まとめ買い割セール



商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > 特集・企画 > 新着ワイン

新着ワイン

104 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ

オーベール シャルドネ  CIX ( 109 ) エステート ヴィンヤード ソノマ コースト[2018]

≪高得点≫
オーベール シャルドネ CIX ( 109 ) エステート ヴィンヤード ソノマ コースト[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

通常27,500円のところ
特価23,540円(税込)

CIXは、ローマ数字の109を表します。畑を購入した当時、「区画109」と呼ばれており、フォレストヴィルの丘の上にある自社畑ローレンとは同じ東側のフェンスラインに沿った場所にありながら、その土壌は全く異なります。ローレンがゴールド・リッジの金色であるのに対してCIXは石灰質に海塩粒子を含む白い土壌です。2008年に貴重なモンラッシェ・クローンが植えられました。そのクローンの名の通り、偉大なグラン・クリュの繊細な美をCIXは体現しています。

2018年は冬は寒く、十分な雨が降り、土壌が健全な状態で春を迎えました。開花は少し遅めでしたが、ほぼ理想的な天候で結実の状態もよく、夏は9月下旬まで気温が高く日照に恵まれましたが熱波もなく、ブドウは長いハングタイムを享受してゆっくりと熟し、そのまま秋になりました。収穫は成熟度・酸・糖度とも最高の状態を見極めて、良いペースで完了することができました。樽熟成前の発酵段階から、既にこのヴィンテージの素晴らしさを認識させられ、その品質の高さは2013年ヴィンテージを思い起こさせました。

ブドウの品質を保持するために、ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。仏産樽(新樽、20%一年使いの樽で46ケ月以上かけて第一次と第二次発酵(100%自然酵母)させ、10か月熟成後、澱が自然に降りるのを待ってから、タンクに移し、4ケ月落ち着かせた後にボトリングの際にブレンドしました。

マーク・オーベールのコメント:
CIXはテロワールがすべての土地であり、CIXしかできないワインが生まれる場所です。レモン・オイル、熟した洋ナシ、リンゴの花、蜜蝋、生のアーモンドの贅沢なアロマに塩味が織り込まれ、砕いた石灰のニュアンスが強調されています。白亜の土壌は純粋さとミネラルをワインにもたらし、エレガントで終わりのないフィニッシュを演出します。少しだけ靄がかかったように見えるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠。ヴィンテージから10年から15年の熟成が可能です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

オーベール シャルドネ パウダー ハウス エステート ヴィンヤード ソノマ コースト[2018]

≪高得点≫
オーベール シャルドネ パウダー ハウス エステート ヴィンヤード ソノマ コースト[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

通常25,300円のところ
特価21,670円(税込)

パウダー・ハウスは、オーベールの4番目の自社畑でフォレストヴィルの旧市街にあり、地形学的にはすり鉢状や円形劇場(古代ローマの円形闘技場の形状をしています。徐々に湾曲するこの畑からエレガントながら力強いシャルドネが生まれます。

畑の名前は近隣にあった火薬庫からとりました。人里離れた場所に火薬を備蓄しており、パウダー・ハウスと呼ばれていました。2017年ヴィンテージがファースト・リリース。

2018年は冬は寒く、十分な雨が降り、土壌が健全な状態で春を迎えました。開花は少し遅めでしたが、ほぼ理想的な天候で結実の状態もよく、夏は9月下旬まで気温が高く日照に恵まれましたが熱波もなく、ブドウは長いハングタイムを享受してゆっくりと熟し、そのまま秋になりました。収穫は成熟度・酸・糖度とも最高の状態を見極めて、良いペースで完了することができました。樽熟成前の発酵段階から、既にこのヴィンテージの素晴らしさを認識させられ、その品質の高さは2013年ヴィンテージを思い起こさせました。

ブドウの品質を保持するために、ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。仏産樽(新樽、20%一年使いの樽で46ケ月以上かけて第一次と第二次発酵(100%自然酵母)させ、10か月熟成後、澱が自然に降りるのを待ってから、タンクに移し、4ケ月落ち着かせた後にボトリングの際にブレンドしました。

マーク・オーベールのコメント:
レモン・タルト、オレンジ・ピール、キー・ライム・パイ、スパイス・ジンジャー・ティーのアロマ。一口目からオレンジ、レモン、ライムなどの柑橘類の味わいが浸みわたり、砕いた石灰、白胡椒、焼き立てのトーストの刺激的なニュアンスが加わります。リッチな力強さを持ちつつ、きれいな酸に支えられ、完璧なバランスで長いフィニッシュまで余韻が続きます。少しだけ靄がかかったように見えるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠。ヴィンテージから10年から15年の熟成が可能です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

オーベール シャルドネ ラリー ハイド & サンズ ヴィンヤード カーネロス[2018]

≪高得点≫
オーベール シャルドネ ラリー ハイド & サンズ ヴィンヤード カーネロス[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ]

通常22,000円のところ
特価18,480円(税込)

「ラリー・ハイド&サンズ・ヴィンヤード」は、カーネロスのシャルドネの二大巨頭として並び称される「ハドソン・ヴィンヤードとハイド・ヴィンヤード」のハイド・ヴィンヤードの正式法人名です。

ハイド・ヴィンヤードはブルゴーニュのロマネ・コンティの共同オーナー、ヴィレーヌ氏とのコラボ「 Hyde de Villaine,HdV 」で有名であるとともに、キスラー、マーカッシン、コングスガードにブドウを提供しています。ハイド・ヴィンヤードは東向きのなだらかな丘陵にある畑で、日照に恵まれ太平洋から冷涼な風が吹き込み、理想的なブドウを収穫できる著名な畑です。ハイド・ヴィンヤードの香りの種類は杏から白い花、緑茶と豊富で、途方もない深みと複雑さが口中で感じられます。年々、その個性が強くワインに現れるようになってきました。

2018年は冬は寒く、十分な雨が降り、土壌が健全な状態で春を迎えました。開花は少し遅めでしたが、ほぼ理想的な天候で結実の状態もよく、夏は9月下旬まで気温が高く日照に恵まれましたが熱波もなく、ブドウは長いハングタイムを享受してゆっくりと熟し、そのまま秋になりました。収穫は成熟度・酸・糖度とも最高の状態を見極めて、良いペースで完了することができました。樽熟成前の発酵段階から、既にこのヴィンテージの素晴らしさを認識させられ、その品質の高さは2013年ヴィンテージを思い起こさせました。

収量を低く保って香り高いブドウを生みだすハイド・ヴィンヤードの品質を保持するために、ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。仏産樽(新樽、20%一年使いの樽で46ケ月以上かけて第一次と第二次発酵(100%自然酵母)させ、10か月熟成後、澱が自然に降りるのを待ってから、タンクに移し、4ケ月落ち着かせた後にボトリングの際にブレンドしました。

マーク・オーベールのコメント:
緑がかった黄金色。マルメロのプリザーブ砂糖煮)、カモミール、レモン・ソルベ、ジンジャー・ティーのアロマ。贅沢な柑橘類の味わいが層をなすような味わいに仄かなライムと砕石のニュアンスが加わります。きらきらしく新鮮な酸と贅沢な長いフィニッシュがこのワインの格別さを際立たせています。少しだけ靄がかかったように見えるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠。今飲んでも美味ですが、長く熟成させて花開くのも楽しみなワインです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

オーベール シャルドネ UV-SL ユー ヴイ エス エル ヴィンヤード ソノマコースト[2018]

≪高得点≫
オーベール シャルドネ UV-SL ユー ヴイ エス エル ヴィンヤード ソノマコースト[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

通常22,000円のところ
特価18,700円(税込)

UVは、畑のオーナーだった故ユリシス・ヴァルデス(ソノマで最も有名な栽培家の1人で2018年に49歳の若さで急死。同畑は現在ヴァルデス&サンズ・ヴィンヤード管理会社が所有)の頭文字で、SLはヴァルデス・ヴィンヤードの区画の一つStoetz(ストーツ) Lane(レーン)のことです。ユリシスとマークは互いの能力を認め合う盟友で、ユリシスの栽培管理能力を信頼したマークは、その独立創業を資本投資することで支えました。

UVSLはソノマ・コースト中西部オキシデンタル地区にあり、鉄の多い土壌は強い個性の長期熟成に向くブドウを、ゴールド・リッジ土壌はリッチで肉感的なテクスチャーを持つブドウを作り出します。オーベールの契約する区画ではそのユニークな土壌の特色を生かすように植樹されています。この土壌の特徴と、オーベールが吟味したクローン・セレクションで芯のしっかりとした高品質なオーベール・ワインができあがります。

海に近い為、非常に涼しい地域にあり、その品質の高さからこの地区の畑から造られる高品質のワインが話題となっています。気候、土壌と珍しいクローンが植えられていることから、UV-SLのブドウはそのテロワールの個性を十分表したものになります。その険しい土壌は収量を自然に絞らせ、1エーカーあたり2トンになります。

2018年は冬は寒く、十分な雨が降り、土壌が健全な状態で春を迎えました。開花は少し遅めでしたが、ほぼ理想的な天候で結実の状態もよく、夏は9月下旬まで気温が高く日照に恵まれましたが熱波もなく、ブドウは長いハングタイムを享受してゆっくりと熟し、そのまま秋になりました。収穫は成熟度・酸・糖度とも最高の状態を見極めて、良いペースで完了することができました。樽熟成前の発酵段階から、既にこのヴィンテージの素晴らしさを認識させられ、その品質の高さは2013年ヴィンテージを思い起こさせました。

ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。仏産樽(新樽、20%一年使いの樽で46ケ月以上かけて第一次と第二次発酵を100%自然酵母)させ、10か月熟成後、澱が自然に降りるのを待ってから、タンクに移し、4ケ月落ち着かせた後にボトリングの際にブレンドしました。

マーク・オーベールのコメント:
万華鏡のようにアップル・オイル、レモンの砂糖漬け、カスタード・クリーム、アーモンド・クロワッサン、白い花に滑石のアロマがちりばめられ、プラリネ、白桃やチェリーのプリザーブの味わいにほのかな塩味がぎっしりと肌理の細かいニットのように編み込まれ、フル・ボディでたっぷりとした豪奢な佇まいに抗いがたい魅力があり、長いフィニッシュの終わりには清々しささえ感じさせます。この芳醇なワインがその全容を見せるまで更に10年の熟成が待たれます。少しだけ靄がかかったように見えるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ダックホーン カベルネ フラン ナパ ヴァレー[2017]

日本初リリース。ダックホーンのカベルネフラン
ダックホーン カベルネ フラン ナパ ヴァレー[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常10,450円のところ
特価8,360円(税込)

ダックホーンの造るナパ・ヴァレーのカベルネ・フランが、日本にはじめて正規輸入されました。

ダックホーン・ヴィンヤーズは、40年以上にわたりナパ・ヴァレーのブドウを使ったワインを作り続けていますが、カベルネ・フランは四半世紀以上、ワインに優雅さ、複雑味を与える為にブレンドに使い続けています。一方カベルネ・フランは単一品種でも堂々とした洗練されたワインができるブドウです。

温暖な場所にある畑の低収量の古樹を中心に、ヴァレー・フロアの他の畑のブドウと融合させてできたこのワインはダーク・チェリー、ラズベリー、タバコの葉などのフランらしい素晴らしいアロマを持ちます。

2017年の収穫ついて
冬の間、十分な降雨量があり、温暖で天候のよい春が続き、萌芽は完璧なタイミングで始まりました。さらに十分な雨があり、頑強で樹冠高く樹は育ち、生い茂った葉が貴重な日陰を作って、真夏に1週間に及んだ熱波からブドウの房を守ってくれました。8月中旬には既に始まっていた収穫を急かす程、果実の熟し具合が進みましたが、その後に待ち望んでいた涼しさが到来し、ブドウ樹も一息ついて活気をとり戻し、ハングタイムを長くとり、ブドウは果実本来の味わいを深め、タンニンもゆっくりと熟しました。その後、程よく熟し、高品質な状態で、収穫量にも恵まれ、洗練されたワインを造ることのできるブドウを10月の第一週までに収穫することができました。

ワインメーカー/レネー・アリ女史からのコメント
瑞々しい花、タバコの葉、ダーク・ベリーのアロマを持ち、味わいはブラックベリー、イチジクが豪華な層を成し、カルダモンのニュアンスが加わります。しっかりしたリッチなタンニンと見事な骨格が長熟性を示し、口の中を潤す清涼感のある酸がこくのあるワインの魅力を一層引き立てています。

仏産樽 (225L:新樽50%)で16ヶ月熟成しています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ルイス セラーズ メイソンズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2017]

ルイス・カベルネのリーズナブルなセカンド・セレクション
ルイス セラーズ メイソンズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常11,000円のところ
特価11,000円(税込)

ルイスの醍醐味・力強いナパカベをリズナブルに味わえるセカンド・セレクション

ルイス家の伝統として孫が生まれる度にその名前を冠したワインを作ってきました。ランディの孫でデニスの三男メイソンが、2003年に誕生した記念に造り始めたワインです。

ブドウのソースは、ルイスカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレーと同じ。そのセカンド・セレクションです。気軽に楽しんでいただけるナパ・カベです。オーク・ノール、ラザフォード、カリストガの丘陵地の途中のテラス(山麗に向かう、なだらかな斜面)のブドウをブレンドしました。

2017年は、冬の間にたっぷりと雨が降り、長く続いた雨のほとんど降らない数年に終わりを告げ、夏の終わりに熱波があった年でした。過去20年で最も雨が降り、寒い冬となりましたが、ブドウ樹に休息を与えることができました。萌芽は5年ぶりに平均より遅く、遅い春と早い夏が来た2017年は過去5年間の絶好調ヴィンテージに比べると「山あり、谷あり。」で、萌芽が遅かった分、一見見劣りするように思われるのですが、その実、夏以降の安定した気温と日照量により、果実は高品質なものになりました。

ブドウは完熟を見極めて収穫し、選別し、除梗後、低温で醸した後、密閉型酵タンクで発酵させ圧搾し、仏製樽(新樽約80%)で熟成させました。

優等生の10代。まじめさと末っ子らしい可愛らしさ、面白さと硬軟併せ持つワイン。クローブ、モカ、樽由来のスパイスが層になったアロマ。熟したプラムの果実味がとても豊かで魅力的。チョコレートを思わせるようなタンニンを持ち、勉強家でGPA国際的成績評価4ポイント(0から4の5段階評価で最高)を取る、メイソンらしい、品質の高さが自慢です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コングスガード キングス ファーム レッド ワイン ナパ ヴァレー[2017]

良年のみに造られるセカンド・セレクション
コングスガード キングス ファーム レッド ワイン ナパ ヴァレー[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常17,600円のところ
特価16,800円(税込)

日本初リリース。メイリング・リストの重要顧客のみにリリースされていたコングスガードのセカンド・セレクション「キングス・ファーム」が正規輸入されました。

コングスガードは、オーナー・ジョン・コングスガードの苗字を冠したブランド。コングスカード家は、5世代前に「ノルウェー」から移民し、ナパに根を張りました。

コングスガードはノルウェー語、それを英語に訳すと「王の土地農場」=King’sFarm(キングス・ファーム)。コングスガード・ブランドのセカンド・セレクションを造る時、英訳の「キングス・ファーム」と命名しました。

毎年はリリースされず、良い年、豊作、ファースト・ブランドのコングスガードがセレクトされた後、リリースするに値するキュヴェがある時にのみリリースされますが、生産量は限られています。

シャルドネとレッド・ワインがありますが、2017ヴィンテージはレッド・ワインのみリリースされました。

キングス・ファームのラベル
コングスガードの祖先の出身地はノルウェーの東部の渓谷「ハリンダル(Hallingdal)」であり、そこに現代まで残る希少な中世期に建てられたノルウェーを代表する木造の「トルポ・スターヴ教会(Torpostavechurch)」の内部の壁に1225年に描かれた王が騎乗する壁画をモチーフにしています。

畑について
ナパ・ヴァレーの南東端アトラス・ピークの標高が高く、涼しい火山性土壌の自社畑と同質の契約農家から。

醸造について
コングスガードと全く同じ醸造方法。最終樽セレクションでコングスガードにならなかった樽を使っています。ヴィンテージによってはキングス・ファームにならない樽もあります。それ程厳しいセレクションで造られています。

味わいについて
濃く凝縮しながらもシルクのようなきめ細かい口当たりを持ち、コングスガード・カベルネらしいパワフルながら、決してダレない、筋肉質でがっしりした酒質を十分に受け継いでいます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コングスガード シラー ナパ ヴァレー[2018]

ワイン・アドヴォケイト:(97-99)+点
コングスガード シラー ナパ ヴァレー[2018] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常38,500円のところ
特価35,800円(税込)

ジョン・コングスガードのコメント
2018年シラーは、カーネロスのハドソン・ヴィンヤードの11haの特別な区画から造られ、ミネラル豊富な土壌と湾岸に近い冷涼な気候がシラーの最も個性的なアロマと味わいの資質に焦点を当てます。

クラッシック・シラーの典型なアロマ・黒胡椒、燻製肉、オレンジの皮、バラの花びらが香り立ち、ジューシーで生き生きとした果実味、そしてシルキーなタンニンが中心に凝縮しています。

スティーブン・タンザー氏は、コングスガードのシラーは「間違いなくカリフォルニアで最も偉大なシングル・ヴィンヤード・シラーである。」と結論付けています。ワイン・アドヴォケイトのリサは「すごーーくスパイシー!」と感激しています。

カーネロスにあるハドソン・ランチ(ヴィンヤーズ)の中でも特別な区画(1ha)で、非常に涼しく、複雑な火山性土壌が入り混じります。コングスガード用に特別な栽培をオーダーメイドで依頼しています。ナパ・ヴァレー・ベストの冷涼シラーは、個性的で複雑味があり、様々なスパイスのアロマが内包しています。375ケース/生産量。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コングスガード カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2018]

シャルドネの名手コングスガードが造るカベルネ
コングスガード カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー[2018] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常38,500円のところ
特価38,500円(税込)

ジョン・コングスガードのコメント
2018年のカベルネ・ソーヴィニヨンは、とてもレアなカベルネ・ソーヴィニヨン100%(例年は、メルロが約20%含まれます。)です。フレンチ・オーク新樽100%(ダナ―ジュ)で熟成しています。

ナパ・ヴァレー南東のアトラス・ピークの自社畑と、その周辺の契約畑の葡萄は、土壌からくる鉄分や鉱物を感じるミネラルの要素が力強く表現されています。

クラシックなボルドースタイルで、鉛筆の芯のようなニュアンスに、エキゾチックな香りに引き締まった黒系ベリーが爆発的に口の中いっぱいに広がります。

ワイン・アドヴォケイトのリサ・ペロッティ・ブラウンは、「アロマには噛み締めたブラックチェリーとブラックベリーのニュアンスが飛び出し、味わいは十分に熟した果実とこなれたタンニンがしっかりとした骨格を持つ力強いワイン」と評しています。

このカベルネ・ソーヴィニヨンは、1982年に妻マギーと共にボルドー訪問した際にインスピレーションを受けた伝統的なボルドー・ブレンドのワインを念頭に置いて造っています。

ナパ・ヴァレーの東端、標高が高く、涼しい火山性土壌の自社畑の西を向いた斜面の中でも比較的暖かい区画のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フランを自社畑で低収量で栽培し、また同じ地区の素晴らしい畑からも葡萄を調達し、ブレンドしています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コングスガード ザ ジャッジ シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]

カリフォルニア・シャルドネ最高峰のひとつ
コングスガード ザ ジャッジ シャルドネ ナパ ヴァレー[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常46,200円のところ
特価46,200円(税込)

ジョン・コングスガードのコメント
2018年は今までの中で別格とまた言える特別なヴィンテージ。濃厚さとザ・ジャッジ特有な石のような固さが絶妙に表現されています。レーザービームのような鋭さと、クレームブリュレ、マジパン(アーモンドの香ばしさと砂糖菓子のふくよかさ、鮮烈なオレンジの花のニュアンスを持ちます。

僅か3haの岩がゴロゴロした自社畑は、ナパ・ヴァレーの東丘陵、クームスヴィルの丘の上にあり、今や多くのワイン評論家(パーカー、ガローニ、マクニール、タンザー、ブロードベントなど)が、「伝説的な偉大なカリフォルニアのシャルドネ」と表現してくれることを謙虚に受け止めています。

アントニオ・ガローニは、2018年を「信じられないほどの精度、本当に魔法のようなワイン」と称賛し、ワイン・アドヴォケイトのリサ・ペロッティ・ブラウンは、「非常にピュアで、非常に繊細で、最後には堅牢なミネラル感が押し寄せてくる」と評価しています。

まさに豊かな「フリンティ(火打石を磨ったような)香」と口中に残る硬いミネラル感、芯には豊かな果実が凝縮しており、ブルゴーニュのピュリニー・モンラッシェの硬さに、モンラッシェの豊かさが共存しています。

カリフォルニア・シャルドネ5本指と言えば、マーカッシン、キスラー、ピーター・マイケル、オーベール、そしてコングスガードです。コングスガードのトップ・キュヴェ「シャルドネザ・ジャッジ」は自社畑から造られるマニア垂涎の逸品。2018年は、310ケース/年間生産量のみです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コングスガード シャルドネ ナパ ヴァレー[2018]

いつもすぐ売り切れる、大人気!ナパ・シャルドネ
コングスガード シャルドネ ナパ ヴァレー[2018] [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ナパバレー ナパヴァレー ]

NEW!!

通常19,800円のところ
特価17,990円(税込)

1996年の初リリースから現在まで造りつづけているこのワインは、カーネロスの類まれなる二人の栽培家「リー・ハドソン」と「ラリー・ハイド」が栽培する「ウエンテ・クローン」の究極のコラボレーションです。

天然酵母のみの樽醗酵・樽熟成(約2年ノン・フィルター、人工的な清澄無しに瓶詰します。この手法から果実味と酸のバランスが究極に昇華した唯一無二の味わいが口いっぱいに広がります。フルゴーニュ・ムルソーやシャブリの一部の造り手のワインに現れる濃厚でフリンティ(火打石の香)な香りが顕著に表れるのがこのワインの特徴の一つです。

ジョン・コングスガードのコメント
ジョンいわく、「2018年のナパ・ヴァレーシャルドネは、シャルドネの素晴らしさのすべてを内包した、華やかさとエネルギッシュさを兼ね備えています。トーストした香ばしいブリオッシュのアロマに、白桃と蜂蜜が香り立ち、濃厚な果実味に硬い石のようなミネラル感が長い余韻となって続きます。」

ワイン・アドヴォケイトのリサ・ペロッティ・ブラウンは、「アタックから口が痺れてしまうような感動がなだれ込む。クラッシックな造り方(樽醗酵・樽熟成)で鍛え上げられたシャルドネはいつも驚かされるほど素晴らしい」と評しています。

カーネロスの両巨頭ハドソンとハイドの葡萄の樹の個性と土壌から来るミネラル質が驚くような競演をしています。もうずいぶん前に、ブルゴーニュ・ムルソーの尊敬する造り手のテクニックである一年使いの樽で一年熟成後、2年使いの樽に移して、冷たい貯蔵庫で更に一年熟成させた効果が、輝くばかりの印象的な余韻となって見事に刻み込まれています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

