ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
天候不良による配送遅延について
大雪の影響により、商品のお届けに遅延などが発生する可能性がございます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきます様お願いいたします。《佐川急便WEBサイト》

新着ワインNew Arrivals

新着ワイン
474件中 1-20件表示
1 2 24
  • 白ワイン

ジャファーズ ヴィオニエ ビエン ナシード ヴィンヤード [2017]

重厚感と複雑な風味のバランスに冷たい海風を思わせるエレガントな酸味。熟成した高品質ヴィオニエ特有の深い味わいが愉しめる、 素晴らしい白ワイン!!

このワインは、ヴィオニエに期待される豊かなアロマを持ちながら、しなやかでフレッシュ、決してパワフル過ぎない味わいが印象的で、パパイヤ、ハニーサックル、ネクタリンといったクラシックなヴィオニエのアロマが感じられるワインです。ソフトで肉付きがよく、桃、シソの葉、レモンカードが感じられます。鶏肉、魚、シーフード、アジア料理など、あらゆる料理と相性が良いワインです。

冷涼な気候のカリフォルニア/サンタバーバラ郡で、ピノ・ノワールとシャルドネの銘醸畑の1つとして高い評価をうける「ビエン・ナシード・ヴィンヤード」では、素晴らしいヴィオニエも生産しています。冷涼な立地の影響で、収穫時の果実は熟していますが、高い酸も保持しています。

醸造は、ステンレスで発酵後、ステンレス・タンク60%、オーク古樽40%で6ヶ月間熟成させ、マロラクティック発酵は50%に抑えています。アルコール度数14.2%。

ワイン造りは、オーク古樽での熟成とマロラクティック発酵を50%に抑え、フレッシュさとピュアな果実味を維持することに重点を置いています。
  • Jaffurs Viognier Bien Nacido Vineyard[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ/サンタマリアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ヴィオニエ
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,500 のところ
販売価格 ¥ 5,500 税込
(0)
  • 赤ワイン

日本人醸造家・中村倫久氏が造るカリフォルニア・ワイン
ナカムラ セラーズ ノリア ピノノワール ブロッソー ヴィンヤード シャローン [2020]

有機農法100%、カリフォルニアでは非常に珍しい石灰岩と花崗岩からなる土壌の畑ブロッソ・ヴィンヤードのピノノワールから、日本人醸造家・中村倫久氏が造る赤ワイン!!

グラスからラズベリー、ザクロ、ダークチェリー、ラベンダーといったピュアで芳醇なアロマ、そして、杉、白コショウ、アニスなどの魅惑的なブーケが香り立ちます。

口の中では、滑らかな口当たりから、凝縮した赤系ベリーの味わいが層をなして広がり、新鮮な酸と個性的なミネラリティーが調和し心地よい余韻として残ります。同時に、凝縮した、きめ細かなタンニンが酒質を支えると共に味わいに複雑性を与え、一層奥行きを深めています。

■ブロッソ・ヴィンヤードについて
カリフォルニアのモントレー/シャローン地区は、モントレーの小さなブドウ栽培地区です。カリフォルニアでは、非常に珍しい石灰岩と花崗岩からなる土壌と、標高550mという高地で知られています。ノリアの3番目のピノノワールとなる、このワインは、シャローン地区にある数少ない畑の一つ、ブロッソ・ヴィンヤードで有機農法100%で栽培されたブドウから造られています。

山頂に位置する、この畑は360度のパノラマが広がり、まるで異次元のように感じられます。そのような環境で育ったブドウから造られるピノノワールは、他とは異なる個性的な特徴をもちます。凝縮感、鉱物的なミネラル、スパイシーな複雑性は、この特異なテロワールをストレートに表現し、日本食の持つ優美さと見事に調和しています。

ワインに使われるピノノワールのクローンは、マウント・エデン、114です。



■醸造について
天然酵母を使用。ステンレス・タンク75%、新樽25%で発酵しています。フレンチオーク樽(新樽40%)にて16か月間熟成しています。無濾過、無清澄。
  • NAKAMURA CELLARS Noria Pinot Noir Brosseau Vineyard Chalone[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー/シャローン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 9,900 税込
(0)
  • 白ワイン

元素周期表の様なラベルが印象的な、お値打ち白ワイン!!
サブスタンス ソーヴィニヨンブラン [2021]

元素周期表の様なラベルが印象的!サステイナブル農法で栽培されたソーヴィニヨン・ブランから造られる、お値打ち白ワイン!!

■生産者チャールズ・スミスによるコメント
爆発的、人の心をつかんで離さない「美」の発進に、しっかり、つかまって口を開いて!グレープフルーツ、刈りたての草、レモングラスと火打石が発見の旅に連れだし、新鮮な松葉、野花、ライムの葉が破裂する。刺激的で凝縮、そして長く続く。

■畑について
ブドウ畑は全て最新のサステイナブルな方法で農業を行っています。

●カリーチ・レイク ヴィンヤード(43%)
深い石灰岩土壌と冷涼な気候がシャルドネやソーヴィニヨンブランという白品種に最高の畑です。この畑から造られるワインは美しい凝縮味と素晴らしいバランスに秀でています。ワシントンの他の畑のワインとも完璧にブレンドし、さらに個性を付随させ品質を上げる事ができます。

●ホルメイソン・ヴィンヤード(26%)
ヤキマヴァレーの北側に、ラトルスネーク・ヒルズの斜面に位置しています。畑は標高396m、石灰岩と火山灰の土壌です。ホルメイソンは冷涼気候でブドウは素晴らしい酸を持ちますが、果実の香りがたっぷりと前面出るに十分な温暖さもあります。

●フレンチマンヒルズ・ヴィンヤード(19%)
コロンビアヴァレーで最も温暖な地域の一つ、 ワルークスロープから車で北に30分程の場所に位置しますが、フレンチマンヒルズは標高503mにあるので冷涼です。霜害にもあいにくく、畑の上部の石灰岩と破砕した玄武岩土壌は12000年前に東部ワシントン州を襲ったミズーラの洪水の影響を受けていません。やや冷涼な向きにある事からブドウのハングタイムは長く、アルコールが高くなる原因となる糖度が過剰に上がらず、美しい酸味を持ち長く熟成が可能です。

●ローザヒルズ・ヴィンヤード(12%)
1977年植樹。標高411m、ラトルスネークヒルズ地区の南側、自然なボウル型南向きに位置しています。大半がロームシルト土壌から破砕した玄武岩の塊が混ざる石灰土壌です。

■醸造について
収量は5.5トン/エーカー。野生酵母使用、ステンレス・タンク90%とニュートラル(古樽)10%のフレンチオーク樽で発酵、8か月間、澱の上で熟成(ステンレス・タンク90%、は ニュートラル10%のフレンチオーク樽を使用)しています。


■サブスタンスについて
サブスタンスは、Kヴィントナーズを手掛けるチャールズ・スミスが手掛けるワイン・ブランドです。化学記号のようなラベルが印象的なこのブランド「サブスタンス」は、立ち上げ当初「アメリカで一番コストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨン」を目指して造られました。現在では、メルローやソーヴィニヨンブラン、ピノノワールなど、他品種もも手掛けています。
  • Substance Souvignon Blanc[2021]
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 3,300 税込
(0)
  • 赤ワイン

元素周期表の様なラベルが印象的な、お値打ち赤ワイン!!
サブスタンス ピノノワール [2021]

元素周期表の様なラベルが印象的!サステイナブル農法で栽培されたピノノワールから造られる、お値打ち赤ワイン!!

■生産者チャールズ・スミスによるコメント
妖精のきらきらと光る粉の様なミネラルが、野イチゴ、ハイビスカス、ヒラタケを纏いグラスの中から舞い上がり、贅沢なお皿には、バラの花びら、レッドチェリー、オレンジの皮、ふかふかの土が敷き詰められこのエレガントなテーブルに並ぶ。フレッシュでのびやか、そして長い余韻ーこれぞピノ・マジック!

■畑について
ブドウ畑は全て最新のサステイナブルな方法で農業を行っています。

・ゴールデン・ウエスト・ヴィンヤード(85%)
ゴールデン・ウエストはワシントン州の歴史上、最大のピノノワールの畑です。フレンチマン・ヒルズの西の端にあり、コロンビア川を見下ろす47度線上に位置しています。

ゴールデン・ウエスト・ヴィンヤードは標高約488mのサステイナブル農法による単一畑で、古代の石灰岩、砂、火山岩(ポマールと同じ緯度で水はけの良い土壌)に根ざし、コロンビア川によって緩和された温暖なマイクロクライメイトが特徴です。この土地はまさに手付かずの宝石です。以前は有機栽培のエンドウ豆やインゲン豆を植えていましたが、現在はここでは大地が表現する最も美しい姿(ピノノワール)を生み出しています。

・エバーグリーン・ヴィンヤード(15%)
1998年にジェリー・ミルブラントによって植えられた、この畑は、コロンビア川の上の急な崖に沿っていてエンシャント・レイクスAVAに位置しています。川の影響で冷涼な場所で、土壌は氷河期の洪水により堆積した玄武岩、砂利、シルト、カリーチ(石灰質堆積物)などで構成されています。ミルブラント社の他の畑と同様に、エバーグリーンはサステイナブルで栽培されています。この畑のブドウは、気品あるミネラルと素晴らしい酸のバランスを備えており、ワインメーカーがこぞって賞賛しています。

■醸造について
収量は4.0トン/エーカー。野生酵母使用。発酵は全房30%、全粒70%にて、果皮と共に37日間置いたのち、フレンチオークの小樽で10か月間、澱と共に熟成しています。


■サブスタンスについて
サブスタンスは、Kヴィントナーズを手掛けるチャールズ・スミスが手掛けるワイン・ブランドです。化学記号のようなラベルが印象的なこのブランド「サブスタンス」は、立ち上げ当初「アメリカで一番コストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨン」を目指して造られました。現在では、メルローやソーヴィニヨンブラン、ピノノワールなど、他品種もも手掛けています。
  • Substance Pinot Noir[2021]
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,070 のところ
販売価格 ¥ 4,070 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA90点

アンフィルタード(無ろ過)ワインのパイオニア
ニュートン アンフィルタード シャルドネ [2018]

カリフォルニアのアンフィルタード(無ろ過)ワインのパイオニア、ニュートンの誇るシャルドネ。

緑色を帯びた明るい麦わら色。香りは、ヨードの特徴から、熟した柑橘類の皮と白い花のアロマが続きます。味わいはフレッシュでストレートな一方、密度とボリュームがあり、明るい酸によって支えられています。複雑で長く、クリーミーなフィニッシュが感じられます。

■畑について
シャルドネは、主にナパのカーネロスと、次にラザフォード、そして少量のメンドシーノ・リッジの各AVAにある畑のブドウを使用しています。

カーネロスは、サンパブロ湾に接した水はけ良い土壌と丘陵地が特徴で、湾からの海風と、朝夕に発生する霧の影響で、涼しい気温が続きます。その結果、このエリアは生育期間が長く、ブドウは均一に最適な熟度に育ち、とても長い余韻と新鮮さをもったワインになります。

