大反響のナパハイランズ限定リザーブワイン。最新VT入荷しました。

前回の案内で国内入荷数が少ない事も
あり、即日完売してしまったワインの最新ヴィンテージ。


今や説明不要のナパカベルネ、いや赤ワインでダントツ人気と言ってもいいナパハイランズ カベルネ。

『ナパ ハイランズ』

この人気生産者ナパ・ハイランズが、ナパ・ヴァレーのオークヴィルのヴァレー・フロアと、ヨントヴィル著名ワイナリーの畑のブドウから造る希少&限定ワインがこちら。

『ナパ ハイランズ リザーブ カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー [2019]』

あの大ヒットワインの上級ランクワイン!

しかも使われているブドウがオークヴィルの畑のものを使っている!

プレミアム感満載と言う事もあって日本入荷分は瞬殺で在庫切れとなってしまいました。

2019年のリザーヴカベルネは、昨年のヴィンテージよりもさらにプレミアムなブドウが使われています。

ブドウは、オークヴィルのヴァレー・フロアのど真ん中オーパス・ワンのすぐ後ろの区画の畑が主体。それに加えてヨントヴィルの有名ワイナリーの自社畑から長年の信頼とコネクションによって調達することができたブドウが絶妙にブレンドされています。

当然ながらこれらの畑名は非公表。

そりゃそうですよね、同様のブドウを使ったワインは、ナパハイランズリザーヴより遥かに高級ワインだそうですから、この価格で販売されたら堪ったもんじゃないですからね。

※2021.12.19現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です
—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

■ナパ ハイランズ リザーブ カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー [2019]
販売価格 8,800円

リザーブのブドウには、濃厚で果実味たっぷりリッチな味わいが特徴のオークヴィルのブドウが約90%使用されています。またオークヴィルよりやや涼しく様々な要素のバランスが素晴らしく、秀逸な酸と骨格を有するヨントヴィルのブドウを約10%使われています。

黒系ベリー、ココアと言ったオークヴィルのカベルネらしいアロマに、紅茶やハーブのフレッシュなニュアンスが合わさります。
味わいは、クランベリー、ブルーベリーなどが主体となり、そこに土っぽさや、アニス、ナツメグ、黒胡椒などのスパイスが印象的に加味されます。
口当たりは、スムースでいて力強いタンニンとしっかりとした果実の凝縮感があります。ヴァニラ、クローブなど樽由来の香りと、樽熟成による、こなれた柔らかさも兼ね備えた心地よい余韻が長く続きます。

ナパ・ハイランズ シリーズも人気です
──────────────────────────
『ナパ ハイランズ』

明石家さんまさんが「美味しい」と発言してからもう4年以上。
すっかりさんまさん効果でなく、価格以上の美味しさを楽しめるワインとして認知されています。新作のメルローもあわせておススメです。

ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2019]
販売価格 4,303円

ナパ ハイランズ メルロー ナパ ヴァレー [2016]
販売価格 4,224円

ナパ ハイランズ シャルドネ ナパヴァレー [2018]
販売価格 4,224円

 

 

ナパグレンは「クラッシックなナパ・ヴァレー・スタイル」のシャルドネ&カベルネ・ソーヴィニヨンをリーズナブルに分かりやすく表現したシリーズです。

ナパ グレン カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2017]
販売価格 3,313円

ナパ グレン シャルドネ ナパ ヴァレー [2018]
販売価格 3,313円

 

 

今年も発売しましたヨシキワイン『Y by YOSHIKI』

今年もちゃんとリリースされましたヨシキ・ワインこと『Y by YOSHIKI』。

 


ワイ バイ ヨシキ

今年は輸入元さんから、ヨシキワインの案内が一向にこないので、「発売ないのかな?」と思ってたんですが、唐突に

「今週末から発売します」

と連絡が入りました。

急やなっ。(そういえば昨年も急でした)

と言う事で今年も緊急発売。

今年のラインナップは、昨年と同様に、

レギュラーシリーズとなるカリフォルニアのカベルネとシャルドネ。ナパヴァレー・オークヴィルのブドウを使ったプレミアム・カベルネ。昨年初リリースされた、ソノマ・ロシアンリヴァーヴァレー産のピノノワールとシャルドネの5種類です。

ソノマピノノワールとシャルドネは数も少なく、早々に完売した人気ワイン。今年も要注意ですよ。

今年も人気が出る事確実なワイ バイ ヨシキ、元日の格付けチェックにも出演するようですし(新庄も出るらしい)、ヨシキのワイン飲みながら元日を過ごしましょうか。

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

※2021.12.6現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

─────────────────────────


ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニョン カリフォルニア [2019]
販売価格 4,840円

このワインはYOSHIKIが「スマート・カジュアル」と呼ぶ、普段のライフスタイルにも寄り添うワインです。
2019年は、カリフォルニアのかんばつによってブドウの実は小粒になり凝縮感を得ることができ、ワイン用ブドウにとっては良い結果となりました。
完熟した果実、ザクロ、蜂蜜等、典型的なカリフォルニアのカベルネソーヴィニョンのアロマが感じられます。味わいには、フレッシュで色の濃いブラックベリーやカシス、フレンチオークとアメリカンオークからくるカラメルのフレーバーが感じられます。舌触りはベルベットのように滑らかで、タンニン・果実・フレッシュさのバランスが完璧に取れた親しみやすいワインです。


ワイ バイ ヨシキ シャルドネ アンコール カリフォルニア [2019]
販売価格 4,618円

このワインはフレッシュな桃やアプリコット、メロンの香りが、柑橘系の花やローズ・ウォーターのアロマと共に感じられます。
グラスの中で時間が経つにつれて、フローラルな香りから始まりフレッシュな洋ナシやシナモンのアロマ迄、このヴィンテージの特徴となる多様性ある香りが溢れます。その後ハイビスカスやバニラ、レモンの皮等も感じられます。
口に含むと瑞々しく、粘性もあり、クリーミーなレモンカードのようなフレーバー、青リンゴの様なバランスのとれた酸味がワインにフィネスを与えています。このヴィンテージの完熟した果実のまろやかな口当たりと、生き生きとしたフレッシュ感が共存するユニークで複雑味溢れるワインです。

─────────────────────────
よりブドウの産地にこだわった限定のプレミアムシリーズ
─────────────────────────


ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニョン オークヴィル ナパ ヴァレー [2018]
販売価格 41,580円

「Y by YOSHIKI」プロジェクトをスタートして10年。カリフォルニア・カベルネソーヴィニョンの銘醸地「ナパ・ヴァレーオークヴィル」のブドウだけから造られた10周年記念特別限定品「Y by YOSHIKI Cabernet Sauvignon Oakville Napa Valley」。

しかしこの10周年記念ワインのクオリティが素晴らしく、次ヴィンテージを待望する声が高まり、それに応えるべく毎年リリースされるようになりました。

味わいは芳醇で、完熟したローガンベリーやスグリのフレーバーが広がります。舌触りは密で滑らかで、長い余韻が続きます。最初の美しい色合いから始まり、香り、味わい、長い後味とすべての要素でバランスの取れた秀逸なワインです。

─────────────────────────
初年度即完売となったシリーズ
─────────────────────────


ワイ バイ ヨシキ ピノノワール ロシアン リヴァー ヴァレー [2019]
販売価格 17,820円

フランス・ブルゴーニュのワインに魅力を感じるようになり、パートナーであるロブ・モンダヴィJr.に、カリフォルニアでピノノワール造りができないものか相談し、昨年初リリースで話題となったピノノワール。
口に含んだ時に感じられるフレーバーは、香りで感じるダークチェリーやワイルドストロベリーの華やかなアロマと全く同じ印象で、そこにフレッシュな酸味とスムーズで滑らかな舌触りが感じられます。


ワイ バイ ヨシキ シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー [2019]
販売価格 17,820円

ロシアンリバーヴァレーはシャルドネの銘醸地でもあります。ここで生育するシャルドネは果実味・酸・複雑味を兼ね備えロシアンリバーヴァレー・シリーズを造るにふさわしいカリフォルニアの最高品質なシャルドネです。

冷たくフレッシュな海風を運んで来ることで有名なロシアン・リヴァーは、洋ナシやトキリンゴの薫り高いアロマや、味覚を刺激するような素晴らしい酸味をシャルドネにもたらしてくれます。

このワインは洋ナシやトキリンゴの完熟したフレーバーと、それとは相反する、きりっとした酸味が共存しているのです。フレンチオーク樽で熟成することで、このワインの特徴でもあるクレームブリュレやバニラ、キャラメルのフレーバー、そして滑らかさがワインにもたらされます。果実味、オーク、舌触りのバランスの取れた、飲む度に喜びを与えてくれるワインです。

 

 

 

販売本数600本を突破の人気カベルネ!『シルバー ゴースト』

車好きなら、この名前を聞いてピンッとくる方も多いと思います。

シルバー ゴースト

ワイナリーオーナーの曾祖父がロールスロイス社を設立した2人と交友関係があった事から名付けられたワイン。

 

そしてこのワイン、

実店舗ワッシーズで年間600本以上売れている大ヒットワインなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高級車ロールスロイスの代表車種シルバーゴーストの名を冠し、車のグリル部分をモチーフにデザインされたと言うラベル。その車のイメージ通りの重厚感のある味わいは、甘さや過剰なタンニンはなく、シルキーで飲みやすいタイプです。

シルバーゴースト セラーズのオーナーであり醸造家のウエストン・エイドソン氏の曾祖父ジョン・モンタギュー卿は、自動車業界の発展に大変寄与した方でした。
また、曾祖父は、ロールスロイス社の創業者チャールス・ロール氏とヘンリー・ロイス氏とも懇意でもあり、ロールスロイス社の名車1909年産のシルバーゴーストを愛車にしていました。

 

ロールスロイス社の車のボンネットを飾るオーナメントとして有名な“スピリット・オブ・エクスタシー”のモデルは、このモンタギュー卿の秘書であったという逸話もあります。


スピリット・オブ・エクスタシー

 

ワイナリー設立者であるウエストン・エイドソン氏は、曾祖父の偉業に敬意を表し、またシルバーゴーストのような優雅で品位溢れたワイン造りを目指してワイナリー名をシルバーゴーストと名付けました。

ウエストン氏は、イギリスの大学院を卒業後、チリ、南アフリカボルドー、アルザス、ヴェネトなどを回り、最終的にナパヴァレーにやってきました。
『モダス・オペランディ・セラーズ』『ビーヴァン セラーズ』で醸造技術を学び、知識を深めました。

シルバーゴーストのワイン造りには、ビーヴァン氏で学んだ醸造知識を取り入れ、畑のテロワールを反映したブドウの持つ可能性を最大限に生かし、ブドウ本来の素晴らしさを最大限に引出したワイン造りを行っています。

見た目の良さからギフトとしての利用も多いシルバー・ゴースト。
年末のプレゼントなどにもお使いください。

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

※2021.11.9現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

─────────────────────

シルバー ゴースト カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2018]
販売価格 6,600円
《ワイン・スペクテイター:90点》
《ジェームス・サックリン:93点》
《ワイン・エンスージアスト:90点》

フルボディで、しっかりとしたカベルネソーヴィニヨン。
ブラックチェリー、ブルーベリー、カシスなどのアロマが複雑に香り、豊かで深みのあるワインです。
しっかりとした果実味があり、エスプレッソ、モカなどの香り、トースト香も重なります。リッチなテクスチャーと深い味わい、長い余韻がいつまでも心地よく続きます。

『シルバー ゴースト』は、ナパヴァレーの中でも良い畑として知られる、いくつかの畑のブドウを使った複雑味溢れるカベルネソーヴィニヨンです。
ナパヴァレーの谷の部分の果実味豊富なブドウと標高の高い山のストラクチャーがしっかりとしたブドウの両方を使う事で、大変バランスのとれたワインを造り出しています。

畑のうち3分の1は、歴史あるラザフォードの東にある沖積土壌の畑のブドウ。
3分の2はカリストガ丘陵地のごつごつした岩を含むローム質の火山性土壌の畑とオークヴィルにある砂利が混ざったシルトローム層の著名な畑のブドウを使用しました。
これらの畑に使われているクローン7は、クラシックでエレガントな要素をワインにもたらし、クローン337は豊かなテクスチャー、果実味、よくこなれたタン
ニンをこのワインに与えています。

100点満点を3つ同時獲得の300点ワイン『シェーファー』

過去にも「オーパスワン買うなら、先にこっちを買っておいた方がいい。」とおすすめしましたこのワイン。

『シェーファー』

ワイン評論家のロバート・パーカー氏も「世界最高のワイナリーのひとつ」と評し、TOPワインはあらゆるワイン専門誌で高得点を獲得し続けています。

今ではナパの中でも銘醸地とされるスタッグスリープの土地をいち早く開拓、ブドウの苗を植える事からはじまり、1981年に現在のヒルサイドセレクトの前身となる待望のワインをリリースしました。

1990年頃から品質の向上と共に名前を知られるようになり、2003年『ワイン・アドヴォケイト誌』でロバート・パーカー氏が「世界最高のワイナリーのひとつ」と紹介、同じ頃『ワイン&スピリッツ誌』では世界のトップ・ワイナリーの一つとして紹介されました。

シェーファーの最上級ワイン『ヒルサイドセレクト』はワイン・アドヴォケイト誌で2001年、2002年、2003年と続けて100点満点を獲得、カリフォルニアを代表する赤ワインの1つとなります。

また『ヒルサイドセレクト』だけでなくその他のワインも高い評価を獲得、中でもシラー種を使った『リレントレス』は、2012年のワインスペクテイターTOP100で第1位を獲得するなど、高評価は今も変わらず続いています。

※2021.10.20現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格は配信日現在の税込価格です
—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

100点満点を3つ同時獲得の300点ワイン
──────────────────────────

シェーファー カベルネ ソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト [2016]
販売価格 52,800円

《ワイン・アドヴォケイト:100点》
《ワイン・スペクテイター:95点》
《ジェブ・ダナック:100点》
《ヴィノス:100点》
《ジェームス・サックリン98点》
シェーファー ヒルサイド・セレクト カベルネ2016年は、世界的に有名なワイン誌の3つで100点を獲得(ワイン・アドヴォケイト100点、ジェブ・ダナック100点、ヴィノス100点)。さらに、ジェームス・サックリン98点、ワイン・スペクテイター95点と高い評価を受けた歴史的ワインとなりました。

2016年は干ばつも多く通年に比べて収量も低かったヴィンテージです。驚くほどの濃縮感とシルキーな口当たりがとても印象的です。骨格の強さと豊かな肉付きに驚かされました。ダグ・シェーファー氏曰く、10年くらいは寝かして欲しいと仰っていました。

シェーファー カベルネ ソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト [2015]
販売価格 52,800円

《ワイン・アドヴォケイト:98+点》
《ワイン・スペクテイター:95点》
「ヒルサイド・セレクト」という名の通りスタッグス・リープ・ディストリクト内の南東向きの斜面に位置。14ものブロックで構成されています。その14のブロックは、それぞれのキュヴェ毎に醸造されブレンドされます。年により、どのブロックをブレンドするかは異なる為「セレクト」とつけられています。凝縮した果実味あふれるモダンスタイルながら、スパイスや土など複雑な香りが漂いしっかりとしたストラクチャーが高い次元で味わいをまとめあげています。

シェーファー ワン ポイント ファイヴ カベルネ ソーヴィニヨン [2017]
販売価格 14,080円

《ワイン・アドヴォケイト:91点》
《ワイン・スペクテイター:93点》
名前の「ワン・ポイント・ファイヴ」は、1.5世代を意味し、初代オーナーである父、故ジョン・シェーファーと現オーナーのダグ・シェーファーの歩んできた歴史を表しています。
味わいは、カシス・リキュール、ブルーベリーやイチジクのドライフルーツ、クローヴや八角などのほのかなスパイス香など豊かな香りに富み、芳醇で濃密なフルーツをたっぷりと楽しめます。豊かなタンニンと後味の香味は長く続き、非常に満足度の高いワインです。柔らかく、すぐに楽しめるワインなのでデカンタは不要とダグ・シェーファー氏自身がお話されていたそうです。

~ 姉妹店のレストランスタッフのコメント ~
期待を裏切らない濃厚さ。抜栓10日間楽しめます。
メルロ種が少し入っているのがポイントで濃厚さの中に丸みが見え隠れするのがシェーファーらしいところ。
旨味のりのりの赤身牛肉にばっちり王道あわせで一緒におすすめさせてほしい!!ワインです。

シェーファー ワン ポイント ファイヴ カベルネ ソーヴィニヨン [2018]
販売価格 14,740円

《ワイン・アドヴォケイト:93点》
《ワイン・スペクテイター:94点》
アロマが鮮やか、エレガントでエネルギッシュなフレーバーが溢れています。凝縮感と高いアルコール、スパイシーで複雑な風味。それを支える豊かな酸味と骨格がバランスの良い味わいに仕上げています。

シェーファー TD-9 ナパ ヴァレー [2017]
販売価格 10,890円

《ワイン・アドヴォケイト:89点》
《ワイン・スペクテイター:92点》
味わいは、ブルーベリーやブラックベリーの凝縮した果実味に、ほのかにカカオやコーヒーの香り、杉の木の爽やかな香りが全体を包みます。フルボディでありながらもエレガンスを持ったワインへと仕上がっています。
また非常になめらかな口当たりも印象的で、きめ細やかなタンニンも心地よい上質なレッドブレンドとなっています。

シェーファー TD-9 ナパ ヴァレー [2018]
販売価格 8,712円

《ワイン・アドヴォケイト:91点》
《ワイン・スペクテイター:89点》
《ワイン・エンスージアスト:92点》
長年愛用していた初代トラクターの名前がTD-9。
メルロー主体で作られるワイン。口に含むと、ジューシーで、赤いベリーと黒いベリーの果実味があり、スパイシーでエネルギッシュ。熟したタンニンのストラクチャーを持ち、長くてふくよかなフィニッシュがあります。

シェーファー リレントレス ナパ ヴァレー [2017]
販売価格 15,840円

《ワイン・アドヴォケイト:92点》
《ワイン・スペクテイター:94点》
《ワイン・エンスージアスト:92点》
シラー主体で作られるワイン。リレントレスとは「容赦のない」の意味。
黒いベリーやスパイス、土の香りが漂い、深い凝縮感と複雑味を持ちます。豊かなストラクチャーが味わいを立体的に感じさせます。豊かで細やかなタンニンが後味をじわっと引き締める究極のシラーです。

シェーファー レッド ショルダー ランチ シャルドネ [2018]
販売価格 8,580円

《ワイン・アドヴォケイト:91点》
ワイン名にもなっている「レッド・ショルダー・ランチ」は、畑を荒らす害獣を食べ生態系を作ってくれている、肩の赤い鷹から名付けられています。
豊かな果実味が特徴。熟したリンゴやアプリコット、新鮮なオレンジの果実が口中に広がり、アフターには蜂蜜や黄色い花のような香りが続きます。豊かな酸味が全体をしっかりと引き締め、骨格がしっかりしているけれど非常にスタイリッシュな印象で、洗練されたシャルドネの魅力を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

少量入荷 ボーグルの最上級ワイン登場。ジャケ買いしちゃってOKです。

手頃な価格でいて、価格以上の美味しさを味わえるハズレの無いワインの筆頭商品。家飲みでのリピートのお客様はもちろん、飲食店の方々にも沢山ご利用頂いる『ボーグル ヴィンヤーズ』

そのボーグルが、今までと異なる見た目の新ワインを発売。
ボーグルの最上級ワインと言われています。

と言ってもさすがボーグル。最上級でも4000円前後!
それが『ジャガーナット』です。


ジャガーナットとは、

『絶対的な力、不可抗力的なもの、人を犠牲にするもの』

という事だそうで、

荒れ果てた条件の中で風や霧にさらされ、長い生育期間中に貴重な暖かさと日光の時間を得ようと耐え忍んだブドウ。

困難を乗り越える事でのみ誕生する。

ブドウだけでなく、なんか今のご時世にも当てはまりますね。

自然の力を利用して、表現力豊かで魅力的に仕上がったこの新しいワイン。ボーグルのラインナップとは真逆とも言えるワイルドでパワフルなラベルもそんな逞しさを連想させてくれます。

スパを誇るカリフォルニア・
ワインの人気生産者「ボーグル」の希少な最上級ワインです!!
──────────────────────────

ジャガーナット ピノノワール ロシアン リヴァー ヴァレー[2019] ボーグル
販売価格 4,059円

このピノ・ノワールの栽培地は、ピノ・ノワールのとも言える聖地、ソノマのロシアン・リバー・ヴァレー。太平洋に近く、太陽と霧の影響をバランスよく受ける冷涼な気候と、理想的な土壌構成を持ちます。
ジャガーナットのピノ・ノワールは、忍耐と経験が重要であることを表しています。フレンチ・オークの新樽と古樽を組み合わせて平均12ヵ月間熟成させることで、バニラ、ワッフルコーン、トーストしたオークの香りを醸し出します。適度な酸味と低めのタンニンにより、この表現力豊かなワインは、さまざまな料理を引き立てます。


ジャガーナット ヒルサイド カベルネソーヴィニヨン[2019] ボーグル
販売価格 4,059円

このカベルネ・ソーヴィニヨンは、商品名にヒルサイド(丘陵地斜面の畑)の記載があるように、カリフォルニアのシエラ・フットヒルズ、レイク・カウンティ、アレキサンダー・ヴァレー、リバモア・ヴァレーのヒルサイド(丘陵地斜面の畑)で栽培されたブドウが使われています。
フレンチ・オークが山のカベルネを美しく変身させ、類まれな豊かさを持つワインに仕上げています。華やかなダーク・フルーツとバニラの香りに、リッチなブラック・カラントのフレーバーが加わります。中盤には、贅沢で重量感のある質感が、そしてフィニッシュには、たっぷりとしたタンニンが感じられます。獰猛で、勇敢で、美味。フレンチオークの新樽で11ヶ月熟成しています。

ジャガーナットのプロモーションビデオもあります。

パート1
https://youtu.be/Xouu9MryXgI

パート2
https://www.youtube.com/watch?v=5WXoQ1q84nQ

畑 編パート1
https://youtu.be/urojXAHYCQo

畑 編パート2
https://youtu.be/-g9trO05xYM

 

 

 

 

スタッフが本音でレビュー★5つ星ワインを集めてみました!(赤ワイン編)

 

オンラインワッシーズ ワインレビュー投稿方法のご案内

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

皆さまはワインを選ぶ際、どんな点に注目なさいますか?

ブドウ品種生産者ご予算お料理との相性

口コミなど、シーンによって重視する点は変わりますよね♪

 

直営店の本店では、
お客さまにご投稿いただける【商品レビュー】を活用し、

わたしたちスタッフも、お気に入りのワインをご紹介しております^^

 

本日は、そんな推しワインの中から
【スタッフレビューおすすめ度・5つ星の赤ワイン】
を集めて、一挙にご案内させていただきます!

 

■ワッシーズスタッフ・おすすめ度5つ星ワイン(ボルドー品種)

オンラインワッシーズ スタッフおすすめワイン ボルドー品種

 

【ラスト1点!35%OFF】
ヴェリテ ルデジール[2009](カベルネフラン主体)

いつ飲んでも裏切らない美味しさ。
2009年はそろそろ飲み頃になってきました。
1本をじっくりとゆっくりとじんわり飲んで楽しめます。
飲み進めていくと名前通り「欲望」が「満足」します。

フランス人醸造家の「ピエール氏」が
フランスでもなくカリフォルニアでもなくこの土地を表すものを造りたい
とおっしゃっていたのが10年経って花開き始めています。

 

トゥーミー メルロー ナパヴァレー  [2014](シルバー オーク)

バランス◎のエレガントなワイン!
カシスやブラックチェリーなど黒系果実の芳醇な香りがグラスに広がります。
口に含むと滑らかな口当たりとほどよいタンニン。
余韻も長くほっと一息つきたくなる深い味わいです。
仔羊や少し脂ののった牛肉の煮込みなどと合わせたいワインです。

 

スタック ハウス カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2017]

【しっとりコク旨、お値段以上のナパ・カベ】
カシスやダークチェリーの凝縮感ある果実味と
きのこ、カカオ、シガーなどの複雑で上質なアロマ。
少量のカベルネフランからもたらされる
青いニュアンスも角がなく心地よいです。

ダークチョコが口の中で溶けていくような
なめらかなタンニンが何ともリッチで・・・
余韻まで幸せな気持ちに包まれました♪

 

■ワッシーズスタッフ・おすすめ度5つ星ワイン(ピノノワール)

オンラインワッシーズ スタッフおすすめワイン ピノノワール

 

ポール ラトー ピノ ノワール マチネ [2017]

【ミシュラン 三ツ星の依頼で生まれたワイン】
“優雅”という言葉がしっくりくる、カリピノ。
ポール ラトーさんのワインはどれも
お花のニュアンスがしっかり感じられ、わたしは大好きです。

中でもマチネシリーズは
今すぐ開けておいしいバランスに仕上げられているところがポイント。
わずかな革のニュアンスが味わいに深みを与えています。
2017年も変わらず、声を大にしておすすめしたい1本です!

 

フラワーズ ピノ ノワール ソノマ コースト [2018]

ソノマコーストの自社畑と
優良な契約栽培家のピノノワールをブレンド。
クランベリーやイチゴのアロマ。
口に含むと凝縮した果実味ときめ細かいタンニンが心地よい。
エレガントでなめらかな質感は極上で
冷たい気候がもたらす酸味とのバランスは
スタンダード品とは思えないクオリティ。

皮をパリッと焼いたローストチキンや
カツレツなんかと合わせたい。

 

クレンデネン ファミリー ヴィンヤーズ ピノノワール
ランチョ ラ クーナ [2016]

あけた途端にブラックチェリー、熟したプラムの香りが
ぶわっ!と広がりひと口飲むごとに
ぎゅっと詰め込まれたベリーがはじける・・・。

きれいな酸味はほどよく、なめらかなタンニンはブルゴーニュと錯覚しそう。
そこにカリフォルニアらしい果実味がうまく融合して
さすがジムさん、ブルゴーニュとカリフォルニアのいいとこどり。
バランス申し分なし。余韻長し。リッチ。

 

アヴァニ ワインズ アムリット ピノ ノワール [2016]

是非、お試しいただきたいピノ・ノワール!
オーストラリア・ピノの第一人者
バス・フィリップのフィリップ・ジョーンズ氏に
8年間師事したシャシ・シンさんが造る
バス・フィリップの血統を継ぐ1本!!

ラズベリー、ダーク・ベリー、プラムなどの果実香に、
ほのかなハーブ香やタル香が良いアクセントなっています。
スパイスや、土っぽさも感じられ、香りは複雑です。
タンニンは滑らかで、酸味はバランス良く感じられ、
余韻は長く心地よいです。

 

シックス クローヴズ ソノマ コースト ピノ ノワール [2018]

【昆布出汁に似た、滋味豊かな旨味が増しています】
リリース直後から約1年ぶりに飲み、
開花した旨味にびっくり!!
赤すぐりや梅を思わせる印象的な酸と旨味を伴うほろ苦さがあり、
ほんのりとクローヴが香ります。

ブルーにレッドにピンク、オレンジ…
シックス クローヴズのワインは、ボトルが並ぶとお花畑のようで
華やかなところも気に入っています♪

 

パリンガ エステート ペニンシュラ ピノ ノワール [2018]

オーストラリアの中でも特に海に近い産地だけあって
ピノらしい鮮やかなキャンディのような色味と風味。
キレイなピノには欠かせない酸味とのバランスは
心地いい飲み口で良質なピノを飲んでいる満足感があります。
ずっと飲んでいたい気分にさせてくれるワインです。

 

ワインをお探しの際、少しでも
スタッフレビューがお役に立てれば幸いです^^

次回は【スタッフレビュー高評価のおすすめ白ワイン】
ご案内させていただきますので、
ぜひともお付き合いくださいませ

 

\レビュー大募集!/
皆さまのお気に入りワインのご感想もお待ちしております♪
お買い上げワインのレビュー投稿方法

 

オンラインWassy’sスタッフ、
姉妹店レストラン・ソムリエの
リアルなお気に入りワインを公開しています♪
スタッフによるレビュー一覧はこちら から

ワッシーズダイニング・スープル

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

スタッフ全員が大ファン。試飲でもついついおかわりしたくなる『リヴァース マリー』

シュレーダー、ダブル・ダイヤモンド、ヘスタン、カーサ・ピエナ、レヴァーナ、ハンドレッド・エーカー、アウト・ポスト、マイ・バッハ、ブラック・シアーズ、まだまだありますが、これらの名前、皆さん聞いた事あるんじゃないでしょうか。

カリフォルニアでもTOPクラスのワイナリーばかり。実はこれらのワイン全て同じ人物が手がけているワインです。
手掛けているのは”トーマス・リヴァース・ブラウン“。今一番ワイン業界で注目されている人物。

彼が手がければ瞬く間にそのワインは話題となり高評価を獲得しています。中でもカベルネソーヴィニヨンはワインスペクテイター誌やワインアドヴォケイト誌でも超高得点を獲得。

その彼が妻と2人で自らの名前を冠したワインをリリース。それが今回紹介する

『リヴァース マリー』

カベルネで高評価を獲得する彼が、プライベートブランドとして手掛けるのは、なんとピノノワール!

カベルネのプロが手がけるピノノワール、当然気になります。

で、実際飲むとこれがもう「たまらなく美味しい」

試飲会などで口にする機会が何度もかありますが、いつも終わってからスタッフ全員が良かったワインを照らし合わせると、必ずリヴァースマリーの名前があります。これだけは試飲にも関わらず、ついゴクリと飲んでしまう位。

ピノノワールの高貴でエレガントな感じはあるんですが、どこかプライベートブランドとしての親しみやすさ、飲んだ時の飲みやすさがあり、飲むとついつい嬉しくなってしまうんです。

ピノノワールはソノマに特化し、その年のいい畑のブドウをブレンドしてつくられる、最も手頃なソノマコーストと、秀逸な畑のブドウを用いて作られるシングル・ヴィンヤードのラインナップ。

リヴァース・マリーのワインは1300~2000ケースという生産量の少なさから4000人以上がワインの購入を待つメーリング・リストのみで販売されていましたが、数年前から日本へは輸入販売される特別対応。現地の人もうらやむこのご案内は飲むしかないですね。

※2021.4.26現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

飲んでないなら、まずはこれから!
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール ソノマコースト[2019]
販売価格 5,423円

リバース・マリーの入門的ピノノワール。
とは言っても、リヴァースマリー好きならなんどもリピートする安心のワイン。
ソノマ・コーストらしく、ピノ・ノワールらしく、リヴァース・マリーらしい、ピュアな魅力溢れるワインです。

華やかな赤い花、赤系ベリー、スパイス、芳ばしいパンを焼きあげた香りに、フレッシュな酸が惹き立ち、一本のボトルを二人で楽しんで飲み干せるようなバランスに仕上げています。毎年、畑の割合は異なりますが、そのヴィンテージの特
徴を良く表したワインとなりますが、この2019年は初めて単一畑で作られました。

毎年入荷数の少ない人気の単一畑シリーズ。
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール プラット ヴィンヤード[2019]
販売価格 12,210円
初リリースから2年目。この畑はラジオ・コトー、レイミー、レッド・カー、リトライ、フェイラ、シェアーなど名だたるワインが生まれた畑、かねてから熱望していたリヴァースマリーも遂に手に入れる事が出来た念願のワイン。

■リヴァース マリー ピノノワール シルヴァ― イーグル ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
3つの個性が異なるクローンから生まれたブドウを使用。そのコンビネーションから生まれる複雑味がこのワインの個性。

■リヴァース マリー ピノノワール オキシデンタル リッジ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
オキシデンタル・リッジは、ピノ・ノワールスーマ・オールド・ヴァインと双璧を成すフラッグシップといっても過言ではないワイン。2019年はまったく欠けることなく全ての要素が整った最高の出来。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ オールド ヴァイン[2019]
販売価格 12,155円
オールドヴァインと言う名前の通り古い樹齢(約40年)の為収穫量は落ちますが、ブドウに凝縮感が生まれます。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
2019年のスーマは、スーマ・オールド・ヴァインと注ぎ間違えたかと思うほど味わいの差が近くなりました素晴らしい仕上がり。

専門家評価が非常に高いカベルネシリーズ
──────────────────────────
■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン ハーブ ラム ヴィンヤード ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 18,260円

■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン カリストガ ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 14,080円

生産数が1,300~2,000ケースと非常に少なく、アメリカでは
メーリングリストのみで手に入るワインですが、日本では一
般販売というアメリカの人もうらやむ状況。

 

 

巷で話題のケンゾーワインのお隣にこんなお宝が…

こんなお宝ワインがまだナパにはあったの?!
銀座をはじめ、日本中の高級店などで話題に上るケンゾー・エステート。このケンゾーのお隣にこんな凄いワイナリーがあったとは!

ナパをはじめ色んなワイナリーを見たり聞いたり、実際に訪問したりしましたが、ナパでこんな近代的なワイナリーが出来てたとは驚きです。

地下要塞、秘密基地、宇宙からの侵略者を迎え撃つための防衛軍基地。地下にまで広がる18階建ての前代未聞のワイナリー

『パルマッツ ヴィンヤーズ』
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4722

ワイナリーの凄さは上記のリンク先を観て頂ければ動画と写真を掲載しておりますので、驚いてください。ちょっとだけ写真

この施設開放したらコスプレイヤーの写真映えスポットとして人気が出そう、

8階建ての上層から下層に向かってワイン造りの工程を置いており、重力に沿って優しくワインを移動させるグラビティ・フローの手法を取り入れる為のもの。

通常ならポンプなど力と加えてブドウジュースなどを次の段階へ移しますが、上から下の高低差を作り出すことで強制的な力を加えず自然の重力を使いジュースを移動できます。

「重力がワイン造りの仕上げをしてくれる」とオーナーが言うよう、最先端テクノロジーを駆使したワイナリーでありながらその根幹は自然なワインづくりという芸術に対するポリシーが存在します。

パルマッツ・ヴィンヤードの葡萄畑は、あのカプコンCEOの辻本憲三さんが所有するケンゾーエステートのお隣、クームズビルAVAの最良のロケーションに位置します。
栽培の精鋭部隊が重視するのは、ナパという最高の環境とブドウ自体の特徴の両方を活かし畑のIT化を進める一方、実際に足をつかって畑を歩き回り、ブドウの木に触れることで微妙な状態をチェックするという伝統的なワインづくりにも手を抜きません。

パルマッツのワインにはラベルには“液だれ”がついています。
これは汚れではなく、オーナーの想いをインクでデザインしたもの。


現オーナーがかつてナパ最古のワイナリーであったこの土地を購入した際、禁酒法以前の時代に造られていた、手書きのラベルのワインボトルを発見しました。

その古いワインのラベルについた本物の“液だれ”を見たとき「前ワイナリーからのフロンティアスピリッツを受け継ごう」と決意し、パルマッツのラベルにも“液だれ”をデザインすることに決めたそうです。

ちなみに“液だれ”のデザインは全部で6パターンあります。

2021年大注目のワイナリー『パルマッツ』要チェックです!

─────────────────────────
─────────────────────────

■パルマッツ ヴィンヤーズ カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2015]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4722/64582
特価 38,500円

ファーストアタックは非常に滑らかでかつ爽やか。ブラックベリーの穏やかな香りが続きます。濃厚でよく溶けたチョコレートのニュアンスが口中に広がり、いつまでも続くような長い余韻を感じます。

■パルマッツ ヴィンヤーズ アマリア シャルドネ ナパヴァレー[2016]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4722/64581
特価 13,200円
リンゴを黒糖で煮詰めたようなアロマ。ファーストアタックはフレンチオークの重厚なテクスチャーを感じ、その後新鮮で熟したリンゴの味わいに継ぎ目なく移行します。後味はバランスが良くすっきりとしているので、次の一口がまた欲しくなります。

■パルマッツ ヴィンヤーズ セダルクノール ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン[2017]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4722/64580
特価 16,500円
2017ヴィンテージは収穫後期での山火事の影響で例年はメルロなど25%程度使用されますがこのヴィンテージは、ほぼカベルネソーヴィニョンで造られました。ブラック・チェリーの豊かで濃厚な香り、チョコレートやなめし革、トーストのニュアンス。洗練されたシルクのようなタンニンが口中に広がります。

トリプル100で300点満点!!歴史に残る1本になりそうなシェーファー

今回のワインは年末年始に飲みたいプレミアムな1本。お高めになっております。
購入される方は多くはないかもしれませんが、こんな凄いワインがカリフォルニアにあるんだなと思っておいてください。もちろん手の届きやすいラインナップもあります。

お高いワインですが、メルマガ開いた時には売り切れてるかもしれません。日本にも決して多くは入ってきてないでしょうし、100点評価を3つの媒体で受賞するワイン、世界中で取り合いです。

オーパスワン買うなら先にこっち買っておいた方がいいかもしれません。


『シェーファー』
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049

※表示価格は配信日現在の税込価格です
(変動がございますことご了承ください)

 


■シェーファー カベルネ ソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト[2016]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/63926
特価 52,800円

〇ワイン・アドヴォケイト100点
〇ジェブ・ダナック100点
〇ヴィノス100点

世界で読まれる有名ワイン専門誌の中で3誌が100点満点の評価

100点を逃している雑誌でもジェームス・サックリン98点、ワイン・スペクテイター95点と文句なしの高評価。

ヒルサイド・セレクトと言えばシェーファーの最上級ワイン。ナパ・ヴァレー スタッグス・リープ・ディストリクトの丘の上に位置する自社畑の最良のブドウを使用、火山性のゴツゴツした岩が露出する痩せた土地に海からの涼風が吹き付けます。凝縮した果実味と細かくしっかりしたタンニン。

ここまでの高得点を獲得した事もあってワインは非常に入手困難な激レア状態。Wassy’sでも今回は3本のみの入荷。
もしかしたら追加の可能性もあるので、アクセスして完売してたら日を改めてアクセスしてみてください。

こちらのヴィンテージも高得点
─────────────────────────
■シェーファー カベルネソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト[2015]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/61878
通常 52,800円 のところ特価 47,520円

ワイン・アドヴォケイト:98+点
ワイン・スペクテイター:95点

ヒルサイドの片鱗を感じるかもしれない人気のカベルネ
─────────────────────────
■シェーファー ワン ポイント ファイヴ カベルネソーヴィニヨン[2017]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/64601
特価13,904円

ワンポイントファイヴは、1.5世代を意味し、父ジョンと息子ダグが手を携えて歩んできたワイナリーの歴史を表現。ヒルサイド・エステート・ヴィンヤードと2マイルほど南に下った平地のボーダーライン・ヴィンヤードのブレンド。
凝縮感と高いアルコール、スパイシーで複雑な風味。それを支える豊かな酸味と骨格がバランスの良い味わいに仕上げています。

一番売れ筋のシェーファーです。
─────────────────────────
■シェーファー TD-9 ナパ ヴァレー[2017]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/58470
通常 10,890円 のところ特価 8,712円

TD-9はトラクターの名前。シェーファーの原点でもあり作り手を一番表現したこのワインは、その思いもあって一番売れているワインです。

結構ツウ好みで根強いファンのいるシェーファーのメルロ
─────────────────────────
■シェーファー ナパヴァレー メルロー [2014]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/40553-000
特価10,560円

ワイン・アドヴォケイト:92点
メルローらしいなめらかな丸みのある果実味とアルコール感、柔らかい口当たりのタンニンによる、飲み疲れしない風味の調和が素晴らしい。
「シェーファーと言えばメルロー」と述べる長年のファンも多い。ナパで造り得る最高のメルロー。

リッチな味わいのシェーファーが手がける白ワイン
─────────────────────────
■シェーファー レッド ショルダー ランチ シャルドネ [2018]
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049/64602
特価 8,096円

冷涼なカーネロスの丘に位置する自社畑から生まれる至高のシャルドネ。低収量の完熟したブドウのみを徹底的に選果、高い凝縮感と複雑な風味を持つが、マロラクティック発酵は行わず、シャープな酸味を味わいに残しバランスをとることにより、リッチなスタイルながら飲み飽きず食事に合う繊細さを

『シェーファー』
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal3/4049

 

 

 

文句無しのNZトップ・オブ・トップ入荷『ベルヒル』

ここ最近はカリフォルニアワインをご紹介する事が多かったんですが今回は久々にニュージーランド。

オンラインWassy’sはニュージーランドのご注文比率も多いですからね。

久々にニュージーにして、最高峰のご案内。
まさにTop Of Top、ニュージーランとのピノノワール&シャルドネとして最もプレミアムであり貴重。さらに世界中のピノノワールを並べてもTOPクラスに入れて間違いないワイン。

『ベル ヒル』
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040

─────────────────────────
これがNZ最高ち言われるピノノワールのクオリティ
─────────────────────────

ベル・ヒルは、マーセル&シェルウィン・ギーセンご夫妻によってニュージーランドのノースカンタベリーに1997年設立。

石灰岩の採掘場だった真っ白な石灰質土壌と、バイオダイナミックスで拘りぬいて栽培されたブドウからは最上のブルゴーニュを思わせるピノノワールとシャルドネが生まれ、瞬く間にニュージーランドのトップワインの仲間入りを果たしました。

生産量はシャルドネ、ピノノワールともに100ケース程度。北向き(南半球)の2.5ヘクタールの畑に、9000~11000本の密植度で植えられています。

ワインアドヴォケイト誌の年間のベストを決めるランキングでは2年連続(2013年&2014年)選出をはじめニュージーランドのピノノワール格付けで5つ星。この5つ星に選ばれたのは512ワイナリーの中で、たったの7ワイナリー。他にもあれやこれやと枚挙に遑がない受賞歴。

ニュージーランドでも最高と言われるベルヒルのワイン。冷涼な気候とミネラル感に富む土壌を生かしたヨーロッパスタイルの味わい。しかし単なるブルゴーニュそっくりさんワインではなく、彼らだからこその味わいを持ち、ワイン評論家達も高く評価するグローバル標準のワインです。

生産量の少ないときは、年間で、シャルドネは約1樽、ピノノワールは5樽のみという年もあり、ニュージーランド国内でも中々手に入らないそうですよ。

※2020.10.26現在の価格です(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です


■ベル ヒル シャルドネ [2016]
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040/63519
特価 19,800円

2009年に開墾したシェルフと1999年に開墾したオリジナルブロックであるライムワークスのバレルセレクトブレンドです。もぎ立てのホワイトピーチやグラニースミスのニュアンスがあり、硬質のミネラルは、新樽を嫌味に思わせず、寧ろそのナッツ的余韻が爽やかとさえ想えるます。ブルゴーニュに対するジェラシーを完全に吹き飛ばして忘れさせてくれる、凄まじい出来栄え。

 


■ベル ヒル ピノ ノワール [2016]
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz6/14040/63518
特価 20,900円

ワイナリー創世記からコツコツと開墾を続けて来たBellHillですが、現在のピノ・ノワールは、Shelf、Quarry、Sloap、Roadblock、Westbankの5区画からのバレルセレクトブレンド。
ラズベリーやイチゴ、クランベリーや佐藤錦、ドライクローブやアニス、腐葉土の香りも顕著です。タンニンが非常にチョーキーで肌理が細かく、ベルベッティなテクスチャーは世界中のピノノワールと比較しても最高レベルでしょう。