今日の試飲はナパ ハイランズ(*’▽’) メルローです!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ナパ ハイランズといえば

明石家さんまさんが「美味しい!」そして(ご自身で)「買ってる」と

一躍有名になったワイン。

実際美味しいので、一度飲んだらリピートされる方も多い

実力あるワインです。

さんまさんが絶賛されてたのは

ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2016]

その前から取り扱いをしていた私たちは

「売れるはずだよ。美味しいもんねー」

と静観したものの、思った以上の反響に逆にビックリしていました。

すぐ売り切れちゃいましたからね~。

テレビの力、そしてさんまさん恐るべし。

でもでも今日は

ナパ ハイランズ メルロー ナパ ヴァレー [2016]

とても濃い黒みがかった紫色。これぞディープパープル。

いちごやチェリーのフルーツソースのような甘酸っぱい香り。

樽香は控えめでエレガントさを纏う。

果実味とタンニンはしっかり感じられるがくどくなく、

なめらかに溶け込み、味わいに奥行きと深みを持たせてくれています。

酸味強すぎず弱すぎず、バランスもちょうどいい。

やや低めの温度で、やや甘味を伴うお料理と合わせていただくと

更にメルロの真価を発揮します、とは輸入元中川ワインさん。

「中華、肉団子、スペアリブ、ロコモコ、ハンバーグ・ステーキ、

甘ダレの焼肉、甘いソースの鴨のローストなどと良く合います。」

とのことでしたが、お好み焼きとかたこ焼きとか、

粉もん、ソースもんも合うんじゃない?

さんまさん、

ナパ ハイランズ メルロー ナパ ヴァレー [2016]

も美味しいから、試してみてほしいなあ。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

daigoが薦めたナイショのワインは手が届くトカロンとして話題の『ダブルダイヤモンド』

数か月前に『アリル・カベルネソーヴィニヨン』をメンタリストdaigoがYoutubeでおすすめしたと同時に取扱いワインショップが軒並み完売。輸入元在庫も底をつきてしまった事があり

「メンタリストdaigo恐るべし・・・」

と言ったかんじでしたが、またも新たなオススメワインを先日Youtubeにアップ。前回のアリルよりも価格は上にも関わらずまたも大ヒットを飛ばしております。

そのワインが『ダブルダイヤモンド

 

メンタリストdaigo氏も

「とてもいいワインだから動画でお勧め」
「10万円クラスのワインのセカンド的ワインが1万円ちょっと」
「フランスならグランクリュクラスの畑のブドウ」
「凄い2人がタッグを組んだワイン」
「しっかりした味わいなんで、4~5日間かけてゆっくり楽しめる」

と大絶賛。

しかも動画は誰もが見れるYoutubeで無く、会費を払った人しかみれない会員制の動画。会員だけへのナイショ話みたいです。

そんな、Daigoがこっそり楽しむワインをもう少し詳しくご紹介。

『ダブルダイヤモンド』
名前からしてお宝感を出してくる名前ですね。

そう、本当にお宝なワインなんです。

『ダブルダイヤモンド』はカリフォルニアのプレミアムワイナリーのひとつ『シュレイダー』が所有するオークヴィル以外のベクストファーが持つ畑からも最高のカベルネソーヴィニヨンを造ろうと立ち上げたブランドでした。

しかし2017年にシュレイダーはコンステレーション・グループの参加に入る事となります。それに合わせ、このダブルダイヤモンドは「オークヴィルの畑限定の最高のカベルネソーヴィニョンを可能な限り手の届く価格で。」というコンセプトのもとにシュレイダーと同じワインメーカーのトーマス・リヴァース・ブラウンによりシュレイダーのセカンド的な位置づけのワインリニューアル。

手の届く価格でとなれば品質も落ちるんじゃないかと考えてしますが、コンステレーションが所有した事でコンステレーションが持っていたロバート・モンダヴィのトカロンとシュレイダーのベクストファー所有の畑で2つのトカロンを使用する事が出来、名前の通り2つのダイヤ(トカロン)から作られる最強のダブルダイヤモンドが完成となりました。

ちなみにダブルダイヤモンドは各畑の比率は非公開ですが、シュレイダーがオークヴィルで造るワインと同じ畑。ベクストファー・ト・カロン・ヴィンヤード、モンダヴィが商標権を持つト・カロン・ヴィンヤードに加えて、オークヴィルAVAの優良な畑がいくつかつかわれています。

シュレイダーと言えば6万~8万円コースの超プレミアムな価格。なのにこのワインは2つのトカロンとオークヴィルのブドウが使われた贅沢なブレンドながら、価格が11000円台と超破格。

これから人気が間違いなく出るワインですね。

 

https://www.facebook.com/watch/?v=2984129578539327

 

※価格の変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

新たなお宝ワインはト・カロンを使った贅沢なワイン
────────────────────────────

ダブル ダイヤモンド カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパヴァレー[2018]
通常 14,080円 のところ特価 11,546円

2018年は、寒い冬にたっぷりと雨が降り、芽吹きと開花はやや遅れたが、夏は熱波がなく、温暖で、じっくりと時間をかけて成熟した完璧な年となりました。フランス産樽(新樽率50%)にて、16ヶ月熟成しています。
濃い赤紫の色合い、青黒系ベリーが圧倒的で、ナツメグ、スペアミント、スパイシーなメキシカン・チョコレート・ドリンクの魅力的なアロマがグラスから立ち上がり、口当たりは滑らかで、シルキーなタンニンが口いっぱいに広がります。
豊かでコクのある味わいは、香りと同じ青黒系ベリーが主体でレザー、砕かれた岩、葉巻などが複雑に絡み合います。杯を何杯も重ねたくなる飲み安さと果実の濃厚さを持ち、今現在とても良い状態。
3~5年の熟成で、更に深みを増してくるであろうと考えられます。

こちらはト・カロンそのものを表現したプレミアムワイン
────────────────────────────
シュレイダー

シュレイダー RBS カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ト カロン[2017]
特価 69,520円
《ワイン・アドヴォケイト:92-95点》

シュレイダー RBS カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ト カロン[2016]
特価 79,200円
《ワイン・アドヴォケイト:97+点》

シュレイダー CCS カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ト カロン[2017]
特価 86,900円
《ワイン・アドヴォケイト:94-96点》

シュレイダー CCS カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ト カロン[2016]
特価 69,520円
《ワイン・アドヴォケイト:98点》

シュレイダー カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ジョルジュ ザ サード[2016]
特価 69,520円
《ワイン・アドヴォケイト:97点》

シュレーダー カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ジョルジュ ザ サード[2015]
特価 71,500円
《ワイン・アドヴォケイト:97点》

 

 

 

 

『ボンド』五大シャトーに例えるなら・・・

『ボンド』
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4151

新ヴィンテージです。と販売されても「飲めるの何時やねん!」と飲みごろははるか先なんて事の多いこのクラスのワイン。
それでも昔に比べると飲み頃推奨で書かれてる時期も短くはなってきている気はしますが。

Wassy’sでもってるボンドのヴィンテージは2014年。

ワインアドヴォケイト誌の飲み頃の目安DRINK DATEを見てみると、

メルバリー   2018~2036
クェラ     2018~2036
セントエデン  2018~2036
ヴァシィーナ  2020~2045
プルリバス   2020~2040

と、今2021年ですから推奨時期の最初に掛かってますね。
その後20年からの余裕はありますが。

この2014年はすでにバックヴィンテージ扱いのワインとなっておりますので、2014年がアニバーサリー年とかセラーでまだまだ保管しておける方は手元におくのもいいかもしれません。

今からでも飲む際にデキャンタで空気に触れさせて、時間をかけてじっくり飲むと言う、究極のお家時間の過ごし方ワインとかはどうでしょう?

ボンドは5つのラインナップがあり、それぞれ魅力的な個性を持っています。ワイナリーもそれぞれのワインをグランクリュと言ってますので、今回はそれぞれのワインが5大シャトーなど例えるならどれに当るかも記載してみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ボンド』はカリフォルニアのカルトワインとして絶大な人気と存在感を誇る『ハーラン』の兄弟ブランド。

ハーランと共にフランスのグラン・クリュに匹敵するワインを作ることを目標としていますが、そのアプローチは真反対。

ハーランがオークヴィルの偉大なクラシック・ブレンドと称されるのに対して、ボンドは単一畑でその個性を競わせています。

それぞれの畑の個性を生かしたテロワール重視のワインを造りたい、より様々な栽培方法にチャレンジしたい、というハーランのプロジェクト(ボンド)は、よりすばらしいカベルネによるワインを造っていこうとする試みで、各専門誌・専門家も非常に高評価をあたえており、現地ではハーラン同様、非常に入手が困難となっています。

※2021.7.9現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

ボルドーに例えると左岸、シャトー・ラトゥールの力強さ。
──────────────────────────

ボンド プルリバス [2014]
販売価格 88,000円

《ワインアドヴォケイト:97点》
プルリバスの畑は2.8ha、標高347-404m、針葉樹林に囲まれた北東
向きの急斜面、火山灰堆積土壌。ナパヴァレーの北西スプリング・
マウンテンの壮大なスロープに位置し、5つの畑の中で標高が一番
高い為、収穫はいつもプルリバスが最後となる。

名前はラテン語の「とてもたくさん」という意味からとられ、太陽
土壌、気候ワイン作りに携わりワインを進化させるチーム・メンバ
ーと、様々な要素を持つ素晴らしいワインであることを表現する為
に命名。
収穫時に選果選別を厳正に行うことで、この小さな畑から最高品質
の葡萄が生み出される。

2014年の収穫は5つの畑の中で一番最後に完了した。9月後半から10
月の第2週まで3週間続き、12のロットに分かれた。アロマは若々し
いピュアなベリー系が幾重にも重なり、味わいは爆発する程のエネ
ルギーがぎっしりと詰まっている。深みがあり、幾層にも重なる複
雑な味わいの要素が積み重なっている。いつもは荒々しいまでの様
相であるが2014年は非常に理路整然とまとまっている。
角が取れたような滑らかさがあるが、山カベの持つ複雑性がまだま
だ隠れており、時間と共に徐々に姿を現し饒舌になっていく。

 

圧倒的で華麗なるシャトー・ラフィットのよう。
──────────────────────────

ボンド ヴァシィーナ [2014]
販売価格 88,000円

《ワインアドヴォケイト:98点》
ヴァシィーナの畑は4.45ha、標高67-101m、東向き斜面、堅い岩盤
の上に小石や粗い砂が混じる川が堆積物を運んで積み重なった土壌

ヴァシィーナはスペイン語で「隣人」を意味する。何故ならばこの
畑はボンドのワイナリーやハーランの畑のすぐ南東に位置し、まさ
に隣にある為。美しい段々畑でオークヴィルの西の麓に位置し、朝
日を享受する。初ヴィンテージは1999年でボンドが初めてワインを
発表した時、メルバリーとメイトリアークと共に華々しいデビュー
を飾った。ヴァシィーナの葡萄はどの年でもゆっくりと時間をかけ
て熟す為、常に豊潤なブラックベリー、森林のニュアンスを持ち力
強く魅力的な旨味が特徴。2014年に限らず、どんな年にもしっかり
とそのキャラクターを示してくれる。

2014年は9月後半から10月初旬にかけての収穫だったが、十分な酸
を生き生きと保有し、凝縮した果実と今までにない魅力的な葡萄が
得られた。アロマは燃えさし、ドライ・ハーブ、特徴的な塩味を示
す。生き生きとした酸が存在しながら、口中に濃厚な果実の凝縮感
が奥深く広がり、終わりがないかの様に高揚していく、やっと終焉
を迎え始めても長い余韻を残していく。

 

シャトー・ムートン・ロートシルトの果実の凝縮感としなやかさ。
──────────────────────────

ボンド セント エデン [2014]
販売価格 73,334円

《ワインアドヴォケイト:96点》
セント・エデンの畑は4.45ha、標高44~57mと低くナパ・ヴァレー
・フロアにあり、なだらかな北向き斜面。鉄分が多く含まれる破砕
火山岩の多い赤い土壌はヴォカ山脈からの太古の地すべりによって
形成された。オークヴィル・クロスロードとシルバラード・トレイ
ルが交わる北に位置する岩だらけの円丘にある美しい畑。

「エデン」は19世紀の古地図に登場する歴史的な地名で、セント・
エデンと命名。初ヴィンテージは2001年。セント・エデンはいつも
味わいの中心に、クレーム・ド・カシスのようなふくよかな核が存
在し、ダーク・チョコレートの香ばしさと、鉄分のようなミネラル
感、きめ細かいタンニン、生き生きとした果実の凝縮感がある。

2014年は夏のキャノピーマネージメント(摘葉)が功を奏し均一の
成熟が8月後半に整い、9月第一週に岩がちの上部斜面から収穫を始
め、北側の斜面へ徐々に降りていった。アロマには特徴のクレーム
・ド・カシスに加え、セージが香る。陰陽(正反対のキャラクター)
=タイトに引き締まったリッチな濃厚さと爽快なミネラル感が共存
する。タンニンは、力強くいが荒々しくなくしなやかで、鉱物的な
硬い味わいを持った余韻が長く続く。

 

シャトーオー・ブリオンの薫り高さと品格。
──────────────────────────

ボンド クェラ [2014]
販売価格 70,400円

《ワインアドヴォケイト:96点》
クェラの畑は3.6ha、標高132~181m、南西向き急斜面、この地域に
最後にあった火山活動で発生したトゥーファと呼ばれる火山灰が固
まった礫や、小石が混ざる古い河床が隆起した土壌。ナパ・ヴァレ
ーの中心を見下ろすラザフォードの北東の丘にあり、2006年が初ヴ
ィンテージ。

名前はドイツ語で「純粋な源」という言葉に由来。1990年代に植樹。
5つの畑の中で一番早く葡萄が熟しその特徴は潮風、オレンジの花
砕石のアロマ、ハーブのニュアンスが表れる。2014年は暑い夏から
早い秋の訪れにより、通常より葡萄は早く成熟し、収穫は短期間に
集約された。最初の収穫ロットが非常にピュアでバランスが取れた
様相を示したので、他の区画の収穫もすぐに行い、クェラの特徴で
あるフレッシュなエネルギーを捉えるように心掛けた。アロマはブ
ルーベリーと黒スグリの中間。味わいのアタックは非常に軽やか、
例年よりやや強めながらソフトで繊細なタンニンが存在する。

シャトー・ペトリュスのような豪奢さ。
──────────────────────────

ボンド メルバリー [2014]
販売価格 88,000円

《ワインアドヴォケイト:96点》
メルバリーの畑は2.8ha、標高106~159m、東向きと南東向きの斜面。
堅い粘土質岩盤の上に、古い時代の堆積土壌が積もり、石ころが混
じる。ラザフォードの東の丘陵地でヘネシー湖の北側に位置する。

メルバリーという名はロンドンの歴史的名所の並木道の名で、畑の地
主が長く居住した郷愁のある名前。1999年が初ヴィンテージ。ボンド
の5つの畑の中でプルリバスと同じく小さい。南面にヘネシー湖があ
り朝日が美しく反射し、冷たい湖であることから午後の気温上昇が抑
えられる。収穫用の小道を10か所作り、畑での選別をしっかりと行う
ことから、収穫量は(1.7トン/エーカー約27h/ha)と非常に少なくブ
レンドの際にもキュヴェの選別を厳しく行う。

 

 

 

 

ヘス・コレクション アローミとしっかり塩を効かせたラタトゥユ( ̄へ ̄|||)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ここ最近ヘス コレクション がオンラインワッシーズでなかなか充実してきています。

ヘス コレクション といえば

ナパのトップワイナリーとして有名ワイン雑誌の高評価常連ワイナリ。

ほぼすべてのワインが主要評価誌で90点以上を獲得しているという実力派。

そんなヘス コレクションも、コロナの影響を受けて苦しんでいます。

アメリカのレストラン専用として造られていたワイン

ザ ヘス コレクション ヘス シャーテイル ランチス ピノ ノワール セントラル コースト [2017]

レストランが稼働しないことにはワインも売れないのですが、

かといってアメリカ本国での安売りはできないということで輸入するに至り、

日本でお得に販売することができたりしています。

もともとレストラン専用の食事に寄り添ったワインですから

ワイン選びに悩んだら

ザ ヘス コレクション ヘス シャーテイル ランチス ピノ ノワール セントラル コースト [2017]

を選ぶのもひとつの手かも(゚∀゚)

でも今日は

ザ ヘス コレクション アローミ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2017]

一言でいうとナパらしい濃い凝縮された味わい。

ところが一言では済まないのがアローミ。

最初はかたく感じられたタンニンが、時間の経過とともにやわらかくなる。

赤い果実のニュアンスと仄かにスパイス、

凝縮された果実の甘味とほどよい酸味のバランスが絶妙。

そしてしっかりたれのついた豚串や

トマトやズッキーニ、パプリカなどの野菜を軽く煮込んだラタトゥユという

無国籍なテーブルへ

 

ラタトゥユ軽い赤ワインの方がいいかなと思ったけど、

いつもより塩を効かせたら、これが思った以上に合ったのです!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

一人試飲会?で再発見(^_-)-☆ ジラードワイナリー シャルドネとカベルネ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

最近は試飲会が少ないので、

もっぱら一人試飲会開催中

それは・・・

●外に飲みに行って堪能

●ひたすら家で飲む

と、単に飲んでるだけ?に見えますが

まあ、ええんです

家で飲むことが一番多いけど、

料理はマンネリになりがちだし、

せいぜい1日1~2本種類。

その点、外に行くと少しずついろいろ頼めるし、

料理と楽しめる。

試飲会では急いでチェックしていくので

コメントが漏れてしまうことも

で、一人試飲会で再発見して

おおーーーーーーっ美味っっ」となるのです。

はい!

今日の再発見はジラードワイナリー

ナパヴァレ―のワイナリーです。

ジラード シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー

きりっとした酸味はあるけれど、強すぎずやわらかい口あたり。

アップルパイ、焼菓子の香り。

前菜の田舎風パテとの美味の相乗効果。

パテの脂がふわっと溶けていく。

その後をシャルドネがやさしく包み込んでいく(≧◇≦)んま~い

そしてジラード カベルネ ソーヴィニョン ナパ ヴァレー

ナパのカベルネですよ。

パワフルなワインを想像していたら、

それだけではなかった!

やわらかい。やさしい口あたりに

なめらかなタンニン。カシスのニュアンス。

あ!今の時期

少し温度が低めに提供されていたのもGOOD!

仔羊のローストの付け合わせの野菜と

びっくりするぐらい合った!

えー野菜かあ~なんて言わないで。

野菜はおざなりにされているけど、

塩加減一つでワインにめっちゃ合うのです。

ちょっと強めに、

後は野菜のうま味、水分が何とかしてくれる。

そしてワイン。

一人で再発見もなかなか良い。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

かわいく見えてきたから不思議(^^ゞ フロッグスリープ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

9月に入ったら少しは涼しくなるかな~と思っていたら、

なんと昨日は新潟で40℃を越えたとか!

しんじられへーーーん。

信じられへんと言えば、

私ごとで恐縮ですが、

フロッグスリープ

最近かわいく見えてきたこと。

ヒンシュクを承知で告白します。

はじめてそのラベルをみたときは

「えっっっっ!!!!」と驚きました。

ワイン凄く美味しかったから余計に、です。

でもそんなこと正直に言えないので

カワイイと濁しておりました。

(ごめんなさい嘘ついて)

ホンマは一反木綿、だよねーと。

10年ほど前のお話です。

何度も言いますが、

ワインがあまりにも美しく、美味しかったので

そのギャップを受け止めきれなかったのです。

そんな私ですが、

今やその蛙は何となくなじんでしまって

マジでかわいいと思っている自分に驚きです。

フロッグスリープはナパにあって

ずーーーっと創業当時からエレガント路線。

食事にあうワインエレガントなワインを・・・と

作り続けているワイナリ。

フロッグス リープ ジンファンデル ナパ ヴァレー[2018]

フロッグス リープ メルロー ラザフォード ナパヴァレー[2017]

フロッグス リープ シャルドネ シェール アンド ストーン ナパ ヴァレー[2018]

フロッグス リープ エステイト グロウン カベルネソーヴィニヨン ラザフォード ナパヴァレー[2016]

フロッグス リープ シュナン ブラン ナパ ヴァレー[2016]

フロッグス リープ レイチェル ロッシ リザーヴ ソーヴィニョン ブラン[2015]

是非一度お試しください

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

気温上昇。だんだん飲みたくなるアレ(∩´∀`)∩ソーヴィニヨンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

暑がりのJです 

春は気温が安定しないけど、

初夏じゃないか?って思うぐらい暑い日には

やっぱりアレが飲みたくなる。

ビール?

そう、ビール!も好きなんですが、

初夏といえばソーヴィニヨンブラン

ハーブの香り爽やかなニュージーランドも捨てがたいけど、

今日は オベロン ソーヴィニヨンブラン

ソーヴィニヨン・ブラン に

ソーヴィニヨン・ムスク が少し入っていてアロマティック。

クリアで自然な酸味が気持ちを解放してくれる。

このナパのソーヴィニヨンブランなかなか旨いです


簡単に手開きしたイワシのパン粉焼きで

サクサク、ごっくん、ウマウマ~

試飲コメントが◎だけって!( ゚Д゚) ラッド 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

試飲会のコメントを整理していたら、

ラッド クロスローズ ソーヴィニヨンブランのコメント欄に

と書いてある。

だけ。

ものすごく美味しかったんだ・・・

自分で書いているのだけど、めちゃくちゃ恥ずかしい・・・

凹む・・・

パーカーポイント軒並み90点越えのラッドエステートから

リニューアル、新ブランドとして「クロスローズ」初リリース。

美味しいんだからちゃんと伝えたい。

オンラインワッシーズでは

ラッド は今のところカベルネソーヴィニヨンだけ在庫あり。

濃くて、凝縮感あって、ガツンとくる味わい。

分厚いステーキとかね!です

パーカー100点 ナパ・カベルネ【スポッツウッド】

オンライン・ワッシーズのサトウです。

今回も、入荷したけど、
紹介できていなかったワインから、
こちらもワイン↓↓↓

●○-●○-●○-●○-●○

■スポッツウッド

ワイナリー詳細↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4097

●○-●○-●○-●○-●○

 

スポッツウッドは、
オーパス・ワンなどがあるオークヴィル地区から
少し北にあるセント・ヘレナ地区にある生産者です。

1972年に、マリー・ウェバー・ノヴァックと
ジャック・ノヴァック夫婦によって設立され、
現在はマリーの娘ベス・ノヴァック・ミリケンが
ワイナリーを管理しています。

 

創立当初は、
造ったブドウをダックホーンやシェーファーなど
他のワイナリーに売っていたそうですが、
ダン・ダックホーンやジョン・シェーファーに
ワインを造ってはどうかと勧められたことも
ワイン造りをはじめるきっかけのひとつとなったそうです。

最初の、
カベルネ・ソーヴィニヨンを1982年に生産されました。

エステート・ヴィンヤードは40エーカーで、
現在は、カベルネソーヴィニヨンを中心に
カベルネフランとソーヴィニヨンブランが
少量ずつ植えてあります。

 

スポッツウッドの
目指しているワインのスタイルは、

タンニンや果実味などの成分が過剰に抽出され、
過度に凝縮されたスタイルではなく、
「バランスのとれたエレガント」なスタイルです!

 

2010年以降の
スポッツウッド カベルネソーヴィニヨンの
ワイン・アドヴォケイトの評価をみても、

2017年 97+点
2016年 100点
2015年 100点
2014年 98+点
2013年 99点
2012年 99点
2011年 95点
2010年 100点

と、100点を3度獲得し、近年は、
高得点を連発し、高い評価をうけています。

 

現在、オンライン・ワッシーズでは、
そんな高評価を獲得したカベルネソーヴィニヨンから
100点を獲得した2016年と、
98+点を獲得した2014年の在庫がございます。

※掲載商品の価格は、2020年2月22日現在の価格です。
(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン[2016]
【ワインアドヴォケイト: 100点】
【スペクテイター: 96点】

通常35,200円のところ
特価32,780円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/59423

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン[2014]
【ワインアドヴォケイト: 98+点】
【スペクテイター: 88点】

通常27,500円のところ
特価21,780円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/45771

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

また、スポッツウッドでは、
白ワインを、1アイテム造っています。

ソーヴィニヨン ブランは、
マリー・ウェバー・ノヴァック夫人の
お気に入りのワインで、
特別に念入りに造られているそうです。

特徴的なのは、
ステンレス・タンク、
フレンチオーク樽、
卵型のコンクリート・タンクで
発酵させたものをブレンドしています。

この方式は何年も変わらず、
行われているそうです。

もちろん、
こちらの商品の取り扱いもございますので、
ご興味がございましたら是非!!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■スポッツウッド ソーヴィニヨンブラン[2016]
通常6,050円のところ
特価4,290円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4097/45769

ちなみに、2016年は、
ステンレス・タンク 60%
フレンチオーク樽(新ダル15%)35%
卵型のコンクリート・タンク 5%
の割合で、ブレンドされています。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

スポッツウッド以外にも、
まだまだあります、
95点以上の高得点ワイン↓↓↓

~~~~~~~~~~~~

●95点以上の高評価ワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

~~~~~~~~~~~~

 

■特集ページのご紹介です。
=============

新着ワイン
随時データ更新しています。

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410

=============

3,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1595

5,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1596

10,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1598

=============

30~50%OFF以上、在庫限りの特価ワイン

特価価格のプレミアムワインもございますので、
チェックください!!!

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1408

=============

送料無料ワイン特集
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1361

=============

90点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr340

=============

95点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

=============

本日も最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございます。

ナパ・ハイランズが造るリーズナブル価格のナパ・カベルネ&シャルドネ

 

いつもメルマガをご愛読いただき、
ありがとうございます。

ワインを販売しています
オンライン・ワッシーズのサトウです。

メルマガを書きつつ、
なんだか最近、ナパ・ハイランズを、
結構、プッシュする機会が多いな~と、
ふと思ったのですが、

関連商品が、2アイテム入荷しておりますので、
本日も、お付き合いいただけると幸いですm(_ _)m

 

※掲載商品の価格は、2020年2月14日現在の価格です。
(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

 

2017年の年末に、「ホンマでっか!?TV」で
明石家さんまが絶賛したことで、
一躍、人気ワインの仲間入りをした
「ナパ・ハイランズ」につきましては、
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

■ナパ・ハイランズ

ワイナリー詳細はコチラ↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4607

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]

通常5,280円のところ
特価4,170円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/54764

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ナパ ハイランズ シャルドネ ナパヴァレー[2018]
通常5,280円のところ
特価4,224円(税込)

https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/59431

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

そして、先日は、「ナパ・ハイランズ」の
上位クラスであるリザーブ・カベルネを
メルマガでご案内しました。

最高評価3つ星の評価を受ける
ナパ・ヴァレーの
ブドウ栽培農家B(頭文字しかお教えできません)の
オークヴィル南にある畑から収穫された
カベルネソーヴィニヨン100%です。

この栽培家Bの畑のブドウから造られたワインが、
1万円程度で販売されることは、まずないです!

★–★–★–★–★–★–★–★

【お一人様1本限り】

ナパ ハイランズ リザーブ
カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパヴァレー[2016]

価格: 11,000円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/4607/60294

★–★–★–★–★–★–★–★

 

 

今回、ご紹介するのは、
ナパ・ハイランズのリーズナブル版にあたる
カベルネ&シャルドネを入荷したので、
こちら↓↓↓のご案内です。

 

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2017]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60295

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60296

●○●○●○●○●○●○●○●

 

ナパ グレンの「グレン」とは、
スコットランドのゲール語で狭い峡谷や谷という意味で、
「ナパの峡谷=ナパ・ヴァレー」を表しているそうです。

「クラッシックなナパ・ヴァレー・スタイル」の
シャルドネ&カベルネ・ソーヴィニヨンを分かりやすく、
表現しようとしたシリーズです。

葡萄の価格が高騰するナパ・ヴァレーの中で、
長年培って来た栽培農家や自社畑を持つワイナリーとの
コネクションを最大限に生かし、

リーズナブルで、 そして、
ナパ・ヴァレーの品種や特定の地区の個性・特徴を
表現することを、最大の目標として造られるワインが、
この「ナパ・グレン」だそうです。

 

ちなみに、ナパ グレンの考える
クラッシックなナパ・ヴァレー カベルネとは。

赤紫の濃い色合い、濃厚なベリー系のアロマ、
ハーブ、スパイスのニュアンス、豊かでふくよかな果実味、
フル・ボディの味わい。樽のニュアンス、ココア、葉巻、
しっかりとしたタンニン(渋味)、長い余韻、
肉料理との相性が良いワイン。

また、
クラッシックなナパ・ヴァレー シャルドネとは。

黄金の色合い、しっかりとした果実の濃さ、
オイリーなニュアンス、ダレ無い酸が綺麗に存在する、
樽のニュアンスが香ばしさや
スパイス感となって溶け込んでいて、
甲殻類との相性が良いワインだそうです。

 

「ナパ・グレン」は、
このようなスタイルのカベルネ&シャルドネを、
リーズナブルな価格で表現しています。

明石家さんまも絶賛したナパ・ハイランズの
リーズナブル版「ナパ・グレン」の味わいを、
是非お試しくださいませm(_ _)m

 

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2017]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60295

●○●○●○●○●○●○●○●

ナパ グレン シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]
通常3,960円のところ
特価3,168円(税込)

詳しくは↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/60296

●○●○●○●○●○●○●○●

 

 

■特集ページのご紹介です。
=============

新着ワイン
随時データ更新しています。

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410

=============

3,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1595

5,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1596

10,000円以内のおすすめワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1598

=============

30~50%OFF以上、在庫限りの特価ワイン

特価価格のプレミアムワインもございますので、
チェックください!!!

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1408

=============

送料無料ワイン特集
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1361

=============

90点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr340

=============

95点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

=============

本日も最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございます。