ナチュラル系即完売常連『ルーシーマルゴー』と新顔『ドーミローナ』

年に数回入荷するなり、お客様がそうそうに在庫を発見、ご紹介のメルマガを書いてるのに書きあがった頃には既に完売してしまい、僕のメルマガは無駄骨と化す・・・そんなワイン。

『ルーシー マルゴー』

幸い今回は無駄骨にならなくて済みました。

なぜならある程度の数を確保できたから!
とは言え既に在庫は減ってきてますし、一部はもう完売してしまいました。

このワインを輸入しているのが”ワインダイヤモンズ”さん。オーストラリアの最新トレンドとも言われるルーシーマルゴーを筆頭としたナチュラルなワイン造りを行い小規模ワイナリーを積極的に日本に紹介してくれています。

他にはない個性的で新しいワインを探しているならこの輸入元さんをチェックしておくといいかもしれません。

ワインダイヤモンズ特集
https://winestore.jp/winediamonds.html

では今回の新入荷は以下のワインです。

※表示価格は配信日現在の税込価格です
(変動がございますことご了承ください)

─────────────────────────
ナチュラルワインの筆頭で何より真っ先に完売してしまう
ルーシーマルゴー。今回入荷はこの2点。
─────────────────────────


■ルーシー マルゴー シャルドネ ピカデリー ヴァレー [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus9/2112/63541
特価 5,720円

ピカデリー・ヴァレーの麓にある「Cemetery Block」は、沖積層の黒砂質土壌で、ブドウの木は長梢剪定されたものです。
この農園はジェニーとジェームス・グリッグスによって運営されています。
果実は全房プレスし、500L樽(15年古樽)で発酵させ、澱の上で熟成。ワインはフリーラン・ジュースのみ。ワインは軽やかで、ミネラル感、塩気のあるカキ殻のキャラクターを持ちます。
SO2無添加。


■ルーシー マルゴー ライト レッド [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus9/2112/63542
特価 4,840円
淡いピンク/赤で、豊かなローズヒップの風味があります。冷やしてお召し上がりください。
自根の樹齢26年のピノグリ35%、接ぎ木した樹齢4年のガメイ35%、その他はシャルドネ、メルロー、ピノ・ブラン、サンジョヴェーゼ、ピノノワール、カベルネフラン、ソーヴィニヨンブランとあれこれまぜこぜのルーシーならではのMIXブレンド。

─────────────────────────
こちらは新しい作り手『ドーミローナ』
ナチュラルワインのブームをきっかけに人気のオレンジワインや
やさしい発泡のペットナットをラインナップ
─────────────────────────


■ドーミローナ シュナン ブラン [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63547
特価 4,400円
ホールバンチ プレス(全房搾汁)で、古樽を使った野生発酵。滓引きと熟成を重ねて、ボトリング。品種個性に対してとても正直です。グレープフルーツやライムの香りとこの生産地独特の洋梨やレモングラスの個性が混在しています。ファンキーな作り手ですがワインがとても美しいです。

■ドーミローナ スキニー [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63546
特価 4,400円
オレンジワインは、時にフェノール成分の所為で飲み疲れしてしまい、グラス1杯で満足してしまいますが、このワインはその香草的ニュアンスのお陰で飽きずに楽しめます。

■ドーミローナ クレイフェイス ペットナット [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63545
特価 5,280円
洋ナシと青リンゴの鮮烈な香りと鋭角なミネラル。品種個性に非常に忠実、ちょっぴりクラウディーで旨味もたっぷり。とても美しい出来のペティアン

■ドーミローナ ヨーケル グルナッシュ [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63544
特価 3,850円

ヨーケル(Yokel)シリーズはそんなSwan Valleyのブドウ農家にスポットライトを当て、再び活気を取り戻すべく始まったプロジェクト。しかしながら全ての農家がオーガニックのプラクティスを徹底しており、品質の高ささとカジュアリティが並び立つ素晴らしいコンセプトでもあります。

Yokelシリーズで最もジューシーでナチュラルな仕上がりはこのキュヴェ。軽赤がお好きな方ならきっと気に入って頂けると思います。
Swan Valleyの中で最も古い畑が集中した中部エリアにある自根の樹齢80年超Gグルナッシュから生まれます。手収穫、手除梗。ステンレスの開放槽で発酵、古樽熟成しています。

■ドーミローナ ヨーケル ヴェルデーリョ [2019]
https://winestore.jp/c/gr411/australia/aus4/2201/63543
特価 3,850円

Swan Valley北部に植えらえれた自根ゴブレ、樹齢80年のヴェルデーリョから生まれるワイン。手収穫、手除梗、開放発酵から1週間のスキンコンタクト。バスケットプレス後は再びステンレスタンクで半年のシュール・リー、素手で、数日に一度のハンド・バトナージュ。
SO2はボトリングの際に15ppm使用しています。青リンゴ、レモンゼストマジパンの香りが顕著でフィニッシュがほんのりスモーキー。Swan Valleyの代名詞的ブドウ品種であり、Yokelシリーズの根幹とも言える代表作です。

今回のルーシー、ドーミローナなど生産量が少なくワイナリーで会員登録をしなければ買えないような、オーストラリアの最新トレンドと言われる生産者を日本で案内してくれるインポーター『ワインダイヤモンズ』さんのワインはここからチェック。

 

外食行きたーーい(゚∀゚) イタリアンとハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

まだまだ気を緩めるわけにはいかないけれど

外食にも少しずつ出かけるようになりました。

この間の日曜日は朝から万博公園あたりまで出かけ、

お昼ご飯は千里中央の串焼き屋さんへ。

外で飲むと普段とは違うワインを

グラスでイロイロ楽しめるところが嬉しかった(*‘∀‘)

こんな風に合わせるのもいいなーとか

新しい発見があったり、

外食の醍醐味ですね

今、行きたいなーと目論んでいる

大阪は京町堀にあるイタリアンレストラン。

一度だけ訪れたことがあるのですが、

肉料理も魚料理もほんとに美味しかった!

で、そのレストランで飲んだワインは

ハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ2012

カリフォルニア ナパバレーの赤ワイン。

めっちゃ美味しかったな~(゚∀゚)

焼きたて熱々のピッツアと

ピッツアは

生地にもりもりチーズと生ハムが乗っていて、

しっかりがっつりなピッツア。

これがワインと相性ピッタリだったのです。

厚みのある果実味とやわらかなタンニン、

引き締めてくれる酸味のバランスが

ただ者ではないぞ~、と。

オンラインワッシーズには

ヴィンテージ違いの2015の取り扱いがあります。

■お取寄せ ハイド ド ヴィレーヌ ベル クジーヌ [2015]

ロマネコンティ共同経営者のオベールと

ハイド ヴィンヤードのラリーのコラボ。

バラのポプリ、革、ココアと、プラムやフレッシュなブルーベリー、

スパイスのアロマが感じられ、複雑さと深みを感じるワイン。

皆様にもぜひ味わっていただきたいワインです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。