ももがすき♪旬の白桃とデザートワインでおやつ時間

 

ワッシーズ看板犬 モモちゃん

 “モモ”って…看板娘のあたちのこと、誰か呼んだかしら?」

 

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

先日本屋さんへ寄ると、あまりにも魅力的な
表紙が目に飛び込んできました…!

SAVVY 2021年8月号 「 ももがすき Shall we peach? 」

(SAVVY 2021年8月号 「 ももがすき Shall we peach? 」)

 

例年6月中旬を過ぎたあたりから、
もも好きの血が騒ぎます(笑)

 

今年は長崎から始まり…福岡、山梨産の桃をGET!
さらに、制作クロカワさんから
我らが大阪の「包近の桃」も分けていただき、

桃の季節を満喫しています~

 

白桃&はちみつロールと、デザートワイン

白桃 ロールケーキ デザートワイン

 

甘さ控えめでふわふわのはちみつロールを
厚くカットし、桃を添えて
ちょっと大人なおやつ時間。

 

いつもならば紅茶を選ぶところですが、

実店舗ワッシーズ で買ってきた、変わり種
スリーのデザートワイン合わせてみました。

スリー レイト・ハーヴェスト リースリング
S・スリー・タイムズ ロシアン・リヴァー・ヴァレー 2007

 

ジンファンデルなど赤ワインのイメージが強いスリーに、
デザートワインがあったなんて知りませんでした!

 

春に試飲させてもらった際、あまりにも
幸せな気持ちに包まれたのが忘れられず…
3か月越しに買ってしまいました^^

高貴な熟成香とブランデーの効いたバター菓子のような
やわらかい風味。そして、とろけるような口当たり。
口福がすぎる。

 

大人ならではのおやつ時間に
デザートワイン、おすすめです

甘口ワイン一覧はこちら から

 

自根の古樹にこだわる重厚な味わい“three”

カリフォルニアワイン スリー マット・クライン

スリーは、『クライン・セラーズ』 の礎を
兄フレッドさんとともに築いた
マット・クラインさんによって、
2001年に設立されたワイナリーです。

 

クラインは、ジンファンデルや
ローヌ品種を主としたワインで人気の生産者。

 

スリーにおいては、ジンファンデルの他、
マタロ、プティット・シラーなど
カリフォルニアワインの歴史そのものと言える品種から
自根の古樹にこだわったワインが造られています。

中には、樹齢100年越えのブドウ
あるというから、驚きです!

 

スリーのワインで用いられるのは主に、
内陸部のコントラ・コスタで育まれたブドウです。

 

輸入元さんが実際に現地へ行ったときの様子を聞くと、
日中の日差しはとても強く温かいのに、
ちょっと動いて木陰に入っただけで
非常に寒い、印象的な畑だったそうです。

 

1年を通して、毎日大きな寒暖差があるのですね。
そして灌漑を行わない畑の土壌は、まるで砂漠のよう!

この厳しい環境から、スリーのワインの
ぎゅぎゅっと凝縮された旨味が生まれます。

 

ちなみにわたしは、
「スリーのワインは中華と合わせても
負けない旨味を持ってるよな~」
と常々思っています^^

ぜひ中華料理とともにお楽しみくださいね♪

 

『スリー』すべてのワインはこちら から

カリフォルニアワイン スリー コントラ・コスタ

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

スモールフォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター の魅力(*’▽’)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

スモールフォレストの敦子さんにお会いしました!

WEBだけどー。

敦子さんにオーストラリアの現在の状況を伺うと、

日本と同じくコロナに苦しんでいるのがわかります。

人の移動が制限されているために労働力の確保ができなかった。

つまりワイナリーで働く人がいない。

さらに森林火災が収穫の時期と重なり、

諦めたワイナリーも多かったようです。

スモールフォレストも昨年はやめたとのこと。

ううっ・・・切ない

コロナ禍の下、営業ができるはずなどなく、

オンラインでワインを販売したり

SNSで畑からの情報を発信したりの生活を送られています。

今回試飲をさせていただいたのがこちら

スモール フォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター [2017]

ヴァデーロって名前が目新しい感じがしますが、

ポルトガルでいうヴェルデホのこと。

何となく甘いんじゃないの?甘いのは苦手だなと

思われる方もいるかもしれませんが、

安心してください、

スモールフォレストのは甘くないです。

花の香り、甘い香りというわけではないが、非常に魅力的。

マディラ島からやってきたヴァデーロ。

スモールフォレストではほんとにきれいに造られています。

きれいで雑味がない。複雑味というのも大事だけれど

スモールフォレストでは

気を付けて酸化しないように、要らないものが入らないように

ワインをきれいに造っている。

他と違うのは、酸味がやわらかく、

厚みがありテクスチャーがあること。

それがあるから若々しさがあり

単体でも楽しめ、料理にも合うワインなのです。

個人的にはきれいな日本酒みたいだな、と思っていて

日本のお料理に合わせやすそうです。

皆様にもぜひ味わっていただきたい

スモール フォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター [2017]

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

スモールフォレストの魅力(*‘∀‘)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ちょっと気持ちがふわふわしています

WEBだけど、もうちょっとでスモールフォレストの敦子さんに会える~、

から。

スモールフォレストの魅力はワインもですが、

敦子さんそのひと。

スモールフォレストはオーストラリアのニューサウスウェールズ州

アッパーハンターヴァレーにあるワイナリー。

敦子さんはそのスモールフォレストのオーナー兼ワインメーカーとして

活躍されています。

年代はちょびっと違うけれど、

自分が携わりたい仕事に

強くしなやかにかかわり続けたカッコイイ女性。憧れます。

     (これは5年前にワッシーズにいらっしゃた時の写真)

最初は日本酒造りに憧れたものの時は80年代後半、

格式や伝統を重んじる和酒の世界で女性が働く門戸は開かれませんでした。

その後、いろいろな経験を経ながらワインに出会い、

やはり醸造の道へと進まれたのです。

今ではスモールフォレストのオーナー兼ワインメーカー!!

文章にすると何だか薄っぺら感を出してしまって

ごめんなさい。

でも言うに言えない大変なことやツライこと

いっぱいあったと思うのです。

そういうのを見せないで、

しなやかに自分のやりたいことを通すってカッコいい!!!

オーストラリアのニューサウスウェールズ州アッパーハンターヴァレー。

シドニーから240kmの距離ということで雨が少なく、適度に肥沃な土地です。

基本的には白の品種が向いている土地ですが

シラーも作られています。

で、敦子さん、このシラーを使ってロゼを造っていらっしゃるのです。

スモール フォレスト ロゼ アッパー ハンター [2015]

ロゼを造るためのブドウでつくられています。

これはちょっとなかなか珍しいと思います。

私も大好きでリピートしているロゼ。

いちごのかわいらしい香り、

口あたりがやわらかく、なめらかなタンニン。

やわらかい酸味のバランス良く、飲みごたえもある

濃いサーモンピンクが美しいロゼ。

是非皆さんにも飲んでいただきたいなあ・・・

 

ではWEBでお会いした敦子さんについては、また明日!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

半ダース買っちゃった( 一一)モスウッド ピノノワール

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナ禍の中、

ヴィレッジセラーズの前田さんが

ワインを抱えてきてくださる回数が増えました。

ピッツィーニモスウッド

オーストラリアワインたち。

試飲会がないのでホントありがたいです。

ゆっくりお話を聴けるし

思わぬ発見もあったり。

で、今回お持ちいただいたワインの中で

めちゃ」美味しーーーー(*^▽^*)

ケース買いしたい~!!

と実際買ったワイン。(旦那には内緒)

■お取寄せ モスウッド ピノ ノワール S [2017]

いちごやチェリーのかわいらしい香り、

口中はふくよかで、味わいのバランスが素晴らしく、

滑らかなタンニンは心地よく喉を滑る。

フィニッシュにほのかに感じられるオーク。

ブルゴーニュにもカリフォルニアにも属さないピノノワール。

デイリーというわけにはいかないけれど、

ちょっといい日にあけたいワイン。

モスウッドはオーストラリアの高級ワイン産地マーガレットリヴァーで

2番目古い歴史を持つワイナリー。

ボルドー品種が有名なのですが、

ピノノワールこんなに美味しいなんて知らなかった

こちらもよろしく

ワインアウトレットセール お買い得ワイン オンラインワッシーズ

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン(≧◇≦)中川ワインさんのおすすめ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

1年半ぶりぐらいに

カリフォルニアワイン協会の試飲会に行ってきました!

コロナ対策で厳しい制限が設けられる中での参加です。

待ちに待っていたのはインポーターさんも同じ。

早速捕まったのは中川ワインの武本さん。

人気上昇中なんだからとにかく飲んで!と

手に持っていらっしゃるのは、

ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン [2018]

ブラックベリー、カシスのアロマ、

ぎゅうっと凝縮された果実感。

なめらかで心地よいタンニン、

酸味とのバランスが絶妙でお値打ちな1本。

自慢は上のキュベを使っていること。

ダックホーンの凄いところは

レンジと価格の幅の広さ。

品質と個性と味わいを兼ね備えて

リーズナブル。

是非手に取っていただきたい1本です。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コヤマ タソック テラス ヴィンヤード リースリング(´ー`) インポーターさんが持ってきてくださいました~第2弾!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先だって

ヴィレッジセラーズ営業の前田さんが

たくさんワインを抱えてワッシーズにいらしてくださいました。

中でも新ヴィンテージの

コヤマ タソック テラス ヴィンヤード リースリング [2019]

待ってました!!!

ニュージーランドのワインです。

海外で活躍する日本人醸造家として有名な

小山竜宇氏さんが造っています。

小山さんは一昨年前、コロナがまだ蔓延していない頃は

ほぼ毎年ワッシーズにいらしてくださったのですよ。

やさしい甘さと上品な酸というテイストは変わらず、

バランスの取れた味わいは

心も身体もほっとさせる。

安定の味わい。ファンが多いのも納得です。

モチロンJも大好きです

そして限りなくシャンパーニュな
■お取寄せ コヤマ メトード トラディショネル スパークリング ブリュット ナチュール [2017]

在庫限りの少量入荷品! コヤマ ワイパラ ピノ ノワール [2016]

も、コヤマファンならずとも是非飲んでいただきたいワインたちです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

 

ベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ( ̄▽ ̄)インポーターさんが持ってきてくださいました!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先だって、

ヴィレッジセラーズの営業 前田さんが、

ワインをたくさん持って訪問してくださいました。

「ここのところ試飲会もないので

紹介したいワインをお持ちしました!」なんて

嬉しいことを言って下さる。

コヤマ タソック テラス ヴィンヤード リースリング S [2018]

ジ アイリー ヴィンヤーズ ロゼ オブ ピノノワール [2018]

そして新しく入ったブランドと一緒に

ベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ も!!

たまたま週末に我が家で開けようと思っていたので

家に持って帰って比較したかったです

さてベルグストロム オールド ストーンズ シャルドネ

オレゴンのワインです。


(ちなみにオンラインワッシーズでは取り扱いは2017年ヴィンテージです。)

2018年ヴィンテージは一言でいうと「きれいな酸味」

以前感じた重めのシャルドネというイメージはなく、

ミネラルも乳酸もバランスよく

軽いわけではないけど、よりエレガントに

より食事に寄り添えるワインになった。

で、家で飲んだのは2016年。

あらっ!思ったより重くなかった。

初めに柑橘系の香り、強すぎない

ほどなく

香りがだんだんやわらかく落ち着いてきます。

以前飲んで重めのシャルドネだなあ

という印象だったのは2014年ヴィンテージでした。

以前の重めのシャルドネも好きだったけど

2016ヴィンテージ、ほんと美味しい

今日は具がぎゅうぎゅうに詰まったオムレツや

チーズプレートで気持ちエレガントに楽しみました。

 

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

あくまで私の想像ですっ(≧◇≦)スリーのスパークリング

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

スリー

ジンファンデルやマタロ、プティットシラー、カリニャンなど

カリフォルニアの歴史そのものと言える自根にこだわり

丹精込めて造られる素晴らしいワインを生み出す生産者。

古木にこだわっているからこその

果実の甘味、凝縮感半端ないけど

べたべたしてない。

≪濃厚かつエレガント≫なスリーのワインたち

美味しいし、お値段控えめ。

と、試飲会に行くたびに思っていました。

そうしたらつい最近、

限定販売のスパークリングワインが

リリースされているではありませんか!!

飲んでびっくり!!

これホントにスリーがリリースしているの?

と思うぐらいイメージが違う。

青リンゴの香り爽やかでフルーティ、

酸味ほどよく、そしてコクがある。

使われているのは

シャルドネ68%、ピノノワール32%

そしてシャンパーニュと同じ

瓶内二次発酵製法。

聴くところによると、

オーナーであるマット・クライン氏が

自ら楽しむためやイベント用として

ほんのちょっぴり造っていらしたそうなんです。

それを輸入元さんが

「そこを何とか・・・」とお願いして

少量輸入が決まったのですって。

多分、おそらく、これは私の想像ですが、

≪ちょっとくらいなら分けてもいいかな≫とマット氏が思うほどに

めっちゃいい出来で美味しかったのでは。

間もなくオンラインワッシーズでも取り扱う予定。

四天王寺のワッシーズにはすでにあり〼

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

見逃せないっ(>_<)ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

試飲会が少しずつ開催されるようになってきました。

が、人数制限があったり、出展数が少なかったり、と

なかなか以前のように伺うことができていません。

先日、私も大好きなダックホーンを扱っていらっしゃる

中川ワインさんの試飲会がありました。


「デコイ安くてうまいんだよ~」

残念ながら私は定員オーバーで参加できませんでしたが、

オンラインワッシーズ副店長サトウが行ってまいりました。

私が気になっていた、

ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン [2018]

「旨かった。これは売れると思う・・・」とボソリ・・・

えっ?ええっっ??ど、どう旨かったの?

果実味が出すぎてなくて、タンニン・酸味のバランスが良くて

より洗練された味わい(^.^)

デコイは果実味がしっかり感じられて、そこがいいところでもあるけれど、

ともすれば甘く感じてしまうことも。

だけど、ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン

違うようです!

ダックホーンのポリシー

「高品質なワインをリズナブルな価格で」、と

格上キュヴェを、同じポリシーでリリースしたのがこのワイン。

価格もかなり抑えられています。

さらにオンラインワッシーズでは・・・

通常¥5,280のところ¥4,180(税込)

ナパ カベルネでこれはちょっと見逃せない。

 

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

パラダイス リッジ凄いっ♪~(*^ー^)人(^ー^*)~♪全力で応援したいっ!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

最近のカリフォルニアのジンファンデルは、

ホンマあか抜けて

スタイリッシュな子になったなあ、と

しみじみ思う今日この頃。

ごく最近、

パラダイス リッジ カナエ ザ グレープ キング ジンファンデル

を飲むチャンスがあったのですが、

これまた、ほおっ(*‘∀‘) しばし浸るほどの美味しさ。

冷涼な地域を思わせるチェリーやラズベリーの果実味が豊かで

ほどよい酸味。

とてもエレガントに洗練されていてびっくりしました。

パラダイスリッジは、2017の火災で全焼してしまって

私もショックを受けた一人です。

幸い自社畑は残っていたので設備を借りてのこの出来栄えは

「凄い」としか言いようがありません。

まだまだ大変だと思うので、

ワインの素晴らしさを知ってもらえるように

精進あるのみです。

今年新たな火災がカリフォルニアを襲って、

その被害状況の正確なところは分かっていません。

「2020のヴィンテージはできない」というワイナリーの話も

いくつか聴こえてきていて、とても心配です。

全力で応援します!

カリフォルニアワインの美味しさを

知ってもらって、たくさん買ってもらえるように

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。