元・巨人軍の桑田真澄さんもハマった「ニュージーランド・ワイン」

 

いつもメルマガを、ご愛読いただきありがとうございます。

ワインを販売しています
オンライン・ワッシーズのサトウです。

~~~~~~~~~~~~~~~

オンライン・ワッシーズ 本店
https://winestore.jp/

オンライン・ワッシーズは、
【 キャッシュレス5%還元店 】です!

~~~~~~~~~~~~~~~

さて、そろそろ12月、
泡ものが恋しくなる季節なんしゃないでしょうか?

オンライン・ワッシーズで
在庫があるスパークリング・ワインは
こちら↓↓↓の特集ページにまとめています。

おすすめシャンパン&スパークリング
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1411

ご興味がございましたら、
一度、のぞいてみてくださいm(_ _)m

 

今回、取り上げる生産者は、
ニュージーランドから、「プロヴィダンス」です。

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–

プロヴィダンス

詳しくは、こちら↓↓↓
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/14039

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–

 

巨人軍でエースとして活躍した
桑田真澄さんは、

「初めて、このワインを口にした時のことは、
鮮明に記憶しています。

旧世界でも新世界でもない、
どこにも分類できないような美味しさ。
驚きましたね。」

はじめてプロヴィダンスを飲んだときのことを、
そう語っています。

これまでに、様々なグラン・ヴァンを
口にしてきた桑田さんですが、
プロヴィダンスを、一口飲んで感銘をうけたそうです。

 

そして、2008年暮れ、
来日中のプロヴィダンスのオーナー 兼 醸造家、
ジェイムズ・ヴルティッチさんを紹介され、
宮崎県のレストランで食事会の席が設けられました。

そのとき、「収穫に来ないか。」と誘われ、
二つ返事で、「イエス!」と答え、
2010年の4月にワイナリーを訪れて、
収穫から醸造まで、しっかりと手伝ったそうです。

 

その年、生産されたワインは、
桑田真澄ラベルとして、販売されています。

オンライン・ワッシーズでも、
1アイテムだけ、
まだ2010年が残っていますよ~!!

*—*—*—*—*—*—*—*

表ラベルに、桑田さんのサインと背番号「18」入り

●プロヴィダンス シラー[2010] 桑田真澄ラベル

通常22,000円のところ
特価19,800円(税込)【10%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/14039/14027-000

*—*—*—*—*—*—*—*

 

桑田さんは、
プロヴィダンスのワインが、
お気に入りということもありますが
オーナー兼醸造家・ジェイムズ・ヴルティッチさんとも、
とても気があったのかもしれません。

2010年以降も、度々ワイナリーを訪問しては、
お手伝いをしています!

 

#~~#~~#~~#~~#~~#

ペトリュスなど、
著名なワインを抑え、見事一位に!

#~~#~~#~~#~~#~~#

プロヴィダンスの
初ヴィンテージの1993年プライベート・リザーヴは、

1996年に開催された
著名なワイン評論家ジャンシス・ロビンソンさんも参加した
ドイツ/ミュンヘンでのブラインド・テイスティングにて、
「シュヴァル・ブラン」「ペトリュス」90年など、
世界の著名なワインと並んで供され、

≪見事一位≫を獲得し、ニュージーランドで
最高の赤ワインの一つと評されました。

ニュージーランドのシンデレラワイン、
「 第2のシャトー ル・パン 」とも呼ばれ、
世界中から注目を集める生産者となりました!!

 

#~~#~~#~~#~~#~~#

完全なるオーガニック栽培のブドウ100%

#~~#~~#~~#~~#~~#

ブドウ栽培は、除草剤、化学肥料、殺虫剤を使わず、
自然に還元することの出来る有機肥料のみを使用し、
収穫は、すべて手摘みです。

「最高のブドウを育てる」という哲学のもと、
本当に多くの時間と労力をかけてブドウを栽培しています。

醸造についても、
通常のワイナリーでは添加している、
酸化防止剤や保存料なども一切使用していません。

●プロヴィダンスについて詳しくは↓↓↓

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/14039

 

#~~#~~#~~#~~#~~#

プロヴィダンスの造るワイン

今回、ご紹介したプロヴィダンス、
ワッシーズに在庫がある商品は、下記の8アイテムです。

≪特価商品≫、目白押しです!!!

#~~#~~#~~#~~#~~#

——————————–
*プライベート・リザーヴ*

プロヴィダンスの最良のブドウをアッサンブラージュする
ボルドー右岸ブレンドのフラッグシップ・ワイン。
——————————–

●プロヴィダンス プライベート リザーヴ[2013]

通常23,650円のところ
特価16,280円(税込)【31%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/SLPP13

 

●プロヴィダンス プライベート リザーヴ[2014]

通常23,650円のところ
特価16,819円(税込)【28.5%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/SLPP14

 

——————————–
*シラー*

僅か1500本のシラーの樹から生まれる逸品です。
——————————–

●プロヴィダンス シラー[2006]

通常22,000円のところ
特価19,250円(税込)【12.5%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/01797-000

 

ちなみに、
2006年のシラーには、
ごく微量の亜硫酸が添加されています。

ジェイムズ氏に、理由を尋ねると

「亜硫酸を添加したらどうなるのか、
試してみたかったんだ。
結果が出るには3~4年はかかるだろうね。」

だそうです。

※2011年に再度来店された際に、この試みの結果を伺うと、
添加しなかった場合と大きな差がなかったために、
2007年以降の亜硫酸の添加は行っていないとのことでした。

 

●プロヴィダンス シラー[2010] 桑田真澄ラベル

通常22,000円のところ
特価19,800円(税込)【10%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/14027-000

 

●プロヴィダンス シラー[2013]

通常23,650円のところ
特価16,280円(税込)【31%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/SLPS13

 

——————————–
*フォー・アポッスルズ*

フォー・アポッスルズは、「四人の使徒」の意味で、
所有する畑に植えている
カベルネ・フラン、メルロ、マルベック、シラー
4つのブドウ品種を、すべてつかっています。
——————————–

●プロヴィダンス フォー アポッスルズ[2013]

通常23,650円のところ
特価16,555円(税込)【30%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/SLPF13

 

●プロヴィダンス フォー アポッスルズ[2014]

通常23,650円のところ
特価16,280円(税込)【31%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/SLPF14

 

——————————–
*ロゼ*

1993、2004、2010、2014、そして2017年年にしか
造られていない希少な1本でカルト的存在です!
——————————–

●プロヴィダンス ロゼ[2017]

通常13,750円のところ
特価10,010円(税込)【27.2%OFF】

https://winestore.jp/fs/wine1227/48277

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

※掲載商品の価格は、2019.11.28現在の価格です。
(変動がございますことご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

ニュージーランドを代表する
素晴らしいワインの造り手の味わいを、
この機会に是非、お試しくださいませ。

 

■特集ページ紹介
=============

30~50%OFF以上、在庫限りの特価ワイン

特価価格のプレミアムワインもございますので、
チェックください!!!

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1408

=============

送料無料ワイン特集
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1361

=============

新着ワイン
随時データ更新しています。

https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1410

=============

おすすめ!!スパークリング・ワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1411

=============

90点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr340

=============

95点以上のワイン
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr351

=============

本日も最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございます。

 

 

 

  • 日本ブログ村 酒ブログワインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA