【うちのイベントちゃいますけど】毎年チケット即完売イベント募集中《東京&大阪》

【うちのイベントちゃいますけどー】シリーズ

毎年2月の東京・大阪の2会場で開催される大イベントのお知らせです。

東大阪が生んだ、日本屈指のワインインポーター『モトックス』さんが開催する一般のお客様向けのワインフェスティバルです。

実は昼間にはプロ向けの試飲会があり、私も毎年参加していますが。その夜にプロ向けと同じライナップで200種類以上のワインが楽しめるのが

『ワールドワイン フェス』

ワインバイヤーのワッシー視点から見てもモトックスの品揃えは味と価格のバランスもすばらしく多様性に富み、フランス、イタリア、スペイン等の伝統的な主要産地はもちろん、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ギリシャ、ジョージーア、等々。。世界の各地のワインが楽しめます。
特に『イタリア』『ニュージーランド』『南アフリカ』『ギリシャ』あたりの品揃えは秀逸なので是非一度お試しいただければと思います。

================================================
【モトックス ワールドワイン フェスティバル】
https://www.mottox.co.jp/mailmagazine/2019/1202/

大阪 ザ・リッツ・カールトン大阪 2月4日(火)18:30~
東京 TKPガーデンシティ品川 2月6日(木)10:00~
================================================

——————————————
【注意事項】

・パーティーではなく試飲会だと思ってください。
※飲み放題のパーティーと勘違いして毎年泥酔して醜態を晒す事になる方がいます。

・食べ物は無いと思ってください、酔わない様になにか軽くお腹にいれて行く方が良いです

・お水をしっかり飲みましょう。酔い止めにもなるしワインの味もしっかりわかります

・ワインがグラスに入ったら、一歩下がってから飲みましょう。後ろで待ってる方がいます

・飲むワインは値段で決めず、見た事の無いものにもチャレンジしてみましょう。

—————————————–

有料にはなりますが、レベルもバラエティーもしっかり揃った優良イベントだと思いますので一度は参加してみる価値があると思いますよ。毎年人気で、特に東京会場は結構すぐに埋まってしまいますので、お申込みはお早目にー

で、美味しいワイン見つけたら教えて下さい。だいたいはオンラインワッシーズでもお買い求めいただけます(笑)

https://www.mottox.co.jp/mailmagazine/2019/1202/

俺のおすすめ!やっぱりこれだね( ̄▽ ̄) アリル

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

中川ワインの武本さん。

おすすめはやっぱりこれだね!と

手にしているのは昨日輸入したばかりのアリル2016

このアリル、ワイナリー廃業のため大特価・・・と

昨年からずっと言ってるから、

詐欺だと思われないか心配

廃業はほんとの話で、

ストックがあるだけのことなのだけど、

アメリカ現地価格125ドル。

この販売価格を完全に上回る高いクオリティなのに、

さらに日本では1万円を切る超特価になってる。

その凝縮感とやわらかなタンニンは、

一度飲んだら忘れられない味わい。

まもなくオンラインワッシーズにも入ってきます。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

これはソーヴィニヨンブランなの?((( °ω° ;)))ピーターマイケルのアプレミディ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ピーターマイケルといえば

マニア垂涎!知る人ぞ知るカベルネの名手

なんて言われている凄い造り手。

そして勿論カベルネが有名なんだけど

ソーヴィニヨンブランも凄かった!!!

ラプレ・ミディ・ソーヴィニヨン・ブラン・ナイツヴァレー

凝縮感があり波のように訪れる香りの変化。

リッチでコクがあり、味わいの奥行きと深さは

これまで飲んできたソーヴィニヨンブランは何だったの?

と暫し呆然・・・のJ。

大変美味でした。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

ロゼって甘い( ̄∇ ̄)でもこれを飲まないのはモッタイナイ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ラックさんの試飲会へ行ってまいりました。

シャトー ド フェル ロゼ ダンジュ ラ シャペル[2016]

その名の通りロゼワイン。

イチゴジャムのほのかな香り

やわらかな口あたりと思いがけないコク

そしてほんのり甘い。でも嫌味のない甘さ。

1600円也

お花見ワインなんていわれて久しいけど

そんなのモッタイナイ。

最近は白ワインと間違うほどのきりっと辛口が多いので、

こんなほんのり優しい甘さに癒されます。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

はじめてのハンドレッド・エーカーo(^o^)o

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日はワインインスタイルさんの試飲会。

なんと噂でしか聴いたことがない

ハンドレッド・エーカーが出る!っという情報を入手。

わくわくしながら行ってきました。

どちらも定価90000円也。

お、美味しいっっっヽ(=´▽`=)ノ

いや、そんな一言で言えないんだけど・・・

ここ最近で久々に感動したー。

高いからっていうわけじゃないですよ。

(いや・・・高いからもあるのかな?)

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

日曜日お時間あります?

まだまだ大雨の影響が残っているところがございますが、
皆様はいかがでしょうか?
九州地方など一部エリアへはお届けに遅れなどが出ておりますので
ご注文頂いております商品のお届けにつきましては、佐川急便の
配送確認ページなどをご確認くださいませ。

 

さてこの週末は3連休。
お天気も《THE 夏》!!

と行った具合でかなりの暑さになりそうです。
大阪、関西圏の皆様で15日日曜日お時間ありましたら、大阪梅田の
中之島へちょいと足伸ばしてみませんか?

いや、時間作ってくる価値あります。

お昼の部なら、暑さをさけての涼みがてらに
夜の部なら、この試飲販売会で色々楽しんでから梅田で晩御飯

と言った充実の休日が送れます。

5年の期間からスタッフが美味しいと思った30種類をテイスティング。
さらにワンコインなどで、普段ちょっと手がでないブルゴーニュワイン
なんかも飲むことができます。

次の日も祝日ですから、夜までど~んと行っちゃいましょう。

 

フランスも試飲しますよ

今回はフランスワイン中心の試飲会
会場のカーペットが豪華です。

 

プリューレ・ロックの『ラドワ・ル・クル・ルージュ2015』

ブルゴーニュのロック様
(こちらはアメリカのロック様)

 

香りが開くまでかなりの時間を要するのと、飲み方がどことなくデリケートな
プリューレ・ロックの中で、抜栓4時間の1回デカンタで提供されたこの
ラドワがとても柔らかく染み込むように飲めてしまった事に驚き。
ロックにあるむずかしさを感じない仕上がりでした。

 

レ・ブリュリエール・ド・ベイシュベル2015
試飲会でテイスティングするボルドーワインってあまり得意ではないんですが(そんな事言っていいのか?!)
このワインこの日飲んだすべての中でもかなり好みでした。

15年と若いんですが、ボルドーの青さや硬さをあまり感じさせず、最初の一口目から
全体的に柔らか。価格も3000円台とお手頃。

 

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ ラ・リュ・ド・ヴェルジィ2015

ひと口目から「レベル高いなぁ~~」と思ってしまう美味しさ。
ワインに必要な美味しい要素を全て高得点で押えているようなワイン。

 

『ドメーヌ・ベルサン ブルゴーニュ・コート・ドーク・セール・ピノノワール2015』

ミディアムボディで軽めの味わい。うすウマ(薄い味わいながら旨い)系
すいすいと飲めてしまう美味しさで価格も2000円台とブルゴーニュ・ピノと
しては、すいすい飲みやすい価格です。

 

プリューレ・ロックのヤニックさん。

 

ヴァインバックのカトレーヌ女史。
他の生産者さんがブースのテーブルからサービスしてる中、
彼女はブースの前に出てサービスしてました。

〆のラスボスは強敵です

Twitterで随時アップしてましたが、本日はサッポロさんの試飲会
(サッポロの赤星はお気に入り)

 

 

試飲会場入り口、まずはウエルカムシャンパンとばかりに
『ティタンジェ』ブームが鎮座。

大体試飲会では、赤ワインも白ワインもスパークリングも同じ
おひとり様1個の試飲グラスなんですが、テタンジェのこだわりか
このブースだけはシャンパングラスで試飲。

美味しくウエルカムさせていただきました。

 

まずは必須と言えるアメリカワインブースから

 

カリフォルニアのベリンジャーをメインにエチュード、セントジーン、
ワシントンのコロンビアクレストなどなど。

印象的だったのは、地味な方のスタッグスリープ。

パリテイスティングで1位とか言われてるのは『スタッグスリープ・ワインセラーズ』
こちらは『スタッスリープ・ワイナリー』。
スタッグスリープが場所の名前だから仕方ないですが。

しっかりしたタンニンなんですが、きめ細かくジューシーな果実味が
素晴らしい仕上がりに。もっと注目浴びて欲しいワインです。

スタッグスリープ ワイナリー ナパヴァレー プティシラー

 

 

個人的好みなオーストラリアワインからは、ラベルが新しくなった『エヴァンス&テート』
以前のラベルはかなり地味だったんで、この変更はいいと思います。

中でもシラーズは、3方海に囲まれかなり冷涼なマーガレットリヴァーの
シラーズだけあって、イメージされるシラーズの果実味・ボリュームとは
違う、スムースさとエレガントさを感じる仕上がり。

シラーズって甘くて重いイメージの方は驚く出来栄えです。

 

 

時間もせまったたんで、退散で出口で待ち構えているたのが
ビールブース。

さすがサッポロ!

立ちはだかる〆のラスボスに打ち勝つことが出来ず(はなからその気はなかったんですが)
〆ビールを頂いて、本日の試飲終了。

 

明日の試飲会はTwitterで。

 

 

リッポンのリースリング(*^_^*) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

2月に入ってただ今試飲会ラッシュまっただ中。
今日はラックコーポレーションさんの試飲会に行かせていただきました~

フランスワインが中心ですが、ニュージーランドワインもたくさん取り扱いをされています。

オンラインワッシーズでもお馴染みの銘柄がずらり。

マーティンボロー

フロム

ブラックエステート

リッポン・・・

Jにとってニュージーランドワインって家族のような存在。
そっと優しく寄り添ってくれるワインたち。

NZのソーヴィニヨンブランは生産者によって個々の違いはあれど、
清々しい青々とした草の香りに溢れ、気持ちは一足飛びに初夏へ。
(あ!外は寒かった・・・)

涼しいところですから、ピノもシャルドネも高品質なワインがたくさん。
勿論リースリングもそうです。

そんな高品質なワインがひしめき合っているNZですが、
Jリピートワインはコレ
リッポン ヴィンヤード アンド ワイナリー リッポン メイチャア ヴァイン リースリング[2016]

優しい口あたり、酸味がしっかりあり、辛口ですがほんのり甘みも感じる。そのバランスが絶妙。

初めて飲んだNZのワインがこのリッポンのリースリングだったからかもしれません。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

安心してください、生きてます。

福井をはじめ、北陸の雪が大変そうですね。
北陸方面にも沢山のお客様がいらっしゃいますが、皆様大丈夫でしょうか。

ご不安も多々ありますでしょうが、お怪我などのございませんよう
お気を付けください。

 

雪こそ降りませんが、大阪も寒いです。

とうとうベランダで冬眠中の亀の水槽が朝凍ってました。

しかも背中の甲羅が少しでてたので、氷で固定されているような状態で
身動きも取れない状態に。

 

 

氷を割って救出。

ちなみにこの翌日(今日)はさらに分厚い氷に。

 

 

そんな寒波の中ですが、年明けの試飲会ラッシュ。

昨日のブログでも上がってましたが、スタッフJも色々調査。

 

幸い事務所から地下鉄の乗り場はすぐ側で、試飲会の会場まですべて地下で
行けてしまうので、冷たい風にはほとんど当たることなく行けるのがありがたい。

試飲会の様子やワイン、全くどうでもいい事など、Twitterでもアップしてますので
あわせてフォローお願いいたします。