ジェラール ベルトラン レゼルヴ スペシアル シャルドネとベルギーワッフル(゜o゜)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

家ではフランスワインもまあまあ飲んでいるJです。

なかでもジェラール ベルトランは、

リーズナブルで美味しいと結構な頻度で飲んでいます。

南仏ラングドックルーションのワインです。

今日は

ジェラール ベルトラン レゼルヴ スペシアル シャルドネ (スクリュー) [2018]

いきいきとした味わいを保つため、夜間に収穫を行っているそうです。

フレッシュでいきいきとした味わいはホント。

温度が低い時はホワイトグレープフルーツやレモン。

ややシャープな印象の酸味。

飲んでいるうちにだんだんと温度が上がっていくと

その酸味がやわらかくなり

洋梨、パイナップル、マンゴー、とトロピカルな香りがします。

香りが変わるにつれて果実感もぐっと出てきて

何だか一粒で2度美味しい(≧◇≦)

実は今日は某ベルギーワッフルと合わせたのです。

フザケルナ!と思うでしょ。

私も思ってました。

栗、クッキーショコラ、メープル、チョコレート、と

どれも意外と合ったのです!ビックリ!

ワインと合うってそもそも何?って思いますよね。

これはJ基準ですが、

料理(ケーキでもワッフルでも!)を食べて飲みこんだ後に味わうワインが

美味しければ合う、

美味しくなかったら合わない、としています。(そりゃそうだ)

それにしてもワッフルとはね。

ジェラール ベルトランの懐の深さ?

まさかワッフルと合わせられるとは思ってないデスヨネ

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ビヨー シモンのシャブリと日本のお惣菜(^.^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

家ではフランスワインもよく飲むJです。

今日は久しぶりのシャブリ。

ビヨー シモン シャブリ [2017]

ドメーヌ・ビヨー・シモンがシャブリでワイン造りを始めたのが1815年で

200年以上の歴史を誇るドメーヌです。

アメリカの歴史とほぼ同じ(゜o゜)

ただただすごいなあ・・・と感心してしまいます。

フランスは

今年は気候(霜害や大雨)の影響でブドウの収量が大幅に減って

ワインの生産が前年比29%減なんだそうです。

仕様がないけどワイン値上がりするんだろうなあ・・・

で、今日はそのフランスワイン、シャブリをお惣菜と楽しみました。

グラスに入ったワインはきりっと冷えて薄いグリーンが涼し気。

レモンなどの柑橘系の爽やかな香り、ちょっと甘い香りが鼻をくすぐる。

最初はちょっと酸味がとがった感じがするけれど、

少し時間をおいて温度が少し上がってやわらかく変化していく

複雑味やリッチさ厚みが増していくその時間が大好き。

揚げだし豆腐や野菜炊いたん、サバの煮つけなどなど。

 

サバはイマイチだったかなーと思いつつ

シャブリと出汁を使ったお料理は結構イケルやん

また合わせてみようと思ったJでした。

ビヨー シモン たくさん取り扱いあります!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

Wassy’sがCh.ラグランジュを推す理由・・・

シャトー・ラグランジュ

Wassy’sでボルドーの案内は珍しいですが、その位におススメなんです。なぜおススメなのかは後ほど。

ラグランジュは17世紀から続くメドック格付け3級の名門シャトー。しかし以前は3級に見合わないクオリティーと言われ、シャトー自体も衰退していました。
しかし1983年にサントリーがラグランジュを買収した経営に加わった事で大きく変化します。

欧米以外の企業がシャトー経営にあたったのは、この時が初めてで衝撃的なニュースでした。さらに衝撃となったのは買収額の3倍以上の資金を投じてワイナリーの改革をはじめた事。当時荒れ果てた畑を植え替え、醸造設備も一新。さらにはシャトーのシンボルといえる城館や庭園の修復まで徹底的な大改革に取り組みました。こういった改革を約10年掛けラグランジュは徐々に3級シャトーとして名声を復活させていきます。

現在、サントリー買収直後に植えた60ha以上の苗木は樹齢が上がり、今ではグランヴァンの平均樹齢は約45年、セカンドですら約30年に。そのワインは2級にも負けない、テロワールの魅力が凝縮した、偉大なワインを生み出すようになりました。

ラグランジュが目指したワインのスタイルは、

「果実味があって、エレガント。飲んで素直に美味しいワイン」
であること。
そして、
「消費されるグランヴァンの最高峰」
となること。

ボルドーらしく熟成して楽しむだけでなく、ボルドーの入門として楽しめるような、早めに開けても美味しいワインづくりにもチャレンジしています。

そしてここからが、

Wassy’sがなぜシャトー・ラグランジュをプッシュするのか!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Wassy’sで取り扱うラグランジュは『ファインズ』が輸入したもの。

ファインズはサントリーのグループ企業で高級ワインを扱う専門のインポーター(輸入会社)。
オーナー企業のグループ会社であるファインズから直接買い付ける王道ルートで販売しているんです。

この安心のルートですので、保管管理、品質が気になるバックヴィンテージも安心です。

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

※2021.8.5現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

サントリーが手がけるサンジュリアン格付け3級
──────────────────────────


ポイヤック村の力強さと、マルゴー村のエレガンスを兼ね備えると言われるサン・ジュリアンのワイン。サントリーが所有してから巨額の設備投資と改革を重ね格付け3級にふさわしいと言われるワインに生まれ変わりました。改革はまだまだ続きこれからも進化は進んで行く効果はここ近年ワイン専門誌などの評価も上昇しています。

シャトー ラグランジュ [2018]
販売価格 8,184円
ワイン・アドヴォケイト:95点
ワイン・スペクテイター:93点
ワイン・エンスージアスト:94点

シャトー ラグランジュ [2017]
販売価格 5,863円
ワイン・アドヴォケイト:93点
ワイン・スペクテイター:92点
ワイン・エンスージアスト:94点

シャトー ラグランジュ [2015]
販売価格 7,150円
ワイン・アドヴォケイト:93点
ワイン・スペクテイター:91点

シャトー ラグランジュ [2014]
販売価格 6,292円
ワイン・アドヴォケイト:92点
ワイン・スペクテイター:89点
ヴィノス:93点

シャトー ラグランジュ [2013]
販売価格 5,934円

シャトー ラグランジュ [2012]
販売価格 8,800円
ワイン・アドヴォケイト:86点
ワイン・スペクテイター:87点

シャトー ラグランジュ [2011]
販売価格 8,800円

シャトー ラグランジュ [2010]
販売価格 11,440円
ワイン・アドヴォケイト:90点
ワイン・スペクテイター:92点
ヴィノス:95点

ラグランジュのセカンドワイン
──────────────────────────

若い樹が使われるセカンドのラグランジュですが、若いと言っても平均樹齢30年。他のワイナリーなら若木と言えない樹齢で作られるフィエフはしなやかなタンニンが印象的で、とにかくエレガント。

レ フィエフ ド ラグランジュ [2018]
販売価格 4,468円

レ フィエフ ド ラグランジュ [2017]
販売価格 4,752円

レ フィエフ ド ラグランジュ [2013]
販売価格 4,001円

フランスのレストランで人気の高い白ワイン
──────────────────────────

セミヨン特有の高い粘性とソーヴィニヨンのみずみずしさとが見事な調和で、繊細かつはつらつとした風味が楽しめます。爽やかなスタイルが魅力的なワインです。
レ・ザルムとは、ラグランジュの池の畔に咲くという白い花を意味していますが、アロム(香り)高きワインであることも同時に暗示しています。品種特有の柑橘系やハーブの香りが個性的。凝縮された果実味、しっかりとした酸味に恵まれ、甲殻類や魚、さらにハーブを使ったグリルや白身系の肉料理にぴったりです。

レ ザルム ド ラグランジュ [2018]
販売価格 4,664円

レ ザルム ド ラグランジュ [2017]
販売価格 4,081円

レ・ザルムのセカンドワイン
──────────────────────────
レ・ザルム・ド・ラグランジュのセカンド・ワイン。パッ
ション・フルーツやグレープ・フルーツなどの華やかなフ
ルーツの香りが特徴的。丸みと酸味のバランスが良く、程
よいボリュームのある辛口の白ワインです。

レ フルール デュ ラック [2018]
販売価格 2,957円

 

 

 

 

 

フランスワインのリピートはジェラールベルトラン(^.^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日の試飲はフランスワイン。

ジェラール ベルトラン シャトー ド ラ スジョール グラン ヴァン ルージュ

南仏ラングドックのワインです。

「シャトー・・・」って書いているし、

一見、ボルドーのワインかと思ってしまいました。

実際メルロ やカベルネ フラン 主体に マルベックが少し入っているのは

ラングドックぽくない。

完熟した黒系果実、なめらかなタンニン。

やわらかでありながらしっかりと酸味を感じ、

リッチな樽のニュアンスがほどよく溶け込んだ赤。

これはぜひとも食事とともに味わいたい

ジェラール ベルトラン

地域の様々なテロワールを表現すべく複数ワイナリーを所有。

スジュールはそのうちの1つなのです。

ジェラール ベルトラン のワインは

種類もたくさんあって、お値段も手頃なものから

しっかり高級なものまでと幅広い!

しかもどれを飲んでもしっかり美味しいので

実はワタクシ、何気に家で飲むワインに

ジェラール ベルトランをリピートしていたりします。

だって安定の美味しさだもの。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ジャイエ ジル ブルゴーニュ オート コート ド ボーヌ ルージュと牛すじの炊いたん(*´▽`*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

オンラインワッシーズではフランスワインの取り扱いもあります。

今日はブルゴーニュのお話です。

毎日ワインを飲むわけではないのですが、

ワインを飲むときは必ず食事と一緒です。

それも日本料理、といったら聞こえは良いですが

フツーの家庭料理デス

 

今日は牛すじと大根を炊いたん。

そして

ドメーヌ ジャイエ ジル ブルゴーニュ オート コート ド ボーヌ ルージュ

ドメーヌ ジャイエ ジル の

ジル ジャイエ は アンリ・ジャイエの親族で

フランスブルゴーニュのオート・コートの名手として知られています。

残念なことに2018年、57歳という若さで亡くなられているのですが

2016年ヴィンテージまでは、手掛けていらっしゃいます。

ほどよい酸、やわらかな口あたり、そして出汁感。

この出汁感が、日本料理に合うのよ~

カリフォルニアワイン推しのオンラインワッシーズではありますが、

たまにはブルゴーニュピノもおすすめしたいなあと思うのです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

赤ちゃんのヌーヴォーと二十歳のワイン『ルー・デュモン』

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

家で飲むワインもいいですが、
外で飲むのはやはり格別。
たまのひとり飲みも、わたしにとって
大切な時間です。

 

先日、ワインショップがレジの横で
ちょこっとやってる
角打ち的なお店へ寄ってみました。

日本人醸造家のブルゴーニュワイン
『ルー・デュモン』

 

そこで出会ったのが『ルー・デュモン』の
レア・セレクション。ブルゴーニュでご活躍の
仲田 晃司さんがネゴシアン部門で手掛ける
蔵出し古酒のシリーズです。

2000年のワインをGETしました~!

購入ワインのヴィンテージ記録を一気に更新^^

 

ワイナート 100号 日本の造り手

沖田さんと言えば、
ブルゴーニュの神様
アンリ・ジャイエ氏が認めた日本人醸造家!

ワイナート100号の【日本の造り手特集】で
紹介されていたのも記憶に新しいですね。

 

さて、今週木曜日は
ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でした♪

本日解禁!ボージョレ―ヌーヴォー!

奇遇にも 実店舗ワッシーズ
『ルー・デュモン』のヌーヴォーを発見。
つい予約しちゃいました。

 

沖田さん曰く、
「ガメイは完璧に完熟させてはじめて、
真価を発揮する」とのこと。
そのため、樹齢70~95年の超古木が選ばれています。

 

赤ちゃんワインと二十歳のワインを並べて
記念撮影^^♪

ブルゴーニュワイン ルー・デュモン ボジョレ―・ヌーヴォー

 

いろいろなことがありすぎた2020年も、
残すところあと1か月ばかりになりました。

 

忘年会の予定もないし、
年末用のワインはちょっと奮発してもいいかなぁ?と
秘かに企んでいます。

 

【フランスワインも検索しやすくなりました】

▼オンラインワッシーズで取扱いの ブルゴーニュはこちら から

フランスワインの検索方法 オンラインワッシーズ

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

ワインアウトレットセール お買い得ワイン オンラインワッシーズ

 

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~ プロヴァンス~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

毎年沢山受験される皆さんを応援するため、一問一答”形式で姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題をテーマごとに毎週アップ。ブログでまとめて行きますので挑戦してみてください。

2次試験がまもなく、受験される方はいかがですか?
次回1次試験受ける皆様は、引き続きこのブログの問題でお付き合いください。

今回はプロヴァンス地方。

プロヴァンスと言えばロゼ。当然問題もロゼに関するものが
多く見られます。

 

==========================
『プロヴァンス』
==========================

①プロヴァンス地方のワイン生産量の中でロゼワインが占める比率に最も近いものはどれ?
1:38%
2:58%
3:72%
4:89%

②プロヴァンス地方のAOCワインの産地を東から西の順序で正しく並べたものはどれ?
1:Bellet, Bandol, Cassis, Les Beaux de Provence
2:Bandol, Les Beaux de Provence, Cassis, Bellet
3:Bellet, Bandol, Les Beaux de Provence, Cassis
4:Les Beaux de Provence, Bandol, Bellet, Cassis

③Cotes de ProvenceのサブA,O,Cの中で最も南に位置するものは?
1:Cotes de Provence Saint-Victoire
2:Cotes de Provence Frejus
3:Cotes de Provence La Londe
4:Cotes de Provence Pierrefeu

④A.O.C「Cassis」の説明で間違っているものは?
1:フランスで最初に認定されたA,O,Cの一つ
2:主要品種はClairetteとMarsanne
3:白ワインの比率が高く、全体の67%を占める。
4:樽香がある厚みある味わいでGigot d`Agneauに合わせる

⑤A.O,C「Bandol」の主要ブドウ品種は?
1:Syrah
2:Mourvedre
3:Carignan
4:Grenache

⑥AOC「Bandol」の赤ワインの最低樽熟成期間は?。
1:6ヶ月
2:12ヶ月
3:18ヶ月
4:24ヶ月

 

それでは解答

 

 

 

 

①プロヴァンス地方のワイン生産量の中でロゼワインが占める比率に最も近いものはどれ?
4:89%

②プロヴァンス地方のAOCワインの産地を東から西の順序で正しく並べたものはどれ?
1:Bellet, Bandol, Cassis, Les Beaux de Provence

③Cotes de ProvenceのサブA,O,Cの中で最も南に位置するものは?
3:Cotes de Provence La Londe

④A.O.C「Cassis」の説明で間違っているものは?
4:樽香がある厚みある味わいでGigot d`Agneauに合わせる
※バンドールと合わせるとされています

⑤A.O,C「Bandol」の主要ブドウ品種は?
2:Mourvedre

⑥AOC「Bandol」の赤ワインの最低樽熟成期間は?。
3:18ヶ月

 

 

今年は売れる、今年こそ売れると言われ続けているものの、なかなかブレイクしないロゼ。もっと飲んで欲しいですね。

 

[広告]外部サイトへ移動します


認定試験合格をめざす田辺由美のワインノート
基礎から学ぶ田辺由美のワインブック ソムリエ、ワインエキスパート受験者必携テキスト 2021 試験によくでる重要ポイントをわかりやすく解説

気をとりなおして・・・南仏ワイン(≧◇≦) ジェラールベルトラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナは日本だけではなく、世界中の動きをストップさせています。

今年は南フランスに旅行に行くんだ~

と、昨年末から楽しみにしていた友人ですが、

結局キャンセル。

仕方ないよねーと、

誰が悪いわけでもないけど、

何となく、私もしょんぼり。

にっくきコロナめーーー

こんなワイン飲んだら、少しは気が晴れるかな。

フランスはラングドックのジェラールベルトランのワイン

オーガニック、ビオディナミに力を入れていて、

ちょっと敷居が高いかなあ~と思っていたけど

飲みやすいし、安かったのよ~。

これは2000円弱。いろんなレンジがあります。

ボトルの首にネックレスの飾りがついていてカワイイ。

フランスのファッションデザイナー、

シャンタル・トーマスが手掛けたデザイン。

真珠の首飾りをモチーフにしています。

ちょっと前に飲んだけど瓶が可愛すぎてとってあります。

トロピカルフルーツの香り、柑橘系のニュアンス。

イワシの香草焼きとか

なすとトマトのオーブン焼きなんかを合わせたら

気持ちは南フランス。

気をとりなおそう

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~フランス概論(2)~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

 

==========================
『フランス概論』
==========================

①I.N.A.Oの意味は
1:原産地統制呼称
2:国立原産地および品質機関
3:国際ぶどう・ぶどう酒機構
4:醸造者共同組合連合

 

②I.N.A.Oの前身が設立された年は?
1:1925年
2:1935年
3:1945年
4:1955年

③地理的表示保護ワインに相当するものの名称は?
1:Indication Géographique Protégée
2:Vin Régional
3:Vin de France
4:Appellation d’Origine Contrôlée

 

④フランスの「地理的表示のないワイン」に認められるラベル表示を選択してください。
1:品種、収穫年両方とも表示不可
2:品種、収穫年両方を表示可能
3:品種のみ表示可能、収穫年は表示不可
4:収穫年のみ表示可能、品種は表示不可

 

⑤次のワイン産地と気候の組み合わせで、正しくないものは?
1:ボルドー 海洋性気候
2:ブルゴーニュ 半大陸性気候
3:ロワール川下流 海洋性気候
4:ラングドック 大陸性気候

 

今回の問題はここまで。
フランスの言語表記が難しい所ですね。

正解は下にスクロール。

 

 

 

 

 

 

◇フランス概論

①I.N.A.Oの意味は
2:国立原産地および品質機関
※正式名称は(Institut National des Appellations d’Origine)

②I.N.A.Oの前身が設立された年は?
2:1935年

③地理的表示保護ワインに相当するものの名称は?
1:Indication Géographique Protégée
※I.G.P. として表記されているものです
他に原産地呼称保護ワインとして、Appellation d’Origine Protégée(A.O.P.)

④フランスの「地理的表示のないワイン」に認められるラベル表示を選択してください。
2:品種、収穫年両方を表示可能

⑤次のワイン産地と気候の組み合わせで、正しくないものは?
4:ラングドック 大陸性気候
※正しくは、地中海性気候

 

 

今回の問題はどうでしたか?
様々な機関や呼称が増えてきますので、間違えないように注意しましょう。
それぞれの産地と気候の紐づけも大事です。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

 

[広告]外部サイトへ移動します


認定試験合格をめざす田辺由美のワインノート
ソムリエ、ワインエキスパート認定試験合格のための問題と解説
2020年版/田辺由美

 

こまった運動不足

緊急事態宣言が出て最初の週末。

週末通ってるスポーツジムも先週からお休みだし、出かけても買い物くらい。
日曜なんて天気が雨だった事もあって一歩も家から出ずで、スマートウォッチ
の歩数計見たら、たったの300歩弱。

2週間運動してないので、掃除機あてるのにスクワットやランジを取り入れてみました。

 

気持ち程度ではありますが。

他にもYoutubeでストレッチやトレーニング動画みながら
体動かしてみたりしてました。

次ジム行くときには何キロ体重増えてるのやら。

 

外飲みは減りましたが、家飲みが増えますね。

週末の晩酌ワイン

キュヴェ ド レギュイエ ドメーヌ レリス マジエール 2017
https://winestore.jp/fs/wine1227/55162

シラーとグルナッシュのブレンド。
柔らかい果実感と口当たりが一日家にいてどんよりした気分をリフレッシュ。
食事でもおつまみでの単体飲みでも美味しいワインでした。