ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~ブルゴーニュ(1)~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

 

今回からは、試験問題でも最も重要?!
恐らく問題の占める割合も多いんじゃないかと思われるブルゴーニュです

==========================
『ブルゴーニュ』
==========================

◇ブルゴーニュ
①ブルゴーニュが世界遺産に登録されたのはいつですか?
1:2000年
2:2005年
3:2010年
4:2015年

②ブルゴーニュ地方の主要な母岩は
1:火山岩
2:片岩
3:砂岩
4:石灰岩

③ブルゴーニュ地区を北から南に正しく並べているものはどれ?
1:マコネ → シャブリ→ コート・ド・ニュイ → コート・シャロネーズ
2:コート・ド・ボーヌ → コート・シャロネーズ → マコネ → ボージョレ
3:シャブリ→ マコネ → コート・ド・ニュイ → コート・シャロネーズ
4:コート・ド・ニュイ → コート・ド・ボーヌ → シャブリ → ボージョレ

④ピノ・ノワールにガメイを15%以上ブレンドして作られるA.O.Cはどれ?
1:Bourgogne
2:Bourgogne Gamay
3:Bourgogne Passe-Tout-Grains
4:Coteaux Bourguignons

⑤最も栽培面積の小さいシャブリ・グラン・クリュは?
1:Blanchot
2:Vaudesir
3:Grenouilles
4:Valmur

今回の問題はここまで。

ブルゴーニュは、複数の地区、その地区に属する村、等級、作られるワインが赤か白か両方か。沢山ありますので、時間をかけて覚えましょう。

正解は下にスクロール。

 

 

 

 

①ブルゴーニュが世界遺産に登録されたのはいつですか?
4:2015年

 

②ブルゴーニュ地方の主要な母岩は
4:石灰岩
※土壌としては95%が粘土質石灰質(ボジョレーを除く)

 

③ブルゴーニュ地区を北から南に正しく並べているものはどれ?
2:コート・ド・ボーヌ → コート・シャロネーズ → マコネ → ボージョレ

 

④ピノ・ノワールにガメイを15%以上ブレンドして作られるA.O.Cはどれ?
3:Bourgogne Passe-Tout-Grains

 

⑤最も栽培面積の小さいシャブリ・グラン・クリュは?
3:Grenouilles
※反対に最大はLes Clos

 

今回の問題はどうでしたか?
ブルゴーニュは少し多めに回数を割いて問題を出します。

 

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

 

 

 

[広告]外部サイトへ移動します


認定試験合格をめざす田辺由美のワインノート
ソムリエ、ワインエキスパート認定試験合格のための問題と解説
2020年版/田辺由美

 

 

いつの間にか上質になってたんじゃない?アリゴテ(;・∀・) ジャイエジル 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ですが、今日はフランスブルゴーニュ、ジャイエ ジルのワイン。

アリゴテです。

ブルゴーニュです。

イメージ的にシャルドネに押されがちなアリゴテ。

Jも昔は

「酸味はあるけど、なんかぼやーとしてて弱弱しいワインだなあ」と

失礼千万な印象を持っておりました。が、

最近は口当たりがやわらか、

酸味は勿論あるのだけど突出してない。バランスいい。

香りも白い花や柑橘などと造り手ごとに特徴がある。

何と、知らないうちに上質なワインになってた!

以前に比べたら上がってはいるものの、

まだ買いやすい価格というのも魅力的。

さて、

ジャイエ ジル ブルゴーニュ アリゴテ[2016]

フレッシュなオレンジの風味、きりっとした酸味。

ミネラル感とほんの少しの苦み。

天ぷらとか相性がよさそうです。

フキノトウなんかの山菜や

今盛りのゴーヤとか(実家でできました!)

にがみのある野菜をさくっと揚げて

塩だけであわせてみたい。

ヴィンテージは2015と2016があったのですが、

2015は残少量。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

チーズとワイン最高(*´▽`*)吉田牧場フレッシュチーズとジャイエジル オーコートドニュイ 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

チーズが好きです。

特にフレッシュタイプが好きで、

ヨーグルト感覚でモリモリ食べてしまします・・・

年齢を重ねると、

野菜も食べなあかんな―、とか

納豆がんばろう、とか考えるけど

20歳頃は若かったのねー

パンとチーズとワインがあったら毎日シアワセーと

只々思っておりました。ハズカシー

これは吉田牧場さんのフレッシュチーズ。

四天王寺のワッシーズ本店に

時々入荷してきますので

見つけたら即買い。

気候や牛さんが食べている草で

少し味が変わる気がします。

そこが工場での大量生産品と違うところなんだろうな。

今回は酸味しっかりで、味が濃い。

いつもはちょっと物足りなくて何かプラスして食べたてたけど

今回はチーズだけで満足。

パンにたっぷりつけて

ワインと楽しみます。

私は酸味しっかりの濃厚なタイプが好きなので

かなり気に入って2個も買ってしまった・・・

ワインはジャイエジルのオーコートドニュイ ルージュ

フランス ブルゴーニュのワインです。

ジャイエ ジル ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ

ブルゴーニュにしては深い色味の赤。

グラスいっぱいに広がる

赤系果実のかわいらしい香り

華やかなフローラルのアロマ

豊かな果実味となめらかなタンニン。

酸味もしっかりあるので

フレッシュチーズ相性ばっちり

チーズとワイン最高!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

珍しい飲み比べ

トリイです。

事務所でコルクのワインとスクリューのワインについてスタッフで話して時に思い出したんです。

「そういや私物ワインで同一ワインのコルクとスクリューが幾つかあった気が」

輸入元のワインリストなんかみてると、数は少ないので販売できるほどは無いものの、同じワイン・同じヴィンテージでコルクとスクリューが掲載されている事が稀にありまして、面白そうだからと個人的に買って置いてたんです。

スクリューは早くから導入されてたオーストラリアやニュージーランドのワインが多いんですが、なぜ2種類作られているかと言えば、テストもありますが、大きな理由に輸出国の要望。

スクリューが一般的なオセアニアではそのままスクリューがリリースされますが、アメリカでは圧倒的にコルク。アメリカ市場からコルクのバージョンを作ってくれ、送ってくれとのリクエストが強かったんです。

そんなわけで飲んでみよう!

って、ブルゴーニュやん。

オーストラリアワインの飲み比べはもう飲んでしまってました。
まぁむしろこっちの方が珍しいですね。

ベルトラン・アンブロワーズ ブルゴーニュ シャルドネ2008

左がスクリュー、右がコルク。
凸凹のないスマートなスクリューですね。

12年熟成、グラスに注いでみましょう。

左がスクリュー、右がコルク。

見てのとおりコルクの方が色が濃く熟成しているように見えますね。
色の違いははっきり判ります。

香り、味にしてもこうも違うか!と。

ブルゴーニュ・シャルドネと最も低価格でスタンダートな早飲みワインですが、スクリューに関しては、まだパリッとした印象もあるシャープな酸が残っており、コルクはこちらも酸はしっかりしてますが、角が無く厚みふくよかさを感じられますね。スクリューは開けてすぐは少し還元のニュアンスがありましたが、これはすぐに消えて香りが後から出てくる感じ。

コルクには程よく熟成感もでており、このクラスでこれだけの熟成の美味しさが出てるのには驚きです。
2008年と言えば評価的には天候が安定せず困難なヴィンテージ。

しかもこのワイン、私物ワインなんでセラー保管でなく温度変化の少ない倉庫で段ボール保管してたモノ!

 

【お取寄せ】ベルトラン アンブロワーズ ブルゴーニュ シャルドネ[2017]
良年の2017年、ちょっと熟成させてみません?

すっかり飲むタイミングを逃してました飲み比べワイン。
思わぬ形で開ける事ができました。

どっちが美味しかったかは、完全に好みの差で、ホントにどっちも美味しいです。スクリューもちゃんと熟成しますし、コルクの良さも改めて感じましたよ。

 

 

おすしとか茶わん蒸しにあうんじゃない?(*´▽`*)ブーズロン アリゴテ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ラックさんの試飲会の続きの続きです。

ブルゴーニュ アリゴテのコーナーに

ブーズロンが並んでいます。

ブーズロンのアリゴテはここが違う!と解説付き。

中でもJ一番のおすすめのドヴィレーヌ

ブーズロンってご存じですか?

ブルゴーニュ地方のコートシャロネーズにあるワインの産地。

ブルゴーニュなんだけど、

そのほとんどが

シャルドネではなくアリゴテを使っているところ。

アリゴテ?

あんまり見かけることがないから

ふーーーん・・・って感じですよね。

ウンウン、少し前までワタクシもそうでした。

でも実際飲んでみると、

ブルゴーニュ・シャルドネとはまた違った

レモンやグレープフルーツ、梨などフレッシュフルーツの

さわやかな酸味、やわらかな塩味(えんみ)と甘味のハーモニー。

お、美味しいっ

このさわやかでやわらかな口あたり・・・

主張しすぎず、食事に寄り添う。

これは意外とおすしとか茶わん蒸しなんかに合うんじゃないの?

ブルゴーニュの扉を開けちゃうかも(-“-) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s

受注担当 です。

昨日はラックさんの試飲会に行ってまいりました。

フランス贔屓のワタクシ・・・

仕事なんだけど、実は毎回楽しみにしています。

ワインに携わる仕事をしていて幸せに思う瞬間

ブルゴーニュをこんなに一度に味をみることなんて

個人ではありえないですから。

ちょっと前は、

ブルゴーニュは薄くて酸味が強い、というイメージだったのですが

ここ最近のヴィンテージは暑さ寒さにはそんなにブレない

勿論その年の特徴はあるし、エレガントであるのは変わらない。

造り方が進化しているんだろうなあと

しみじみ思っています。

温暖化の影響もあるかもしれません。

もとより、ちゃんと実がならなければ話にはならないですが。

で、2017のブルゴーニュルージュ

これはシャルル オードワン 最近注目のマルサネの造り手。

開けたてはちょっと不安定?と思ったけれど

やわらかな口当たり、フランボワーズの香りが心地よい。

果実味もしっかり感じられ、タンニンなめらか。

美味しいや~ん

村名、畑名となるにつれてその精度はさらに磨きがかかって

それぞれの個性が際立ってきますから

一概に「2017のブルゴーニュは・・・」なんて言いきることはできませんが

ブルゴーニュルージュなめてはなりませぬ。

ブルゴーニュの世界の扉を開けるかも~

価格は大体3~4000円といったところ。

いつもはブルゴーニュは飲まないなあという方、

今日はお手軽なブルゴーニュでも・・・という方には

ぜひぜひお試しいただきたいブルゴーニュルージュ

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。

驚き|)゚0゚(| 繊細なブルゴーニュが中華と?! 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

まさかと思いました。

ブルゴーニュと中華料理が違和感ないなんて!

それは先日ドメーヌロベール・シリュグのメーカーズディナーに

参加させていただいたときのこと。


ドメーヌロベール・シリュグ5代目 アルノーさん

場所は大阪聘珍樓

料理は高級食材のフカヒレの姿煮や鮑のオイスター煮込みなど、

旨みたっぷりザ・中華!!でした。

でも香りかなり控えめでやさしい。


ワインはアリゴテやブルゴーニュピノから煌くヴォーヌロマネまで

一貫して主張は強くないのに芯がある。余韻がある。

もっと飲みたい、もっと食べたいと思わせる組み合わせ。

ここで、思いついたお家で楽しむワインと料理のヒント。

ブルゴーニュを飲みたいときは

旨みはそのまま

どーんと使いたい香辛料は控えめに・・・かな?

ブルゴーニュワイン

オンラインワッシーズでもたくさん取り扱っています

社長太鼓判!ブルゴーニュ2017は買い、日本最大ブルゴーニュ試飲会で飲んで来ました

ワッシーズ社長のワッシーですm(_ _)m

先日、日本最大のブルゴーニュワインインポーター
さんの試飲会に参加して来ました。

 

 

収穫!ありましたよ。

どんどん入荷して来ている『ブルゴーニュ2017年』は買い!オススメです
特に白は久々にブルゴーニュらしい酸のミネラルに溢れるスッキリエレガントで、これぞブルゴーニュと言うワインに仕上がっています。
※赤に関しては後ほど。。

ワッシー@社長がこの日(特に:ほとんど全部良かったので)注目したのが下記の3つです

 


■ルフレーヴ プイイ フュイッセ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57878
通常8,250円 のところ 特価6,600円

 


■ドメーヌ ラフージュ ムルソー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57904
通常7,700円 のところ 特価6,160円

 


■ジャン マルク ボワイヨ ピュリニー モンラッシェ ブラン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/57991
通常12,100円 のところ 特価9,680円

『果実味とのバランスが良く』
『今すぐ難しい事を考えないで飲め』
『味と価格のバランスが良い』

と思った3本です、昔っからのブル好きの方は、どの白を選んでも満足と思いますが。ワッシーズの客様に多い新世界ワイン好みの方にもオススメできると思います。
どっちらも思わずスルッっと一本飲めてしまうと言うタイプです。

世界的な気候変動の為、非常~~に苦労しているブルゴーニュの生産者さん、この1~2年はの、少なく熱すぎる年に作られたブルゴーニュの白は、少し時代遅れのコテコテ新世界ワインを思わせる、こってりスタイルで。『そんなん新世界にあるから要らんねんん・・』と何を仕入れるかに非常に悩ましい年が続いていました。

しかし!2017は久々に量と質が一致した「生産者さんにとって良い年」と言えると思います。春の霜や夏の極端な暑さにさらされなかった2017の葡萄は収穫量も十分確保できました
(とは言え、やっと平年並みと言うところですが・・)

ブル白は安心してバンバン購入して下さい、万一ちょっと『固いな~』と思っても『それがブル白』の醍醐味です『熟成に期待』できるので、(2015~2016は正直期待できないと思います。)まとめ買いでも後悔はしないでしょう。

で・・さて赤・・

良いか悪いかで言うと、、『間違いなく良いです』ただ、試飲会会場に居た多くのプロの意見もそうでしたが『とにかく固い』ワインに仕上がってます。

つまりは。。

『酸っぱく』『渋く』『香りが簡単に立ちません』

が、

『むしろソレが良い!!』

正しくピノノワール業界頂点を極めるブルゴーニらしい味なのです。
購入した時は、気難しかったワインが時間とともに花開き、すばらしく滑らかで香り高いもの変貌して行くのが楽しめるスタイルです。
『抜栓してすぐに美味しいピノノワール』は新世界にまかせておけば良いのです。ブルゴーニュは正しくブルゴーニュらしくあった欲しいとワッシー@社長は思う訳です。
グランクリュ、も村名もみんな良かったです。『好きな銘柄だったのに、2015はちょっと?アレ?』と思った方も2017は安心して買ってください。有名ドメーヌのものは更に素晴らしいです、何年か分買って熟成させましょう。

まあ、でも。。
今すぐ飲みたいと言う方には


■ティエリー・モルテ ブルゴーニュパストゥグラン2017
https://winestore.jp/fs/wine1227/57441
通常2,860円 のところ 特価2,640円

をオススメします、キレイな酸っぱい果実味とミネラルがあります、すでに開いてます。
こちらを買って、2017らしい味わいを楽しみつつ、セラーに眠るグランクリュが熟すのをまちましょう。

『もうちょっとエエワインで今飲めるのが良い?』
と言う方には。コレ


■オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54785
通常7,700円 のところ 特価5,775円

カリフォルニアですが、この価格でこのバランスを楽しめるワインは他にはめったにありません、飲んで裏切られる事の無いワインの一つ。。騙されたと
思って10年位置いて見てください。若い頃には隠れていたブルゴーニュが出てきます。ちょこっと師匠アンリジャエの片鱗が見えてきます。。待てない方は、蔵出しのバックVTも販売中ですので。

是非お試しくださいm(_ _)m

【2017年ブルゴーニュ・赤ワイン】
https://winestore.jp/fs/wine1227/GoodsSearchList.html?_e_k=A&keyword=2017 ブルゴーニュ 赤 &maxprice=&minprice=&nostock=false

【2017年ブルゴーニュ・白ワイン】
https://winestore.jp/fs/wine1227/GoodsSearchList.html?_e_k=A&keyword=2017 ブルゴーニュ 白 &maxprice=&minprice=&nostock=false

ソムリエ試験の教本で見た♪ブルゴーニュ郷土料理を作ってみました。

Wassy's 家呑みワイン

 

 

オンラインWassy’s ひのみです。

『家呑みワイン』では、おいしいごはんとお酒を愛するスタッフが
ワインのお供をご紹介します。

 

まだ筆記だけなので、大きな声では言えませんが…

JSA一次試験をなんとか通過することができました。
二次試験に向けてますます頑張らねば!

 

今年の教本は『ワインと相性のよい郷土料理』が
国・地域別に記載されています。

その中でも気になっていたお料理があったので、作ってみました。

 

ジャンボン・ペルシエ
~ハムとパセリのゼリー寄せ~

ハムとパセリのゼリー寄せ ブルゴーニュ 郷土料理

────────────────────────────────────
<材料と作り方>

1)型の容量に合わせてブイヨンを沸かし、白ワインと塩で味付けする
水でふやかしたゼラチンを入れて溶かしたら、粗熱を取っておく
(ブイヨンに対して5%のゼラチンが目安です)

2)オリーブオイル 、ワインビネガー、
ディジョンマスタード、塩、
風味付けにガーリックを少々加えてドレッシングを作り、

カットしたハムと刻んだパセリを和え

型に移して冷やし固めれば完成!
わたしはズッキーニも入れてみました♪
────────────────────────────────────

冷やしても白く固まらない!
サッシカイア オリーブオイル

イタリアを代表するスーパートスカンが手掛けるオイル。

さすがのサッシカイア( ´艸`)☆
葡萄のみならずオリーブへのこだわりも強く、
『レッチーノ』や『モロイオロ』など
フルーティーな品種が豊富に使われています。

軽やかな口当たりと、果実の濃い旨味が特徴です。

 

余談ですが…以前、兵庫の北寄りに住む
知人に聞いてびっくりしたことがあります。

それは、冬になると調味料棚に置いている
オリーブオイルが固まるということ。

 

このサッシカイアは市販品に比べて
融点が低い、軽やかなオイルなので
寒い地域のお客さまにもおすすめです(笑)

 

冷やしておきたいもの、たとえば
・マリネ
・コンフィ
・オイル漬け など
作り置きにも幅広く使えますよ~\^^/

サッシカイア オリーブオイル

サッシカイア エクストラ ヴァージン オリーブオイル
特価:税込3,780円

 

 

さぁ!今日もワインで乾杯♪

教本のセオリー通り、ブルゴーニュと合わせてみました。
▼選んだのはこちら▼

ブルゴーニュ コートシャロネーズ 白ワイン ドメーヌ ド ヴィレーヌ

■ドメーヌ ド ヴィレーヌ ブルゴーニュ コート シャロネーズ ブラン レ クル エメ[2016]

ロマネ・コンティの共同経営者が造るシャルドネです。
ホワイトグレープフルーツのようなピュアな果実味と、
リッチでミネラリーな味わい。

「ピュアとリッチって共存できるんだなぁ…」と
惚れ惚れしてしまいました。

肝心の相性は…言わずもがなばっちりです( ´艸`)

 

ちょっと贅沢なお酒を味わうなら、
やっぱりお家ワインがいちばんですね♪

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

<こちらもあわせてどうぞ>
『サッシカイアオリーブオイル』の関連ブログ

ワインの〆にも!レンジで作れるサバ缶パスタ

【サッシカイア オリーブオイル入荷】桃モッツァレラの決め手はオイルにありました★

========================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys
(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
========================

フランスも試飲しますよ

今回はフランスワイン中心の試飲会
会場のカーペットが豪華です。

 

プリューレ・ロックの『ラドワ・ル・クル・ルージュ2015』

ブルゴーニュのロック様
(こちらはアメリカのロック様)

 

香りが開くまでかなりの時間を要するのと、飲み方がどことなくデリケートな
プリューレ・ロックの中で、抜栓4時間の1回デカンタで提供されたこの
ラドワがとても柔らかく染み込むように飲めてしまった事に驚き。
ロックにあるむずかしさを感じない仕上がりでした。

 

レ・ブリュリエール・ド・ベイシュベル2015
試飲会でテイスティングするボルドーワインってあまり得意ではないんですが(そんな事言っていいのか?!)
このワインこの日飲んだすべての中でもかなり好みでした。

15年と若いんですが、ボルドーの青さや硬さをあまり感じさせず、最初の一口目から
全体的に柔らか。価格も3000円台とお手頃。

 

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ ラ・リュ・ド・ヴェルジィ2015

ひと口目から「レベル高いなぁ~~」と思ってしまう美味しさ。
ワインに必要な美味しい要素を全て高得点で押えているようなワイン。

 

『ドメーヌ・ベルサン ブルゴーニュ・コート・ドーク・セール・ピノノワール2015』

ミディアムボディで軽めの味わい。うすウマ(薄い味わいながら旨い)系
すいすいと飲めてしまう美味しさで価格も2000円台とブルゴーニュ・ピノと
しては、すいすい飲みやすい価格です。

 

プリューレ・ロックのヤニックさん。

 

ヴァインバックのカトレーヌ女史。
他の生産者さんがブースのテーブルからサービスしてる中、
彼女はブースの前に出てサービスしてました。