ニュージーランドワイナリーTOP4選出。あなたの満足感を満たすワイン

今回はニュージーランド、定期的に売れてますし、ワイン業界的にも評判の作り手ですが、知名度としてはこれからなんでしょうか、覚えておいて、いや飲んでおいて間違いないワインです。

『マヒ』
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz7/14118

名前は印象に残らないからなんですかね? マヒって2文字だけなんで。

マヒ(Mahi)とは「作品」「手工芸品」の意味を持つマオリの言葉。その意味の通り収穫から限りなく手作業で丁寧なワイン造りを心がけており、あわせて手をかけなくて良い所は手を加えず、極力自然の良さを生かしています。

〇マヒを賞賛するコメントに共通するのが【バランスの良さ】
これはマヒ全てのワインすべてに共通するもので、果実味・酸・タンニン・樽の風味など、どれか一つに突出することなく完成されたワイン。

このバランスの良さでワインジャーナリストの”ジャンシス・ロビンソン”もニュージーランドのトップ4のワイナリーとして選出した事もあり、また多くのソムリエ達もこぞってマヒのワインを使い、好んで飲んでいるそうです。

〇マヒは「マールボロらしさ」にこだわっています。
1990年代後半ごろのマールボロのワインは、広域のブドウを混ぜた“リージョナル・ブレンド”という作りによって、それぞれのぶどう園が持つ個性が失われていました。
そしてマールボロのワイナリーは大規模化され量産。海外メディアからは「マールボロは個性を失いつつあり、ほとんどのワインは同じ味である」と酷評され始めていました。
そこで、マールボロの土地でもワインの個性が表現されるべきと考え、マヒで「単一畑」でのワイン造りをスタートさせました。

広域から収穫されたブドウではなく、その畑がもつ特徴をワインに反映させることを試みたのです。

〇携わるワイナリーをTOPクラスに引き上げるブライアン・ビックネル
マヒのオーナー兼ワインメーカーのブライアン・ビックネルは、オーストラリアのローズワーシー大学でブドウの栽培を勉強した後、約15年間世界のさまざまな地域でワイン造りを行っていました。

フランス、イタリア、ハンガリーを経て、今でこそチリの最大手ワイナリーとなった「エラスリス」では、英国への輸出量をチリワインで1番に押し上げます。

1996年からはマールボロの『セレシン・エステート』で、ワインメーカー兼ジェネラルマネージャーとして40,000ケースを生産するワイナリーにまで仕立て上げ、名声あるワイナリーとして確立しました。

マヒは2001年に設立、2006年にワイナリーを手に入れたのをきっかけに、他社の仕事からは手を引き、マヒに専念しています。

ニュージーランドワインも充実のWassy’sがおすすめするオススメ生産者のひとつです。

※2021.3.9現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

────────────────────

■マヒ ピノノワール ワードファーム シングルヴィンヤード[2014]
販売価格 6,050円
《ワイン・アドヴォケイト:92点》
ブドウは、単一畑「ワード」から収穫されたものを使用。ブラックベリー、レッドチェリーなどのやや重みのある果実味。香ばしいドライ・ハーブの複雑味や土・樹の香り。円熟したバランスの良いタンニンと、嫌味のない酸度はワイン全体のバランスを引き締めます。
グラスに注いでからは、軽く空気に触れさせてください。艶やかな香りが立ち昇る、納得のピノに仕上がっています。

■マヒ ソーヴィニヨンブラン バウンダリーファーム シングルヴィンヤード[2017]
販売価格 3,666円
桃やアプリコットのような核果実のトロピカルさ、そこにスッと鼻に抜けるハーブの清涼感が、ブドウ品種の特徴をよく表しています。樽発酵により香ばしさや樹の香り。野生酵母によるゆるやかな発酵により、ワインに複雑味を与えます。

■マヒ シャルドネ ツインヴァレーズ シングルヴィンヤード[2016]
販売価格 4,700円
《ワイン・アドヴォケイト:93点》
マールボロ地区の中でも冷涼地・ワイラウヴァレーの西端に位置する畑「ツイン・ヴァレーヴィンヤード」のブドウのみを使用。リッチなボディをした、樽熟のシャルドネ。アプリコット・白桃の果熟した風合いに、バタースコッチのようにふくよかで、クリーミーな味わいが特徴的です。

■マヒ シャルドネ マールボロ[2018]
販売価格 3,190円
非常にバランスのとれた仕上がり。ふくよかで熟したフレーバーこのシャルドネをコンセプトとする複雑味と共にフレッシュな骨格を残すことを柱にワイン造りしています。畑、果実、野生酵母そして樽の個性たちが複雑味と味わいを作り上げます。

■マヒ ピノノワール マールボロ[2018]
販売価格 3,740円
華やかでスパイシーな香り、チェリーやプラムの果実味に樽が絶妙に溶け込み複雑味としなやかさを備えています。

■マヒ ソーヴィニヨンブラン マールボロ [2018]
販売価格 2,673円

《ワイン・アドヴォケイト:90点》
《ワイン・スペクテイター:86点》
口に含むとエレガントな骨格と一緒にクリーミーさが中ほどに現れ、長い余韻が保たれる。フレンチオークの旧樽で樽醗酵させたものと、フリーランジュースを醗酵させたものを最後にブレンド。

 

ワインのプロが目指す資格でも使われるニュージーランドワイン

春から夏に向けて一気に人気が高まるニュージーランドワイン。これから特に美味しいソーヴィニヨンブランワインのご紹介。

2000円台からと価格といい感じ。
春の準備として服の模様替えとともにワインの味わいも変えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

ニュージーランドワインと言ってまず思い浮かべるのがソーヴィニヨンブラン。そして産地ならやはりマールボロなんじゃないでしょうか。

THEニュージーランドなこの組み合わせで今おすすめなのが

『ダッシュウッド』
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz4/14146

ダッシュウッドは、ニュージーランドのマールボロ内にあるワイン産地でアワテレとワイラウのベストなブドウをブレンドし高品質のワインを造り出す大人気ブランド。

トロピカルな果実味が特徴のワイラウ・ヴァレーと、高い酸度が特徴のアワテレ・ヴァレーの2つの産地の特徴をうまくブレンドすることで、ダッシュウッドの高品質でニュージーランドワインらしさを持ったワインに仕上がります。

この高品質でいてニュージーらしさはテイスティングの教本として使われており、ワイン業界でソムリエ協会に並んで人気のある資格「WSET(Wine & Sprits Education Trust)」のテイスティング講習でも、ダッシュウッドのソーヴィニヨンブランやピノノワールが使用されているというお墨付き。

ダッシュウッドのソーヴィニヨンブランは、パッションフルーツや白桃・梨などの芳醇な香りとグレープフルーツやライムといった爽やかな柑橘果実が混在し、そこにディルなどのハーブのエッセンスを感じるのが特徴です。
ぶどう畑における昼夜の寒暖差が、ブドウにふくよかな果実味と綺麗な酸を与え、この土地を表現したワインになるのです。
リースリングやシャルドネ、ピノノワールなど他の品種も同様に、フレッシュかつバランスの取れた味わいです。

WSETのお墨付きでニュージーランド・マールボロ地区を代表するワイン。そして価格が2000円台と申し分無しと言った所じゃないでしょうか。

 

※2021.2.27現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です
────────────────────


■ダッシュウッド マールボロ ソーヴィニョンブラン [2019]
販売価格 2,130円
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz4/14146/59777
アワテレとワイラウのベストなブドウをブレンド。夜と冷涼な朝に収穫することでフレッシュなフレーバーを残しています。ワイラウからアロマティックさをアワテレからシトラスやパッションフルーツのフレーバーを表現し優しい圧搾から低温発酵。ステンレスタンク熟成。

■ダッシュウッド ピノノワール マールボロ [2019]
販売価格 2,352円
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz4/14146/65020
ジューシーで濃厚な果実味が香ります。チェリー、プラムアジアのスパイスとドライ・ハーブ。豊かなテクスチャー、ソフトでベルベットのようなタンニン、濃厚な赤い果実味がワインに余韻とストラクチャーと気軽に飲めて満足感と安心の美味しさを感じられます。

■ダッシュウッド シャルドネ マールボロ [2018]
販売価格 2,352円
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz4/14146/64037
ほんのりした樽の風味がワインに柔らかなタッチを加えています。シトラスやアプリコットの美しい香りと白桃がフレーバー、キリッとした果実味も持ち合わせています。ほ

■ダッシュウッド リースリング マールボロ [2019]
販売価格 2,500円
https://winestore.jp/c/gr411/newzealand/nz4/14146/59097
新鮮なマールボロのフルーツフレーバーを持ち合わせたリースリング。アロマティックな風合いとシトラスのような酸味、後口がバランスのとれた辛口と程よい調和が品種の特性をしっかり味わえます。

 

 

本日の試飲 (=゚ω゚)ノ クールな価格!!ランチ32 ソーヴィニヨンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日の試飲ワインはランチ32 の

ランチ32 ソーヴィニヨンブラン

ランチ32はカリフォルニアのモントレーにあるワイナリ。

場所はサンフランシスコからさらに南。

それだけを聴くと、

何となく濃い濃いワインを想像してしまいます。

が、日照量がしっかりありながら、

高温になりすぎない環境で造られます。つまり、

冷涼な気温と長い生育期間が確保されて、

葡萄はゆっくりと成熟し、

リッチで複雑味豊かなフルーツ・フレーバーが、

と同時に素晴らしい酸を保持したワインがつくられるのです。

さてさて、

ランチ32 ソーヴィニヨンブラ

ヴィンテージが新しく2018の試飲。

透明で輝きのあるやわらかい麦わら色。

パイナップル、トロピカルフルーツの香りが溢れて

口にする前からハッピーな気持ちにさせてくれる。

ひと口、

ん?ハーブ等の青草ぽさがなくって

すっきりした甘味と酸味がすごくバランス良い。

それに余韻もあって

これで税込み1,760円ってお買い得(≧◇≦)

他にも

ランチ32 シャルドネ[2018]

ランチ32 メルロ[2018]

ランチ32 カベルネソーヴィニヨン[2017]

全て2000円以下で手に入ります

これがクールな価格ってやつですね。

試してみる価値アリじゃないですか?

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

全っ然違うのっっ(>_<)チョークヒル エステート ソーヴィニヨン ブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先だって、実家からトマトやら茄子をたくさんもらったので、

ラタトゥイユを作りました

トマトといってもミニトマト。

形も悪い茄子ですが、

料理してしまえばどーってことない。

トマト、にんにく、セロリ、たまねぎ

茄子、ズッキーニ、パプリカ各種。

全部同じくらいの大きさにザクザク切ったら

オリーブオイルで炒めて塩コショウするだけ。

夏野菜いっぱい食べて、

元気に乗り切ろう。

そして

暑い時期にはソーヴィニヨンブランを飲むことが多いのだけど

久しぶりにチョークヒルを開けました。


5年ほど前に訪れた時の写真です(^○^) 瀟洒な建物も印象的でした。

チョーク ヒル エステート ソーヴィニヨン ブラン[2017]

ドライ過ぎず、やさしい口当たり。

フルーティでリッチな質感。

イキイキとしたフレッシュな酸味は勿論、

それだけじゃない複雑さもあって、

やっぱり他のソーヴィニヨンブランとは全然違う。

美味し―

すっきり爽やかハーブな香りのソーヴィニヨンブランも良いけど

チョーク ヒル エステート ソーヴィニヨン ブラン[2017] 

ゴージャスで

ちょっと良い日に開けたいソーヴィニヨンブラン

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

氷の替わりに良いもの見つけた

トリイです。

まだ暑い!
白ワイン飲みだしても、すぐにぬるくなる・・・

飲み始めると、最初は冷えてそのまま、その後氷入れたりして飲んでるんですが
コンビニでフルーツを一口サイズで凍らせたフローズン・フルーツなるものを発見。おやつのつもりで買ったんですが、ふとこれをワインの中にドボンッ。

アヲハタ くちどけりんご やわらかフローズン
セブンイレブンで購入

 

氷入れるよりいいじゃないですか。
薄まる事もないですし。

青りんごですから、そのニュアンスがある白ワインやスパークリングワインと。

あと、イチゴもありましたんでこっちは、軽口なピノノワールとかロゼ、スパークリングですかね。

 

たまたま飲んでたオーストラリアのソーヴィニヨンブランに入れて飲みました。

ダーレンベルグ ザ スタンプジャンプ ソーヴィニヨン ブラン S[2019]
https://winestore.jp/fs/wine1227/61411

 

 

 

あるだけで気分が良くなる(*^▽^*)ホーニッグ ソーヴィニヨンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

はじめてこのワインに出会ったとき、

まずボトルの美しさに目を奪われてしまいました。

ほんのり緑がかった美しい液体が、

まるでレンズの様に全体をつつんで、

ほーーーーっとしばし見つめてしまった。

ホーニッグ ヴィンヤード&ワイナリー ソーヴィニヨン ブラン

で、味わいはJが想像していたNZばりの

爽やかハーブテイストかと思いきや

爽やかフルーツテイスト」しかも

リッチで南国系のフルーツ風味。

まろやかで、やさしい味わい。

そして全体を引き締めるグレープフルーツ感。

ずーっと飲んでいられる。

今日は、母からなすをたくさんもらったので、

なすとひき肉のグラタンを作りました。


(T_T)ちょっとなすがわかりにくい?


(底一面に揚げたなすが敷いてあります!)

あつあつのグラタンを食べて、

しっかり冷やした

ホーニッグ ヴィンヤード&ワイナリー ソーヴィニヨン ブラン

美味。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ひと時大ヒットドラマ アノ女優さんのワインが美味しかったんです

ひとまず非常事態宣言も解除。

ぼつぼつと状況みて、飲みにでも行きましょうかと思っております。

わたくしトリイは一応出勤してましたんで、在宅勤務はないのでテレワークや自粛感は少なったんですが、皆様はSTAYHOME期間は何してました?

やっぱり動画配信とかでドラマとか映画観倒してましたか?

ウチの奥さんも、NetflixだAmazonビデオでアレコレ見まく
ってましたね。

JIN 仁
INTO THE NIGHT
鬼滅の刃(これは途中まで)

あと、は毎日映画・・・

そうそう、なんか最近やたらと名前を聞く『愛の不時着』も何話か見てましたよ、途中で脱落したみたいですが。

ドラマと言えば、その昔大ヒットしてハマッた人多いんじゃないですか特に女性


『セックス・アンド・ザ・シティ』

かれこれ20年前のドラマですね。周りにも数人、このドラマにハマってた友達がいました。

そろそろ家飲み、ZOOM飲みから解放されて久々に友達と集まって飲み会開催する予定もあるんじゃないかと。

そんな時これ持って行くのいいんじゃないですか?


■インヴィーヴォ X SJP(サラ ジェシカ パーカー コラボ)
ソーヴィニヨン ブラン[2019]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/61857

『セックス・アンド・ザ・シティ』の主役の1人”サラ・ジェシカ・パーカー”がニュージーランドの生産者『インヴィーヴォ』とコラボしたニュージーランドワインなんです。


昨年リリースして初回分は即完売、その後も再入荷はしてますがその都度在庫が切れる人気ワイン。

ドラマの舞台ニューヨークでは特に人気だそうです。

マールボロのソーヴィニヨンブランですが、よくこの産地で見られる特徴の青々しい草の香りはひかえめで、トロピカル感が強め。全体的に軽くライトな口当たりで辛口でいて柔らかい飲み心地になってます。

これからの昼飲み、公園飲みなどにピッタリじゃないでしょうか、丁度これ試飲した前日にバインミーを食べたんでそれにも合うだろうなぁ~と思い出しました。

ぜひセックス・アンド・ザ・シティばりにオシャレに飲んで見てください。

【公式ホームページ】
https://scnz.jp/winery/sjp/

─────────────────────────
どのワインもこれからの時期にはとてもおすすめ
─────────────────────────

SJP以外もピノノワール&ソーヴィニヨンブランでのラインナップなので、あわせておススメです。

《爽やかな味わいが好きなら》
■インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2019]
特価2,178円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/61492

インヴィーヴォなら、ニュージーランドの白ならのお約束がソーヴィニヨンブラン。もちろん最も売れてるワインがこれになりますね。美味しく飲んで気持ちいい白ワインなら、もうハズレ無しの鉄版です。

《スッキリ爽快なのど越しが好きなら》
■インヴィーヴォ マールボロ スパークリング ソーヴィニヨンブランNV
特価2,310円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/13870-000

コチラも人気、辛口で細やかな泡が最高のスパークリングワインです。

《飲み心地のいい赤がいいなら》
■インヴィーヴォ セントラルオタゴ ピノノワール[2017]
特価3,718円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/54468

《ひとまず手頃なワインなら》
■エイト ポイント バイ インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2018]
特価2,090円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/50876

■マナ バイ インヴィーヴォ ピノノワール[2018]
特価2,079円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/59419

■マナ バイ インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2019]
特価1,628円
https://winestore.jp/fs/wine1227/14096/58186

紹介したSJPとのコラボだけでなく、多才で魅力的なプロモーションに長けており、2007年の設立から瞬く間に世界中で知られるプレミアムワイナリーとなりました。ワインそのものも当然高い評価を得ており、

・ニュージーランドワイン・プロデューサー・オブザイヤーに2年連続獲得
 ピノノワール2010が【Top 3 in the world】のピノノワール受賞

・ソーヴィニヨンブランはデカンター誌にて★★★★★5つ星とゴールドメ
 ダルを受賞

・Quality Drinks Award 2010では、ソーヴィニヨンブランがホワイトワイ
 ン・オブザイヤー

など他にもまだまだ多数の評価を得ています。

『インヴィーヴォ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/14096

 

アマゾンの配信で見かけた懐かしい映画『ナビゲイター』1986年の作品でUFOと少年のお話なんですけどね。

中学校の時に女のコと初めて観に行った作品でした2×2のグループデート、まぁ初々しいったら・・・

懐かしくて思わずみたんですが、ここでまだ10代のサラ・ジェシカ・パーカーがでてました。
サラ・ジェシカにちなんだどうでもいい思い出話でした。

気温上昇。だんだん飲みたくなるアレ(∩´∀`)∩ソーヴィニヨンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

暑がりのJです 

春は気温が安定しないけど、

初夏じゃないか?って思うぐらい暑い日には

やっぱりアレが飲みたくなる。

ビール?

そう、ビール!も好きなんですが、

初夏といえばソーヴィニヨンブラン

ハーブの香り爽やかなニュージーランドも捨てがたいけど、

今日は オベロン ソーヴィニヨンブラン

ソーヴィニヨン・ブラン に

ソーヴィニヨン・ムスク が少し入っていてアロマティック。

クリアで自然な酸味が気持ちを解放してくれる。

このナパのソーヴィニヨンブランなかなか旨いです


簡単に手開きしたイワシのパン粉焼きで

サクサク、ごっくん、ウマウマ~

錯覚でも良い。合わせたワインで料理上手になった気分(*´▽`*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ほうぼうというお魚をご存じですか?

見た目はちょっとグロテスクでありながら

実に味わい深い白身の魚。

週末はこのほうぼうを使って

フランス風に料理。

野菜をたっぷりのせて

白ワインと魚の出汁で蒸し煮。

そして合わせたワインは

アルフォンス・メロ プイィ・フュメ Alphonse Mellot Pouilly Fume

ロワールの白、ソーヴィニヨンブランです。

ニュージーランドのソーヴィニヨンブランとは違って、

さわやかハーブの香りは強くない。

グレープフルーツやレモンの香り。

すっきりしているけど強すぎない酸味、

しっかりとした果実味が

野菜の滋味と

ほうぼうの旨味をさらに引き出して

ちょっとお料理が上手になった気分

鯛めしにワイン?(≧▽≦)オーストラリアワインの大らかさ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

これ、なんだかわかりますか?

魚のウロコ取り。100円ショップで買いました。

30年来使ってきたウロコとりを、前回使った後

うっかり取ったウロコと共に捨ててしまったらしく、

必要に迫られ急遽手に入れたモノ。

何でも売ってるなあ100円ショップ

それで作ったのが≪鯛めし≫

ちょっとワイン飲みたい気分だったので、

以前から魚のときに飲んでみようと思っていた

オーストラリアのSASHIMI ソーヴィニヨンブランを

あけてみた。

ちょっとドキドキ!

ニュージーランドのハーブの爽やかさ溢れる

ソーヴィニヨンブランも好きだけど、

このオーストラリアワイン、ずいぶんやさしい。

強すぎない果実の風味豊かで酸味がやわらく、

料理のストライクゾーンが広そう。

で、件の鯛めしだけど、薬味のねぎをたっぷり入れる。

そしてワインをいただく。

大らかなオーストラリアのソーヴィニヨンブラン、

グーです!(もう死語かな?)

いやー、美味でした~新境地。