アメリカワイン デイ(^O^) インポーターさんのこの夏のおすすめは・・・?(その1)

オンラインWassy’s受注担当 です。

今年も行ってきましたアメリカワイン デイ\(^o^)/
お仕事とはいえ心躍ります(^^♪
私たちワッシーズのスタッフは、交替でワイン販売関係者のお昼の部に参加。

夜の部は一般のお客様が対象とのことでしたが、なかなか盛況のようで
アメリカワインの魅力を広く知ってもらうためのイベントとして
着実に根付いてきたみたいです。

会場には、たくさんのインポーターさんが
自慢のワインをすらりと並べていらして、
この夏のいちおしワインを聴いてきましたよ~

勿論どの子(ワイン)もかわいいとは思うけど、
これからの季節におすすめのワインを手に持ってくださいね~と
写真を撮らせていただきました。

オルカインターナショナルさん
元オンラインワッシーズ店長だったハダさんが手にしているのは
ラック アンド リドル ブリュット NVボーグルのシャルドネ

どちらも価格は抑え目で高品質、
そして食事に寄り添うという共通点があります。

ラック アンド リドル ブリュットは2000円台で飲める完成度の高い泡、
ボーグルシャルドネは 華やかさはないけど、
そのクラシカルなスタイルはアメリカ本国でもひっぱりだこ
この品質で価格が2000円ちょっとは魅力的。
ワッシーズでもほんとに人気のワイン。
これからの季節、よーく冷やして楽しみたいワインたちです。

そして中川ワイン武本さんが手にしているのは、
ダックホーン デコイ ソーヴィニヨンブラン

≪夏といったらやっぱコレでしょ。ソーヴィニヨンブラン!≫
ソーヴィニヨンブランと言えばニュージランド・・・
と思われるかもしれませんが、
ダックホーンは1982年からつくっているのです。

で、その長い経験を生かしてソノマのブドウを使ってつくったのがこのデコイ。
レモン・グレープフルーツの香り爽やか、ハーブはやや抑え気味に。
フレッシュで瑞々しいこのワインが
日本の夏の癒しアイテムになること間違いなし!

そしてそしてジェロボーム正道さんが手にしているのは、
さんざん悩みに悩んでカンブリアのシャルドネと
マタンザスクリークのソーヴィニヨンブラン

さんざん迷ってこれも~(^^♪

カンブリアはカンブリア紀からついた名前なのですって。
太古の昔は海底だったそうです。
ラベルのイメージがアンモナイトとかそんな感じのデザインでカワイイ(^O^)
リッチな味わい。パワフルであり繊細さも併せ持つシャルドネ。

マタンザスはセミヨンがほんのちょっぴり入っているのだけど、
これがより質感を滑らかにしているそう。
ニュージーランドの青草のようなハーブとは違って、
より濃厚なドライハーブの香り。
レモン・グレープフルーツの爽やかさが
この季節のじめじめを吹き飛ばしてくれます。

さて、まだまだ紹介しきれないので続きはその2で!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

  • 日本ブログ村 酒ブログワインへ
  • ブログランキングならblogram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA