どっちが速い?!ブログ書いてる側から在庫減ってゆく。

タイトルの通りです。
今、紹介したいワインのメルマガを書いてるんですが、
書いてる側から、注文が入って来てましてもしかした
ら書き終わって、皆様のお手元に届くころには完売し
ている商品もでてるかもしれません。

どう見つけてくるのか、登録して紹介もしていないの
に売れちゃったりしますからね。ホント凄い人気です

沢山の方に飲んでもらいたいので【お一人様2本まで】
とさせていただいておりますが、完売してたらスミマ
セン・・・

そんな人気の『ルーシー・マルゴー』

 

今回はこの3種

■ルーシー マルゴー ピノ ブラン[2018]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53778
==> 特価4,860円

■ルーシー マルゴー サンジョヴェーゼ[2018]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53779
==> 特価4,320円

■ルーシー マルゴー サンジョヴェーゼ[2017]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53780
==> 特価5,184円

人気がないからと引き抜かれようとしていたピノブラン
の樹を死守して作り上げた『ピノブラン』とイタリアの
移民も多いオーストラリアという事もあって、ここ最近
ジワジワと増えてきているイタリアワイン品種を使った
ワイン『サンジョベーゼ』、こちらは2ヴィンテージ。

個性系品種3種類が入荷、もちろん今年のラベルも個性
的。1点ご購入時のご注意なんですが、ラベルの紙質も
個性的なもんで、非常にはがれやすいです。
これもまぁルーシー マルゴーらしい個性という事で。

あっ、飲み終わった後ラベルだけ保存するなら剥がし
やすいですね。

——————————————————-
『ルーシー マルゴー』と同じく新しいオーストラリア
ワインのスタイルを生み出している新世代ワインの仲間達。

https://winestore.jp/winediamonds.html

共通点は

・非常にカルト
・いわゆる自然派などと呼ばれる分類のナチュラル系
・ラベルのデザインが個性的
・ワインメーカー自身がさらに個性的

ルーシー マルゴーだけじゃもったいないので、一緒に
新しい個性を味わってみてください。

『ゼヴィア』
今回新しく入荷した作り手。ブドウそのもの
のナチュラルな味わいが特徴です。
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/2180

『ヤウマ』
ルーシーマルゴ―に並ぶ人気生産者。
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2111

『オコタ バレル』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2130

『ショブルック ワインズ』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2136

『パトリック・サリヴァン』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2124

『アルフィオン』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/2167

などなど

生産量が少なくワイナリーで会員登録をしなければ
買えないオーストラリアのカルトワインを取り扱う
インポーター『ワインダイヤモンズ』特集コーナー

https://winestore.jp/winediamonds.html

希少ワイン、カルトワインを探すならこのコーナー
をチェックです。

  • 日本ブログ村 酒ブログワインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA