日曜日お時間あります?

まだまだ大雨の影響が残っているところがございますが、
皆様はいかがでしょうか?
九州地方など一部エリアへはお届けに遅れなどが出ておりますので
ご注文頂いております商品のお届けにつきましては、佐川急便の
配送確認ページなどをご確認くださいませ。

 

さてこの週末は3連休。
お天気も《THE 夏》!!

と行った具合でかなりの暑さになりそうです。
大阪、関西圏の皆様で15日日曜日お時間ありましたら、大阪梅田の
中之島へちょいと足伸ばしてみませんか?

いや、時間作ってくる価値あります。

お昼の部なら、暑さをさけての涼みがてらに
夜の部なら、この試飲販売会で色々楽しんでから梅田で晩御飯

と言った充実の休日が送れます。

5年の期間からスタッフが美味しいと思った30種類をテイスティング。
さらにワンコインなどで、普段ちょっと手がでないブルゴーニュワイン
なんかも飲むことができます。

次の日も祝日ですから、夜までど~んと行っちゃいましょう。

 

秘蔵っ子投入。

金欠を乗り切ったと思ったら、既に金欠予報出てます
オンラインWassy’s トリイです。

 

2ヶ月位前から決まってたんで、しかたないんですが
給料日前だと言うのに食事会。

各自1本ワイン持ち寄りが決まりなので、素晴らしいフレンチに
あわせてのワインを投入。

 

ビンディ・ピノノワール2000年

非常に落ち着いた味わいながらも、飲み頃を過ぎた印象はなく
まだしっかりと酸と果実感はあり、まだ熟成出来る事を確認。

オーストラリアのワインをナメては行けません。

 

ビンディ オリジナルヴィンヤード ピノノワール[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/33203-000

2013年あります。
ニューワールドの超熟ワインは市場に滅多とでまわりませんので
今のうちに手元に置いておいてくださいね。

 

いつもならフランス系が多いんですが、暑さもあって泡もの多め

 

 

季節感のあるホタルイカなどの魚介系に

 

 

いやぁ~~、夏だねぇ。
手の込んだハモ料理。

 

鴨の火の入りサイコー。

と、前菜からデザートまで合計12品。

昼から飲んだら良く酔いますね。

 

La Chicさん、ありがとうございました。

G.W.っぽい事してないっ!

世に言うゴールデンウィーク終了。
皆様はいかがでしたか?スタッフ・トリイです。
大方暦通りながら、特に特別な旅行に出る予定もないので
休みの日と週末はスポーツジムへすべて行く目標に。
となると、ジムの後全てビールを美味しく飲む。
あっ、普段の日曜と全く同じだ!
日曜日が繰り返されただけの結果に
さすがにあんまりなので特別感出す為、インスタ映えしそうなオシャレな
バーガーを食べに行ってみて、充実した休み風をアピール。

 

するも、○○風はやっぱり寂しい・・・

 

でも、まだ大丈夫!

今から逆転、素晴らしいイベントがあります。

 

『リトライ』

ワインメーカーであるテッド・レモン氏をお招きしてのワイン
メーカーズディナー。

何度か関西にもお越しいただいていますが、お客様を招いての
ワインメーカーズディナーは初めてだとか。
個人的にトリイも何度かワインメーカーさんとお食事させて頂
きましたが、印象に残っているベスト5に入るお方。

リトライのピノノワールとシャルドネでハズれた事がないんで
すよ。いつ飲んでも、何処で飲んでも、その時の良さ、味わい
深さ、感激度。

申し分なし。

 

ワインのエレガントさと合わせて、テッド氏も非常にフレンド
リーでスマート。
今回のワイン会にも参加したいくらいです…
ひとまずそんなテッド・レモンさんについて
ブルゴーニュムルソーのドメーヌ”ドメーヌ・ルーロ”でワイン
栽培・醸造責任者就任。アメリカ人としてブルゴーニュ初の醸
造責任者に就任。さらにルーロだけでなく、ジョルジュ・ルー
ミエやデュジャック、ド・ヴィレーヌなど錚々たるドメーヌで
もワイン造りと栽培の経験を積んでいるのです。
(ブルゴーニュ好きにはたまらない生産者ばかり)

