牡蠣とワイン ( ̄▽ ̄) クリフ レイディ ソーヴィニヨン ブラン ナパ ヴァレー

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ワタクシ牡蠣が食べられません

20代の頃はツルツルと

飲みのものように食べていたのに、

30代になって突如アレルギーとなってしまいました・・・

悔しいが、牡蠣食べる担当は夫です。

外食で牡蠣と合わせたワインが

牡蠣を抜きにしても美味しかったので

紹介いたします

牡蠣と相性の良いワインは

一般的に白ワイン。

昔は牡蠣と言えばシャブリ・・・って感じだったけど

最近は自由度が増しています。

今回飲んだのは

クリフ レイディ ソーヴィニヨン ブラン ナパ ヴァレー[2018]

ナパワインです。

クリフレイディ

2002年に設立されたワイナリー。

「ナパ・ヴァレーはボルドー品種に適した土地」という

ポリシーのもと、シャルドネは造らず、

カベルネソーヴィニヨンソーヴィニヨンブランを生産しています。

場所もいいけど、関わった人たちがすごい!

デイヴィッド・エイヴリュー、ミッシェル・ロラン、

フィリップ・メルカ・・・

まぶしすぎるっ(>_<)

そしてワインはカベルネソーヴィニヨン

ソーヴィニヨンブラン

ワインアドヴォケイトやスペクテイターで

高得点を獲得している。

はぁ---

どうせ、お値段も高得点なんでしょ?

いや、確かにカベルネは1万円強、安くはない。

けど、エイヴリューですよ、

ミッシェル・ロラン、メルカですよー。

しかも、ソーヴィニヨンブラン

オンラインワッシーズでは4,136円(税込)

安くはありませんが、試す価値ありデス!

さて、そのソーヴィニヨンブラン

ソーヴィニヨンブラン87%、セミヨン10%、

ソーヴィニヨンヴェール 3%。

イキイキとしたフレッシュな酸味と、やわらかな果実味、

シュールリーで仕上げられたこのワインは

複雑味と上品さを併せ持つ

ちょっとええワイン。


≪生ガキ&レモン≫


≪牡蠣のバター焼き≫

夫曰く、

牡蠣のクリーミーな後口を

やさしく包み込んでくれて

余韻を楽しめる!と絶賛しておりました。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA