アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤードとオードブル盛り合わせ~(≧◇≦)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ローストビーフとかパテやハム、エビフライがのった

オードブル盛り合わせに心を惹かれます。

今年は特に子どもの日や母の日あたりは

デパ地下でオードブルの盛り合わせがずらりと並んでいた気がします。

しかもお値段もお手頃!!

やっぱりおうち需要なのかな。

そのままテーブルに並べてもいいし、

残ったらサンドイッチにするのも大好き!

オードブル盛り合わせを買った日は、

サラダくらいしか作らなくていいのも嬉しい。

ラクちん、ラクちん(≧◇≦)

そのかわりワインは大奮発。

「ギャリー・ファレルのワインだよー」とどどーんと出したワイン。

ギャリー・ファレルって書いて無いやん・・・ってつっこまないで。

かつて一世を風靡し高品質なピノ・ノワールやシャルドネで

ワインラヴァー達を魅了したギャリー・ファレル。

恥ずかしながら、ギャリーさんが一世を風靡したという

ピノやシャルドネは知りません。

この仕事に携わるようになってからはギャリーさんのお名前は

目にすることも多く

気になる醸造家でありました。

アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤード [2012]

ギャリーさんは2012年ヴィンテージを最後にアリシアン・ワインズを引退。

アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤード [2012]

はワイナリーに眠っていた、

ギャリーさんが最後に手掛けた“お宝”ワイン!と

銘打たれたワイン。

栓を抜いた瞬間に、

ああ・・・これはするっと飲んでしまうアカンやつや、と確信。

ラズベリーの凝縮感ある香りあふれ、

シナモンやクローブのスパイス、タバコ・・・と

幾重にも香りが重なってくる。

口にしたらもう最後。

なめらかなタンニン、ほどよい厚み

果実の花束を引き締める美しい酸、

バランスよく、

余韻もしっかりある。

んまーーーー(≧◇≦) 

2012年だからほぼ10年経つわけですが、

まだまだいける。

今飲んでも、これからも楽しみなワインの典型だ~

今日のオードブルは、脂少なめのローズとビーフがメイン。

上手く引き立て合ってくれました。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA