牛テールの煮込みとトイスナー ジェントルマン カベルネ ソーヴィニヨン

j の日々
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

我が家のテールのワイン煮込みは

赤ワインと香味野菜にまる一日漬け込み、

弱火でじっくり時間をかけて煮込むだけという

ある意味とても手抜きの料理です。

水を使わずとろみは野菜だけ。

味付けは塩こしょうと少しのスパイス&マギーブイヨン。

これが意外とイケル。

そして、先だってヴィレッジセラーズさんが

持ってきてくださった

■お取寄せ トイスナー ジェントルマン カベルネ ソーヴィニヨン [2019]

早速家飲み用として買ってしまいました!

アメリカンチェリー、ブラックベリーの芳香。

果実の凝縮感に樽がうまく融け込み、

渋みはなめらか、かつしっかりした質感が力強い印象。

この力強さが煮込みに合った(≧◇≦)

テールのゼラチンとろとろに肉汁と野菜の旨味。

そしてワインをひとくち。

んま!

煮込みはめんどうだなあ・・・と思ったら

レトルトを使うのもひとつの手。

煮込みとワイン是非楽しんでいただきたい💗

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました