飲むほどに好きになる(´▽`)リッジの魅力

j の日々
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先だって、アメリカンワインデイにて

リッジヴィンヤーズの現行ヴィンテージを試飲させていただきました。

リッジヴィンヤーズはカリフォルニアの名門ワイナリー。

カベルネソーヴィニヨンやメルロ、

ジンファンデル、シャルドネ、と

どちらかと言えばガツンと濃い、

でも濃いだけじゃない。

酸味が豊かで洗練されていて

果実味を心行くまで味わえるフルーティなワイン。

そしてリッジが50年ぶりにリリースして驚かれた

リッジ コラリトス ピノ ノワール [2018]

凝縮感もあるけどフレッシュな果実味も感じることができ、

それが違和感なくうまく溶け込んでいます。

ブルゴーニュとはひと味違う、

洗練されたカリフォルニアのピノ。

そしてリッジ(大塚食品)の米田さんが手に持っているのは

リッジ ガイザーヴィル [2018]

ジンファンデル68%、カリニャン20%、プティシラー10%、アリカンテブーシュ2%

ワイン・アドヴォケイトやワイン・スペクテイターなどで高得点。

なめらかなタンニンと美しい酸味。

やっぱりリッジに共通しているのは「洗練された味わい」

Jが初めてリッジと出会ったのはもう30年以上前のこと。

まだワインをそれほど飲みなれていないこともあって

渋いし、濃いし、飲みにくいワインだ~(>_<)という感想でした。

当時のワインノートはそんなコメントばかり。

その頃はワインに携わる仕事はしていなかったのですが、

まめにワインノートをつけていたのです。

そのノートは・・・

もう、恥ずかしくて他の人には絶対見せられません。

それから長い年月を経てワッシーズに入社し、

ニューワールドの世界に浸るようになってから

あらためてリッジを味わう機会が増えました。

不思議なことに、

飲むたびに美味しくなっている気がするのです。

昔渋いと思ったタンニンは心地よく、

濃い・・・ただ濃いだけではない、

力強さと奥行きの深さを感じられるようになりました。

しみじみ美味しいなあ、と思えるようになって

年を重ねるのも悪くない、

飲むほどに好きになるリッジなのです。

今回ご紹介したリッジヴィンヤーズの詳細はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました