ゴードンエステート@サトウオレワシ8日目

アメリカツアーもいよいよ最終! フジイのまとめでお届けしたいと思います。


 

オンラインワッシーズの副店長サトウです。
最後の訪問先は、ゴードンエステートです。

ゴードンエステート

佐藤、ゴードンエステートにて

横からフジイです。
ゴードンエステートは、ワシントン州初のエステートワイナリー(自社畑自社醸造)で、ワシントンワインの先駆者です。
ワッシーズにお越しいただいたこともあるオーナーのジェフさんとビルさん兄弟によって始められたワイナリーで、
2012年2月に現在のワイナリー名「ゴードンエステート」に変更するまでは「ゴードン ブラザーズ ファミリー ヴィンヤード」という名前でした。

 

 

ワイナリーのそばを流れるスネークリヴァーの風景は、とても綺麗でした。

ネークリヴァーの風景

 

 

収穫は終わっていて、発酵前のロゼのジュースの試飲やタル熟成中のメルロー、カベルネ、
ビンづめまもないリザーブ カベルネを試飲しました。(写真は、ロゼのジュースです。)
また、シャルドネはタルで発酵中で、タルの上に取り付けられているタル内の圧力を調整する弁から、
co2がシューと音をだしてタルの外に排出される音が響いてました。

発酵前のロゼのジュース

 

 

ワイナリー見学のあと、ゴードンが運営するレストランで食事をしました。
ワシントンでの最後のディナーです。
日本でも取り扱っているワインが、6アイテムほど食事と一緒に、試飲でき、
とても勉強になりました。

試飲ワインの中でオンラインワッシーズで取り扱いがあるのは右の2アイテム。
右から、ゴードン エステート シラー (オンラインでの取り扱いは2012年)。
ゴードンブラザーズファミリーヴィンヤーズ カミアック ロック レイク レッド (オンラインでの取り扱いは2010年)
あれ、試飲6アイテムほどの内、あと2アイテム。ボトルが隠れてますが何だったんだろう?
サトウさ~ん??

さて、 アメリカフェアの企画の一つ「副店長サトウの体重増減ビフォーアフター!?」の予想は
いよいよ本日(9/1)までです!
まだ間に合いますよ~!ぜひご参加ください。
≪応募のルールはこちら≫


皆様のおかげで本日9/1もブログランキング第1位!
引き続き、ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。

コロンビアクレスト@サトウオレワシ8日目

副店長サトウのオレワシツアーいよいよ最終日を迎えております。

ワタクシ受注Jがツッコミ(まとめ?)担当をさせていただきます。

そしてサトウの体重も気になるところ。まだ応募者はそれほどありませんのでもしかしたら≪ワイン3本≫ゲットするのはこのブログを読んでくださっているあなたかもしれません!

是非チャレンジしてくださいね!

詳しくはこちら
≪副店長サトウの体重増減ビフォーアフター!?ルール≫

それではいってみよう\(^o^)/


オンラインワッシーズの副店長サトウです。
20150830-31

 

コロンビアクレストは、巨大な醸造工場でした。
今日は、ちょうど日曜日で工場はお休みで稼働状態が見れなかったことは残念でしたが、年間300ー500万ボトル生産しているといっていたと思います。

 

20150830-32

 

最新の設備も取り入れていて、リザーブクラスのワインに使用する選果マシーンは、
以前店長ハダノリがblogで書いていたオーパスワンと同じでした。

選果台を通った果実の画像をコンピューターに取り込み、
基準に遭わない葡萄は空気で弾き飛ばすマシーンを使ってました。(画像がなくて、すみません。)

この機械、以前店長ハダノリも魅せられていたようです。
その時のレポートはこちら→店長ハダノリのオーパスワン・ワイナリー訪問レポート

 

20150830-33

20150830-34

 

バイオダイナミックも実験的にやっているようで、三角形のコンクリートの発酵層があり、
畑に持っていってワインを発酵させるそうです。

(なぜ、そんなことをするのかは、聞いて見ましたが、その場では分かりませんでした。)

20150830-35

20150830-36

 


ブログランキングが上がればポイントUPのチャンスです(^_^)/
皆様のおかげでただ本日9/1は第1位(^^♪
ポイント10倍。今がお買い物のチャンスです。

ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。ぺこり

メリヒル ワイナリー&マーサー エステーツ@サトウオレワシ8日目

副店長サトウのオレワシツアーいよいよ最終日を迎えております。

ワタクシ受注Jがツッコミ(まとめ?)担当をさせていただきます。

今日も朝からワイナリ4件の訪問にランチ、ディナーと盛りだくさんのスケジュール。
生産者に直接お話を聴けるなんてチャンスはなかなかありませんからね。
楽しみですっ!

そしてサトウの体重も気になるところ。まだ応募者はそれほどありませんのでもしかしたら≪ワイン3本≫ゲットするのはこのブログを読んでくださっているあなたかもしれません!

是非チャレンジしてくださいね!

