社長太鼓判!ブルゴーニュ2017は買い、日本最大ブルゴーニュ試飲会で飲んで来ました

ワッシーズ社長のワッシーですm(_ _)m

先日、日本最大のブルゴーニュワインインポーター
さんの試飲会に参加して来ました。

 

 

収穫!ありましたよ。

どんどん入荷して来ている『ブルゴーニュ2017年』は買い!オススメです
特に白は久々にブルゴーニュらしい酸のミネラルに溢れるスッキリエレガントで、これぞブルゴーニュと言うワインに仕上がっています。
※赤に関しては後ほど。。

ワッシー@社長がこの日(特に:ほとんど全部良かったので)注目したのが下記の3つです

 


■ルフレーヴ プイイ フュイッセ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57878
通常8,250円 のところ 特価6,600円

 


■ドメーヌ ラフージュ ムルソー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57904
通常7,700円 のところ 特価6,160円

 


■ジャン マルク ボワイヨ ピュリニー モンラッシェ ブラン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57991
通常12,100円 のところ 特価9,680円

『果実味とのバランスが良く』
『今すぐ難しい事を考えないで飲め』
『味と価格のバランスが良い』

と思った3本です、昔っからのブル好きの方は、どの白を選んでも満足と思いますが。ワッシーズの客様に多い新世界ワイン好みの方にもオススメできると思います。
どっちらも思わずスルッっと一本飲めてしまうと言うタイプです。

世界的な気候変動の為、非常~~に苦労しているブルゴーニュの生産者さん、この1~2年はの、少なく熱すぎる年に作られたブルゴーニュの白は、少し時代遅れのコテコテ新世界ワインを思わせる、こってりスタイルで。『そんなん新世界にあるから要らんねんん・・』と何を仕入れるかに非常に悩ましい年が続いていました。

しかし!2017は久々に量と質が一致した「生産者さんにとって良い年」と言えると思います。春の霜や夏の極端な暑さにさらされなかった2017の葡萄は収穫量も十分確保できました
(とは言え、やっと平年並みと言うところですが・・)

ブル白は安心してバンバン購入して下さい、万一ちょっと『固いな~』と思っても『それがブル白』の醍醐味です『熟成に期待』できるので、(2015~2016は正直期待できないと思います。)まとめ買いでも後悔はしないでしょう。

で・・さて赤・・

良いか悪いかで言うと、、『間違いなく良いです』ただ、試飲会会場に居た多くのプロの意見もそうでしたが『とにかく固い』ワインに仕上がってます。

つまりは。。

『酸っぱく』『渋く』『香りが簡単に立ちません』

が、

『むしろソレが良い!!』

正しくピノノワール業界頂点を極めるブルゴーニらしい味なのです。
購入した時は、気難しかったワインが時間とともに花開き、すばらしく滑らかで香り高いもの変貌して行くのが楽しめるスタイルです。
『抜栓してすぐに美味しいピノノワール』は新世界にまかせておけば良いのです。ブルゴーニュは正しくブルゴーニュらしくあった欲しいとワッシー@社長は思う訳です。
グランクリュ、も村名もみんな良かったです。『好きな銘柄だったのに、2015はちょっと?アレ?』と思った方も2017は安心して買ってください。有名ドメーヌのものは更に素晴らしいです、何年か分買って熟成させましょう。

まあ、でも。。
今すぐ飲みたいと言う方には


■ティエリー・モルテ ブルゴーニュパストゥグラン2017
https://winestore.jp/fs/wine1227/57441
通常2,860円 のところ 特価2,640円

をオススメします、キレイな酸っぱい果実味とミネラルがあります、すでに開いてます。
こちらを買って、2017らしい味わいを楽しみつつ、セラーに眠るグランクリュが熟すのをまちましょう。

『もうちょっとエエワインで今飲めるのが良い?』
と言う方には。コレ


■オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54785
通常7,700円 のところ 特価5,775円

カリフォルニアですが、この価格でこのバランスを楽しめるワインは他にはめったにありません、飲んで裏切られる事の無いワインの一つ。。騙されたと
思って10年位置いて見てください。若い頃には隠れていたブルゴーニュが出てきます。ちょこっと師匠アンリジャエの片鱗が見えてきます。。待てない方は、蔵出しのバックVTも販売中ですので。

是非お試しくださいm(_ _)m

【2017年ブルゴーニュ・赤ワイン】
https://winestore.jp/fs/wine1227/GoodsSearchList.html?_e_k=A&keyword=2017 ブルゴーニュ 赤 &maxprice=&minprice=&nostock=false

【2017年ブルゴーニュ・白ワイン】
https://winestore.jp/fs/wine1227/GoodsSearchList.html?_e_k=A&keyword=2017 ブルゴーニュ 白 &maxprice=&minprice=&nostock=false

フランスも試飲しますよ

今回はフランスワイン中心の試飲会
会場のカーペットが豪華です。

 

プリューレ・ロックの『ラドワ・ル・クル・ルージュ2015』

ブルゴーニュのロック様
(こちらはアメリカのロック様)

 

香りが開くまでかなりの時間を要するのと、飲み方がどことなくデリケートな
プリューレ・ロックの中で、抜栓4時間の1回デカンタで提供されたこの
ラドワがとても柔らかく染み込むように飲めてしまった事に驚き。
ロックにあるむずかしさを感じない仕上がりでした。

 

レ・ブリュリエール・ド・ベイシュベル2015
試飲会でテイスティングするボルドーワインってあまり得意ではないんですが(そんな事言っていいのか?!)
このワインこの日飲んだすべての中でもかなり好みでした。

15年と若いんですが、ボルドーの青さや硬さをあまり感じさせず、最初の一口目から
全体的に柔らか。価格も3000円台とお手頃。

 

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ ラ・リュ・ド・ヴェルジィ2015

ひと口目から「レベル高いなぁ~~」と思ってしまう美味しさ。
ワインに必要な美味しい要素を全て高得点で押えているようなワイン。

 

『ドメーヌ・ベルサン ブルゴーニュ・コート・ドーク・セール・ピノノワール2015』

ミディアムボディで軽めの味わい。うすウマ(薄い味わいながら旨い)系
すいすいと飲めてしまう美味しさで価格も2000円台とブルゴーニュ・ピノと
しては、すいすい飲みやすい価格です。

 

プリューレ・ロックのヤニックさん。

 

ヴァインバックのカトレーヌ女史。
他の生産者さんがブースのテーブルからサービスしてる中、
彼女はブースの前に出てサービスしてました。

春を呼ぶワイン(*^_^*)♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

今日はジェロボームさんのフランスワイン試飲会に行かせていただきました~
この時期の試飲会のスタートは・・・

そう、ロゼワイン。美しくディスプレイされたワインたちは、見ているだけで
テンションあがります。

Jとしては「春」に限定したくないロゼですが、
このうきうき感はやはり春を連想させてしまう・・・(*^_^*)

何かと話題のミラヴァル(ジョリ ピット)離婚してもそのまま名前が残っています。

ロゼは目を瞑ると絶対白と区別がつかない (-_-)ワ、ワカラナイ・・・

ロゼって甘い感じがしていやなんだよねー・・・とおっしゃる方に、
是非試してみてほしい。

そして!ジェロボームさんと言ったらヒューゲル は外せません。

きれいなグリーンのボトルにイエローのエチケットが目印。白いエチケットはピノノワールです。


これはファミーユ・ヒューゲルにとってスペシャルなワイン 【グロシローイ】

安定した味わい。特にジョンティピノノワールクラシクは、ワインの初心者にも、
飲みなれている人にも楽しくチャーミングなワイン。

クラシックでいて常にトレンドを意識していた先代エチエンヌさん。
そのエチエンヌさんが急逝して早2年。今はエチエンヌさんの息子さんが当主として
切り盛りされているとのこと。どんな方かしら?
3月ごろに来日されるそうなので、お目にかかれたらいいなあ~。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

お誕生日ワイン(^O^) プティムートン♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

ここしばらくフランスばっかり記事にしているJ・・・
今日もフランスです。

一昨日はJの誕生日でしたので、とっておきのワインを楽しみました。
シャンパン&ケーキはお約束。

そしてル・スゴン・ヴァン・ド・ムートン・ロートシルト[1993]

いわゆるプティ ムートンです。
1993ヴィンテージでしたが、まだまだ若々しく力強さにあふれ、とはいえタンニンはよくこなれて滑らか。
時間とともに溢れ出すその芳香は、複雑性に富み、飲む者を幸福で包みます。
ああ・・・美味しかった。あっという間に飲んでしまった

ところで、何で名前が違ってるの???プティムートンじゃないの???と思われるでしょう。

スゴン(Secondセカンド)というのが、メドック2級を意味するとして、
メドック2級のシャトーからクレームが出てしまったらしいのです。
それで94年以降はプティ ムートンとして出すことになったのですって。

あのムートンがセカンドを出すということで、ミーハー的に買ってしまった1本。
まさかそんなことが起こっていたなんて知らなかったなあ。

今オンラインワッシーズでは2010年を取り扱っています。
ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト[2010]

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

なめてました、スミマセン『トリエンヌ』

 

フランス・プロヴァンスの生産者『トリエンヌ』のメーカーズディナーへ
参加してきましたスタッフ・トリイです。

 

トリエンヌと言えば、ブルゴーニュのデュジャックと、DRCを手掛けるヴィレーヌ
二大巨頭とも呼べる2人がプロヴァンスで手掛けるワイン。

今回のプロモーションには、ディジャックのオーナー”ジャック・セイス”の息子で
ディジャックとトリエンヌを共に手掛ける”ジェレミー・セイス”が来日。

そういや彼とは、8年前デュジャックのワイン会をSoupleで開催した時に
来店して頂いた以来の再会。

 

北新地にある『クシカツ 010 』で、手ごろなプロヴァンスワインを串カツと一緒に味わってきましたよ。

 

 

 

8年前に会った時は、若い!男前!
な印象でしたが、ちょっと落ち着いた印象。

 

トリエンヌで最も売れているロゼワインは、いろんな食材を使う
串かつにはとても相性のいいワイン。

 

華やかさと程よい酸味が心地いい白ワインは、レモンを絞って
食べるような食材を使った料理ととてもよく。

 

柔らかい果実感とジュ―ジーな美味しさを持つメルロは
口の中にある串の油をすっと洗い流すかのように、次の串
がまた美味しく食べれます。

 

 

このミニバーガーは、フィレオフィッシュ。

 

今回の試飲の目玉は、赤ワイン『サン・トーギュスト』
2005年から2014年までの10ヴィンテージ垂直試飲!

定価で3000円、当店の販売価格でも2500円程度のワイン。

そのワインの2005年言えば12年熟成。

 

ゴメンナサイ、正直なめてました…。

 

これがホント驚いた。

ブラインドなら絶対2005年なんて解りません。
まだまだ鮮やかさの残るエッジの色あい、しなやかさがありながらも
しっかりとしたタンニンも残っているなどお見事としか言いようの無い
美味しさ。

そこから1年ごとにヴィンテージを進めていくわけですが、
それぞれに味わいの違いがあるものの、どれも極めて健全。
どれひとつ、ハズレ無しの味わいでした。

(しかもコンディション悪いからってボトル替えたものの無し!)

 

 

現行ヴィンテージとしてご案内できるのは2014年。
12年熟成でも健全なら、さぞかし現行ヴィンテージは硬くてヘビーなんだろ
と思われそうですが、これも美味しい。

今から飲んでも熟成させても美味しトリエンヌ。

これ2500円は安すぎですよ。

店舗スタッフの甲斐との3ショット。

 

トリエンヌ I.G.P.メディテラネ サン・トーギュスト[2014]
定価:3,240円(税込)→ 20%OFF価格:2,592円
https://winestore.jp/fs/wine1227/11020701603

 

色んな料理を1本でこなしたいならロゼ。
よく甘口と誤解されますが、辛口です。

トリエンヌ I.G.P.メディテラネ ロゼ[2015]
定価:2,160円(税込)→ 20%OFF価格:1,728円
https://winestore.jp/fs/wine1227/11020701604

 

 

デュジャックの熟成を待ってる方は、これ飲みながら待ちましょう。

 

試飲会でとっても気になったドメーヌ デュブレール (*^_^*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの
オンラインWassy’s
  受注担当 です。
今日はフランスワイン(^O^)

img_1667
先週に引き続き、ジェロボームさんの試飲会で気になったドメーヌ デュブレール

1980年代後半に初めてブルゴーニュを訪れたブレア・ぺテルは、その土地、人々とワインに魅了され、
それから数年に渡り渡仏を繰り返し、2003年に家族と共に移住しました・・・と
ジェロボームさんの資料にもあるように、ブルゴーニュの中ではまだまだ新しいドメーヌ。
ブルゴーニュに魅せられた外国人が丁寧に造った素晴らしいワイン。

今回試飲に出ていたのは3本。3本とも本当に美味しかった!
一緒に行ったスタッフも大絶賛。その中でも
ブルゴーニュ・ブラン・レ・ミルラン

シトラス、レモンの爽やかさにふんわりと洋梨が香る。フルーティな飲み口に
しっかりと飲みごたえもある。バランスよい1本。
オンラインワッシーズでは2013が定価:\4,968(税込)のところ20%OFF価格:\3,974(税込)
J的にはこれはあとで絶対買っておこう(-_-)とチェック!

是非皆様にも味わっていただきたいっusagi

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

気になります、このフランスワイン(ー_ー)!! 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。
ですが本日はフランスのご案内。

≪あら?オンラインワッシーズにもフランスワインあったのね≫と
思われる方もいらっしゃるでしょう。

あるのです(ー_ー)!! なんと5000種類以上、ちょっとびっくりでしょ。
オンラインワッシーズ フランスワイン

%ef%bd%86%ef%bd%95%ef%bd%94%ef%bd%94%ef%bd%81%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab0015s

ただ今イベント企画室スタッフのミトがフランス ブルゴーニュを訪れておりまして、
オンラインワッシーズのフェイスブックは乗っ取られ中・・・
フランス贔屓のJとしては、かなり羨ましい〜ところでありますが、
いろんな情報を発信してくれると、身内ながら楽しみにしているのです。

今回ミトが訪問するのはブルゴーニュとローヌ。
1日2〜4件の生産者を訪問とのことで、11/21の予定は・・・

フランソワ・ラキエ (メルキュレイ)

ラリュー (サントーバン)

レミ・ジョバール (ムルソー)

ジャン・シャルトロン (ピュリニー)

うわーー(@_@;)すごーーい。
こんな感じで1週間滞在します。なかなかタイムリーってわけにはいかないけど
是非フェイスブックもご覧ください<(_ _)> ココ をぽちっとしてご覧ください。

で、気になるフランスワインというのが、
最近フランスに行った方から
≪フランスで飲んでおいしかってん♪≫と注文を戴いたのが
ドメーヌ エリック モルガ サヴニエール フィデス[2013]
美味しかった!というのはホントのようで、複数本のご注文。
ロワールのワイン。今、サヴニエールで最も注目を集めている造り手・・・らしい。
気になる―――と、Jもただ今取り寄せ中。

%ef%bd%87%ef%bd%8c%ef%bd%8e%ef%bd%8a%ef%bd%83%e3%83%8b%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%aa13_1

それにここ2〜3日の間に
ニコラ ジョリー クロ ド ラ クレ ド セラン[2013]
が売れているのです。以前からニコラジョリは人気があるけど。
これもロワールワイン。気なるわ・・・。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり よろしくお願いします。

ラトゥール85あけて、物思う・・・

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当J です。

先週、スタッフトリーが≪ワインって結構丈夫≫なーんてブログをアップさせていましたが

なかなかどうして、古いヴィンテージはドキドキするーーー。

先日、20年ほど前に買って大事に大事に仕舞いこんでいたラトゥール(1985)を

ついに開けたのです(@_@;)

買ってから引っ越し3回。もう早く開けないとダメかも・・・いや、もうダメになっているかも・・・

と開けるのにかなり勇気を必要としたワイン。

瓶とラベルにカビ様のものがついていて、きれいにしようと拭いたら

ありっ?色が変わってる・・・(-_-;)

IMG_0809

 

だめかもという予想を裏切って、かなり頑張って生き残ってくれていました\(^o^)/

うわーーーん(T_T)良かったーーー

開けたては≪あれ?≫と思うくらい閉じていた香りが、2時間ほどかけてゆっくりひらいていき

タンニンがほどよく溶け込んで力強く、でもエレガントさも持ち合わせたラトゥール。

はーーー

美味しかった・・・夢のようなひと時。さすが!といった感じです。

とはいえ、昨今の5大シャトー(だけではなくボルドー全体)の高騰ぶりには驚かされるばかり。

ますます手が出ないなーー。

ワインを飲み始めた若い人たちの中には≪フランスワイン高いから買わない・・・≫なんて人も

いて、Jはかなりさびしい気持ちです。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当Jなのですが

オールドワールドにも、極端な話、ボルドーの中にもそんなに高くなくって、おいしいワインはあるよーと

お伝えしていきたいなと思う今日この頃です。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。image4205

許せない!パリ同時多発テロ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当です。

突然ですが、パリ同時多発テロに憤りを感じているJです。

個人的にフランスワインが好きで、フランスを何度も訪れている私にとって

テレビから流れる映像はショッキングなものでした。

≪助けて!!≫ ≪やめてーーー!!≫という叫び声に容赦なく撃ち込まれる銃声。

あの時訪れた街並みが、丘の上からみた風景が、恐怖に染まっているなんて許せない。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

まもなく解禁になるボージョレ・ヌーヴォー

不謹慎だろうか

でも祈りを捧げて応援したい。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

ジェロボームさんのおすすめワイン(^○^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。

本日はジェロボームさんのフランスワイン試飲会へ行ってまいりました(^○^)

ワタクシここ2~3週間、扁桃炎と風邪のため
香りも味もわからず、悶々と過ごしておりました。

だからだから
久しぶりの試飲会です。走っていきました。走る犬走る犬走る犬

ジェロボームさんは家族経営のワイナリーを専門に扱う日本屈指のワインインポーター。

フランス、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イタリア等など、世界中の素晴らしい
ワインをたくさん扱っていらっしゃるのです。

今日はまあフランスワインですけど~

オンラインワッシーズのスタッフ中では多分、いや絶対他のスタッフよりフランス贔屓なJ

久しぶりということもあるけど、テンションあがります。

はい!
入口入ってすぐのところに、ヤッホー!大好きなヒューゲル

ヒューゲルのワイン

昨年のちょうどこの季節にアルザスまで訪ねてきましたからね。

昨年のヒューゲル訪問はコチラ

ヒューゲル試飲中

シアワセですしっぽ

あ、お仕事ですからね(ー_ー)!!

ロゼが並んでいるコーナーもあり、春が近いことを感じます。

ロゼワインコーナー

ロゼはまた次の機会にご紹介させてください(^○^)

さあて、ジェロボームの岩澤さーーん、おすすめ教えてくださいね~

ジェロボームの岩澤さん

社長と仲良く二人がおすすめしてくれたのは

ドメーヌ・ハインツ・ロシャルデ

酸が結構強く、
2013のヴィンテージながらポテンシャル高い
今飲んでも、おいておくこともできる!

価格も含めて僕のイチオシは実はブルゴーニュブランなんですよ。

ちなみに定価:\5,184 (税込)のところ24%OFF価格:\3,648(税込\3,939)

勿論、シャサーニュモンラッシェは抜群ですよ~でも価格可愛くないんですよね~
正直なおすすめありがとうございます\(^o^)/

みなさま、是非ぜひご覧くださいね

ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり