シャンパーニュより美味しい?世界が注目『イギリス産スパークリングワイン』

ワッシーズ社長のワッシーですm(_ _)m

世界最高のスパークリングワインはどこにあるのか?

と聞かれれば『シャンパーニュ』と言うのはある意味揺るぎの無い常識と言えます。
ちなみにワッシーはシャンパーニュ騎士団のシュヴァリエ(騎士)に任命されております

(蛇足ですが『シャンパーニュ』はスパークリングワインの一ジャンルです)

が、、その私の視点から見ても油断ならざるスパークリングワインが世界各地で生まれ始めており、その最も有力な産地が、シャンパーニュの最大の理解者かつ顧客でもある『イギリス』です。

地図を見ればわかりますが、『えっ!イギリスなんてフランスより遥かに北なのに、ぶどうなんか作れるのん?』と思うかもしれませんが、、意外や意外、、本家シャンパーニュの生産者も新たな産地として土地を探しに来るほどの有望な生産地として近年しられる様になってるのです。

ココがスゴイ、イギリスの葡萄

・ブドウがスゴイ!
葡萄栽培の北限と言われるドイツの産地とほぼ同じ緯度!
シャンパーニュより北にあるドイツとほぼ同じ=程よい
寒さが泡向けのキレの良い葡萄を生みます

・気候もスゴイ!
寒いと思ってるかもしれませんが、思ったほどでは無い緯
度だけでみれば、イギリスはかなり北ですが。実は周囲の
海は『暖流』の為、気候は穏やかで果実をゆっくりと熟さ
せる事ができます

・土壌もスゴイ!
ブドウ栽培地のあるイングランドの南部にはシャパーニュ
にも大事な『石灰質土壌』が多くあり、泡向きのブドウに
適した畑があります。

・環境がスゴイ!
イギリスのシャンパーニュ好きは有名ですね。イギリスの
伝説的首相『ウィンストン・チャーチル』はその名を冠す
るシャンパーニュブランドがあるほど。それだけシャンパ
ン通の多いお国柄、厳しい視線にさらされているので品質
は厳しく見られています。
なんと女王陛下の住まわれる、ウィンザー城の敷地内でも
スパークリングワインが作られてます。これが本気で作ら
れない訳ないですよね!

例をあげればつきません。。

私自身現時点で今まで一番おいしかったスパークリングワインはシャンパーニュであった事は否定しません。。

が、、

今まで対抗馬として目されてきた『カヴァ』『フランチャコルタ』等と比べると、はるかに高いレベルで『ええ勝負』してると感じます。
お値段的にはシャンパーニュに匹敵するものも多いですが、それが逆に世界市場での評価と思っていただければ、そのクオリティの高さと自信がうかがえます。

と言う訳で、ワッシーズのオススメのイギリススパークリングをいくつか紹介しますので、是非一度試してみて下さいm(__)m

『ナイティンバー』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/22001
イギリスのスパークリングワインの歴史を変えたとも言える先駆者です。1992年に最初のブランドブランをリリースして以来、世界のワイン愛好家が注目を受けています。

まずはスタンダードな


■ナイティンバー クラシック キュヴェ マルチ ヴィンヤード[NV]
特価6,954円
https://winestore.jp/fs/wine1227/22001/58655

をお試し下さい。

■ナイティンバー キュヴェ シェリー マルチ ヴィンヤード[NV]
特価8,800円
https://winestore.jp/fs/wine1227/22001/58658

■ナイティンバー ブラン ド ブラン[2013]
特価10,764円
https://winestore.jp/fs/wine1227/22001/58657

■ナイティンバー ロゼ マルチ ヴィンヤード[NV]
特価11,000円
https://winestore.jp/fs/wine1227/22001/58656

《女王陛下のお家のブドウで作りました》
■レイスウェイツ ウィンザー グレート パーク ヴィンヤード ブリュット[2014]
特価11,000円
https://winestore.jp/fs/wine1227/45094

女王陛下のお住まい『ウィンザー城』のあるウィンザーグレートパーク内(女王の所有です)にある畑で出来たスパークリングワインです。
女王自らが馬に乗って畑を視察に行かれる事もあり、王室の公式行事で多く使われております余談ですが、過日のロイヤルウェディグではこのスパークリングが使われるのでは?との予想もありましたが、実際は『ポルロジェ』でした(^^;)
まあ非常に数も少ない限定的なものなので、あの規模のイベントでは数は足りなかったのもあるんでしょうね。

 

《ルイ・ロデレールで経験をつんだ作り手》
—————————————————–
■ヘネス ヴィンヤード ヘネス ブリュット レゼルヴ[2014]
特価6,160円
https://winestore.jp/fs/wine1227/item909/58392

《3つのヴィンテージをブレンド》
—————————————————–
■ヘネス ヴィンヤード ヘネス ネイティヴ グレ-ス ブリュット マルチヴィンテージ キュヴェ[NV]
特価7,392円
https://winestore.jp/fs/wine1227/item909/58391

 

《ワインメーカーはワインメーカー オブ ザ イヤー受賞の女性醸造家》
—————————————————–
■ハッティングレイ ヴァレー ハッティングレイ ヴァレー クラシック レゼルヴ ブリュット[NV]
特価4,576円
https://winestore.jp/fs/wine1227/item909/58363

■ハッティングレイ ヴァレー ハッティングレイ ヴァレー ブリュット ロゼ[2014]
特価6,776円
https://winestore.jp/fs/wine1227/item909/45630

 

《英国初のネゴシアン》
—————————————————–
■ディグビー・ファイン・イングリッシュ ブリュット NV
特価6,864円
https://winestore.jp/fs/wine1227/item909/40464-000

初イギリス・スパークリング、どれにいたします?

 

 

  • 日本ブログ村 酒ブログワインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA