リトライが指導したニュージーランドの3つ星★★★ピノ『バーン コテージ』

このラベルなんなんでしょう?

水墨画のようなタッチで、夜に村を襲うミミズの怪物のようななんとも不気味な雰囲気もあるラベル。一度見たら忘れないインパクト。

 

これは、1700年代にゲーテによって書かれた「緑の蛇と百合姫のメールヒェン」のモチーフ。
あらすじを読んでみましたが、わたくしは全くなんのこっちゃ解りませんでした。

今日のワインはそんなラベルが印象的な

『バーン コテージ』

世界最南端にして屈指のピノ・ノワール銘醸地であるセントラル・オタゴに2003年設立されたワイナリー『バーン・コテージ』

創業者であるマルキス・ソヴァージュは、アメリカで農業を営んでおり、その傍らでワインの輸入業も行っていました。その時から「いつかはワイン造りを行いたい。」はあったようで、セントラルオタゴの地で理想の地と出会った事でバーン・コテージがはじまりました。

ワイン造りを始めるにあたり、指導を受ける人物として選んだのが『リトライ』のテッド・レモン。
(レモン氏を選ぶ辺り、さすがと言うしかありませんね。)

数々のブルゴーニュでワイン造りの経験を持ち、フランスの地だけでなく、世界中を知るレモン氏。レモン氏もセントラルオタゴのバーンコテージの畑の素晴らしさに可能性を感じたようで、バーンコテージへのアドバイスを快諾します。

その際、バーンコテージが行いビオディナミについても彼が進言したとの事。

ワイン造りにおいて『最低限の人的介入』をアプローチとして超一流の品質を求める徹底した姿勢はテッドレモン氏の哲学が貫かれている証でもあります。

※2021.6.30現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

──────────────────────────


バーン コテージ ピノノワール バーン コテージ ヴィンヤード[2018]
販売価格 8,470円

素晴らしい質感と完成度を持ち、彼らを象徴するピノ・ノワール。
コロセウム状の土地にビオディナミ農法によって拓かれた「バーン・コテージ ヴィンヤード」のピノノワールから造られています。最初は控えめだったワインが、エネルギーや凝縮感、複雑性の層を伴って広がります。また、絹のように熟したタンニンと繊細なミネラルの酸味が口の中に広がります。

優美で奥深く、同時にゆるがない線の通ったストラクチャーは既にNZを代表するピノ・ノワールの1つとして世界的に確固とした高い評価を得ています。

バーン コテージ ピノノワール ソヴァージュ ヴィンヤード[2018]
販売価格 8,470円

バノックバーンに位置し、フェルトンロードの畑と隣接する好立地で新たにワイナリーが取得した自社畑「ソヴァージュヴィンヤード」からのファーストリリース。
スパイス、マッシュルーム、ダークレッドフルーツの魅力的なアロマに、土やハーブのトーンが加わります。味わいは、素晴らしいエレガンスと凝縮感があり、質感のあるコアに支えられ、繊細で長いタンニンが持続します。

バーン コテージ ムーンライト レース ピノノワール[2018]
販売価格 7,150円

自社畑「バーン・コテージ ヴィンヤード」と「ソヴァージュ ヴィンヤード」のブレンド(50:50)となったファーストヴィンテージ。2018年から畑のブレンドに生まれ変わりました。
素晴らしく香ばしいハーブの香りに、スパイス、レッドフルーツ、ペッパー、ミネラルの複雑さが加わります。しなやかでエレガントなこのワインは、美しい新鮮さと繊細で滑らかなタンニンが口の中に広がります。

バーン コテージ リースリング グリューナーヴェルトリーナー[2018]
販売価格 7,348円

自社畑「バーン・コテージヴィンヤード」内に植えられた2品種をブレンド。カモミール、スパイス、バタースコッチ、柑橘類の花、レモンの皮などの魅力的なアロマがあります。リースリングとグリューナー・ヴェルトリーナーが見事に調和し、素晴らしいしなやかさとフィネスを持ち、焦点の合った繊細な酸味を伴います。「適度の重み」「スパイス感」「皮付きレモン」が浮かぶ辛口の白。

 

スモールフォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター の魅力(*’▽’)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

スモールフォレストの敦子さんにお会いしました!

WEBだけどー。

敦子さんにオーストラリアの現在の状況を伺うと、

日本と同じくコロナに苦しんでいるのがわかります。

人の移動が制限されているために労働力の確保ができなかった。

つまりワイナリーで働く人がいない。

さらに森林火災が収穫の時期と重なり、

諦めたワイナリーも多かったようです。

スモールフォレストも昨年はやめたとのこと。

ううっ・・・切ない

コロナ禍の下、営業ができるはずなどなく、

オンラインでワインを販売したり

SNSで畑からの情報を発信したりの生活を送られています。

今回試飲をさせていただいたのがこちら

スモール フォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター [2017]

ヴァデーロって名前が目新しい感じがしますが、

ポルトガルでいうヴェルデホのこと。

何となく甘いんじゃないの?甘いのは苦手だなと

思われる方もいるかもしれませんが、

安心してください、

スモールフォレストのは甘くないです。

花の香り、甘い香りというわけではないが、非常に魅力的。

マディラ島からやってきたヴァデーロ。

スモールフォレストではほんとにきれいに造られています。

きれいで雑味がない。複雑味というのも大事だけれど

スモールフォレストでは

気を付けて酸化しないように、要らないものが入らないように

ワインをきれいに造っている。

他と違うのは、酸味がやわらかく、

厚みがありテクスチャーがあること。

それがあるから若々しさがあり

単体でも楽しめ、料理にも合うワインなのです。

個人的にはきれいな日本酒みたいだな、と思っていて

日本のお料理に合わせやすそうです。

皆様にもぜひ味わっていただきたい

スモール フォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター [2017]

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。