デリンガー カベルネ ソーヴィニヨン ロシアン リヴァー ヴァレー[2014] デリンジャー

日本への入荷わずか60本の超レア・ワイン
デリンガー カベルネ ソーヴィニヨン ロシアン リヴァー ヴァレー[2014] デリンジャー [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常13,200円のところ
特価13,200円(税込)

カベルネ・ソーヴィニヨンは完熟するのが遅い品種です。特に冷涼なロシアン リヴァー ヴァレーでは栽培も少なく、格別に優れた土壌での特別な手入れが必要となります。デリンガーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンはブドウの成熟を促すことの出来る南向きの丘陵地に位置する畑で栽培しています。さらに適切な間引きをして、残した葉、果実に太陽の光がしっかりと当たる様に細心の注意を払って栽培しています。

通常、ピノ・ノワールの収穫が9月末には完了するのに比べ、カベルネ・ソーヴィニョンの収穫は1か月以上遅くなり、11月になる事もしばしばです。しかしながら、2014年ヴィンテージは、とりわけ早い収穫となり、10月の中旬に収穫をしました。降水量が少なかったこの年は、ブドウの成長期後半まで温暖な気候が続いたので、暑さを好むカベルネ・ソーヴィニョンが熟すのを促す結果となりました。

2014年のカベルネ・ソーヴィニョンは凝縮感に溢れ、大変魅力的なワインです。この特徴は嬉しいことに時が経つに連れて益々増していきます。このワインは、ソノマ・カウンティのブドウならではの力強い濃厚な味わいを持ちながら、ボルドー ワインを思い起こすような上質な酸、ほどよい重み、しっかりとワインを支えるタンニン分も感じられる味わいです。ブラックカラント、スギ、辛みのあるチリチョコレートなどの香り、味わいが楽しめます。

生産量も少なく、毎年ワイナリー直接のお客様、メーリングリストのお客様のみで完売してしまう入手困難なワインとなっております。

今回、日本初入荷、そして日本には60本しか入荷していない超レアワインです。フレンチオーク21か月(53%新樽)

デリンガー・ワイナリーについて
デリンガーは、ソノマのロシアン リヴァー ヴァレーにある1975年創立の家族経営のワイナリーです。1975年の当初より、ロシアン リヴァー ヴァレーのドライ ファーミングで造る自社畑のブドウを使い、40年以上に渡り、最高のワインを造り続けています。現在、デリンガー創始者であるトムとキャロル夫妻の間に出来たカルメンとエヴァという娘たち2人もワイナリー経営に携わり、次世代を担っています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

デリンガー ピノ ノワール アルタモント ロシアン リヴァー ヴァレー[2016] デリンジャー

デリンガーのフラッグシップと言えるワイン
デリンガー ピノ ノワール アルタモント ロシアン リヴァー ヴァレー[2016] デリンジャー [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常13,200円のところ
特価13,200円(税込)

デリンガーのエステート ヴィンヤードはセバストポールの町の北、太平洋から13マイルのところにあります。畑はソノマ カウンティの中にわずかに存在する急斜面の頂上のアルタモントと呼ばれる特別な赤い色の土壌です。ブドウの樹はドライ ファーミングで栽培されています。オープンライアと呼ばれる仕立て方で葉を左右に分けて伸ばすことにより太陽の光と日差しを最大限にブドウの房に届けることが出来ます。

2016年は、何年かに渡り続いた干ばつが、やっと小休止した年です。前の何年かより早めの季節に、かなりの量の雨が降りました。しっかり水分を補給した土壌は、たくさんのブドウを実らせ、十分なワインを醸造することが出来ました。リリースした直後から、このヴィンテージのワインは、エレガントさが際立ち、丸みを帯びたタンニンを感じることが出来ます。

このワインは、「デリンガー ワイナリーのフラッグシップ」と言えるワインです。

このアルタモントの赤色の粘土質の土壌が散りばめられた、この土地こそが、創業者であるトム・デリンガーが、まず心奪われ、1970年初頭に家族の農場とした土地です。アルタモントの畑こそ、デリンガーワイナリーの始まりです。それから40年以上に渡り、デリンガーではワインを造っていますが、いまでもこの珍しい土壌が生み出す強烈で個性的なワインに魅了されています。

2016年のアルタモントのピノノワールは淡いルビー色、チェリー、トフィー、ダークラズベリーの香りを感じます。大変バランスがとれ、繊細な味わいです。その果実の味わいを繊細できめ細やかなタンニンが包み込むように感じられます。一度飲んでいただければ、その味わいの虜になること間違いないでしょう。フレンチオーク17か月(50%新樽)

デリンガー・ワイナリーについて
デリンガーは、ソノマのロシアン・リヴァー・ヴァレーにある1975年創立の家族経営のワイナリーです。1975年の当初より、ブドウのフレーバーを最大限に生かし、樽醗酵を施した手作業による小ロットのワインを造る事に専念してきました。今日もすべて自社の畑のブドウを使いワインを造る事をモットーにしています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

デリンガー ピノ ノワール ゴールドリッジ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017] デリンジャー

デリンガー ピノ ノワール ゴールドリッジ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017] デリンジャー [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常11,000円のところ
特価11,000円(税込)

毎年の瓶詰は、土壌、樹齢の持ち味を最大限に引き出して行う醸造の結果であり、自社畑ならではの味わいを投影したものとなります。畑のブロック、土壌の種類、樹齢、クローンの選択は多様に渡り、目指すスタイルのワインを造るためのブレンドの工程は、信じられないほどの凝縮感と精選された味わいを生み出します。

12以上の小さなロットに分けられたワインは、個別に醗酵、樽熟成、最終的にブレンドします。ブレンドの元となる畑の特性を良く表現した最も魅力的な味わいを追求しています。

薄い表皮のピノノワールのブドウは程よい色付き、ソフトなタンニン、魅惑的な味わいに溢れています。例年通り、2017年のゴールドリッジ ピノノワールは、しなやかなテクスチャー、高貴なフルーツのアロマに溢れています。砂目が多く、収量も少ない自社のゴールドリッジの畑から取れた、このピノノワールは25年以上のヴィンテージに渡り造り続けられており、ロシアン・リヴァー・ヴァレーで造るピノノワールの見本のような存在となっております。

2017年は、特にレッドカラント、ボイスンベリーの魅惑的なアロマに溢れ、甘みのある芳ばしいオークの香りが重なります。フレンチオーク15か月(48%新樽)

デリンガー・ワイナリーについて
デリンガーは、ソノマのロシアン・リヴァー・ヴァレーにある1975年創立の家族経営のワイナリーです。1975年の当初より、ブドウのフレーバーを最大限に生かし、樽醗酵を施した手作業による小ロットのワインを造る事に専念してきました。今日もすべて自社の畑のブドウを使いワインを造る事をモットーにしています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

デリンガー シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017] デリンジャー

デリンガー シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー[2017] デリンジャー [ ワイン 白ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常8,800円のところ
特価8,800円(税込)

デリンガーのエステート・ヴィンヤードは、セバストポールの町の北、太平洋から13マイルのところにあります。畑はロシアン・リヴァー・ヴァレーのクラシックな土壌、ゴールドリッジという細かい砂壌土で、ブドウの樹は、ドライファーミングで栽培されています。オープンライアと呼ばれる仕立て方で葉を左右に分けて伸ばすことにより太陽の光と日差しを最大限にブドウの房に届けることが出来ます。

このエステートのシャルドネは、ゴールドリッジ土壌で育った3つの古木のブロックからのブドウがブレンドされています。こちらの歴史あるシャルドネは、ウエンテ・クローンが接ぎ木されたものです。この小ぶりの房のシャルドネは、そのミネラル感溢れ粘性の高いワインとなる事で良く知られています。

2017年のエステート・シャルドネは自然酵母を用い、フレンチオーク3分の1を少し上回る新樽率で樽醗酵しました。シュール・リーで、瓶詰もフィルターをかけず行うことで、しっかりとしたテクスチャーとフレーバーのあるスタイルに仕上げています。

レモンカスタードや白桃のアロマ、ライムの皮や煎った芳ばしいヘーゼルナッツの味わいが広がり、長い余韻へと誘います。生き生きとしたフレッシュな酸、複雑な味わい、デリンガーならではの上品さが感じられるシャルドネです。

デリンガー・ワイナリーについて
デリンガーは、ソノマのロシアン・リヴァー・ヴァレーにある1975年創立の家族経営のワイナリーです。1975年の当初より、ブドウのフレーバーを最大限に生かし、樽醗酵を施した手作業による小ロットのワインを造る事に専念してきました。今日もすべて自社の畑のブドウを使いワインを造る事をモットーにしています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

サッシカイア エクストラ ヴァージン オリーブオイル[NV]

サッシカイアが造る自家製オリーブオイル
サッシカイア エクストラ ヴァージン オリーブオイル [ イタリアワインワイン トスカーナ ]

NEW!!

通常3,780円のところ
特価3,780円(税込)

イタリアワインの新時代を切り開き、至宝と謳われる「サッシカイア」。ボルドーブレンドによる高品質なワインは、トスカーナを超えた「スーパータスカン」と呼ばれ、 世界的なブームを引き起こしました。そのサッシカイアが造る自家製オリーブオイルです。

サン・グイド農園は、リヴォルノの南、ボルゲーリ近郊にあり、トスカーナ州沿岸からほど近い海抜50mほどのところにあります。オリーブ畑は、6100エーカーの畑地のうち270エーカーを占め、残りはブドウ畑とその他の作物です。オリーブの品種はLeccino、 Moraiolo、 Pendolino、Frantoioの4種。

植えられている8000本の樹の内、2000本は景観や土壌の保全の役割を果たしています。伝統的な圧搾機により低温で優しくオイルを絞った後、無濾過で瓶詰めしていきます。その味わいはリコリスを思わせる香りとともに、フレッシュなオリーヴやスパイスなどの香り。青草とナッツの風味の中に心地の良い苦味やぴりっとした辛味が残ります。フレッシュなオリーヴの風味を楽しめる上質なオイルです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

コールドストリーム ヒルズ ピノ ノワール ヤラ ヴァレー[2018]

コールドストリーム ヒルズ ピノ ノワール ヤラ ヴァレー[2018] [ ワイン 赤ワイン オーストラリアワイン ]

NEW!!

通常4,378円のところ
特価3,608円(税込)

オーストラリアで最も有名なワイン評論家「ジェームズ・ハリデー」が、自ら立ち上げたワイナリーです。ワイン漫画「新ソムリエ瞬のワイン」で「オーストラリアのロマネコンティ」を超えるワインを造り出すワイナリーとして紹介されています。

冷涼なヤラヴァレー産のピノノワールを使用しています。チェリーやクランベリーのアロマに、茎の風味。しなやかなタンニンと長い余韻をお楽しみいただけます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

J. ロキオリ ピノ ノワール スィートウォーター[2017]

ロキオリの超希少なシングル・ヴィンヤード
J. ロキオリ ピノ ノワール スィートウォーター[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常20,900円のところ
特価20,900円(税込)

自社畑の中でも、比較的高い標高に位置する畑。赤や黒のベリー、スパイスやヴァニラが繊細に混じり合い、土の香りがほのかに立ち上ります。豊かな果実感がパレットに広がり、上品なタンニンと酸味が味わいを引き締める絶妙なバランスです。

自社畑、発酵: ステンレスタンク、熟成: フレンチオーク (44%新樽) にて15ヶ月。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

J. ロキオリ ピノ ノワール リトル ヒル[2017]

ロキオリの超希少なシングル・ヴィンヤード
J. ロキオリ ピノ ノワール リトル ヒル[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン ソノマ ]

NEW!!

通常20,900円のところ
特価20,900円(税込)

ウエストブロック・ヴィンヤードのすぐ上に位置する斜面の畑は岩混じりの水掛けの良い土壌。適度に凝縮感のあるアロマ、ブラックチェリーやスパイスのタッチ、複雑な風味と長い余韻が愉しめる至高の1本です。

自社畑、発酵: ステンレスタンク、熟成: フレンチオーク (44%新樽) にて15ヶ月。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

リトライ ピノ ノワール サヴォイ ヴィンヤード[2017]

≪ワイナート:96点≫
リトライ ピノ ノワール サヴォイ ヴィンヤード[2017] [ ワイン 赤ワイン カリフォルニアワイン メンドシーノ ]

NEW!!

通常14,960円のところ
特価11,264円(税込)

メンドシーノの海側に位置するアンダーソン・ヴァレーは、冷涼な気候を有し、ピノ・ノワールの一大産地として知られます。多くの著名ワイナリーにピノ・ノワールを供給するサヴォイ・ヴィンヤードは霧が立ち込めるヴァレーの北東側平地に広がります。

契約畑 、発酵: ステンレスタンク、熟成: フレンチオーク (25% 新樽) にて16ヶ月

アンダーソン・ヴァレーの高級畑の中では比較的凝縮感が高く、なめらかな舌触り。酸の骨格と複雑な風味。

リトライのテッド・レモン氏の造るワインは、食事とともに愉しむエレガントなファインワインを探し求めるカリフォルニアのソムリエたちに見出され、次第に名声を勝ち得てゆき、現在では繊細なスタイルのシャルドネとピノ・ノワールの先駆者として多くの造り手から尊敬を集めています。

近年注目を集めているバランスを重視し、繊細なワイン造りを目指す生産者のグループ「In Pursuit of Balance」(IPOB)を代表するメンバーであり(2016年にIPOBは解散)、アメリカの著名なワインライター、ジョン・ボネによる凝縮に走らない新世代のカリフォルニアの造り手達を紹介する著書「The New California Wine」では、テッド・レモンを、その象徴として表紙に採用し大きな話題となりました。カリフォルニアで最も敬虔なビオディナミの実践者としても知られています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


104 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