そんなブルゴーニュでの深い経験から今ではカリフォルニアワ
イン業界ではカリスマ醸造家として知られ、特にピノノワール
とシャルドネにおいては、抜きんでて精通しており右に出るも
のはいないとも思える人物に。

ピノノワールはブルゴーニュに限る。なんて方にも一度は飲ん
で頂きたい。

ちなみにテッド氏は、数年前に日本でも開催され、ピノ好きの
間で話題になった「バランスを重視し繊細なワイン造りを目指
す生産者グループ」【IPOB】(In Pursuit of Balance)」
の代表メンバーとしても知られ1993年の設立以来スタイルの変
わらないエレガントなワインを造り続けています。
(※現在IPOB自体は解散しています。)
と、長々とアピールしましたが、

 

完結にいいますと

美味しいピノノワールとシャルドネを
飲みたい人は参加すべし!

貴方の持つカリフォルニアワインの美味しさ、印象に新しい美味
しさが加わるかもしれません。

いやらしい話ですが、今回のワインのラインナップ、一通り飲む
だけでもイベント代以上の価値有ります。
(お金の話って、だから関西人は…)

すてに実店舗やレストランでも案内を開始しており
すでにご予約も入り始めております(^^♪

 

さて、その会の詳細。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 【リトライ ~気品とバランスの極み~ 】ワイン会詳細
□■   https://www.facebook.com/events/1857624914563302/
日程:2017/5/23(火)

時間:19:00~ (開場:18:45~ )

会場:ワッシーズ・ダイニング・スープル(大阪・四天王寺)

募集人数:20名様(※先着順となります)

会費:18,000円(税別)

ワイン:極希少ワインを含む、5アイテムを予定しております

・シャルドネ チャールズ・ハインツ・ヴィンヤード 2014
・ピノノワール ソノマ・コースト 2014
・ピノノワール サヴォイ・ヴィンヤード 2013
・ピノノワール ハーシュ・ヴィンヤード 2013
・ピノノワール ピヴォット・ヴィンヤード 2013
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
新潮流カリフォルニアワインとして脚光を浴び始めてから4年。
リトライはカリフォルニアの冷涼なエリアで知られるソノマコー
ストを拠点に有機やバイオダイナミクスを中心としたブドウ栽培
を実践。
果実・酸・構成のすべてのバランスを重視し、食事に寄り添う気
品溢れるシャルドネとピノノワールを生み出しています。
優しさと洗練を表現するリトライのワイン×スープル総料理長・
岩田が織り成す季節を感じる数々の料理。

一夜限りのスペシャル・ディナーをテッド・レモン氏と共にお楽
しみください。
★ご予約はこちらから
スープル:06-6774-9000
http://www.wassys.co.jp/event/index.html

★上記の予約フォームからの入力をお願いいたします。
お電話をもちましてご予約の確定とさせていただきます。
予約フォームからの申し込みの場合は、後ほどスタッフからご連
絡させて頂きます。

Facebookよりお申込みのお客様、参加ボタンのみでは参加の確定
となりません。
お手数ですが、スープルまでお電話をお願いいたします。
※ご予約のキャンセルにつきまして
当店ではキャンセルポリシーがございます。
前日:お料理代金の50%、
当日:お料理料金の100%を頂戴しております。
ご理解のほど何卒よろしくお願いします。

 

行けない、けど飲みたい。
そんな皆様には、オンラインWassy’sでも購入可能です

『リトライ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4133

 

 

昨日試飲したワインたち♪

こんにちは。

制作のクロカワです^^

 

週末、オンラインWassy’s主催のワインパーティwithヤウマが開催されたので

昨日、残ったワインを試飲させてもらいました♪

(参加いただいたお客様、ありがとうございます

 

20140617-2

ずらーーーっと並んだたくさんのワイン達♪♪

 

今回試飲した中で、クロカワのお気に入りワインはコレ↓

jam sheed la syrah

ジャムシード ラ シラー[2012]

オーストラリア産だけど、『シラー』なんです。ほんとに味も『シラーズ』じゃない!

バルサミコ酢とか胡椒、サンザシの酸っぱ旨い感じ♪ちょっと暑くてだるい日に飲んだら元気が出そうです

 

thick as thieves

 

シック アズ シーヴス ショウ ポニー ソーヴィニヨンブラン [2012] 

シック アズ シーヴス ラヴ レター シルヴァーナー[2012] 

この二つも癖になる味♪

ショウポニーは、樽を使っているせいか、香ばしさが後を引いてどんどん飲みたくなっちゃうし

ラヴレター(名前が可愛い)も華やかで清潔感のある素敵な香りと、

ドライな柑橘系の味わいが夏のジメジメ感を吹き飛ばしてくれそうです。

 

その他のワインも、パーティ開催後3日も経ってるのにまだまだイケル♪

しかもどれも個性的♪♪ワタシのボキャブラリーでは語りつくせません(><)

 

ぜひ、飲んで実感してみてくださいませ。

 

出陣!!

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリです。

では、会場に、いきます!

20140612-181131-65491455.jpg

気付け薬もいただきました!

20140612-181228-65548501.jpg

がんばりまーす。

ちよっと、緊張してきた大阪人ふたり。

大阪帰ってます

ハダノリ@新幹線。
東北じゃないよ。今 横浜通過。
こんなに、雪がまだあります。
昨日のディナー、ABCの古酒最高でした。
何と言っても、古いヴィンテージをまだジムさんが持ってることがすごいのです。
ディナーは、ソムリエさんよりワイン屋さんが多く、東京にいるけどお友達と飲んでるみたいで、楽しかったです。
Googleマップで、8分と言われた道のりを、25分かけてエスキスさんに到着しましたが、アウェー感は少なく心から楽しめました。
私のとなりは、イザベル
 
トリュフくわえてます。
前はジムさんで
ずーぅっと、楽しい親子喧嘩の板挟みでした(笑)  だって、18歳だもーん。イザベル。
学んだ事。
良いワインは、下位レベルのシリーズでも美しい熟成する!!!
もう、飲まへんから(≧∇≦)ちゃんと熟成させよう♫
素敵な機会を下さった、中川ワイン販売様にほんまにほんまに、感謝します。
では、帰りながら今回のABCテイスティングのレポートあげまーす。
写真
noriko hada 

 

追記しましたm(__)m ワイン会のご案内♪

大阪のワッシーズでワインメーカーズディナーが開催されます。

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリです。

はいブルゴーニュです!!!
大阪のワッシーズ、、、、しかもネットショップの店長はハダノリ、、、、

そう、私たちのイメージは “おもいっきりっ” New World ワインですよね。
カリフォルニアワインとか、ニュージーランドワインとか、カリフォルニアワインとか、、、、

その通りっっ!

でもね。

オンラインワッシーズもオープンしてもう11年。ええ感じに年を重ねてまいりました。

そして、だんだん飲むのも、すっかり優しいワイン・・・・・・ばかりです。
今さらながら、ブルゴーニュのよさを再認識中のハダノリです。
( この1年間、NZでNZワインしか飲んでいなかった、反動というのもある。)

さて、サトウは今死に物狂いでカリフォルニアワインを勉強中(のはず)ですが、、、ハダノリはもう一度、ブルゴーニュをお勉強中

( ちょっと、試験受ける事になったからさっ。この先は受験生ハダノリの心の声と共にお送りいたします。)

burgandy 6

今回 なんと、初来日、そして関西空港から直行してくれる ドメーヌラペのヴァンサン・ラペさん(あら、御曹司だわ)

彼の畑とワイナリーは
ぺるなんヴぇるじゅれすPernand-Vergelesses(ああ、こんな綴り絶対暗記できひん)にあります。

で、どこ? Pernand-Vergelesses? (こういうsとeが続くのって嫌いやねん
フランスFrance (このスペルはさすがに書ける)

france 1

ブルゴーニュBurgundy (バーガンディって言うんだよ英語はね。
ブルゴーニュってのはフランス語読みで、私ら日本人はフランス語読みで暗記したのだ!ッてのを
どっちが正しいか、去年クラスメートと口論した、、、のも良い想い出ね♪)

burgandy2 2

衛星写真。(saterite….ちゃう。Satellite、Pernand-vergelessese
おしいっ!eが一個多い。pernand-vergelesses )

pernandvergelesses3.jpg

…..で、みなさん ペルナン・ヴェルジュレス ってどこだか、思い出していただけましたか?

・・・・・・・ ← ハダノリ
もう一度↓ (ああ、この地図を暗記したのはもう、15年も前、、、えーーーっっ15年て。)

winereagion.jpg
pernandvergelesses 5

コート・ド・ボーヌ (Cote de BauneBeaune)
アロースコルトン (Alose Aloxe-CortonなんでXやねんっ!)の西隣
うーーん思い出してきた!

コルトンシャルルマーニュ(Corton charlemagne !あ、書けたっ)がまたがってるのがPernand vergelesses

さて、そのPenand vergelessesで1792年からワインつくりをしているのが
Domaine Rapet ドメーヌ ラペ

robert.jpg

↑ ひいおじいちゃん

roland.jpg

↑ おじいちゃん。
そして、もうすぐ来日の

rapet7.jpg

ヴィンセント
似てるねーー。親子。

ベイビーの時から彼は、ミルクもワインで薄めて飲んでいたに違いない(聞いてください)

由緒正しいワイン一家。ワインプリンスですよ

とは言え、日本のワインプリンスとは違い(誰の事を言うてんの?)
ワインの血というより、土壌の血が流れている彼。
実際にお会いした、ワシノリこと、アカデミーデュヴァン大阪校の講師もつとめる鷲谷紀子曰く、すっごく素朴で、純粋で、ステキな人

さて、皆さんドメーヌラペってご存知ですか?(ここで今さら??)
正直申し上げます。ハダノリ知りませんでした。

それもそのはず、(←だって、フランスワイン弱いから) がんばって日本で売ろうとしなくても毎年予約で完売! 需要に供給が追いついてない(Supply and Demandよー。日本語と逆やのよ。)のです。

そんなん言われたら、余計に飲みたい

今回のディナーのワインリストはワッシーズスペシャル。他では楽しめません。

★ ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット 2009
★ コルトン・シャルルマーニュ 2010
★ ペルナン・ヴェルジュレス レ・ベル・フィーユ 2009
★ ペルナン・ヴェルジュレス プルミエ・クリュ レ・ヴェルジュレス 2009
と。
★ コルトン 1985


85のコルトンだって!!!

ちなみに、、、、、ハダノリは
ワインが好きなら、チャンスがあるなら是非、生産者さんと会ってください!!運動。を推し進めています。

去年NZで出会ったある人が、
ワインメーカーの話は聞かずにワインはテイスティングしたい。
ワインメーカーの話を聞くと、そこに先入観が入って本当のワインの味がわからなくなる。
と言ってました。

それを聞いたときは 【】 と思ったんですけど。
確かにそうです。
普通に飲むより、美味しく感じます。
でも、それで良いと思います。ぜーーーんぜん、ええやん!

だって、ワインは物語と一緒に飲むもの。歴史や、畑や、ワイン造り中の想い出話をフレーヴァーとして味わうものだと思います。

ストーリーのあるワインが美味しい。ってそれで良いと思います
皆さんにも、そうして、楽しくワインを味わっていただきたいと思います
生産者さんと一緒に飲むワインは、何百倍も美味しいです

ちなみに、ワインメーカーの話を聞かずに、ワインだけをテイスティングしたい。
と言っていた人は、一緒にワイナリーめぐりをした後、すっかりハマってしまい、ワイン造りや、ブドウ栽培のお勉強にのめり込んで行きました。
生産者さんの話って、夢中にさせるものすごーーーーい魔力魅力があるのです。

さて、生産者さんとワインを飲むと、そのワインの美味しさを数百倍に引き上げるのですが、、

そのとき、美味しいお料理が一緒だと、その二乗になります。倍の倍です。
おいしーーーーい料理を、ラペのワインに合わせて作ってくれるのは
もちろんっ フランス語ぺらぺーら。ラペ。

chef.jpg

 我らの岩田シェフ:得意料理はトリュフ
(とりゅふ:truffleああ、そのスペルは永遠に無理。でもテストには出ない?)
ハイ、、ドメールラペのワインに合わせて、岩田シェフのスペシェルトリュフコースをお召し上がり下さいませ。
トリュフーーーーーーー
101109-tech-black truffle.grid-6x2
melting-butter1.jpg
black-truffle-shavings.jpg
Black-truffle-tagliatelle-001.jpg

さて、がっつり頭の中にトリュフが浮かびましたか?
おまたせいたしました

当日のメニューです。
■□■SPECIAL MENU━━━━━━━━━━━┓


┃◇アミューズ

┃◆ホタテとユリネのロワイヤル

┃◇雉とフォアグラ トリュフのロールキャベツ

┃◆蒸しアワビと根セロリのピューレ トリュフのソース

┃◇仏産 仔鴨のファルス

┃◆吉田牧場さんのチーズと仏産フレッシュトリュフ

┃◇仏産トリュフのアイスクリーム

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

で、参加されたお客様は、特典としてラペワイン20%オフ!
秘蔵古酒ワインも特別販売予定だそうです。

さーーーて、気になるワイン会の詳細は
== INFORMATION =======================
●日 時● 2012年2月17日(金)19:00~
●会 場● Wassy’s Dining Souple
●会 費● お1人様¥16,000(お料理・ワイン代込)
●定 員● 限定30名様|先着予約順
●お問合せ・ご予約●
Wassy’s Dining Souple  【TEL】 06-6774-9000
================================

ハダノリ今のところ参加を許可されておりません だって席数少ないし
でもオンラインワッシーズのお客様がたくさんご参加してくれたら、特別に同席させてもらえるかもーーー。

なんて夢を見てます。
あーーーあ。
一緒に楽しみたい

ちなみに、当日のメインは コガモちゃんね duckling!

ducklings.jpg

追記: コガモはコーヒーカップにのって出てきません。申し訳ございませんm(__)m
ちなみに、メニューが間違っておりました。
鴨ではなく、鳩でした。
鳩の写真は可愛くないので、載せません m(__)m

suduriのダイアナはとってもキュートです♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s ハダノリです。
昨日は、朝ちょっとだけオンラインWassy’sのお仕事をしてその後は、
インポーターさんのお手伝いで
Siduri の オーナーであり、ワインメーカーの Dianna Lee さんの通訳として同行していました。

Siduri
はピノノワールの作り手として大変有名なワイナリー、自社畑はひとつもなく、すべて契約農家
さんの、葡萄を購入しワインを作っています。
そして、その畑がすごいっっ!
2008 Abre Vert Vineyard Pinot Noir
2008 Beran Vineyards Pinot Noir
2008 Cargasacchi Vineyard Pinot Noir
2008 Chehalem Mountains Pinot Noir
2008 Ewald Vineyard Pinot Noir
2008 Keefer Ranch Vineyard Pinot Noir
2008 Muirfield Vineyard Pinot Noir
2008 Pisoni Vineyard “Eddie’s Lot” Pinot Noir
2008 Rosella’s Vineyard Pinot Noir
2008 Russian River Valley Pinot Noir
2008 Santa Lucia Highlands Pinot Noir
2008 Sonatera Vineyard Pinot Noir
2008 Sonoma Coast Pinot Noir
2009 Pisoni Vineyard Pinot Noir
2009 Russian River Valley Pinot Noir
2008 Abre Vert Vineyard Pinot Noir
2008 Beran Vineyards Pinot Noir
2008 Cargasacchi Vineyard Pinot Noir
2008 Chehalem Mountains Pinot Noir
2008 Ewald Vineyard Pinot Noir
2008 Keefer Ranch Vineyard Pinot Noir
2008 Muirfield Vineyard Pinot Noir
2008 Pisoni Vineyard “Eddie’s Lot” Pinot Noir
2008 Rosella’s Vineyard Pinot Noir
2008 Russian River Valley Pinot Noir
2008 Santa Lucia Highlands Pinot Noir
2008 Sonatera Vineyard Pinot Noir
2008 Sonoma Coast Pinot Noir
2009 Pisoni Vineyard Pinot Noir
2009 Russian River Valley Pinot Noir
2009 Willamette Valley Pinot Noir Willamette Valley Pinot Noir
↑!!!
って、これ実は、まだまだ一部です。
ワインメーカーのアダムも、ダイアナも 大学でワイン醸造を学んだとかでも
なんでもなく、ただの、ワイン好きな 若いカップル・・・
もちろん、実家が不動産王でも、弁護士でもありません。お金もないって事。
ナゼにこんな有名畑の葡萄をゲット出来たの???
の、
ぎもんが、バッチリと、解決できた1日でした。
_1170622_20101112123324.jpg
お昼は、大阪聘珍樓さんで、色んなレストランのソムリエさん達と、ランチセミナー
その後、夙川のラ テールさんに行って、また大阪に戻って、レストランさんを訪問。
ちなみに、今回ダイアナはご両親も伴っての初来日!
ランチの前に、ちょっと時間があったので、一緒に ヨドバシカメラも行きました。
↑外国からのお客様が来た時の定番ですね
でも、ホンマは一番楽しんでたのは、ハダノリとインポーターさん
生Airは良いです。
さて、お昼の営業が終わると、いよいよWassy’s訪問です。
まずは店舗でお出迎え。
_1170634.jpg
うーーむ。ダイアナは、写真より実物の方が、絶対可愛いのだ。
_1170660.jpg
そして、家族みんなが、すごく背が高かった。
私は、ずーーっと見上げてお話ししてました。
そして、プティスープルで、シドゥーリにあうワインとともに、スタッフ用のセミナー!
_1170701.jpg
ダイアナがものすごーーーく!詳しくいろんな事おしえてくれました。
たとえば、、、、
ダイアナがワイナリーでたまたま電話をとッた時、
『メーリングリストに載せてださい。』
とのリクエスト、もちろんよーーー。名前は?と彼女が聞くと、
相手が、
ティム ロキオリ と申します。
     !!!
ティム ロキオリって、あのロキオリのティムロキオリ!?
『そうですが、、、あなたのワインを是非飲んでみたいのでメーリングリストに載せてください。』
ダイアナは 『・・・・・・・・』
『い、嫌よ!』  
『私は、ロキオリのメーリングリストに登録して、もう5年も待ってるのに全然お宅のワイン買えないじゃないのよーーーー。』
『だから、うちのリストにも載せてあげないっっ
・・・・(笑)
で、結局、ロキオリを購入させてもらえるようにはなったそうです。
『さすがに、シドゥーリとロキオリを交換はしてくれなかったわ
などという、秘密のエピソードもいっぱい聞きましたよーー。
知りたい方は是非! オンラインWassy’s メーリングリストにご登録を!

_1170690.jpg
ダイアナと、ハダノリは年が近い事もあり、色んな話でかなり盛り上がりました。
ホントに、純粋で頭がよくて、ユーモアもあって、家族想いで、、、
しかも、ワインが美味いっっ!Siduriイチオシです
画像2 083
あんた、昨日私の事、全然かまってくれなかったわよね
画像2 082
朝は雨の大阪でしたm(__)m 
今日もぽちっと投票よろしくお願いしますm(__)m
明日はコヤマワインのワインメーカーズディナーだよーーん