「マジカルタイム」で生まれるカレラのワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

先日、カレラのセミナーに参加してきました。

 

今回、来日されたのは、創業者のJosh Jensen (ジョシュ・ジェンセン)氏と
ワインメーカーのMike Waller(マイク・ウォラー)氏。

ワッシーズには何度もご来店いただいたことがあり、
長年の交流があるジョシュさんですが、
私は、直接お話を伺うのが初めて。

 

半年ほど前に、カレラが畑やストックワインを含めた事業を
同じカリフォルニアでワイナリーを営むダックホーンへ
売却したことが話題になりました。

 

なぜ42年も続けたワイナリーを手放すの?
なぜ3人の子どもたちに引き継がないの?
とよく質問されるそうですが、お子様たちはそれぞれ別の分野で活躍していて、
「自分のこれからの人生をゆっくり楽しみたくてね」と話すジョシュさんは、
とても穏やかな表情をされていました。

 

しばらくの間ジョシュさんは、コンサルタントとして関わり、
カレラのスタッフもそのまま。
そして、カレラのワイナリーのすぐ近くで生まれ育ち、
ジョシュさんとともに11年もの間、
一緒にワインを造ってきたマイクさんは、
これからも変わらずヘッドワインメーカーとして、
カレラのワインを造られるそうです。

 

ジョシュさんとワイン造りのフィロソフィーを共有し、
ジョシュさんのメッセージを伝えることが自分の役目と話すマイクさん。
お話の中で面白かったのが、ぶどうを収穫する時と
醸造したワインをブレンドする時の判断は、
「マジカルタイム」と呼ぶ瞬間を捉えるとのことでした。
収穫前には、ぶどうの実を食べ、ブレンドする前には
2人でひと樽ずつテイスティングをし、
その「マジカルタイム」を見極めるそうです。

 

和やかに進んだセミナーは、
ジョシュさんとマイクさんの信頼関係が伺える
とても良い雰囲気に包まれていました。

 

テイスティングさせていただいたワインは、
①Central Coast Viognier [2016]
→すみません。在庫が無いのですm(__)m。

Calera Josh Jensen Selection Central Coast Chardonnay [2014]

Central Coast Pinot Noir [2014]

MT. HARLAN PINOT NOIR Ryan VINEYARD [2014]

MT. HARLAN PINOT NOIR Mills VINEYARD [2014]

⑥MT. HARLAN PINOT NOIR Jensen VINEYARD [2014]
→すみません。在庫が無いのですm(__)m。

①のヴィオニエは、ジャスミンや白い花、白桃、みかんのような香りが溢れ、
まろやかな輪郭に酸味が包み込まれています。
とても香り高くて、飲み込んだ後にオレンジクリームのような余韻が残りました。

 

②のシャルドネは、オンライン定番人気の
セントラルコーストシリーズのシャルドネより、少し新樽比率が高く、
黄桃やクレームブリュレ、パパイヤなど完熟したフルーツの香りと
しっとりとオークの香りが印象的です。

 

③~⑥のピノは全て2014ヴィンテージ。
こうも違うのか!とそれぞれの個性が興味深かったです。
チャーミングでみんなに好かれそうなセントラルコーストに
ガシッと力強い凝縮感があって熟成させてみたいライアン。
そして、やわらかく華やかで今飲んでも美味しいミルズに
酸とタンニンのバランスよくエレガントなイメージのジェンセン。

 

どれも美味しかったです。

 

オンラインでは、ほぼ毎日、ご注文を見ない日は無い
というほど不動の人気を誇るカレラ。

 

今回セミナーに参加したことで、
お話を聞いてワインをテイスティングさせていただいて、
人気の理由を垣間見ることができました。

 

そして、大事なこと!
2012年~16年まで続いた干ばつの影響で収穫量が減っていて、
ワインの生産量も少なめなのだそうです!
なので、カレラファンの皆様、
お気に入りのワインは、ぜひお早目に。

カレラの名前のヒミツ & 締切迫るっサイン色紙プレゼント!!

 
 
 
カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
IMG_0162
先週土曜日、≪カレラのジョシュ・ジェンセン氏に来店いただきました~≫と
アップさせていただいたのですが、
今日はその時に店長ハダノリが聴いてきた
カレラの名前のヒミツを教えちゃいます(^◇^)うふふ・・・usagi
_1560042
≪なぜカレラ・というワイナリー名にしたのでしょう?≫
そう言えばなんでだろう?その土地の名前でもないし、言われてみれば不思議です。
ショシュさんはワイナリーの名前を決めるとき 色んなセミナーに行き考えたそうです。
「シャトー・ジェンセン」とは名づけたくない。
なぜなら、もしジェンセンとして数十年後、自分が死んだ後に、にどうしようもないワインを
造っていたら、自分の名前に恥ずかしいから・・・。
どうしようかと、いろいろと考え、案はあったのですが、
この場所にあった石切り場の各国語も調べたところ・・・
スペイン語カレラという名前は発音しやすいし、それにだれもスペイン語だとも思わない。
みんな発音しやすい!!ということは覚えてもらいやすいってことですからね~
ただその頃ジョシュさんは今より日本語には詳しくなかったので、
カレラのスペルが日本でこんなに間違われるとは思わなかった・・・。
CALERAのエルとアール カレラが反対になっているのをよく見るとのこと。
≪気にしてないけどね~。≫
と笑ってらっしゃったようですが(・.・;)気をつけますっっ・・・アワアワ・・・。
ちなみに、アルファベット順ではCで最初の方に来るのでそれもラッキーだったとのことでした。
皆さんご存知でしたか?
ジョシュさん、いろいろと考えていらっしゃったのだな~
そんなジョシュさんから店長がゲットしたサイン色紙!!
IMG_0570 (キーボードは比較のために写しています)
ご応募は3月末までですよ~お急ぎくださいね~走る犬
オンラインWassy’sでカレラジョシュジェンセンセレクションを3本以上お買い上げの方
備考欄にサイン希望!とお書きください。抽選で1名様にプレゼントいたします(^○^)
↓ お買い物はこちらから。
カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション
ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり

噂のカレラ・・・ジョシュ・ジャンセン氏に会えるかも?!(^○^)

 
 
カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
来る3月21日12:30頃 大阪四天王寺のワッシーズに
『カレラ』のオーナーの“ジョシュ・ジャンセン”氏が来店予定!!
お目に掛かるチャンスかもっ?!usagi
しかも、
≪ご本人の目の前でワインをお買い上げいただけましたら、その場でサインをボトルに書いていただけます!!≫
これってすごくないですか~???
ジョシュさんはワッシーズとは古ーーーいお付き合い。
何度も来店くださっているのです。
さらにさらに、スタッフ向けにセミナーも開いていただいたことも・・・\(^o^)/
受注Jも2013年11月にセミナーをうけさせていただいたことを思い出しました。
_1480564
ジョジュさん、しゅっとしてすごくダンディ(^○^)
あ、しゅっとしてというのは関西ではかっこいい人のことをさします。
_1480557
 
その時は日本限定販売となる
ジョシュジャンセン セレクション セントラルコースト シャルドネ
ジョシュジャンセン セレクション セントラルコースト ピノノワール
どちらも2012年を試飲させていただいたのですが、
シャルドネは凝縮感あり、うまみ、ミネラルをすごく感じる。鼻から抜ける華やかな香りに、
ぱっと気持ちが明るくなるワイン。※新樽を使わず、多くの香りが出過ぎないようにしているとのこと。
ピノノワールは、香りは若々しくてチャーミングなのに口に含むととても厚みある。凝縮感あり。
しっかり赤く色づいたチェリー。思った以上に長い余韻。どんなものと合うかというと鳥全般とのこと
でしたが、しっかりした地鶏の方がよいのではと思われる。しっかりした味わい。
現行ピノノワールは2013年にヴィンテージが移っているのですが、凝縮感ある味わいは変わらずです。
是非みなさまにも味わってほしいワインです。
もちろん、リリース後はオンラインワッシーズでも大人気。その実力はホンモノimage4235
2013年はワインスペクテータにジョシュさんが表紙になっていらっしゃって、
とても嬉しそうでいらしたな~。
今回はどんなニュースがあるかな?来店が待ち遠しいJです。
なお、ジョシュさんは超多忙の為、お店での滞在は15分程度と短いようです。
めったにないこのチャンス、お時間がある方は是非~
ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり