スタッフ満場一致で採用 ピノ&シャルドネが美味しいオーストラリア『パリンガ』

メルマガバックナンバー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

スタッフ全員で試飲して、全員から評判の良かったので「採用!」と言う事で販売する事に。

どのワインも酸の立った飲み心地のいい仕上がりになってますのでピノ、シャルドネ好きな方には特におすすめです。

『パリンガ』

「パリンガ」とはアボリジニーの言葉で「海に近い」という意味。海風が気候をコントロールする、モーニントン半島のテロワールを象徴するワイナリーです。

モーニントン半島。ほとんどの方が聞いた事無いんじゃないでしょうか?。モーニントン半島はオーストラリアのヴィクトリア州観光地としても有名なメルボルンから更に南極海へ向けて南に進んだ地域。外洋に近い事からピノノワールやシャルドネには最適の冷涼なワイン産地。
ここでパリンガはワイン造りを始めた最初期のワイナリーのひとつ。「パリンガ」とはアボリジニーの言葉で「海に近い」という意味があります。

ピノ、シャルドネに最良な産地としてのポテンシャルは存分に発揮され、ピノノワールはフレーバーとボディがしっかり味わえるエレガント&力強い華やかなスタイルに。さらに冷涼なこの地域で作られるシラーズは、イメージされるフルボティ―の果実味溢れるシラーズとは異なるスパイシーでハーブの要素が強いが凝縮されたエレガントでミディアムボディなスタイルに仕上がっています。
白のシャルドネは品種の特徴を最大限に表現し、複雑さと華やかさを併せ持つ飲みごたえのあるスタイルで造られます。

メディアでも取り上げられることの多いパリンガ・エステートは、オーストラリアのワイナリーとして最も品評会の受賞が多いブティック・ワイナリーとしても知られています。

◎1993年、1995年、1999年「ヴィクトリアン・ワインショー・ベスト・ピノノワール」受賞
◎2004年「ローヤル・メルボルン・ワインショー・ベスト ピノノワール」
◎2004年「ローヤル・アデレイト・ワインショー・ベスト ピノノワール」
◎2006年のジェームスハリデー・ワインコンパニオンではワイナリーに5つ星評価。
◎2002年、2003年のピノノワールには96点という高得点

他、数えきれない受賞歴を持つワイナリーとして評価されています。

※2021.2.8現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

瓶内熟成10年、ピノノワールの完成形。
────────────────────────────

■パリンガ エステート エステート ピノ ノワール [2011]
販売価格 8,400円

自社畑100%のブドウを使用、ワイナリーのフラッグシップとなるピノノワール。2011年は世界的に非常に冷涼で、酸度が上がりやすかった年です。その結果、長期熟成に向いたワインが仕上がり現在10年の瓶内熟成によってまさに飲み頃を迎えているベストピノノワールです。

色合いはエッジがややオレンジがかった、透き通った淡いルビー。ダークチェリー シナモン スパイスハーブなど、果実味だけではなく非常に複雑で多層的な味わいです。デキャンタは必要なくグラスの中で軽くスワリングするとみるみる香りが立ち昇ってきます。滋味あふれる仕上がりで、和食など出汁のきいた料理とも好相性です。

~試飲してみました~
オレンジかかった色合い、澄んだ色調でいい熟成。ワインに馴染んだ果実感とまだしっかり残っている酸味。そこらのブルゴーニュの熟成と比べても遜色のない。モノによっては勝っている印象。味わいの要素全てが上手くまとまっており、飲み終わりまで継ぎ目を感じないとてもいい飲み心地。熟成ピノらしい出汁っぽさもあり。今で10年熟成ですので飲み頃でしょう。

バターのようなリッチな旨味
────────────────────────────
■パリンガ エステート エステート シャルドネ [2016]
販売価格 5,700円

自社畑で収穫した良質なシャルドネの最も良い果汁のみを使用し、醗酵段階でマロラクティック醗酵(乳酸発酵)を行うことで、酸を滑らか&クリーミーに。ペニンシュラのレンジとは違い新樽での熟成、核果実のフルーティーさに加えバターやナッツのようなリッチな余韻も感じられます。

品位 品格を感じるピノ。
────────────────────────────

■パリンガ エステート ペニンシュラ ピノ ノワール [2018]
販売価格 4,280円

自社畑と、モーニントンペニンシュラの複数からなる契約農家のブドウを使用。純粋に、熟したピノノワールの味わいを表現しています。ダークチェリーや心地よいハーブのニュアンスを感じ、華やかなベリーの香りが一瞬でグラスの中を満たします。複雑味というよりはまだまだフレッシュさを残しているため、ここからの熟成後も楽しみなワインです。

~試飲してみました~
新世界のピノのイメージは少なく、海に近い冷涼な産地である事をしっかり感じられる味わい。キャンディを思わせる甘い香りを持っていますが酸がしっかりしているので、とても飲み心地が良い良質なピノである事を感じられます。

シャルドネのお手本「果実味 酸 樽」奇跡のバランス。
────────────────────────────
■パリンガ エステート ペニンシュラ シャルドネ [2018]
販売価格 4,170円

ブドウは、Red Hillサブリージョンの3つの自社畑で栽培したものを使用。香りは非常にフローラルで、アプリコット白桃などのニュアンス。上質な酸が全体のバランスを保ち樽醗酵由来のナッティーで厚みのある複雑味による長い余韻が楽しめます。

~試飲してみました~
リンゴや桃を思わせる香りと味わい。温度が変わると色々と味わいが変化する感じ。酸はしっかりしておりとても気持ちのいい印象。最初から最後までとても美味しく飲みやすいワインになってます。

滑らかでスルスル飲めるフルボディ?!
────────────────────────────
■パリンガ エステート ペニンシュラ シラーズ [2017]
販売価格 3,950円9

スパイシーなブラックベリーの香り、ヴィオニエ種をブレンドすることで特徴的な芳香が感じられます。タンニンは非常に滑らかで、黒果実系のボリュームある果実味。ボディはしっかりしていますが、上質なワインに必須の「酸」も備えているため、スルスルと飲めるシラーズに仕上がっています。

~試飲してみました~
シラーズですがとても軽やか。ミディアムボディでオーストラリアのシラーズではなくパリンガ独特な仕上がり。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました