刺激を受けてきました。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

最近は、資格認定試験の対策ばかりにいそしんでます。

そして、先週末には外部のワインスクールの2次対策講座に行ってみました。
何気に外部に行くのは初めてだったので、
また社内で「外部のスクールに行ってみる」というと「あぁ、大体スパルタだからっ!」と言われたり、
内心ドキドキだったのですが、

日頃あまり会う事のなかった他の受験生がたくさんおられ、とても刺激になりました。

色々と資料とにらめっこしながら解説をうけ、試験想定で回答してみて、違ったことを言うと「ありえないですよっ!」と
ケチョンケチョンにされたり濃密な時間でした。

当日、タナカが目からうろこだったのが、
講座の先生の一言
「赤ワインで、伝統国か、ニューワールドかで迷ったら、1回の食事で1本空けれるかどうか考えてみな。
伝統国だと空けれるけど、ニューワールドだとちょっときついかなと思うんじゃないかな」と。

聞いた瞬間は、「なるほどたしかに!!これだけは覚えとこう」と思ったのですが、
後々よく考えてみると、こんなあてすっぽ的でいいのか?と自分で自分を言い聞かせてます。

それはともあれ、
初めてお会いする他の受験生たちと触れ合い、気を引き締めるタナカでした。
受験生の皆さん、試験までもう少し、最後の追い込みがんばりましょう!