たこ焼きは大失敗(>_<)一銭洋食に化けた!そして激ウマだった ソーコル ブロッサー エヴォリューション スパークリング

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

久しぶりにたこ焼きをしようとたこ焼き器を出してきました。

ガスコンロの上にのっけて焼くシンプルな鉄製の頑丈なやつです。

あんまりにも久しぶりすぎて

油がなじまず大失敗。

くっつくったらありゃしない(>_<)

なので、今日は諦めてたこ焼き風味の一銭洋食。

あ、一銭洋食ってわからないデスヨネー

むかーし、ソースとか物珍しかったころ(昭和の初め?)

ダシ入の水で溶いた小麦粉を鉄板で薄く焼き、

刻んだネギや細切れの肉なんかをのっけてさらに焼いて

ソースをかけて食べていたのがはじまり、なんですって。

ペラペラのお好み焼きって感じ。

たこ焼きをするつもりで用意していた、

たこ、ネギ、揚げ玉、紅ショウガ、こんにゃく。

それを具材に焼きました。

ま、たこ焼きは次回リベンジということで。

そして今日は

ソーコル ブロッサー エヴォリューション スパークリング NV

ソーコル ブロッサー はオレゴンのワイナリー

青りんご、洋梨の香りから始まる爽やかスパークリング。

フレッシュ。クリーミー。

時間とともにブリオッシュの芳ばしい香り。

くちあたりよく、なめらかで香ばしい。

小さな泡が弾ける様が心地良い。

バランス良くてほんと激ウマやん。

今日みたいな粉もんソースもんに

絶対負けないよねー

ところがなんと現在輸入元にも品切れ(>_<)

コロナ禍で輸入がストップしているワインもたくさんあるので、

ソーコル ブロッサー エヴォリューション スパークリング NV

どこかでストップしているんじゃないか疑惑( 一一)

早く流通ももとに戻ってほしいです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

おすすめロゼワイン ~ワシントン・オレゴン編~

 

ワシントンワイン オレゴンワイン 9年連続入賞ショップ・ワッシーズ 

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

ただいま、
「ワシントン/オレゴン・ワイン」
エクスペリエンス プロモーションに参加しています♪

 

ワッシーズは度々現地にお邪魔しており、
直近では2019年の夏に

実店舗スタッフが ワシントン・オレゴン研修
行ってまいりました^^

ワッシーズ ワシントン・オレゴン ワイン研修

 

ここ1~2か月は、わたしも積極的に
ワシントン・オレゴンのワインを選んで
飲んでいたのですが

気に入ったものは、偶然にもロゼが多かったです♪

 

ソーコルブロッサー・ロゼワインと
梅カルパッチョ

オレゴンワイン ロゼワイン 梅カルパッチョ

 

ソーコルブロッサーのロゼ を開けた日は、
梅カルパッチョを。
この日は鯛ですが、お刺身用の鯵で作るのも好きです。

 

ピノノワールで造られたドライなロゼと、
たっぷりの薬味・梅肉がよく合う
簡単おつまみは初夏にぴったりだと思います。

 

ワシントン・オレゴンの
おすすめロゼワイン3選

■ソーコル ブロッサー エステート ロゼ オブ ピノ ノワール [2019]

オレゴンワイン ロゼワイン ソーコルブロッサー

ソーコル ブロッサー は、
オレゴンワイン創成期から続く、
1971年設立の歴史あるオーガニックワイナリーです。

ピンクグレープフルーツの香り、
口に含むとほんのりバラのニュアンスも感じます。
いちごっぽい爽やかな酸味で、
キリッとした仕上がり。

 

■ジ アイリー ヴィンヤーズ ロゼ オブ ピノノワール [2018]

オレゴンワイン ロゼワイン ジアイリー

ジ アイリー は、オレゴン・ピノノワールの立役者であり
「パパピノ」の愛称で親しまれた
デイヴィッド・レットさんが造ったワイナリーです。

冷やしても果実味がはっきりと感じられる
飲み応え抜群のロゼ。

キャラメルポップコーンを思わせる樽香と、
ラズベリーキャンディ、フレーバーティーのような
アロマがあって味わいはドライです。

 

■ドメーヌ サン ミッシェル ミッシェル ブリュット ロゼ [NV]

ワシントンワイン ロゼスパークリングワイン ドメーヌ・サンミッシェル

1967年よりクラシカルなワインを造り続ける
ワシントン生産者のリーダー的存在。

シャトー・サンミッシェル が、
伝説の醸造家アンドレ・チェリチェフさんを
コンサルタントとして招いたことをきっかけに、
ワシントンワイン全体の醸造技術が飛躍的に向上しました。

 

ごめんなさい、わたしちょっと侮っていました…!
2000円台というお手頃価格でありながら、
キレイな泡が長持ちしてびっくりです!!!

チェリーのような甘酸っぱさが親しみやすく、
ちょっとした贈り物にもぴったりなワインだと思います。

わたしは名残のいちごにブッラータを合わせて
おいしくいただきました^^

 

 

ちょっと目先を変えて。。。
いつものワインのプラス1本に
ワシントン・ロゼオレゴン・ロゼはいかがでしょうか。

この機会にぜひお楽しみくださいませ♪

ワシントンワイン オンラインワッシーズ

オレゴンワイン オンラインワッシーズ

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

オレゴン・ピノノワールを楽しもう♪ケンライトセラーズ

 

ワシントンワイン オレゴンワイン 9年連続入賞ショップ・ワッシーズ 

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

ワッシーズは現在
「ワシントン/オレゴン・ワイン」
エクスペリエンス プロモーションに参加しています^^

 

■ オレゴンワインの特徴

1)冷涼な気候を活かしたブドウ栽培
2)気温や土壌の違いから生まれる表情豊かなピノノワール

 

カリフォルニア州よりも少し北側に位置する
オレゴン州の気候は冷涼で、
気候区分の大半はフランスのブルゴーニュや
アルザスに相当します。

 

オレゴンを代表する品種は、
何と言っても “ピノノワール” ですよね♪

ブドウ生産量の約6割をピノノワールが占めています。

 

■ オレゴン・ピノノワールを育む土壌

オレゴンワイン 9年連続入賞ショップ・ワッシーズ 

 

オレゴン・ピノノワールの銘醸地である
「ウィラメット・ヴァレー」には、
特徴的な土壌が2つあります。

 

「ウィラケンジー」海洋性堆積土壌
⇒濃くしっかりとした味わいの
ピノノワールが飲みたい日におすすめ♪

・重めの土壌でブドウは早熟
・やや高めの酸
(午後になると海岸沿いから冷風が吹き付けるため)
・タンニンは比較的しっかり
◎黒系ベリーの風味やスパイスのニュアンスがよく表れます

【Pickup】海洋性堆積土壌のオレゴン・ピノノワール

 

「ジョリー」火山性土壌
⇒繊細でエレガントな味わいの
ピノノワールが飲みたい日におすすめ♪

・冷たい土壌でブドウは晩熟
・ほどよい酸
(山側は海側に比べて温かいため)
・タンニンは比較的穏やか
◎赤系ベリーの風味や華やかな印象がよく表れます

【Pickup】火山性土壌のオレゴン・ピノノワール

ぜひ土壌にも注目して、お気に入りの
オレゴンワインを見つけていただければ幸いです^^

 

ケンライトセラーズのセカンドキュヴェと、
ローストビーフ

オレゴンワイン オレゴン・ピノノワール ケンライトセラーズ

 

牛モモブロックが安く買えた休日。
久々にローストビーフで乾杯です♪

<ケンライトセラーズの深みあるジューシーさ>
レアに仕上げたお肉、
醤油ベースの味付けがよく合いました。

 

ケン ライト セラーズ ピノ ノワール ウィラメット ヴァレー [2018]

オレゴンワイン オレゴン・ピノノワール ケンライトセラーズ

若木のシングルヴィンヤードのピノを
ブレンドして造られたセカンドキュヴェ。
<火山性土壌由来の赤系果実のアロマ>が豊富です。

 

アメリカンチェリーやセミドライの
チェリートマトを思わせる果実味。
シナモンやクローブなど
ほんのり甘いスパイスのアロマが
全体に深みを与えています。

 

酸は円みがあって、タンニンもしなやか
ジューシーな味わいをお楽しみいただける1本です♪

 

ケンライトセラーズ は、
ワインアドヴォケイトで5ツ星に選ばれている
オレゴン・ピノノワールのトップクラス生産者です★

 

「ワインづくりは素材(テロワール)が全て」
という信念のもと、ブドウ畑に並々ならぬこだわりを持つ
ケン・ライトさん。

ウィラメット・ヴァレー内 6つのサブAVA設立に大きく貢献した
オレゴンのパイオニアであり、
非常にアグレッシブな人です!

 

この機会にぜひ、オレゴン・ピノノワールを
お楽しみくださいね♪

 

『ケン ライト セラーズ』すべてのワインはこちら から

オレゴンのおすすめワイナリーはこちら から

オンラインワッシーズおすすめ オレゴン・ワイナリー

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

ベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ( ̄▽ ̄)インポーターさんが持ってきてくださいました!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先だって、

ヴィレッジセラーズの営業 前田さんが、

ワインをたくさん持って訪問してくださいました。

「ここのところ試飲会もないので

紹介したいワインをお持ちしました!」なんて

嬉しいことを言って下さる。

コヤマ タソック テラス ヴィンヤード リースリング S [2018]

ジ アイリー ヴィンヤーズ ロゼ オブ ピノノワール [2018]

そして新しく入ったブランドと一緒に

ベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ も!!

たまたま週末に我が家で開けようと思っていたので

家に持って帰って比較したかったです

さてベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ

オレゴンのワインです。


(ちなみにオンラインワッシーズでは取り扱いは2017年ヴィンテージです。)

2018年ヴィンテージは一言でいうと「きれいな酸味」

以前感じた重めのシャルドネというイメージはなく、

ミネラルも乳酸もバランスよく

軽いわけではないけど、よりエレガントに

より食事に寄り添えるワインになった。

で、家で飲んだのは2016年。

あらっ!思ったより重くなかった。

初めに柑橘系の香り、強すぎない

ほどなく

香りがだんだんやわらかく落ち着いてきます。

以前飲んで重めのシャルドネだなあ

という印象だったのは2014年ヴィンテージでした。

以前の重めのシャルドネも好きだったけど

2016ヴィンテージ、ほんと美味しい

今日は具がぎゅうぎゅうに詰まったオムレツや

チーズプレートで気持ちエレガントに楽しみました。

 

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

夏は泡(≧◇≦)ソーコル ブロッサー エヴォリューション

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

夏が大の苦手なJです。

ですが、外から帰って

冷たーーーーーいスパークリングを飲むのは好き。

夏は泡だねーーーと

しみじみ思う瞬間

今年は試飲会がほとんど開催されていないので

旬な画像をお届けできないのですが、

毎年、夏の試飲会でみる

インポーターさん渾身の涼しい演出が、

大好き。

氷がたくさん入った大きなクーラーに

何本かまとめられています。

涼しげ―でしょ?

家でやってみたい

と思うのは私だけではないハズ。

黄色のラベルがかっこいい

ソーコル ブロッサー エヴォリューション ブリュット スパークリング[NV]

オレゴンのソーコル ブロッサー のスパークリング

とても軽やかで、クリーミー、そしてやわらかい口当たり。

夏のおもてなしのスタートによさげです。

ま、今はパーティなんて無理そうなんで

想像しながら、色々と楽しんでみるのが無難かなー。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

カリフォルニア・ピノの伝説が次に選んだのはオレゴン『ソーター ヴィンヤーズ 』

ワイン雑誌『ワイナート』で25年ぶりの特集として掲載ワインをご案内したカリフォルニア・ピノノワール特集。完売のワインもでる大反響。

今日のメルマガはピノノワール人気の流れをそのままに、アメリカ、もう一つのワイン産地オレゴンからおすすめのワイナリーを紹介。


『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

今回のワインは、元々カリフォルニアでスタッグスリープワインセラーズ、シャペレ、スポッツウッド、コッポラ、ヴィアディア、ダラ・ヴァレ、シェーファー、アロウホなどなど、数々の著名ワイナリーのコンサルタントを歴任した人物”トニー・ソーター”。

その後自身もワイナリーでワインもリリースするのですが、コンサルで手掛けたワインがカベルネ系の評価が高いワイナリーなんですが、自分のワインのメインとなる品種はピノノワール。それが『エチュード』。

このワインが各方面で高い人気をと評価を受け、当時カリフォルニアのピノノワールの代表的ワインとして、日本でも人気がありました。そのエチュードは高い評判のままに2001年ワイナリーをベリンジャーに売却。自身は故郷のオレゴンへ移住してしまいます。

カリフォルニアで自身のワイナリーではピノノワールを作る位ですから、より美味しいピノノワールを作る為に故郷のオレゴンに帰ったのでしょうか。

なんにしろ、エチュードでの評価をえた技量とピノに適した土地で作るワインは美味しいに決まってる。

しかも土地も安いからなのか、価格も ◎。

─────────────────────────
ソータ―が直接出がけるワインとしては超破格
─────────────────────────
おすすめはなんと言ってもコレ。
カリフォルニアでワイン造りしているときは1万円を超えるようなピノを作っていた彼が、故郷オレゴンで作るワインは定価でも4180円と超破格。
しかも今はセール特価で2926円のスペシャルプライス。

良質のピノノワールらしくフレッシュな味わいとでシルクのように滑らかな口当たり。堅苦しさや気難しさはなく、カジュアルな気分で味わえるラズベリー、シナモン、サクランボなどの香り。夏の果実、チェリーコーラ、木煙、ブラッド・オレンジと多彩かつふくざつさもある味わい。

シャルドネも同様に100%ウィラメットヴァレー産のシャルドネを使用。2015年とリリースから時間を得ているおり、酸や果実味に落ち着きある飲み頃感。コチラは残り数わずか。

オレゴン州認定サステイナブルワインとされており、このプラネットは購入毎に1ドルの寄付が行われるそうです。


■ソーター プラネット オレゴン ピノノワール[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61932
通常4,180円 → 特価2,926円

ワインアドヴォケイト:90点
アントニオ・ガッローニ:91点

■ソーター プラネット オレゴン シャルドネ[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45100
通常3,850円 → 特価2,359円

─────────────────────────
オレゴンのテロワ―ルの素晴らしさを知るワイン。
─────────────────────────
オレゴンを代表するもっとも有名なウィラメットヴァレー。
その中でも最高級のぶどうとも言われるノースヴァレーの
畑。
気候、地理的特徴、栽培条件と、この地域が世界で最も恵ま
れたワイン生産地の一つであることを示す為オレゴンのテロ
ワールを象徴していると言うワイン。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ ピノノワール ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61931
通常6,600円 → 特価4,345円

ワイン・エンスージアスト:92点
ジェームス・サックリング:92点

フレッシュラズベリー&ストロベリーとフレッシュな香りに
白コショウを思わせる香りがアクセント。その後から溢れる
さまざまな柑橘系が奥深さと2杯3杯と飽きさせない味。
滑らかでスムーズで長く残る余韻とわずかに残るタルトの様
な香ばしさ。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ シャルドネ ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61930
通常6,050円 → 特価4,840円

ジェームス・サックリング:92点
ワイン・エンスージアスト:93点

リンゴ、さわやかな柑橘類の香りとトロピカル系果実の味わい
。パリッと張りのある酸がそのままフィニッシュまで続く、こ
れからの時期にも美味しいシャルドネになってます。

■ソーター ノース ヴァレー オリジン ピノノワール エオラ アミティ ヒルズ[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45103
通常8,800円 → 特価6,160円

オリジンのシリーズは地域ごとのバリエーションでリリースされ
ており、それぞれの特徴を楽しむワイン。
エオラ・アミティ・ヒルズでは、

ベリーの甘酸っぱさ、スパイス、土の印象がワンランク上のピノ
ノワールである事を感じさせます。
バランスの良い酸味。きめ細かいタンニンは時間と共に液面にな
んでおり余韻までスムーズでエレガントな深みを感じます。

『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

 

 

ソーターがカリフォルニアで手掛けたワイナリー
『エチュード 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4012

■エチュード ピノ グリ[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/57656
特価 5,280円
■エチュード ピノノワール カーネロス[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/56322
特価 6,666円

 

とろっとろの牛すじの赤ワイン煮込み(*^▽^*) Jクリストファーのピノと楽しむ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

牛すじ大好きです。

大根と炊いたり、味噌煮込みしたり、カレーもいい。

何といってもフトコロにやさしい(‘◇’)ゞ

で、今日は赤ワイン煮込み。

玉ねぎといっしょに弱火でゆっくり1時間。

とろっとろの牛すじ煮込み完成

それを一晩おいて味をなじませると

それはそれは赤ワインにピッタリな一品。

ワインは

ジェイ クリストファー ピノノワール バサルト[2015]

ブルゴーニュともカリフォルニアとも違うピノノワール。

エレガントさ力強さもあり濃い。

味の相乗効果すごいです

あ~美味しかった~

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ミネラリーで凛としたシャルドネと♪豚ミンチで作るミートローフ

ワインお買い得 家飲み応援キャンペーン

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

先輩のおすすめを訊いてみるシリーズ3回目。
今回は、サトー副店長・トリーさん
ふたりの推しを受け、ぜひ飲んでみたくなったこちら。

 

【オレゴン】ベルグストロム

■ベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ[2017]

オレゴンワイン 白ワイン ベルグストロム シャルドネ

酸とミネラルが1本の糸を紡ぐように伸びやかに続いていきます。
飲んだ瞬間、わたしの頭の中には
DNAのイメージ図が浮かびました。

↓ こんな感じ ↓

白ワイン 酸とミネラル 余韻

レモン、ライムのフレッシュなシトラスに
黄色いお花や挽いた白こしょうの香り。

 

樽はしっかりめかなと思いきや
やわらかな木の香りがほんのり程度、
想像以上に キレイで凛とした味わい でした。

 

酸のしっかりしたワインがお好みの方には
ぜひお試しいただきたい1本です。

 

造り手はオレゴンにある家族経営のプレミアムワイナリー。
最高峰のオーガニックと称される
「バイオダイナミックス農法」を
1999年の開墾当初からすべての自社畑で採用しています。

 

白ワインに合わせるミートローフは、豚ミンチで

白ワインに合う オーブン料理 豚のミートローフ

 

ベルグストロムを開けた日は、
以前 こちらのブログ でご紹介した

“家飲みフードペアリングの簡単なコツ” を知る前でした。

 

もう少し樽が効いているかな?
と予想していたので、
ミートローフをパイ生地で包んで焼いてみたんです。

 

しかし、いざ合わせてみると
このワインには肉ダネだけでよかったなぁ…
という結果に。笑

 

白ワインの日は合挽きではなく豚ミンチで作ります。
隠し味にフライドオニオンを入れると
コクが出ておすすめですよ~♪

0ミンチ肉

 

オーブンを使うとキッチンが暑くなるけれど、
型に入れたら後はほったらかしでOKで手軽♪

食卓も華やぐお料理なので、
よろしければぜひ、ワインとご一緒にお試しくださいね^^

 

『ベルグストロム』
すべてのワインはこちらからどうぞ♪

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

<こちらもあわせてどうぞ>
『オレゴンワイン』の関連ブログ

ワシントン・オレゴン試飲会 中川ワインさんのお勧め(^O^)

副店長サトウ悶絶!! パクチーにはどんなワインがあうのか?

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

トンテキみたいながっつり系にも(*´▽`*) クリストム ピノ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

肉料理が多い我が家です。

今日はトンテキ。

下味をつけた分厚い豚ロースに、

しっかりソースを絡めて、

付け合わせの千切りキャベツも今日は炒める。

これでたっぷり野菜もいただけるっと。

で、ワインは

クリストム ヴィンヤーズ ピノノワール マウントジェファーソンキュヴェ[2017]

熟したプラムやアメリカンチェリーの甘い香り、

凝縮感あり濃いルビー色ではあるけれど、

色味ほどはタンニンは強くなく、エレガント。

かといってブルゴーニュほど薄くない。

酸味もちゃんとあって、とてもバランスが良い。

上質なピノ。

これが、トンテキのような庶民な料理に

ばっちり寄り添ってくれるのです(^○^) 美味~

クリストムはオレゴンでも指折りの優良なピノノワールの生産者。

テロワールの特徴を引き出したワインづくりを身上として

自社畑のぶどうを使ってつくるシングルヴィンヤードが5つ!

そのシングルヴィンヤード用のぶどうと

優良生産者からの買いぶどうがブレンドされているのが

マウントジェファーソンキュヴェ[2017]

オレゴンピノの手始めにも良いかも。

カツレツで贅沢なランチ? ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ レゾナンス ピノノワール 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

イタリアに行ったことないけど、

家の者には

「ミラノ風のカツレツ、ごちそうやで~」

と偉そうに出すのが、コレ

ホントなら仔牛を使うのだろうけど、

日本にはそうそう売ってないもんね。

使う肉も、とんかつ用をたたいて伸ばしたり

薄切り肉を重ねてたたいて使っています。

多分ミラノの人たちはこんなことしないよね(*‘∀‘)えへ

作り方は意外と簡単で、

薄くのばした肉に塩こしょうして

小麦粉→溶き卵→パン粉をつけて

フライパンで肉が半分ぐらいが浸かる状態で

半身ずつ揚げ焼きしていくのです。

パン粉に粉チーズを入れるとさらにウマウマ(^O^)

これは白ワインや軽めの赤ワインに合うので

休日のランチとかにピッタリ。

とはいえ今日のワインは

ルイ・ジャド社が、初めてオレゴンで手がけた

レゾナンス ピノノワール ウィラメット ヴァレー[2015]

冷涼な地で造られたことを感じる赤い果実のアロマ、

とてもエレガントで、口に含むと

ほんのりスパイシーさとダークチェリーやカシスのニュアンス。

めちゃウマ~

なんて贅沢な休日のランチ。