ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~ ポルトガル ~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

毎年沢山受験される皆さんを応援するため、一問一答”形式で姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題をテーマごとに毎週アップ。ブログでまとめて行きますので挑戦してみてください。

 

今回はポルトガル編。

そろそろ試験問題も終盤です。

==========================
『ポルトガル』
==========================

① ポルトガルワインの歴史上で次の出来事が起きた年代は?
「世界で最初の原産地管理法がポートワインに制定された。」
1:1807年
2:1986年
3:1756年
4:1935年

②16 世紀半ばから 17 世紀初期の南蛮貿易で、織田信長公に献上されたポルトガルの赤ワインの名称はどれ?
1:珍紅酒
2:珍葡酒
3:珍陀酒
4:葡萄牙

③スペインの Tempranillo と同じ黒ぶどう品種はどれ?
1:Touriga Nacional
2:Touriga Franca
3:Trincadeira
4:Tinta Roriz

④Bairrada で作られる赤ワインの主要ブドウ品種はどれ?
1:Baga
2:Aragonez
3:Touriga Nacional
4:Syrah

⑤ポルトガルのDOCワインVinho Verdeを生産する地域はどれ?
1:Terras da Beira
2:Minho
3:Lisboa
4:Tejo

⑥次の説明に合致するD.O.Cがある地域はどれ?
「あまりに強い潮風によってブドウの樹が折れるのを防ぐため“Currais”と呼ばれる溶岩石でできた石垣でブドウ畑を囲んだ」
1:Transmontano
2:Duriense
3:Acores
4:Alentejano

⑦D.O.C「Setubal」で特に有名なワインは?
1:Bagaを使った長期熟成ワイン
2:Alvarinhoをつかった爽やかなワイン
3:リッチなMoscatelの酒精強化ワイン
4:華やかなAritoのロゼワイン

⑧次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称は?
「収穫から4年目の7月から6年目の年末までに濾過したのち瓶に詰められ、収穫年の表示が必要とされる。」
1:コリェイタ
2:レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート
3:トウニー・ポート
4:ライト・ドライ・ホワイト・ポート

⑨次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称は?
「収穫から3年目の7月から年末までにIVDPに申請し承認を得て、瓶詰めは7年後から行い、収穫年とともに瓶詰めの年も表示する。」
1:ヴィンテージ・キャラクター
2:コリェイタ
3:レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート
4:ヴィンテージ・ポート

⑩ポルトガルのマデイラに添加するグレープスピリッツのアルコール度数は?
1:77度
2:65度
3:96度
4:40度

⑪マデイラワインに使用され、海岸線沿いの暑い地域で栽培されることが多いワイン用白ブドウ品種はどれ?
1:Sercial
2:Verdelho
3:Viosinho
4:Malvasia

⑫マデイラの製造方法で太陽熱を利用した天然の加熱熟成法はなんといいますか?
1:Estufa
2:Cuba
3:Canteiro
4:Poios

⑬Vintage Madeira の樽熟成年数として正しいものは?
1:10 年
2:15 年
3:20 年
4:25 年

⑭下記のポートの地図で2番の産地はどれですか?
1:Baixo Corgo
2:Cima Corgo
3:Colheita
4:Douro Superior

 

 

それでは正解

 

 

① ポルトガルワインの歴史上で次の出来事が起きた年代は?
「世界で最初の原産地管理法がポートワインに制定された。」
3:1756年

②16 世紀半ばから 17 世紀初期の南蛮貿易で、織田信長公に献上されたポルトガルの赤ワインの名称はどれ?
3:珍陀酒

③スペインの Tempranillo と同じ黒ぶどう品種はどれ?
4:Tinta Roriz

④Bairrada で作られる赤ワインの主要ブドウ品種はどれ?
1:Baga

⑤ポルトガルのDOCワインVinho Verdeを生産する地域はどれ?
2:Minho

⑥次の説明に合致するD.O.Cがある地域はどれ?
「あまりに強い潮風によってブドウの樹が折れるのを防ぐため“Currais”と呼ばれる溶岩石でできた石垣でブドウ畑を囲んだ」
3:Acores

⑦D.O.C「Setubal」で特に有名なワインは?
3:リッチなMoscatelの酒精強化ワイン

⑧次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称は?
「収穫から4年目の7月から6年目の年末までに濾過したのち瓶に詰められ、収穫年の表示が必要とされる。」
2:レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート

⑨次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称は?
「収穫から3年目の7月から年末までにIVDPに申請し承認を得て、瓶詰めは7年後から行い、収穫年とともに瓶詰めの年も表示する。」
2:コリェイタ

⑩ポルトガルのマデイラに添加するグレープスピリッツのアルコール度数は?
3:96度

⑪マデイラワインに使用され、海岸線沿いの暑い地域で栽培されることが多いワイン用白ブドウ品種はどれ?
4:Malvasia

⑫マデイラの製造方法で太陽熱を利用した天然の加熱熟成法はなんといいますか?
3:Canteiro

⑬Vintage Madeira の樽熟成年数として正しいものは?
3:20 年

⑭下記のポートの地図で2番の産地はどれですか?
2:Cima Corgo

 

今回の問題はどうでしたか?
何問正解できましたでしょうか。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

 

[広告]外部サイトへ移動します


認定試験合格をめざす田辺由美のワインノート
基礎から学ぶ田辺由美のワインブック ソムリエ、ワインエキスパート受験者必携テキスト 2021 試験によくでる重要ポイントをわかりやすく解説