【南米ツアー】アルゼンチン・カロ編

南米ツアー最後の生産者はカテナとラフィットロートシルトのジョイントベンチャー「カロ」へ!


https://00m.in/54RHG
お察しの通りカテナ「カ」とロートシルトの「ロ」です^_^

アマンカヤ2017とカロ2017をワインメーカーパブロさんと試飲。いずれもカロのコンセプト通りエレガンスに溢れたチャーミングなワイン。樽のニュアンスはしっかり感じるもののナッティーでもバニラでもなく、フルーツ、フローラルとのバランスが抜群!ラフィットグループの特権、ラフィット樽を贅沢に使用してるからでしょうか・・・

 


こちら側からのクエスチョンでカロの今後の熟成の可能性についてパブロさんとディスカッションしましたが、なんとなくコレといった明確な答えが出ず(-_-;)
あれやこれやしてると「ワイナリーストックのバックヴィンテージ開けてみる?」との提案が!
『いやいや、催促したみたいですやーん』
「かまへん、かまへん!」

ってことで急遽カロ2009をテイスティング\(^o^)/
カドが取れて丸くなったとか果実味が落ち着いたといった類いとは正反対で逆に凝縮感が増しマッチョな印象!カフェモカ、タバコなどの複雑さも!
結論。熟成のポテンシャルの一部を垣間見ることができました。パブロさんありがとう!

カロ!買いです!
(かまへんは個人的な和訳ですのでご了承ください(-_-;))

 

ボデガス カロ カロ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51892

 

ボデガス カロ アマンカヤ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/49054

 

 

【南米ツアー】ロス・ヴァスコス編

本日の生産者はあのラフィットがチリで生産する「ロスヴァスコス」
ラフィットグループでは最大の4000haの土地所有面積を誇ります。
とにかくスケールがデカい!丘の上から見渡す限り所有畑です。今では外資でチリに参入しているワイナリーは数多くありますがここがそのパイオニアでチリのテロワールの可能性を開拓し続けています。
ロスヴァスコスの歴史のすべてを見てきた生き字引のようなポジションのクラウディオさんが案内してくれました。


フラグシップのルディスのクオリティーはもちろんですが、レギュラーレンジのクオリティーは素晴らしい!!
単一品種のエステートワインでもこれだけ広大になればエリアごとの個性がありそのブドウを緻密にブレンドし、このレンジでは考えられない複雑味とエレガントさを実現しています。


こんな広大なエリアどうやって管理してんの!?って思いましたが、そのへんはヴィンヤードの投稿で(^^)
そして秘密のセラーでは、「今晩これ飲んでよ!」とグランレゼルブの89を!

つづいてヴィンヤードマネージャーと畑の方へ。

男なら一度はいいてみたい→丘の上に立って「あそこの端からあっちまで谷一帯が我々の土地なんだよね~」のスケールですwww
ただ規模がデカいだけの生産者はいくらでもいますがこの規模でここまで細やかなマネジメント、コントロールを実現してるのには脱帽です(._.)自然に寄り添う方法で草や虫をコントロール。特にイリゲーションに関しては最新のテクノロジーを活用。
最適なストレスを与えるために各エリアの状態の畑の情報をデータ送信してそれに最適な灌漑を自動で行ったりカスタマイズできるシステムを組んでいるとのこと!
「伝統とテクノロジーの融合」最近よく耳にしそうなフレーズですが、まさにその融合を実感!

 

ロスヴァスコス
ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがチリのいくつもあるワイナリーの中から選び抜いたワイナリー。チリの伝統とフランスの名門のコラボレーション。
https://00m.in/LijB1

■ロス ヴァスコス カルメネール グランド レゼルブ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/59758

 

 

 

今後どうなる?レーヴェンスウッドが輸入元終売

さてさてお休みの終わっちゃいましたね。

長い休みで買い揃えていたワインも飲み尽くしたん
でしょうか?ボツボツと補充ワインのご注文も増え
てきました。
お手元のワイン、大丈夫ですか?

まさか輸入元が変更になってしまうとは…
アメリカのコンステレーションがガロにブランドを
売却。その影響で日本でも取り扱いも変更される事
に。新しい輸入元次第で以後どのようにご案内でき
るか未定、Wassy’sで取扱いできるのか?と気になる
人気ワインです。

リピーターも多いこのワイン、ひとまず数本確保し
ておきましょうか。

『レーヴェンスウッド』


■レーヴェンスウッド ソノマ カウンティ オールド ヴァイン ジンファンデル[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/59251

■レーヴェンスウッド ローダイ ジンファンデル オールドヴァイン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/58889

■レーヴェンスウッド ヴィントナーズ ブレンド カベルネソーヴィニヨン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/59250

■レーヴェンスウッド ヴィントナーズ ブレンド オールドヴァイン ジンファンデル[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/59249

■レーヴェンスウッド オールドヒル ジンファンデル ソノマヴァレー[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/43697-000

 

レーヴェンスウッドと言えば、このワイン達もはずせませんね。

『ワンス アンド フューチャー』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4653

ジョエル・ピーターソンがレーヴェンスウッドを退き、
2016年満を持して立ち上げた新ブランド「ワンス&フューチャー」。
ここで行うのは、最初の頃のような昔ながらの方法でのワイン造り。
初期に行っていた信念・オーガニックの古樹の畑、天然酵母、手作
業で行える範囲の生産量にこだわり多くても年産6,000ケース程に。
この決断には息子のモーガン・トゥワイン・ピーターソンが手掛け
る「ベットロック・ワイン」の影響や応援も大きいといいます。

■ワンス アンド フューチャー プティシラー パリセーズ ヴィンヤード カリストガ ナパヴァレー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/42659-000

■ワンス アンド フューチャー ジンファンデル フランクス テルデスキ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4653/54921

■ワンス アンド フューチャー ジンファンデル ベッドロック ヴィンヤード ソノマヴァレー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4653/45107

■ワンス アンド フューチャー マタロ オークレイ ロード ヴィンヤード コントラ コスタ カウンティ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4653/45106

 

『ベッドロック』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4488

『ジンファンデルのゴッドファーザー』レーヴェンスウッドの創設者
ジョエル・ピーターソンを父に持ち、5歳からワインのブラインド・
テイスティングでメルロとジンファンデルをききわけたというサラブ
レッドが満を持して自身のワイナリー「ベッドロック」を2007年に創業。

「夢は大きく、でも生産量は少なく。」こだわりのワインを造り上げる。
年毎に多種のワインを造り上げます。

■ベッドロック リースリング ワーツ ヴィンヤード シエネガ ヴァレー[2018]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/55398

■ベッドロック パガニ ランチ ヘリテージ レッドワイン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/55397

■ベッドロック ロレンゾズ ヘリテージ レッドワイン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/55396

■ベッドロック オールド ヴァイン ジンファンデル[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/51566

■ベッドロック ザ・ベッドロック ヘリテージ ソノマ ヴァレー レッドワイン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/51554

■ベッドロック ジンファンデル モンテロッソ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/44581

■ベッドロック エヴァンジェーロ・ヴィンヤード レッドワイン [2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/43642-000

■ベッドロック コンパーニ ポルティス ヴィンヤード[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/43641-000

■アンダー ザ ワイヤー ウェンツェル ヴィンヤード ブラン ド ノワール ピノノワール ブリュット スパークリング[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/42663-000

■アンダー ザ ワイヤー ハーシュ ヴィンヤード ピノノワール ブリュット ロゼ スパークリング[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4488/42662-000

あのハリウッド俳優ワインが品薄状態

スタッフ トリイです。

タイトルの俳優は誰か?

ヒントは

 ・90年代前半の大ヒットTVドラマの主役

 ・チェリーパイ

 ・クーパー捜査官

チッ、チッ、チッ、チッ、チッ・・・

タイムオーバー。

解りましたか?
はい、正解は “カイル・マクラクラン”

ドラマ『ツインピークス』で大人気になった俳優さん。

トリイも観てました、確か当時WOWWOWが開始された時期でその目玉として放映されて大人気。とは言え衛星放送なんて契約してませんから、レンタルビデオ屋に足を運んでは借りてみてましたね。
そんでもってサッパリわけわからんで困惑してました。

個人的にカイルマクラクランは『ヒドゥン』と『ブルーベルベット』の印象が強い俳優さん。土曜昼過ぎにやってるB級テイスト溢れる映画がやたらと放送される地上波で見たヒドゥンは妙に印象に残ってます。

とこんな事書いてたらキリがないので、この辺で。

そんでもって、その”カイル・マクラクラン”が故郷ワシントンでワインを作ってるんです。名前貸しとかじゃなく本格的に。

今年、ワインのプロモーションとして来日。業界向けのセミナーやお客様への販売へも積極的に参加。店頭販売も!

ワインを販売する、購入する40代以上は、そりゃ生カイルを見たらテンションあがりますよね。お客様の中にはテンション上がりすぎて値段も見ず買って行った方もいたとか。
(そりゃ、突然ワイン売り場に居たらビックリするわ)

ワインはキャンペーン中にみるみると売れて行ったみたいで、気がつけば「輸入元在庫が無い!」と言った状態。

そういったわけで、あんまり数ありませんが、2019年最後にご案内。お届けは年明けですが、2020年新年に飲む1本としてはふさわしいワインですね。


■パースード バイ ベア カベルネソーヴィニヨン[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59270
スペクテイター: 92点

カベルネソーヴィニヨン81%、メルロ19%のブレンド
パースード バイ ベア カベルネソーヴィニヨンは、ワシントン州の3つの高名な畑、ヤキマ・ヴァレーのデュブリュル・ヴィンヤード、ダイオナイサス・ヴィンヤードの1973年に植えられたカベルネの老樹の区画とレッド・マウンテンの有名なクリプスン・ヴィンヤードの多様性を持ったブドウで造られています。

■パースード バイ ベア カベルネソーヴィニヨン[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59269
ワインアドヴォケイト: 85点
スペクテイター: 92点
2014年のパースード バイ ベアは、カベルネ・ソーヴィニヨン100%ヤキマ・ヴァレー、レッド・マウンテンとワラワラ・ヴァレーの秀逸な葡萄畑のカベルネ・ソーヴィニヨンが層を成した複雑でユニークなアロマとフレーバーをもたらします。

ちなみに来日中のプロモーションに付き添ってた担当さん。仲良くなってポケモンフレンドにもなったらしいです。

カイル、ポケモンGoやってたんか。今度大阪来たらお願いしよっと(お前もやっとるんかい)

和牛に合う赤ワイン『オーボンクリマ』&松阪牛と神戸牛を食べ比べてみた話

こんにちは!オンラインWassy’s ひのみです。

普段はどちらかと言えばお魚派なわたしですが
近頃なぜだかお肉が食べたくて仕方ありません。

 

そんな思いを抱えていたところ
帰り道のスーパーで見つけてしまいました。
厚さ5cmはあろうかというオージービーフの肩ロース…!!
何でもない日だけど、思わず晩ごはんはステーキに決定\^^/

 

お家ステーキのわたしのマスト調味料は
岩塩、ブラックペッパー、柚子胡椒、わさび醤油です。

 

この日はラッキーなことに以前仕込んだステーキソースも
冷蔵庫に眠っていました♪

(玉ねぎ、りんご、にんにく、生姜をひたすら
すりおろすので、よほど元気な日しか作る気になれません。笑)

 

 

肉×調味料×赤ワインのおいしい関係

一切れずつ異なる味付けで食べてみるのですが、
「やっぱりコレやな!」となる大好きな組み合わせはいつも同じ。

【肉々しいガッツリ系ステーキ】

☆岩塩、ペッパー&にんにく多め
☆ステーキソース


▼合わせたいワイン
肉の脂をリセットしてくれるタンニン量が豊富な赤
口がきゅーっとなる感じではなくて、
なめらかでボリュームを感じられるタンニンが好みです。

 

■レイミー ナパ ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン[2014]
ワッシーズを卒業された先輩スタッフ・フジイさんから
おすすめしてもらって以来、好きになったレイミー♪

先日【2019年スペクテイターTOP100】にて
シャルドネが
7位に選ばれたことも話題になりましたね^^

レイミー ナパ 赤ワイン カベルネ

※■マークの付いた商品はすべてお取り寄せ品(お届けは1週間前後)です。

 

パウエル &サン シラーズ バロッサヴァレー[2015]
『トルブレック』創業者
デイヴィット・パウエルさんのワインです♪

パウエル&サン オーストラリア 赤ワイン シラーズ 

 

 

【とろける霜降りの和牛ステーキ】

☆岩塩、ペッパー少なめ
☆わさび醤油
☆柚子胡椒


▼合わせたいワイン
サラッとジューシーな脂に寄り添うしなやかな赤
ほどよい酸のエレガント系 新世界ワインを推したいです!

 

アリージア ピノノワール アンダーソンヴァレー[2017] リース ヴィンヤード
お値打ち感満載!『リース』のセカンド♪

アリージア カリフォルニア 赤ワイン ピノノワール

 

和牛と合わせるなら、個人的イチオシはこちら♪

オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2015]
愛娘イザベルの名を冠したキュヴェ

オーボンクリマ カリフォルニア 赤ワイン ピノノワール

オーボンクリマ ピノノワール サンタ バーバラ ツバキラベル[2017]
よりカジュアルに楽しめます♪
秋口のBBQに持参したところ、全員からとても好評でした\^^/

オーボンクリマ カリフォルニア 赤ワイン ピノノワール

 

 

お肉といえば、数年前のクリスマスに
めっちゃ贅沢な実験を試みました。

 

お外でいただくクリスマスディナーの代わりに…
清水の舞台から飛び降りる気持ちで…

 

【松阪牛と神戸牛の食べ比べ!!!】パフパフ~♪

松阪牛 神戸牛 ステーキ 赤ワイン

肉を焼く手が震えました。笑

 

どちらも格別においしく幸せだったのは言うまでもありませんが
牛脂の旨味を比べると、コクの松阪に対してすっきりな神戸
という印象をもちました。

 

三重はすき焼きがご当地グルメだし、
神戸はやっぱり鉄板焼きやさんのイメージが強い。
「うまいことなってるな~♪」と身をもって実感したのを覚えています。

 

肉には赤ワインと一言では片付けられない!
肉の種類や調味料、合わせるワインで広がりは無限大ですね^^

皆さまの『肉×ワイン』おすすめペアリングも
ぜひぜひお聞かせください( ´艸`)

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

<こちらもあわせてどうぞ>
『肉に合うワイン』の関連ブログ

最終日セミナー 『牛肉教室?』ストーンストリート

秋の夜長 読書と肉&赤ワイン(*^_^*)

========================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys
(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
========================

「いいね!」と思っていただけましたら、ボタンをポチッとお願いします。
いつもご覧いただきありがとうございます

『地獄の黙示録』降臨 40周年記念ファイナル カット

ワッシーズ社長のワッシーですm(_ _)m

おはようございます。朝のナパーム弾の臭いは格別ですね!

これだけで何の話をしてるか判る方はかなりの映画通です
(わからん人はぐぐって下さい。)

そうワイン業界で映画と言えばフランシス・フォード・コッポラ監督。
映画監督でありながら自らワイナリーを所有し、世界最高水準のワインを作っいる、ワイナリーオーナーでもあります。

本日のご案内は、そんなコッポラ監督の映画愛溢れる『ディレクターズカットシリーズ』から超限定品の入荷。

地獄の黙示録(原題:Apocalypse Now)の 公開40周年
を記念した特別ラベルです。


■フランシス フォード コッポラ
アポカリプス・ナウ ファイナル カット
カベルネソーヴィニョン[2017]
通常5,720円のところ特価5,500円
https://winestore.jp/fs/wine1227/58646

 


自称映画好きの私ですが、この映画はベトナム戦争中のアレコレを描いた中々ハードかつ鬱な展開の映画で、何であんなに話題になったんだろうと少し疑問な映画なんですが。。
めちゃくちゃお金を掛けたロケと、ドアーズ、ストーンズなどの楽曲が効果的でした。中でもヘリによる攻撃シーンに流れるワーグナーの「ワルキューレの騎行」は印象的です。。


(このシーン)

ちょっと男子の中二心を刺激するかもしれません。
↑左記の理由で女子受けはしませんwww

こちらは、ディレクターズカットシリーズの特徴である『ゾーエトロープ(原始的なパラパラ漫画みたいなアニメ』を模したラベルを赤く染めて、地獄の黙示録感を出しています。

中身も真っ赤?なカベルネソーヴィニヨン、しっかりとしたボディーと力強い果実味のワインです。映画ファンなら、、必ず買っとくべきワインでしょー。

ちなみにアマゾンプライムの会員の方は現在無料で視聴可能です。映画鑑賞しながら飲むのも良いですね。

ユチューブの劇場予告。

アマゾンプライムで視聴できます。

 

フランシス フォード コッポラ ワイナリー
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4002

ゾーエトロープが描かれた『ディレクターズ・カット』シリーズ

■フランシス F コッポラ ディレクターズ カット カベルネソーヴィニョン [2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4002/55766

■フランシス フォード コッポラ ディレクターズ カット ピノノワール ソノマ コースト[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4002/50898

■フランシス フォード コッポラ ディレクターズカット ジンファンデル[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4002/50123

 

 


映画好きなら、飲みたいよねぇ~

次飲むカベルネ!今年600本売れたナパカベルネがコレ

ワッシーズ社長のワッシーですm(_ _)m

本日は、今年ワッシーズで大ヒットしたナパカベ
ルネのご紹介です。

特徴的なラベルのこのワイン、車好きの方ならお気づきの方もおられるかもしれませんが、往年の名車『ロールスロイス シルバー ゴースト』のグリルのデザインを模したものです。


こちらは最新のゴースト、3000万円から

 

さて、そんな話を置いておいて。。

今日のワインは、2019年ワッシーズで一番売れているワイン、その数600本以上!
昨年のナパハイランズを上回る様なヒットぶり。

明石家さんまさんの一声で大ヒットとなった『ナパ・ハイランズ』効果のおかげか、最近のこのクラスのナパワインの注目度が高まってきており、ちょっとしたナパカベルネ旋風が巻き起こっているんです。

もちろん、どんどん新しいアイテムが日本に入荷してきています、その中でも本年ぶっちぎりに売れたのがコレなんです。

ラベルを見たイメージとおりの重厚感のある味わいですが、甘さや過剰なタンニンはなく、シルキーで飲みやすいタイプです。

『濃厚なのにシルキーで飲みやすい』大きな高級車の方がパワーだけでなく乗り心地も良いと言う事を思わせる味わいです。

重厚感のある見た目と、その誰にでも愛される味わいからギフトとしての需要も高いワインとなっております。


《新入荷》
■シルバー ゴースト カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2016]
特価 6,600円 【5%還元対象商品】
https://winestore.jp/fs/wine1227/58667

《残り2本》
■シルバー ゴースト カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2015]
特価 6,600円 【5%還元対象商品】
https://winestore.jp/fs/wine1227/51199

600本以上で売れ続けている今年のベストワイン。ナパハイランズ他人気のカリフォルニア・カベルネと比べて【味わい】【価格】【見た目】さらに上回る人気が出るのも納得。

ワイナリーのオーナーであり醸造家のウエストン・エイドソン氏の曾祖父の愛車が1909年製のシルバーゴーストだったそうで、ロールスロイス社のチャールス・ロール氏とヘンリー・ロイス氏ともお付き合いがあったとか、しかもロールスロイスのボンネットにある有名なオーナメント“スピリット・オブ・エクスタシー”のモデルがこのモンタギュー卿の秘書であったという逸話もあるくらい。


1909年製はこんな感じ

ロールスロイスのディーラーの方、商談成立したお客様へのプレゼントにいかがです?仕入れ用のまとめ買い、よろこんでお伺いいたします。

ナパ・カベ ブームの火付け役。
TVで取り上げられたのは2年前!まだ人気衰えず
—————————————————
■ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]
特価 4,180円
https://winestore.jp/fs/wine1227/54764

ナパ・ハイランズと一緒に購入率の高いカリフォルニア・カベルネ
—————————————————
■スタッグス リープ ワイン セラーズ ハンズ オブ タイム レッド ブレンド[2014]
特価 4,543円
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULSLH14/

■スタッグス リープ ワイン セラーズ アルテミス カベルネ ソーヴィニヨン[2016]
特価 7,469円
https://winestore.jp/fs/wine1227/54693/

■ホワイトホール レーン トレ レオーニ ナパヴァレー[2016]
特価 4,224円
https://winestore.jp/fs/wine1227/56789

■ナパ ワイン アーツ [2015]
特価 4,576円
https://winestore.jp/fs/wine1227/45069/

全て【5%還元対象商品】です。

Wassy’sでしか買えないシリーズ!ジ・アイリー リザーヴ ピノノワール(バックVT)

皆様はワッシーズをニューワールドワインの専門店
としてご存知だと思いますが、日本にオレゴンワ
インが入り始めた2000年頃から、ワッシーズではい
ち早くオレゴンワインに注目、日本にオレゴンワイ
ン協会が上陸したその年に、オレゴンワイン販売プ
ロモーションで日本一になって以来、多くの年で日
本一となってきました。
ディーン&なんちゃらとかのチェーン店や大手のネ
ット店に時々に負けたりはしましたけど、通算では
まあ一位と言って差し支えないと思います。(^_^;)

さて、そんなワッシーズだからこそ手に入れる事が
できた超限定品です。

【ワイナリーがすごい】
まずはワイナリーの『ジ・アイリー』今ではピノノ
ワールの新しい聖地の一つとなりつつある、オレゴ
ン州に初めてピノノワールを植えたワイナリーです。
その実力はフランスでの大会でも好成績をあげ、彼
らに続けと今ではオレゴンに750を超えるワイナ
リーがひしめく事になっています。
もちろん、その実力は折り紙付き、今でももちろん
オレゴン最高峰のポジションに君臨しています。

【畑がすごい】
・樹齢がすごい
・場所がすごい
・栽培がすごい

オレゴンに初めてピノノワールを植えたのが『ジ・
アイリー』ですので、彼らの自社畑が30年を超え
ると言うもっとも古樹をもっいます。

↑一般的に古樹は自然に収穫量が減り、地下
深くから複雑な栄養を得る事で高品質な果
実を付けると言われています。


その場所もオレゴンの銘醸地ウィラメットバレーの
グランクリュ『ダンディーヒルズ』の日当たりの良
い斜面にあます。(現在その周りにはブルゴーニュ
からいち早くオレゴンに進出したドメーヌドルーア
ン等が畑を所有しています。

そして栽培は『自然派』科学的な農薬や肥料を使わ
ない自然な農法で、非常に手間暇をかけて育てられ
ます、最も古くからオレゴンでのピノノワール栽培
に関わる彼らは、当然ながら最も栽培に関する知識
も持っているのです。

【醸造がすごい】
・ロマネコンティ流で作られてます。
葡萄の実と梗を取り分ける事の無い、全房発酵を積
極的に取り入れて、自然酵母で任せて発酵を行いま
す。残留している参加防止剤も最低レベル、高品質
な葡萄と高い技術が無いと良い結果が出にくいため
にこの方法を選択するワイナリーは少ないですが、
リスクに見合う素晴らしいワインになります。

【熟成がすごい】
『新世界ワインは、熟成しない』と言う噂を広めた
のは『ブルゴーニュ史上主義』を掲げる一部の方に
よるネガティブキャンペーンだと思います。
なぜなら彼らがその批判を声高に行ってて居た頃に
は日本でそう言ったワインを手に入れる事はできな
かったからです。要するに飲んだ事もないものを否
定してたんですね(^_^;)
ここまで言えばわかると思いますが、、控えめに言
って『ジ・アイリー』の古酒は最高です!
醸造の項で”ロマネコンティ流”と書きましたが、
私が飲んだVTではロマネコンティに通じる熟成を感
じました。
もちろん同じとは言いませんけど「お、ちょっと同
じニュアンス感じるな・・」と言う感想を持ったん
です。もちろん良い意味でメッチャ美味しかったです。

と言う分けで本題です。

 【お買い得です!】
==================

今回入手できたのは2005~2012年の『ピノノワール・
リザーヴ』。ダンディーヒルズの自社畑、その創業当
時に植えられた最も古い区画から収穫された葡萄をつ
かっています。
お値段は¥14,300~¥18,700と結構エエ
値段ですが、現在ブルゴーニュの同価格帯かつ、同程
度の古酒は入手する事すら困難で、その価格も非常に
高価ですので、味とのバランスを考えると相対的に超
お買い得と言えると思います。
輸入元の在庫にあったのを買い占めましたの、このチ
ャンスを逃すと2度と手に入らない可能せいが高いで
す。
申し訳ありませんが、自分の分はすでに確保完了して
おりますm(_ _)m


■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51651
特価14,300円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51650
特価16,280円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51649
特価16,280円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2008]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51648
特価17,600円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2007]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51647
特価17,600円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2006]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51646
特価17,600円

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ[2005]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3015/51645
特価18,700円

 

『ジ アイリー ヴィンヤーズ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3015

もちろん手頃な価格から他の限定ワインなど赤白ロゼと
色々あります。

眼があったら思わずポチッ。飲まざる得ない眼力ワイン

じっと見つめられているような眼が印象的。ショップで
ずらっと並んだ中にこの眼があると、逸らさずにはいら
れない。今日はそんなワイン。

メルカ

日本正規輸入元でも《限定品》扱いとなるこの『メルカ』
は、カリフォルニアワインを語る上で外す事の出来ない
ワインコンサルタント”フィリップ・メルカ”と妻のシェ
リーの2人で手掛けるプライベートブランド。

売れっ子ワインコンサルタントという事で、当初は顧客
から入手した高品質ブドウでワイン造りを行っていまし
た(凄いワインに使われるブレンドだったんでしょうか?)
2001年からは自社畑も取得、メケラの名で2つのワイン
をリリースしています。

今回案内中のメルカ、一部については【最大50%引き】
の最終在庫特価も用意。全て特別価格で買う事のできる
限定ワインです。

 


■メルカ CJ カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/55395
通常15,120円 のところ 特価12,096円

二人の子供、Cloe/クロエとJeremy/ジェレミーの頭文字を
取り命名したワイン。他のラインナップに比べてお求めや
すい価格。

■メルカ メティス ジャンピング ゴート ヴィンヤード ナパヴァレー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51053
通常35,640円 のところ 特価28,512円

ブドウはあのスポッツウッドの隣の畑、まろやかなタンニン
でとてもエレガントな仕上がりに。

■メルカ マジェステック シラー パデレフスキー ヴィンヤード パソロブレス[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51052
通常21,600円 のところ 特価17,280円
【パーカーポイント:93+点】

シラー100%、濃密なフルボディですがスパイシーさとシラー
のあふれ出る果実のボリューム。150ケースと少量生産

■メルカ メケラ ホワイト ラ メケラ ヴィンヤード ナイツ ヴァレー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51051
通常31,320円 のところ 特価25,056円
【パーカーポイント:93+点】

■メルカ メケラ ホワイト ラ メケラ ヴィンヤード ナイツ ヴァレー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/43523-000
通常31,320円 のところ 特価30,240円
【パーカーポイント:95点】

ソーヴィニヨンブラン100%でカリフォルニアらしいたっぷり
とした果実感と厚みあるスタイル

在庫限りの売り切り特価中↓↓↓↓↓↓↓↓

【30%OFF】残り2本
■メルカ メティス ジャンピング ゴート ヴィンヤード ナパヴァレー[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/43525-000
通常35,640円 のところ 特価24,948円

あのスポッツウッドの隣の畑のブドウを使い、まろやかな
タンニンでとてもエレガントな仕上がりに。

【50%OFF】残り2本
■メルカ メケラ レッド ラ メケラ ヴィンヤード ナイツ ヴァレー[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/43524-000
通常34,560円 のところ 特価17,280円

【50%OFF】残り1本
■メルカ メケラ レッド ラ メケラ ヴィンヤード ナイツヴァレー[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4434/18019-000
通常28,080円 のところ 特価14,040円

カベルネとメルロのブレンドが滑らかな口当たりにパーカー
は「メルカのシュヴァルブラン」と例えた人気のワイン。

『メルカ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4434

コレが【ネクスト・ナパハイランズ】人気のカリフォルニア・カベルネ

2年近く前のナパハイランズ空前の大ヒット以降、同価
格帯を中心に、カリフォルニア産(ナパヴァレー産)
のカベルネソーヴィニヨンに注目が集まり、アチコチの
輸入元が《ナパハイランズ・イーター》《ネクスト・ナ
パハイランズ》を狙って同価格帯のカリフォルニア・カ
ベルネを強化。
そのおかげでカリフォルニア・カベルネが大充実!。

ナパハイランズを飲んだ方はもちろん、美味しいカリフ
ォルニアの赤ワインを考えているなら、この辺りが狙い
目。お中元やギフトにもいいと思います。


■マディソンズ ランチ リザーヴ カベルネ ソーヴィニヨン [2017]
特価4,320円
https://winestore.jp/fs/wine1227/56323
常にソフトな味わいでタンニンも強くなくスムーズな飲み口。
芳醇な香りとふくよかな果実感と飲みやすさを持ったワインです。


■ホワイトホール レーン トレ・レオーニ ナパヴァレー[2015]
4,838円
https://winestore.jp/fs/wine1227/49675
Wassy’sの実店舗では、『ナパ・ハイランズ』を超える人気で大ヒット!


■ナパ ワイン アーツ [2015]
価格 4,492円
https://winestore.jp/fs/wine1227/45069
『ナパ・ハイランズ』を手掛けた生産者と同じワイン。


■スタッグス リープ ワイン セラーズ ハンズ オブ タイム レッド ブレンド[2014]
価格 4,266円
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULSLH14/
『パリスの審判』カリフォルニアワインのポテンシャルを
世界に知らしめたワイン。

■スタッグス リープ ワイン セラーズ アルテミス カベルネ ソーヴィニヨン[2015]
特価7,528円
https://winestore.jp/fs/wine1227/50101/
ギリシャ狩猟の女神に由来してアルテミス。いきいきとした果実味、
優れた構成力とバランスの取れた酸があります。

 

 

そして、このブームの火付け役

■ナパ ハイランズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54764

説明不要!2017年の年末に取り上げられてから、もう1年以上
まだまだ売れ続けるこのワイン。

明石家さんま恐るべし。
彼のお気に入りとのひと言でこんな事になろうとは・・・
誰もが予想しない反響でその当時のリリースヴィンテージは
輸入元が仕入れる側から売れていき遂に完売。