ジェラール ベルトラン レゼルヴ スペシアル シャルドネとベルギーワッフル(゜o゜)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

家ではフランスワインもまあまあ飲んでいるJです。

なかでもジェラール ベルトランは、

リーズナブルで美味しいと結構な頻度で飲んでいます。

南仏ラングドックルーションのワインです。

今日は

ジェラール ベルトラン レゼルヴ スペシアル シャルドネ (スクリュー) [2018]

いきいきとした味わいを保つため、夜間に収穫を行っているそうです。

フレッシュでいきいきとした味わいはホント。

温度が低い時はホワイトグレープフルーツやレモン。

ややシャープな印象の酸味。

飲んでいるうちにだんだんと温度が上がっていくと

その酸味がやわらかくなり

洋梨、パイナップル、マンゴー、とトロピカルな香りがします。

香りが変わるにつれて果実感もぐっと出てきて

何だか一粒で2度美味しい(≧◇≦)

実は今日は某ベルギーワッフルと合わせたのです。

フザケルナ!と思うでしょ。

私も思ってました。

栗、クッキーショコラ、メープル、チョコレート、と

どれも意外と合ったのです!ビックリ!

ワインと合うってそもそも何?って思いますよね。

これはJ基準ですが、

料理(ケーキでもワッフルでも!)を食べて飲みこんだ後に味わうワインが

美味しければ合う、

美味しくなかったら合わない、としています。(そりゃそうだ)

それにしてもワッフルとはね。

ジェラール ベルトランの懐の深さ?

まさかワッフルと合わせられるとは思ってないデスヨネ

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。