本店だけの先行販売。いつも売り切れルーシーマルゴー 秋冬コレクション!?


ルーシーマルゴー

数ヶ月おきに入荷する人気ワイン。
9月入荷の新ワインなのでさしずめ秋冬コレクションってとこでしょうか。

ルーシーマルゴーと言えば

「いつも入荷、即完売。超人気オーストラリアのナチュラルワインの造り手」

として数年前からワイン好きの中でも話題の生産者。オンラインWassy’sでは毎年数回入荷しますが数の少なさもあって完売してしまう事の多いワイン。

その為、まずはこの本店のお客様のみに先行販売。
仮に在庫が残っていれば楽天やYahooのモール店舗で販売しております。

まぁ大体が売り切れてしまってモールで売られる事はないんですけどね…。

では、この本店をご利用の皆様にまずはご案内。

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

※2021.9.15現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

──────────────────────────


ルーシー マルゴー ノワール ド フローレット [2019] 1500ml
販売価格 11,550円
もともとポートワインの為に使用されていた2400Lの古い熟成大樽を使用したルーシーマルゴー。
750mlは昨年ご紹介しましたが、こちらは1年越しに入荷したさらに貴重なマグナムボトル。
大樽で作られたワインは今まで以上に優しさが染みるスタイルになっています。サクランボを思わせる味わいの可愛らしさがフルスロットルで楽しめる1本です。

ルーシー マルゴー ノワール ド フローレット [2020] 750ml
販売価格 6,050円
上で紹介したマグナムと同一ながらこちらは最新2020年ヴィンテージ。

ルーシー マルゴー シャルドネ ピカデリー ヴァレー [2019] 1500ml
販売価格 12,100円
果実は全房プレスし、500L樽(15年古樽)で発酵させ、澱の上で熟成させます。果汁ンはフリーラン・ジュースのみ。味わいは軽やかで、ミネラル感、塩気のあるカキ殻のキャラクターを持ちます。SO2無添加。
こちらもマグナムボトルとなっています。

ルーシー マルゴー ヴィン ルージュ (ルッチ レッド) [2020] 750ml
販売価格 5,060円
今まで、ルッチ・レッドの名称で親しまれていたキュヴェですが、今年はヴィン・ルージュという名称になっています。
ラベルに描かれたこの美しいカップルは、さまざまなテロワールの爆発を意味しています。ホープ・ヴァレーのメルロー、ピカデリー・ヴァレーのピノ・ノワール、マクラレン・ヴァレーの赤土のテロワールで栽培されたシラーを使用。リッチで素朴、深みのある少し野性的なタンニン。

ルーシーマルゴーは、オーストラリア国内に留まらず世界中でセンセーションを巻き起こしています。

糖度計やその他の機械類で測定された数値には一切頼らない彼のワイン作りはシンプル。収穫期には毎日10kg近くブドウを食べるという程に果実の味わいから、もたらされるインスピレーションこそが彼のワインのスタイルを決定するのです。

収穫された葡萄はすべて野生酵母で発酵。温度コントロールも行わないために出来上がるワインは毎年味わいが違います。
加えて毎年収穫されるブドウの味わいによってブレンドやキュヴェを造り変えるために、同じスタイルのワインがほとんど作られません。補酸も補糖も行いません。清澄剤やエンザイムといった添加物も一切使用しません。醸造中はSO2も一切使用しませんが、ボトリングの際には35ppmの極わずかな量だけSO2を使用します。

彼のスタイルはあくまで「あるがまま」。ワインを飲むと彼の奇人的外見とは裏腹に、ピュアで身体に染み入るような優しさが印象的です。

 

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—
ルーシーマルゴーを筆頭に世界の注目を集めるナチュラルワインを
取り扱うインポーターのワインだけを集めてみました。


小規模クラフトワインを取り扱うワインダイヤモンズ
https://winestore.jp/c/gr389/wine-diamonds

 

 

 

 

思わず笑ってしまう旨さ( ̄▽ ̄)クレンデネン ファミリー ヴィンヤーズ シャルドネ ザ ピップ ルボンクリマ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

日曜日の晩ごはん、

軽くすませたいな~とオープンサンドとワインにしました。

スライスしたパンにうっすらマスタードを塗って

卵サラダ

ローストビーフの切り落とし、

ハムとトマトときゅうり

を盛っていくだけ。

ラクちんラクちん(^.^)

 で、ワインは

クレンデネン ファミリー ヴィンヤーズ シャルドネ ザ ピップ ルボンクリマ [2016]

クレンデネン ファミリー ヴィンヤーズは、

世界的に大人気の「オー・ボン・クリマ」のオーナー、

ジム・クレンデネン氏が真の理想を追い求めて

2000年にスタートしたプライベートワイン。

三角の珍しいラベル「オー・ボン・クリマ」と比べると

地味なラベルではありますが、見縊ってもらっちゃ困ります。

クレンデネン ファミリー ヴィンヤーズ シャルドネ ザ ピップ ルボンクリマ [2016]

これが思わず笑ってしまうほど旨かった~

グラスに注ぐと

白い花やトロピカルフルーツの華やかな香りが立ち上る。

口に含むと酸味しっかりあるけど口あたりはやわらかく、

鼻から抜けるナッティな香り。そしてバニラ。

味わいリッチでクリーミー。

さすがジム・クレンデネン マジック!!

バランスの良さは折り紙付き。

オープンサンドは小さめに作ったから、

ワイン片手にどんどん食べられて

あっという間になくなった。

良かったような、悲しいような・・・。

そしてワインの温度は冷え冷えよりはちょっぴり高めがおススメです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。