ラザフォードは、ナパ ヴァレーの中心部に位置し、温暖な気候と肥沃な土壌が特徴で、ラザフォードのブドウをブレンドすることでワインに重量感とボディをもたらします。

■醸造について
夜間に手摘みで収穫したブドウを房のまま圧搾し、野生酵母100%で樽発酵を行い、全体の90%はマロラクティック発酵を行います。トータル12カ月間フレンチオークで熟成、新樽比率は24%。熟成期間中は隔週でテイスティングを行い、必要なときだけ手動で澱を撹拌させます。この方法により、ワインを自然に酸化から守りながら複雑味を発達させます。個別に仕込んだワインをブレンドし、無濾過で2020年2月に瓶詰めしました。アルコール度数13.5%。

■ニュートンについて
カリフォルニアのアンフィルタード・ワインの第一人者であるニュートンは、1977年にピーター・ニュートン氏とスー・ファ博士によって、ナパ ヴァレーのスプリング・マウンテンに、どこよりも早く定着したワイナリーの1つです。

自然への畏敬を大切にしたサステイナブル(環境保全型)農法を採用し、自然と一体になったワイン造りによって、畑で収穫された純粋な果実味が、そのまま生きたワインを生み出しています。
  • Newton unfiltered Chardonnay[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,810 のところ
販売価格 ¥ 7,810 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WS92点

アンフィルタード(無ろ過)ワインのパイオニア
ニュートン アンフィルタード カベルネソーヴィニヨン [2018]

カリフォルニアのアンフィルタード(無ろ過)ワインのパイオニア、ニュートンの誇るカベルネ・ソーヴィニヨン。

深い紫色がかったルビーの色調。タバコのニュアンスを持つ赤いワイルドチェリーの香り、そしてダークフルーツとスパイスの香りが特徴的です。味わいは、骨格がありながらも洗練されています。中盤の密度とボリュームがストラクチャーを引き立て、美しく複雑なワインに仕上がっており、非常に長い余韻が感じられます。

■畑について
アンフィルタード カベルネ ソーヴィニヨンは、ナパ・ヴァレーのいくつかの最良の畑のブドウのみを使用しています。スプリング マウンテン、マウント ヴィーダー、ヨントヴィルにある自社畑産ブドウのブレンドには、ナパヴァレーの最高級カベルネソーヴィニヨンの魅力が詰まっています。

■醸造について
夜間に手摘みで収穫されたカベルネソーヴィニヨンは、光学式選果機にかけられ、完璧で均一な熟度を保つために、一つ一つの果粒を検査します。5日間の低温マセラシオンの後、7日間かけて発酵させます。

さらに複雑性を持たせるために、ワインは最長で20日間果皮と浸漬してから圧搾し、フレンチオーク樽(新樽比率25%)で18カ月間熟成させています。アルコール度数14.0%。

■ニュートンについて
カリフォルニアのアンフィルタード・ワインの第一人者であるニュートンは、1977年にピーター・ニュートン氏とスー・ファ博士によって、ナパ ヴァレーのスプリング・マウンテンに、どこよりも早く定着したワイナリーの1つです。

自然への畏敬を大切にしたサステイナブル(環境保全型)農法を採用し、自然と一体になったワイン造りによって、畑で収穫された純粋な果実味が、そのまま生きたワインを生み出しています。
  • Newton Unfiltered Cabernet Sauvignon[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン94%、プティヴェルド3.7%、マルベック1.6%、カベルネフラン0.7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,810 のところ
販売価格 ¥ 7,810 税込
(0)
  • スパークリング

クラウディー・ベイが造る泡
クラウディー ベイ ペロリュス [NV]

ニュージーランド/マールボロを代表する生産者「クラウディー・ベイ」が造るスパークリング・ワイン!

リンゴやレモンなどのブーケが幾層にも重なり、リーコンタクトさせながらの2年間にわたる瓶内熟成からくるパンのような香りを引き立たせています。すっきりとした味わいの中に感じられるトーストのようなクリーミィな複雑味が、ナッツを思わせる余韻の長いフィニッシュによっていっそう際立っています。

■畑について
このペロリュスに使われるシャルドネとピノノワールは、ニュージーランド/マールボロのワイラウヴァレーにある自社畑と契約農家の畑の両方で栽培されています。それらの畑の土壌は、石が多く水はけのよい土壌から、粘土を含むきめ細かいシルトロームの土壌まで、バラエティに富んでいます。

ぶどう樹は1ヘクタールあたり1850本の密度で植樹されており、年間収量の平均は1ヘクタールあたり9トンです。また、ぶどう樹は標準的なVSP方式で剪定されています。

■収穫について
理想的な熟度(平均糖度18.5~20.5)に達したシャルドネとピノノワールを、手摘みで収穫しています。

■醸造について
ペロリュスには、クローンの異なるシャルドネとピノノワールを使用しています。ぶどうはすべて破砕せずに圧搾します。果汁をしばらく落ち着かせて澱引きし、モンラシェ酵母を植菌します。ベースとなるワインは、ステンレスタンクとオークの大樽、フレンチオークの小樽を用いて発酵と熟成を施します。マロラクティック発酵後、澱(おり)と接触させながら、さらに8ヶ月熟成させ、11月にブレンディングを行います。その後、シャルドネをメインとするブレンドにティラージュを添加して二次発酵させ、翌年2月から最短で2年間の熟成を施し、澱抜き(デゴルジュマン)を行います。アルコール度数12.5%。残糖7g/L。


■クラウディー・ベイについて
クラウディー・ベイはニュージーランドのワイン産地マールボロに最も早く根付いたワイナリーの1つ。素晴らしい凝縮感とピュアな果実味を持つソーヴィニヨン ブランで高い認知度を誇るクラウディ・ベイは、1985年にデーヴィッド・ホーネンによって設立されました。

「クラウディベイを知らずしてニュージーランドワインは語れない」なんて言葉を、大げさだなんて言わせません!なぜならニュージーランドワインの良さ、「フレッシュでピュアな味わい」を最初に世界に広めたのはクラウディベイだから。

今では、ニュージーランドワインのアイコンブランドとして皆から尊敬を集める存在のクラウディベイを、まずは知ってください、そして飲んでみてください!
  • Cloudy Bay PELORUS[NV]
  • ニュージーランド/マールボロ/ワイラウヴァレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • シャルドネ70%、ピノノワール30%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,455 のところ
販売価格 ¥ 4,455 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA95点
  • WS95点

リッジが誇るフラッグシップの赤ワイン
【正規品】 リッジ モンテ ベロ [2008]

リッジが誇るフラッグシップの赤、世界最高のカベルネ・ブレンドのひとつです。

■ワインメーカー・テイスティング・ノート
紫がかった濃いルビー色。熟したカシス、フェンネル、コーラ、岩を砕いたようなミネラル、甘いオークのヒント。濃厚でフルボディ、ビロードのようなタンニンとしっかりとした酸。余韻はオークとスパイスのフィニッシュです。

カリフォルニア/サンタクルーズ・マウンテンにあるモンテベロの自社畑産。標高400~800メートルに拓かれた急斜面の畑は冷涼で、カリフォルニアでは珍しい石灰岩土壌です。石灰岩土壌に由来する生き生きした酸とミネラル風味が類まれな品格を産み出し、低収量に由来する強い凝縮感、果実味と渋味が堅牢な骨格を産み出します。

発酵は、除梗はするが果粒は無破砕。天然酵母でのアルコール発酵を経て、天然乳酸菌でのマロラクティック発酵。マセラシオン開始後6日目に圧搾しています。熟成は、天日乾燥させたアメリカンオークの新樽98%、1年使用樽2%にて18ヶ月熟成しています。アルコール度数13.3%。

ボルドー五大シャトーに比肩しうる品質でありつつ、世界のどこにもない唯一無二の個性をもつ偉大な銘醸です。その熟成能力は、2006年に催された「パリスの審判」30周年記念試飲において、1971年モンテベロが1970年ムートンやオー・ブリオンを大差で下したことで鮮やかに証明されました。
  • Ridge Monte Bello[2008]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタクララ/サンタクルーズマウンテンズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン72%、メルロー28%
  • 750ml
通常価格 ¥ 29,700 のところ
販売価格 ¥ 29,700 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

コスタ ブラウン ピノ ノワール ソノマ コースト [2018]

コスタ・ブラウンが冷涼なソノマコーストの厳選した葡萄畑から造るピノノワール。

ブラックベリー、ブルーベリー、リッチなラズベリーの魅力的な香りが広がります。口当たりは力強く、そして素晴らしい緊張感と凝縮感、しなやかな骨格、長いフィニッシュがあります。

冷涼なソノマ・コーストの様々な特別な畑(マーシャル、ギャプス クラウン、ソーン・リッジ、カンツラー、バレット・バーンサイド、バレット・ウォータートラフ)のブドウを使用しています。

全房発酵4%。発酵槽は、開口式ステンレスタンク77%に、その他、開口式コンクリートタンク、開口式木製タンク、大樽で発酵しています。熟成は、フレンチオーク樽(新樽35%)で16か月、7%はコンクリート・タンクで5か月、1%は木製タンクで5か月熟成しています。アルコール度数14.4%。


■コスタ・ブラウンについて
カリフォルニア州ソノマ郡サンタローザのレストランで同僚だったダン・コスタとマイケル・ブラウンの2人がコスタ・ブラウンを創業。最高のピノ・ノワールを造ることを夢に、チップを貯め始めたことがコスタ・ブラウン誕生の始まりです。

2003年ヴィンテージは、ハングタイム及び樽発酵の時間が長かったこと、そして、マイクロフィルターを使ったことが評価され、ワインスペクテーターが2つのワインに95点、他のワインも90点以上のスコアを付ける高評価をうけました。

2009年、自分たちのワイン造りの仕様に合わせたワイナリーを建設。2011年には、ワイン・スペクテーター誌のTOP100にて、第1位にコスタ・ブラウン ピノ・ノワール ソノマ・コースト[2009]が選出され、その評価を、さらに高めています。2018年、ダックホーンが買収し、さらなる品質向上を図っています。
  • Kosta Browne Pinot Noir Sonoma Coast[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 18,150 のところ
販売価格 ¥ 18,150 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点
  • WS90点

ボルドーの著名シャトーを複数所有するリュルトン夫妻が造る
トリニテ エステート 「 アカイボ 」 ソノマ ヴァレー [2016]

このアカイボは、フランス/ボルドーの「デュルフォール・ヴィヴァン(メドック格付2級)」など著名なシャトーを複数所有するクレール&ゴンザッグ・リュルトン夫妻がカリフォルニア州ソノマのトリニテ・エステートで造るワインです。

アカイボ(ACAIBO)という名前は、アメリカ先住民族の言語に由来しており、ACAは「魚と水」、IBOは「数字の3」を表しています。3は彼らにとって思い入れのある数字で、彼らの3人の子供たち、アカイボに使用される3つのブドウ品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー)等を象徴しており、ラベルには3匹の魚が描かれています。


カリフォルニアの雄大な自然とボルドーの高い醸造技術の融合によって誕生したワインは、芳醇なアロマを備えた豊かな果実味、力強いながらもきめ細やかなタンニンを持つクラシックなスタイルを特徴としています。

畑(1998年植樹、標高228m、土壌は火山岩を含むシルト質粘土)は、有機農法を採用し、テロワールの個性を生かした持続可能な農業を実践しています。ブドウの樹は傾斜のある段丘状の畑に広がっており、ブドウの木と自生の花々の間にカバークロップ(被覆作物)を植え、土壌の浸食を防ぎ、ブドウの生育に望ましい昆虫の生息地を造り出しています。

手摘みで収穫。小ロットずつ醸造。温度管理機能の付いたステンレスタンクに入れ、数日間低温浸漬し、アルコール発酵。その後、樽でマロラクティック発酵を行います。ボルドーワイン用のフレンチオーク樽(フランス中央部産の高級オークを使用)で長期熟成しています。熟成には、上質なフレンチオークを使用し、焼き具合の異なる樽を組み合わせることで複雑で繊細な風味に仕上げています。アルコール度数14%。


■ワイン・アドヴォケイト(パーカー)「93点」
紫がかったルビー色の中程度~濃い色調。スミレやチョコレートボックス、温かいブラックチェリーやカシス、スギのアロマに牛脂、鉄製の鍋、エキゾチックなスパイス、新樽由来の上品なスパイスのニュアンスが香る。芳醇なアロマに加えてミネラル感、果実の風味が広がる。ミディアム~フルボディの重層的な味わいで、やや噛み応えのあるしっかりとしたタンニン、絶妙なフレッシュ感があり、長い余韻が続く。飲み頃2020~2032年。(2019/12/20掲載)

■ジェームス・サックリング「94点」
ブラックベリーやブルーベリーのアロマにスミレなどの花のニュアンスが香る。石やダーク・マッシュルームの香りも仄かに漂う。ミディアム~フルボディで、シルクのような滑らかさと力強さを備えたタンニン、クリーミーな質感を持つ心地よい味わい。今がちょうど良い飲み頃。(2022/3/3掲載)


■アカイボについて
アカイボは、フランスのボルドー/メドックに著名なシャトーを複数所有するクレール&ゴンザッグ・リュルトン夫妻がカリフォルニア州ソノマのトリニテ・エステートで造るワインです。

夫妻ともに名門ワイナリーの家系に育ち、現在、デュルフォール・ヴィヴァン(メドック格付2級/マルゴー)、フェリエール(メドック格付3級/マルゴー)、オー・バージュ・リベラル(メドック格付5級/ポイヤック)、ラギュルグ(マルゴー)の4つのシャトー所有し、ボルドーワインの名門一族として知られています。

リュルトン夫妻は、このような素晴らしいシャトーを所有しながらも、新しい土地で自分たちの手によって唯一無二の個性が表現されたワインを造りたいという長年の夢を実現させるため、2012年に新しいプロジェクトをスタートさせました。

子供たちを連れてカリフォルニアへ渡り、ゴンザッグの父、リュシアン・リュルトンのアドバイスを受けながらブドウ栽培に適した最良の土地を探し求め、最終的にソノマ州のチョーク・ヒルの中心に広がる10ヘクタールの土地にたどり着きました。チョーク・ヒルは、偉大なカリフォルニアワインの産地であるロシアン・リヴァー、ナイト・ヴァレー、アレキサンダー・ヴァレーに隣接し、バランスの良い秀逸なワインを生み出しています。
  • Trinite Estate Acaibo Sonoma Valley[2016]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン72%、カベルネフラン18%、メルロー10%
  • 750ml
通常価格 ¥ 16,500 のところ
販売価格 ¥ 16,500 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

パウエル & サン シラーズ バロッサ ヴァレー [2019]

南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーのシラーズ100%で造られる赤ワイン。

ダークプラムとブラックベリーなどの豊かな香りが感じられ、タールとグラファイトの香りにドライハーブとタバコのほのかな香りが続きます。口の中では、ダークフルーツとしなやかなタンニンの骨格を持ち、コーヒー豆や杉のフレーバーが広がります。ダークフルーツとホワイトペッパーのスパイスをたっぷりと感じるフィニッシュです。

バロッサ・ヴァレーのシラーズは、バロッサ・ヴァレーの北西に位置するマラナンガとセペルツフィールド、そしてバロッサ・ヴァレー南部のリンドック・ヴァレーの成熟した畑から収穫されたブドウを使用しています。果実はコンクリートタンクで別々に醸造され、バスケットプレスされた後、4500Lのフレンチオークの大樽に詰められ、15か月間熟成され、無濾過・無清澄で瓶詰めしています。


■パウエル&サンについて
オーストラリアワインの大人気ワイナリー「トルブレック」のワイン・ビジネスをゼロから立ち上げた伝説の男「デヴィッド・パウエル」。2013年にトルブレックを去ったパウエルは、2014年に息子のカラムと共にワイナリーを立ち上げ、パウエル&サンと名付けました。パウエル&サンでも、以前と同じように、高い評価を受けるワインを造って続けています。
  • Powell & Son Shiraz Barossa Valley[2019]
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラーズ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 4,840 税込
(0)
  • 赤ワイン

オーパス・ワンのセカンドワイン
オーヴァーチュア ( オーパス ワン ) [NV]

このオーヴァチャーは、オーパス・ワンのセカンドワイン。この商品は、ベース・ヴェンテージが2018年と2019年となっています。

ボルドーの一流シャトーの伝統にならい、オーパスワンでは上質なセカンドワイン「オーヴァチャー」を生産しています。オーパスワンを造るにあたり、その延長として生まれるオーヴァチャーは、時を越えたエステートのぶどう畑を表現しています。

オーヴァチャーは、伝統的なボルドーの全5品種のぶどうをブレンドし、同一品種でありながらも異なる土壌で栽培された各ぶどうのテロワールの特徴を示すことで、ワインメーカーの芸術性を反映しています。オーヴァチャーは複数のヴィンテージをブレンドすることで、よりしなやかでふくよかなものとなり、リリース直後でもお楽しみいただけます。

オーヴァチャーは、ヴィンテージを越えたオーパスワンの自社畑のエッセンスを反映します。この素晴らしいテロワールは、複雑なアロマに風味、とりわけテクスチャーに表れ、カベルネ・ソーヴィニョンのクラシックなブラックベリーとカシスの特性は、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックの持つブラックチェリーや赤スグリ、そしてバイオレットの特性と滑らかに融合するのです。長期に渡る樽熟成と複数ヴィンテージをブレンドすることで、オーヴァチャーはしなやかなストラクチャーとシルクのような触感を醸し出します。


■オーパス・ワンについて
オーパス・ワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。

オーパス・ワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。
  • Overture (Opus One)[NV]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニョン、メルロー、カベルネフラン、プティヴェルド、マルベック
  • 750ml
通常価格 ¥ 38,500 のところ
販売価格 ¥ 38,500 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA97点
  • WS95点

オーパス ワン [2019]

オーパス・ワン2019は、ブラックプラム、ブルーベリー、黒スグリ、乾燥したバラの花びらのアロマが高く、かすかなミネラルのニュアンスが感じられます。きめ細やかなタンニンは、クリーミーでサテンのような質感をもたらします。優しく広がる酸味とフレッシュさが、ダークフルーツ、サボリーハーブ、エスプレッソ、カカオなどの風味を引き立てています。余韻に長引く、繊細なダークチョコレートの心地よい苦味が印象的です。フレンチオーク新樽で19か月熟成しています。


■オーパス・ワンについて
オーパス・ワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。

オーパス・ワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。
  • Opus One[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン78%、メルロー8%、プティ・ヴェルド6%、カベルネフラン6%、マルベック2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 97,240 のところ
販売価格 ¥ 97,240 税込
(0)
  • 赤ワイン

ケイマスの造る最上級キュヴェ
ケイマス スペシャル セレクション カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2018]

スペシャル・セレクション・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ケイマスの造る最上級キュヴェです。

毎年、ナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンの中から、最高の樽を選び、スペシャル・セレクションを生産しています。非常に繊細でビロードのようなタンニンが特徴的で、リリース直後でも熟成させても楽しめます。しなやかなフレーバーとダーク・フルーツの凝縮したストラクチャーを持つワインです。

スペシャル・セレクションは、過去のヴィンテージで、ワイン・スペクテーター誌のTOP100で「ワイン・オブ・ザ・イヤー」に2度輝いた世界で唯一のワインです。


濃いルビーレッドに熟した果実と、クレーム・ド・カシス、牛革、オークなどのニュアンス。口当たりは複雑かつ濃厚で、カカオ、チョコレート、色の濃いベリーを伴ったまろやかな風味が幾重にも広がります。きめ細やかなタンニンが、全体を上品・贅沢にまとめ上げています。

ブドウは、一か所の場所や畑にこだわらずに、様々な土壌やミクロクリマの個性を取り入れて多様性を引き出すため、ナパ郡の8つの地域、16の区画にまたがりブドウを収穫しています。水はけが良く、樹勢が程よく抑えられた土壌が選ばれています。

区画ごとに分けて醸造。70もの異なる区画に分けられたワインを1つずつ丁寧にブラインド・テイスティングし、スペシャル・セレクションに相応しい最良の樽を選出しています。


■ケイマスについて
ケイマス・ヴィンヤーズは、カリフォルニアで最も歴史ある家族経営のワイナリーのひとつです。1941年に、父のチャーリー・ワグナー氏は、現在ワイナリーが位置するラザフォードに約30haの土地を購入し、そのうちの4haでブドウの栽培を開始し、1972年にケイマス・ヴィンヤーズを創設しました。

2001年から、息子のチャック・ワグナー氏がワイナリーを引き継いでからは、テロワールを表現することを強く意識。カリフォルニアワインらしさ溢れる、より熟したブドウの果実をワインに使用し始めました。そして、若樹のカベルネ・ソーヴィニヨンから、より凝縮感や力強さが感じられることから、ブドウ樹は毎15-25年で植替え、ブドウ1株あたりの収穫量を制限。収穫時はブドウの糖度と果実味が十分に熟すのを待つ「ハングタイム」を長く設ける栽培へと変革を遂げました。

こうしたブドウから造られるワインは、素晴らしく甘美な味わいと驚異的な凝縮感を持ち、ソフトな酸とココアパウダーのような食感のタンニンが生むビロードのような口当たりが魅力。現地では、そのようなスタイルのワインを指して「ケイマス・スタイル」という言葉が生まれたほどで、ナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンを代表するワインとして広く愛されるようになりました。
  • Caymus Vineyards Special Selection Cabernet Sauvignon Napa Valley[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 24,200 のところ
販売価格 ¥ 24,200 税込
(0)
  • スパークリング

ウニコ ゼロ シー フォーム ( ペット ナット ) [2022]

2022年のシー・フォームは、ヴェルメンティーノに少量のフィアーノをブレンドしたペット・ナット(微発泡スパークリング・ワイン)となっています!!

いつもと相変わらずの塩味と爽やかさが感じられます。ワインの核である梨と青リンゴに、ホワイト・ネクタリン、フランジパニ、そして草原のような爽やかさが加わっています。

ブドウは、南オーストラリア内陸のリヴァーランド産。著しく乾燥し、酷暑の地で育った濃密なヴェルメンティーノとフィアーノがつかわれています。共に早期収穫、バルーンプレス後に各々ステンレス発酵、冷凍保存していたジュースを加えボトル内で更なる発酵と熟成を促しています。アルコール度数12.5%。


■ウニコ・ゼロについて
ウニコ・ゼロは、南オーストラリア州アデレード・ヒルズのガメラチャに設立したマイクロ・ワイナリーです。ウニコ・ゼロは、イタリア語で「ユニークな情熱」という意味です。

ブレンダン・カーターとその妻ローラの2人が丹精込めて造るワインだけでなく、スピリッツやリモンチェッロ、Tシャツなどのクラフトを看板として、瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショナルを虜にしてしまいました。

ワイン造りにおいて、人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアーノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットといったイタリア由来の品種にフォーカスを当てている事が特徴の生産者です。
  • UNICO ZELO Sea Foam ( Pet Nat )[2022]
  • オーストラリア/南オーストラリア/リヴァーランド
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • ヴェルメンティーノ、フィアーノ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
(0)
  • ロゼワイン

ウニコ ゼロ オリガミ [2022]

南オーストラリアの3つの主要産地のブドウ畑をブレンドし、フレッシュで生き生きとした辛口仕上げたマルチ・リージョナルのロゼ・ワイン。イチゴとラズベリーの果実味に、ポプリやローズペタルの香り。ヴィヴィッドな酸があり、フレッシュ感に溢れています。

南オーストラリアのクレア・ヴァレーのサンジョヴェーゼと、リヴァーランドのグルナッシュに、アデレード・ヒルズのピノ・グリをブレンド(比率非公表)です。

品種ごとにステンレスタンク発酵、熟成しています。ピノ・グリは長めのスキン・コンタクト、サンジョヴェーゼとグルナッシュはストレート・プレス。プレス後にブレンドし、ボトリングしています。アルコール度数12.5%。


■ウニコ・ゼロについて
ウニコ・ゼロは、南オーストラリア州アデレード・ヒルズのガメラチャに設立したマイクロ・ワイナリーです。ウニコ・ゼロは、イタリア語で「ユニークな情熱」という意味です。

ブレンダン・カーターとその妻ローラの2人が丹精込めて造るワインだけでなく、スピリッツやリモンチェッロ、Tシャツなどのクラフトを看板として、瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショナルを虜にしてしまいました。

ワイン造りにおいて、人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアーノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットといったイタリア由来の品種にフォーカスを当てている事が特徴の生産者です。
  • UNICO ZELO Origami[2022]
  • オーストラリア/南オーストラリア
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • サンジョヴェーゼ、グルナッシュ、ピノグリ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
(0)
  • 赤ワイン

ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド [2022]

ウニコ・ゼロが造るトリュフハウンドの愛称で親しまれているワイン。バルベーラとネッビオーロの親しみやすく陽気な表現で、香り高さとハーブの香りを保つ、アマロ(イタリアの薬用酒)のような爽やかさを目指しています。

鮮やかなプラムの果実味よりも、肉っぽさ、野性味のある味わいが好きな方におすすめです。爽快感のあるうま味を追求。スモーキーでアマロ(イタリアの薬用酒)のような甘草とカルダモンのスパイスが感じられます。明るく風味豊かなフィニッシュを、生き生きとしたジューシーな味わいの重さと酸味が後押ししてくれます。ピザと相性が良いワインです。

一部の茎を加えてクラッシュしたフルーツはステンレス発酵。熟成は、古樽とステンレスタンクの2種。澱をじっくり落とした後にブレンドして瓶詰されています。アルコール度数13.0%。

醸造学校を卒業してから生産者ブレンダン・カーターと妻ローラが初めて海外研修に向かったのはシャンパーニュでしたが、彼らが現在イタリア品種に、のめり込む様になったのは、その次の目的地でワインを含めた食文化と恋に落ちた為。その土地こそイタリアのバローロでした。

3か月間の滞在後に帰国、2人は現地で恋したブドウ品種を探して方々リサーチし、幸運な事にネッビオーロ種を分けて貰える素晴らしい畑と巡り合います。それは学生時代に研修を受けていた南オーストラリアの大巨人・生産者グロセットのポリッシュ・ヒル。リースリングの畑として名を轟かせている、その畑に僅かばかり実験的に植えらえれたネッビオーロを取扱える様になったのです。

そして、リリースを重ねる度によりチャーミングな果実味を求める様になり、更にバルベーラをブレンド、2022年からはサンジョヴェーゼとメルローまで加えています。


■ウニコ・ゼロについて
ウニコ・ゼロは、南オーストラリア州アデレード・ヒルズのガメラチャに設立したマイクロ・ワイナリーです。ウニコ・ゼロは、イタリア語で「ユニークな情熱」という意味です。

ブレンダン・カーターとその妻ローラの2人が丹精込めて造るワインだけでなく、スピリッツやリモンチェッロ、Tシャツなどのクラフトを看板として、瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショナルを虜にしてしまいました。

ワイン造りにおいて、人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアーノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットといったイタリア由来の品種にフォーカスを当てている事が特徴の生産者です。
  • UNICO ZELO Truffle Hound[2022]
  • オーストラリア/南オーストラリア/アデレードヒルズ/クリアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ネッビオーロ、バルベーラ、サンジョヴェーゼ、メルロー
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
(0)
  • 白ワイン

ウニコ ゼロ ジェイド アンド ジャスパー [2022]

生産者ブレンダン・カーターが妻のローラと共に、最も愛するブドウ品種として公言しているフィアーノ。

青リンゴに白桃、メロンやメイヤーレモンのアロマに満ちており非常にアロマティック。早期収穫で守られた綺麗な酸もあり、味覚を飽きさせる事がありません。ブレンダン・カーターの愛が沢山詰まった特別な存在です。

フルーツは内陸の南オーストラリアのリヴァーランド産。著しく乾燥し、酷暑の地で育った濃密なフィアーノを収穫。ステンレスタンクで発酵、熟成し、澱が落ちるのを待ってからボトリングしています。アルコール度数12.5%。

ブレンダン・カーターと妻のローラは、醸造学校を卒業した直後に、シャンパーニュでワイン造りの修行をはじめ、イタリアのバローロから南下しながら各地のビンテージに参加する旅で出会った、このフルーツが持つ特性に惚れ込んでいます。

また、フィアーノがオーストラリア国内では主要な品種ではないため、取引価格が安く、ワインビジネスを始めて間もない若い彼らにとって優しいブドウであった事も大きなモチベーションを造りだしています。


■ウニコ・ゼロについて
ウニコ・ゼロは、南オーストラリア州アデレード・ヒルズのガメラチャに設立したマイクロ・ワイナリーです。ウニコ・ゼロは、イタリア語で「ユニークな情熱」という意味です。

ブレンダン・カーターとその妻ローラの2人が丹精込めて造るワインだけでなく、スピリッツやリモンチェッロ、Tシャツなどのクラフトを看板として、瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショナルを虜にしてしまいました。

ワイン造りにおいて、人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアーノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットといったイタリア由来の品種にフォーカスを当てている事が特徴の生産者です。
  • UNICO ZELO Jade & Jasper[2022]
  • オーストラリア/南オーストラリア/リヴァーランド
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • フィアーノ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
(0)
  • 赤ワイン

スラムダンク [2020]

大胆でジューシー、しなやかで力強いプティ・シラーとジンファンデルのレッド・ブレンド!!

ダークプラム、スミレ、削ったカカオ、ブラックペッパーのアロマでグラスが満たされます。深みがあり濃厚でたっぷりとした口当たり、完熟のダークチェリー、シナモン、エスプレッソのフレーバー。余韻は長く、洗練された、なめらかなタンニンをソフトなオーク由来のバニラ香が包み込んでいます。

プティ・シラーは、カリフォルニアのブドウ栽培を行う地域でも最も古いシエラ・フットヒルズの標高の高い場所に位置する畑の古木(樹齢約60年)のブドウを使用。また、ジンファンデルは、樹齢約40年ほどロダイのブドウを使用しています。

プティ・シラーは、アメリカンオーク樽/フレンチオーク樽(新樽30%)にて7か月熟成しています。また、ジンファンデルは、アメリカンオーク樽/フレンチオーク樽(新樽30%)にて7か月熟成しています。


■スラムダンクについて
バスケットボールの「マイケル・ジョーダンのスラムダンクみたいな凄いワインってどんなワインだろう?」。このワインを手掛けたデヴィッド・グリーン氏とメイヤン・コスチスキー氏に、ふとよぎった疑問から生まれたのが、このワインです。

ちなみに、デヴィッド・グリーン氏は、30年以上カリフォルニア・ワインのマーケティングに携わり、ダナやジョエル・ゴットなど、多くのワイナリーのアドバイサーを務め、成功に導きました。また、メイヤン・コスチスキー氏は、ワイン・エンスージアストによる「2019年度40歳以下のテイストメーカー40人」の一人に選ばれた注目の醸造家です。
  • SlamDunk[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティシラー58%、ジンファンデル42%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 2,915 税込
(0)
  • 白ワイン

3つ品種のユニークなブレンド!
オーボンクリマ ヒルデガード ホワイトワイン [2019]

このヒルデガードは、ピノグリ、ピノブラン、アリゴテの3つの品種のユニークなブレンドが特徴的です。ブレンドすることで複雑味に飛んだワインに仕上がっています。

オーボンクリマで、1998年から造られる白ワイン。ブルゴーニュのコルトン・シャルルマーニュにも、その名を残すシャルルマーニュ大帝の妻の名ヒルデガードと白ワインの逸話にちなんで命名されました。シャルルマーニュ大帝の白い髭が赤ワインに染まっているのは見た目に悪く、妻・ヒルデガードが白ワインを飲むことを勧めたことに因んでいます。

かつて、コルトンの丘には、シャルドネだけではなく、このワインで使われる3つの品種(ピノ・グリ、ピノ・ブラン、アリゴテ)が植えられていたという話のヒントを得て造りはじめたワインです。

樽由来のバニリンやヘーゼルナッツの愛らしい香りと、口当たりの良いリッチな味わいは、まるで一級品のシャルドネのようなワインに仕上がっています。2019年のヒルデガードは、最上級の樽での発酵・熟成から、ミネラリーなラベンダーやバニラのニュアンスが感じられます。熟したストーン・フルーツのアロマは、新鮮なハーブの香りとうまく対比されています。美しいオーク樽由来の香りは明確で、リンゴや洋ナシの果実味を引き立てています。幅広い料理と相性の良い魅力的なワインです。

フランス/フランソワ・フレール社のフレンチオーク新樽100%で、品種ごとに発酵、熟成(24か月)を行った後に、ブレンドし、他の白ワインより長い瓶内熟成を経てリリースされています。アルコール度数13.5%。
  • AU BON CLIMAT Hildegard White Wine[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ/サンタマリアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ピノグリ55%、ピノブラン45%、アリゴテ5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,720 のところ
販売価格 ¥ 5,150 税込
(0)
474件中 1-20件表示
1 2 24