに強いごついデジカメ)
でも楽しくてしょうがないのです。
それを6年も続けました。
嫌いなわけないやん私ok_20130308103423.gif
ちょっとコツさえ分かれば、キット私も Kevin Judd (くどいっ!)
ちなみに、コンテンツを作るにあたり、なんかちょっとまじめな
文章もかかなアカンらしい・
えーーーーーーーーーーー、関西弁封印っつっっ????
と。心配になったので、写真家になる道をブログに記そうと思いました。
まだ、写真教室の話はじまらんやんっ!
と思ったら ポチッとランキング投票お願いいたしますm(__)m
とうとう本日は移動中にカメラの説明書読み出した、元々オタク体質なハダノリ(>_<) 電車