正体不明、覆面ワインメーカー3人衆が作る、謎多きワイン『ヴァンダル』

ヴァンダル

ん~、なんか巨大ロボットものアニメの名前みたいな強そうな響きですがワイナリー名です。

ワインメーカーの3人は正体不明の覆面ワインメーカー。写真でもマスクを被っています。

しかしこの3人、実はそれぞれニュージーランドでは著名なワインメーカー達だそうで、全員が豊富な知識と十二分なスキルを持っていて、一般的に『ニュージーランドらしい』と言われるスタイルのワインを造ってもピカイチの腕前の持ち主ばかり。

そのニュージーらしいワインを作る3人が、ニュージーランドらしくに囚われない、新たなワイン、よりナチュラルなアプローチでよりチャレンジングなワインを造りたい!との思いからこのワインを手掛け「マールボロの伝統的なワインスタイルを破壊し、新たな可能性を拓く」為に2016年にスタートしたシークレットプロジェクト。

インポーターさん曰く、収穫に立ち会った際に3人が本当に楽しそうに葡萄を摘んでいたことが印象的だったという、商業ベースでない、自分たちの作りたいワイン。

『ヴァンダル』から届くワインの詳細が書かれたテクニカルシートには、その挑戦的なワインの特徴からいつも


とメッセージが入っているそう。
そのミステリアスなワイン。まずは抜栓しその香りと味わいを自身の体で体感してみませんか。

で、このワインメーカーは誰なのか?

正体はわたしも知りません

 

暗闇でラベルが光る蓄光加工
──────────────────────────

ヴァンダル ゴンゾー ペット バット[2020]
ミュスカ50%とシャルドネ50%のフィールド・ブレンドです。マールボロのサザン・ヴァレーのシークレット・スポットにある樹齢30年のシングル・ヴィンヤード。優しくプレスして野生酵母で発酵。フレンチ古樽で澱と共に熟成。残糖を残してボトリングし、瓶内での発酵によりほのかな濁りをともなったペットナットです。SO2は無添加。

ワインの醸造タンクの中に牡蠣を入れる!?
──────────────────────────
■ヴァンダル ゴンゾー レジスタンス[2020]
マールボロのサザン・ヴァレーのシークレット・スポットにある樹齢35年のソーヴィニヨン・ブランをハンド・ピッキング。全房で自発的なマセラシオン・カルボニックを促し、発酵中にニュージーランドのフレッシュなブラフ・オイスター
を極少量投入。発酵途中でプレスし300Lの古樽で樽発酵。全ての澱と一緒に6ヶ月間の樽熟成。野生酵母での発酵、100%のマロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

シーフードに寄り添う味わいをイメージしていたので、隠し味的な意味合いで、ワインの発酵時タンクにブラフ・オイスターの身を少量加えているびっくりな手法。

赤も白も使ってるブドウの畑も秘密
──────────────────────────
■ヴァンダル ゴンゾー コンバット ルージュ[2020]
販売価格 3,250円
ピノ・ノワールとヴィオニエのフィールド・ブレンド。マールボロのサザンヴァレーのシークレットスポットにあるシングル・ヴィンヤード。100%全房でマセラシオン・カルボニック。プレスして全ての澱と一緒に6ヶ月間の古樽熟成。野生酵母での発酵、100%マロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

■ヴァンダル ゴンゾー ミリーシャ[2020]
マールボロのサザンヴァレーのシークレット・スポットにあるシングル・ヴィンヤードの7品種。シャルドネ、ピノ・グリ、ヴィオニエ、ピノ・ノワール、シラー、リースリング、テンプラニーリョの7品種のフィールド・ブレンド。同じ日に収穫して24時間のスキンコンタクト後、100%フレンチ古樽にて樽発酵。プレスして6ヶ月間全ての澱と共に樽熟成。野生酵母での発酵、100%マロラクティッ
ク発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA