ペレグリンのスパークリング試飲(*’▽’) そしてガッチャマンを口ずさむ・・・

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ペレグリン・ワイナリーは、

ニュージーランド南島のセントラルオタゴ地方にあるワイナリー。

比較的標高の高いところのブドウを使って丁寧に造られるワインの

品質の高さには定評があります。

なのに在庫限りということで輸入元からありったけを仕入れた

ペレグリン ヴィンテージ ( メトード トラディショナル ) [2012]

の試飲がありました。

スパークリングワインです。

初めにレモンのさっぱりさわやかな柑橘系の香り。

口あたりはやわらかく、クリーミーな味わい。

果実味、そしてブリオッシュ、バター、トーストの香りが

幾重にも重なってきます。

熟成もいい感じにでていて、

最後はナッツの余韻でしめくくり。

副店長サトウのおススメワインでもあります。

で、なんでペレグリンをみるとガッチャマンが出てくるのか?

ラベルにご注目下さい!例えば

モフア ソーヴィニヨン ブラン ( ペレグリン ) [2019]

ワイナリー名の「ペレグリン(鷹や鷲の一種)」が

翼を広げて飛んでいるのです。

どのワインも飛んでいます!

ワタクシもうかなりな大人ですが

ついつい「飛べ飛べ飛べ ガッチャマーン♪」と

と口ずさんでしまいました・・・

あっっっ!!ガッチャマンを知らない世代の皆さま・・・

申し訳ございません

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。