詳しくはこちら
≪副店長サトウの体重増減ビフォーアフター!?ルール≫

それではいってみよう\(^o^)/


オンラインワッシーズの副店長サトウです。
本日、いよいよ最終日です。訪問先は、メリヒル、マーサーエステーツ、コロンビアクレストゴードンエステートです。

20150830

 

コロンビアゴージュにあるメリヒル ・ワイナリーにきました。

20150830-1

 

日本では取り扱いはありませんが、赤も白も多品種造っていて、
コンペティションでもワインメーカーオブザイヤーを何度か受賞してました。

20150830-2

 

コロンビアゴージュの産地の特色をお伺いしたところ、霜の被害に遭わない地域で、
理由としては川に近いこと、カスケード山脈の西側に位置してるので、穏やかで気候が安定しているからだそうです 。

20150830-3

 

夏は、コロンビアヴァレーの他の地域と同様に、温暖ですが、冬は他の地域に比べて、温暖で5度前後までしか気温が下がらないそうです。

 

ですから、ジンフアンデルやサンジョベーゼなど温かい産地の品種にも対応できるそうです。

 

20150830-4

 

川沿いのブドウ畑の風景が、いい感じでした。

20150830-5

 


 

続いてホースヘブンヒルズAVAにあるマーサーエステイツに訪問です。
このワイナリー周辺も温暖で川沿いのあるため、春先に霜による被害はないそうです。

 

20150830-21

20150830-22

 

ワインは、リースリング、プティヴェルド、カベルネ、、レッドブレンドを試飲しましたが、どれも、軽快で、口当たりがよく、価格も16、7ドルぐらいでしたので、普段のみに、ちょうどいいなと思いました。

メリヒル とマーサー エステーツは取り扱いがないのです。
リーズナブルな価格で、普段飲みにちょうどよいというワイン、気になります。

 

20150830-23

20150830-24

 

今日のランチは、ちょっとヘルシーでした。

20150830-25

 

ランチはマーサー エステーツでいただいたようですが、
ヘルシーランチと豪語しているあたり、量少な目だったのかな?

 

グラマシ―セラーズでディナー@サトウオレワシ7日目

オンラインワッシーズの副店長サトウです。
今日の夜は、グラマシーセラーズにてティスティング&ディナーです。

20150829-13

 

オーナーのグレック・ハリントンさんは、マスター・ソムリエなので、ちょっと緊張です。

横から制作クロカワです。
そうなんです!
オーナーのグレックさん、25歳の時に当時最年少で、
最難関と言われる「マスター・ソムリエ」を取得したお方ツーショット写真でも笑顔が出てない副店長サトウ・・・緊張っぷりが伝わってきますっ。
ニューヨークやラスベガスなどで輝かしいキャリアを積んでいたグレッグさんがワシントン州のワラワラという土地に惚れ込み、奥さんを説得してまでして立ち上げたのがこのグラマシーセラーズなんです。


20150829-10

20150829-11

ワイナリーの中で、食事をしたのですが、シラーが発酵中だったので、少し見せていただきました。

20150829-12

そのあと、ヴィオニエ2014年、カベルネ コロンビアヴァレー2010年、

ジョン・ルイス シラー2011年を食事と一緒に試飲しました。
どれもボリューム感がほどよく押さえられて、果実味やタル、酸味などのバランスが絶妙にとられて、
なんとも言えず、おいしいと個人的に感じました。

特にシラーが素晴らしかったです。フラッグシップのワインなので、お値段もしますが贈り物などに喜ばれると思います!!

サトウが現地で試飲したワインの中でオンラインワッシーズでお取扱いしているのは
グラマシー セラーズ カベルネソーヴィニヨン コロンビア ヴァレー [2011](ヴィンテージはちがい)だけでした


20150829-14

 

今日のディナーは肉や焼きシャケなどを食べております。

ちょっとサトウさんっ焼きシャケって・・・
そんな言い方しちゃ、完全に和定食じゃないですか(笑)

 


サトウの体重ビフォアアフター企画の応募締切は
本日9/1まで!まだまだ参加者募集中ですーーーー♪

ウッドワードキャニオン@サトウオレワシ7日目

オンラインワッシーズの副店長サトウです。
ウッドワードキャニオンを訪問し、リック・スモールさんにお会いしました。

20150829-1

お話をきいていると、ワイン造りが好きで好きでたまらないんだなーということが伝わってくるとても熱い方でした。

 横から制作クロカワです。

ウッドワードキャニオンは、ワラワラ地区で2番目に古いワイナリー。
はて?1番目はどこ?? →→ レオネッティでした

そんな歴史あるウッドワードキャニオンのオーナーがリック・スモールさん。
じつは、店長ハダノリも2013年のワイナリーツアーでお会いしてます。

話し出したら止まらない!ワインへの愛情は前回の訪問の時と変わってませんね(笑)


20150829-2

畑やワイナリーのお話を聞き、シャルドネ2013年アーティストシリーズのカベルネ2012年
エステイト2012年ワインを3種類試飲しました。

アーティストシリーズ(写真、真ん中)は毎年異なった素敵なラベルが特徴。
って2012年ヴィンテージめっちゃ素敵ーーー

20150829-3

個人的な感想としては、力強い果実味があるワインが好きな方には、
いま飲むとしたら、 シャルドネ2013年アーティストシリーズのカベルネ2012年は、おすすめできるように感じました。

おっ!サトウおススメワイン♪♪どちらもオンラインワッシーズでお取扱い中です(^○^)

ちなみに、今年の3月にウッドワードキャニオンから
セールスディレクターのトーマス・ウッドレーさんにお越しいただいております。
受注Jがこのブログで紹介してます→

・・・ってページ更新してないやん!
ってそれ私の仕事やんっっ

ほんとにすみません・・・><