ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ソノマSonoma

ソノマワイン 産地風景

『ソノマ』は、カリフォルニアでナパに次ぐ人気を誇るワイン産地。ナパの2倍以上の広大な面積ながら、小規模のブティックワイナリーが多く軒を連ねる場所です。

ソノマはピノノワールやシャルドネの銘醸地として知られていますがそれだけではありません。地形が育む多様なテロワールのもと、多くの葡萄品種が手がけられ個性豊かなワインが造られています。

オンラインWassy'sではデイリーに楽しめるお手頃なソノマワインや、敏腕醸造家が手掛ける渾身のワインまで、幅広いソノマ産のワインをお楽しみいただけます。

ソノマワインをもっと知りたい方はこちら≫
4件中 1-4件表示
4件中 1-4件表示
320件中 1-20件表示
1 2 16
  • 赤ワイン

■お取寄せ パックス トゥルソー ノワール ベアーグ ランチ ファウンテングローヴ ディストリクト [2018]

少し濁りのある暗めの紫色をしていて、野生のベリー類、ザクロ、ミントや紫蘇などのハーブ類、スパイス系の複雑な香りがあります。味わいには果実の甘みはほとんど感じない辛口の印象で、トゥルソー特有のじんわりとした出汁のような旨味、際立つ酸、そしてしっかりとしたタンニンも感じられます。柔らかい印象でありつつも、ドライで長い余韻があります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • トゥルッソー
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,930 のところ
販売価格 ¥ 5,544 税込
  • 白ワイン
  • WA92点

チョーク ヒル エステート シャルドネ [2018]

2018年の栽培シーズンは、最近の記憶の中で最も安定したものでした。穏やかな春の気候のおかげで、果実の結実が順調で、理想的な生育条件となったそうです。

バニラ、オレンジの花、さわやかなリンゴ、トーストしたマシュマロの魅惑的な香りに、樽由来のスパイスが少し加わっています。リッチでクリーミーな味わいで、レモンオイルや洋ナシの香りがします。私たちのシャルドネは、長く豊かでエレガントなフィニッシュで知られていますが、このヴィンテージも例外ではありません。


■チョーク ヒルについて
チョーク ヒルは、ソノマ・カウンティのロシアン・リバー・ヴァレーにあるAVAチョーク・ヒルにあるワイナリーです。1972年に設立されたチョーク・ヒルは、ユニークな地形、気候そして地質的にも多様性に富んだこのエステートで、ワールド・クラスのブルゴーニュとボルドー品種のワインをつくっています。

チョーク・ヒルは、永年にわたりクローン・リサーチのリーダーとして葡萄畑のユニークな各区画に最適な葡萄品種、クローンを選び、細心の注意を払って栽培しています。実際にチョーク・ヒル エステート シャルドネはワイナリーで開発されたチョーク・ヒル・クローンでつくられています。

この品質への飽くなき探求心がチョーク・ヒル・エステートのあらゆる葡萄栽培とワイン醸造の判断基準となってています。ワインメーカーのコートニー・フォーリーは、手際よい醸造テクニックで各々のボトルがが葡萄畑のエッセンスを表現するワインづくりをしています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/チョークヒル
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,590 のところ
販売価格 ¥ 7,590 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ カリン キュヴェ DD ソノマ カウンティ ピノ ノワール [2000]

アレキサンダー ヴァレーで最も古いピノ ノワールの単一畑である粘土とシルトに石灰が混じる土壌を持つデモスティニ ランチのブドウを使用。ロシアン リヴァーから近いこの畑で灌漑を行わないドライファーミングによって育てられる。長い熟成により複雑な風味を醸し出している。※経年によりコルクが大変脆くなっております。抜栓の際は慎重にお願い致します。

契約畑 / 発酵 熟成: フレンチオーク(50%新樽)にて
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,810 のところ
販売価格 ¥ 6,248 税込
  • スパークリング

■お取寄せ ラック & リドル ブラン ドゥ ノワール [NV]

ブリオッシュとベリーのヒント、いきいきとしたシトラスのアロマ。繊細な泡が口中でこれらの特徴を一層高め、いつまでも続く長いフィニッシュがもう一口飲みたくさせるスパークリングワイン。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • ピノノワール70%、シャルドネ30%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,520 のところ
販売価格 ¥ 2,983 税込
  • 赤ワイン

ダットン ゴールドフィールド ピノ ノワール ダットン ランチ [2018]

冷涼なグリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーの区画を中心に様々な畑のブドウをブレンドし、ソノマ/ロシアン・リヴァー・ヴァレーの理想のピノ・ノワールを表現しています。

野生のベリー、チェリー、プラム、スミレのフローラルな香り。黒系果実を思わせる味わいは、非常にジューシーで、密度が高く精緻な酸がみずみずしさを与えます。細かなタンニンを備えたフィニッシュは非常に長く、肉厚な果実感と生き生きとしたキャラクターが完璧なバランスで共存しています。フレンチオーク(新樽40%)にて10か月熟成しています。


■ダットン ゴールドフィールドについて
ダトン・ランチ農園の経営者の一人スティーヴ・ダットンが、ブルゴーニュ・スタイルのシャルドネやピノ・ノワールで有名なラ・クレーマなどで冷涼なロシアン・リヴァー・ヴァレーのワイン造りを牽引してきた敏腕醸造家ダン・ゴールドフィールドと設立したのが、この「ダットン・ゴールドフィールド」です!

もちろん、大半のブドウは、ダトン・ランチから供給されており、ワイン&スピリッツTOP100ワイナリーに7度選出されたり、世界のワイン産地の情報を網羅するワインレポート2009年では、最も偉大な生産者1位に選ばれるなど高い評価をうけている生産者です。

ちなみに、ダットン・ゴールドフィールドにブドウを供給する「ダトン・ランチ」は、カリフォルニアの有名なワイン生産者であるキスラーやパッツ&ホール、ハートフォードなどにも「ダットン・ランチ農園のブドウ」が使用されたことでも知られる素晴らしいブドウ農園です。

また、ダトン・ランチは、ロシアン・リヴァー・ヴァレー内にある産地グリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーで初めてシャルドネを植樹し、ひたすら可能性を信じて、この地でブドウ栽培に取り組んだ先駆者でもあります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,700 のところ
販売価格 ¥ 6,512 税込
  • 白ワイン

ダットン ゴールドフィールド シャルドネ ウォーカー ヒル ヴィンヤード [2018]

このウォーカーヒル・ヴィンヤードは、1980年代初頭に植樹されたシャルドネ(ウェンテ・クローン)の古木が乾地農法での栽培されています。涼しいグリーン・ヴァレーの中心にあり、美しい柑橘系の背骨とスパイシーでフローラルな香り、ミネラリーなニュアンスをワインに与えます。ルード・ヴィンヤードが南国系果実なら、このウォーカー・ヒル・ヴィンヤーは柑橘系果実が特徴で、よりクラシックなカリフォルニアのシャルドネです。フレンチオーク(新樽50%)にて18か月熟成しています。

ちなみに、輸入元曰く、北米以外では日本のみ入手可能なワインだそうです!


■ダットン ゴールドフィールドについて
ダトン・ランチ農園の経営者の一人スティーヴ・ダットンが、ブルゴーニュ・スタイルのシャルドネやピノ・ノワールで有名なラ・クレーマなどで冷涼なロシアン・リヴァー・ヴァレーのワイン造りを牽引してきた敏腕醸造家ダン・ゴールドフィールドと設立したのが、この「ダットン・ゴールドフィールド」です!

もちろん、大半のブドウは、ダトン・ランチから供給されており、ワイン&スピリッツTOP100ワイナリーに7度選出されたり、世界のワイン産地の情報を網羅するワインレポート2009年では、最も偉大な生産者1位に選ばれるなど高い評価をうけている生産者です。

ちなみに、ダットン・ゴールドフィールドにブドウを供給する「ダトン・ランチ」は、カリフォルニアの有名なワイン生産者であるキスラーやパッツ&ホール、ハートフォードなどにも「ダットン・ランチ農園のブドウ」が使用されたことでも知られる素晴らしいブドウ農園です。

また、ダトン・ランチは、ロシアン・リヴァー・ヴァレー内にある産地グリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーで初めてシャルドネを植樹し、ひたすら可能性を信じて、この地でブドウ栽培に取り組んだ先駆者でもあります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー/グリーンヴァレーオブロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,360 のところ
販売価格 ¥ 7,722 税込
  • 白ワイン

ダットン ゴールドフィールド シャルドネ ルード ヴィンヤード [2018]

ソノマ/ロシアン・リヴァー・ヴァレーの中でも、特に涼しいグリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーにある東向き斜面の単一畑ルード・ヴィンヤードから造られる限定生産キュヴェです。ルード・ヴィンヤードは、1969年に植樹された、このエリアで最も古いシャルドネの畑のひとつです。

熟した黄桃や南国系果実、クローヴ、バニラ、ハチミツ、トーストなどニュアンスに富む複雑な香り。黄金色の外観そのままの濃厚な味わいだが、肉厚の果実を確固たる酸の背骨が支え、冷涼な気候を反映した、しなやかさと見事なエレガンスも備えます。フレンチオーク(新樽50%)にて18か月熟成しています。

この畑のブドウは、ルード・クローンとしてカリフォルニア全土へ広まり、その品質は高い評価でうけています。ちなみに、ルード・ヴィンヤードのシャルドネは、かつてキスラーにも供給してされていたそうです。


■ダットン ゴールドフィールドについて
ダトン・ランチ農園の経営者の一人スティーヴ・ダットンが、ブルゴーニュ・スタイルのシャルドネやピノ・ノワールで有名なラ・クレーマなどで冷涼なロシアン・リヴァー・ヴァレーのワイン造りを牽引してきた敏腕醸造家ダン・ゴールドフィールドと設立したのが、この「ダットン・ゴールドフィールド」です!

もちろん、大半のブドウは、ダトン・ランチから供給されており、ワイン&スピリッツTOP100ワイナリーに7度選出されたり、世界のワイン産地の情報を網羅するワインレポート2009年では、最も偉大な生産者1位に選ばれるなど高い評価をうけている生産者です。

ちなみに、ダットン・ゴールドフィールドにブドウを供給する「ダトン・ランチ」は、カリフォルニアの有名なワイン生産者であるキスラーやパッツ&ホール、ハートフォードなどにも「ダットン・ランチ農園のブドウ」が使用されたことでも知られる素晴らしいブドウ農園です。

また、ダトン・ランチは、ロシアン・リヴァー・ヴァレー内にある産地グリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーで初めてシャルドネを植樹し、ひたすら可能性を信じて、この地でブドウ栽培に取り組んだ先駆者でもあります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー/グリーンヴァレーオブロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,130 のところ
販売価格 ¥ 8,437 税込
  • 白ワイン
  • WS90点

ダットン ゴールドフィールド シャルドネ ダットン ランチ [2019]

このワインは、ロシアン・リヴァー・ヴァレーの最も冷涼な西側地区のブドウをブレンドしたリッチで活き活きとしたフレッシュなスタイルです。

メロンやパイナップル・タルト、トーストしたアーモンド、ブリオッシュのニュアンスがたっぷりと感じられます。フレンチオーク樽(新樽40%)にて10か月熟成させています。


■ダットン ゴールドフィールドについて
ダトン・ランチ農園の経営者の一人スティーヴ・ダットンが、ブルゴーニュ・スタイルのシャルドネやピノ・ノワールで有名なラ・クレーマなどで冷涼なロシアン・リヴァー・ヴァレーのワイン造りを牽引してきた敏腕醸造家ダン・ゴールドフィールドと設立したのが、この「ダットン・ゴールドフィールド」です!

もちろん、大半のブドウは、ダトン・ランチから供給されており、ワイン&スピリッツTOP100ワイナリーに7度選出されたり、世界のワイン産地の情報を網羅するワインレポート2009年では、最も偉大な生産者1位に選ばれるなど高い評価をうけている生産者です。

ちなみに、ダットン・ゴールドフィールドにブドウを供給する「ダトン・ランチ」は、カリフォルニアの有名なワイン生産者であるキスラーやパッツ&ホール、ハートフォードなどにも「ダットン・ランチ農園のブドウ」が使用されたことでも知られる素晴らしいブドウ農園です。

また、ダトン・ランチは、ロシアン・リヴァー・ヴァレー内にある産地グリーン・ヴァレー・オブ・ロシアン・リヴァー・ヴァレーで初めてシャルドネを植樹し、ひたすら可能性を信じて、この地でブドウ栽培に取り組んだ先駆者でもあります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,710 のところ
販売価格 ¥ 5,610 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ ベンチ ソノマ カウンティ シャルドネ [2018]

メロンや赤いリンゴ、柑橘系フルーツ、ハニーの香り。リッチでありながらクリスプ、複雑でありながら透明感のある味わい。焼いたパンのような香ばしい香りがほんのりと口中に残る。

契約畑 / 発酵・熟成: 60%ステンレスタン、40%フレンチオーク (30%新樽) にて11ヶ月
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,850 のところ
販売価格 ¥ 3,231 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ バリック ソノマ カウンティ カベルネ ソーヴィニヨン [2018]

カベルネの生産エリアとしてはやや冷涼なドライ・クリーク・ヴァレーとナイツ・ヴァレーのぶどうを使い、リッチな中にも冷涼感を感じるスタイルに仕上げている。黒いベリーやトーストの香り、上品なタンニンの舌触りと長いフィニッシュ。

契約畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: フレンチオーク (30%新樽) にて18ヶ月
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,630 のところ
販売価格 ¥ 3,066 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ クライン ソノマ コースト マルサンヌ ルーサンヌ [2019]

南仏を代表する二つの白ブドウがブレンドされている。ともに地中海性気候を有し、風土が似ているとされる南仏とカリフォルニア。ローヌ品種はこの地で自然にバランスの良い実を付けると言われる。カーネロスの自社畑で育った華やかな風味を持つマルサンヌを長年の相棒であるルーサンヌが持ち前のハーブのような 風味と酸の骨格で支える。

自社畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: ステンレスタンクにて

桃やマルメロなど熟した果実感とキレのある酸味・・後味に残るハーブの香り。メジャー品種にはない独特の個性が魅力。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • マルサンヌ66%、ルーサンヌ34%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 2,818 税込
  • 白ワイン
  • WA92点

ロキオリ シャルドネ エステート ロシアン リヴァー ヴァレー [2019]

リッチでありながら、フレッシュなクラシックなロシアン・リバー・シャルドネです。3つの自社畑(Mid-40ヴィンヤード、リヴァー・ブロック、リトル・ヒル・ヴィンヤード)のそれぞれ異なる土壌が、このシャルドネの人気の秘密です。

豊かなリンゴの風味とさわやかな酸味のバランスがとれていて、グラスの中で時間をかけてその魅力を引き出すことができる控えめなワインです。香りには、ヘーゼルナッツやカモミール、リンゴ、アプリコット、トーストしたブリオッシュのノートが含まれています。

一口飲むと、酸味のあるレモンのような柑橘類、豊かなリンゴ、アーモンドの香りがして、バランスのとれたフィニッシュへと続きます。相性の良い料理は、グリルチキン、ロブスター、クラブケーキ、ホワイトクラムソースのリングイネなどです。

自社畑、フレンチオーク(25%新樽)にて9ヶ月熟成しています。

■ロキオリについて
ロキオリは、カリフォルニアを代表するぶどう栽培家であり醸造家です。

1985年、ピノ・ノワールの初ヴィンテージが、すぐさま、ワイン・スペクテーター誌において、「The Best of American Pinot Noir」に選ばれ、周囲を、そして、トム・ロキオリ自身を驚かせました。

一躍注目の的となったトムは、その後、妻とともにブルゴーニュを旅した際に訪ねた、ある素晴らしい造り手のワインに感銘を受け、畑ごと、ワインのクオリティごとに細かくロットを分ける事を学びました。この経験は、現在も続く固有のテロワールを表現する彼のワイン造りの礎となっています。

現在も、非常に高い人気を誇るロキオリのワインは、常に品切れで、ワイナリーのテイスティングルームでさえ飲めない場合もあります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,340 のところ
販売価格 ¥ 8,272 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ パッツ アンド ホール ソノマ コースト シャルドネ [2017]

1988年に設立され、シャルドネとピノ ノワールに特化したワイン造りを行っています。自社畑は持たず、設立当初から最高の畑を探し求め有能なブドウ栽培者たちと長期的な関係を築いてきました。サンチェティヴィンヤードとギャップスクラウンのブドウを中心に使用しています。サンチェティのブドウは豊かな果実味を、ギャップスクラウンのブドウはミネラル感と溌剌とした酸をもたらします。ダットンランチやダレルヴィンヤードのブドウもブレンドされ、パイナップルやグァバのような香り、トーストやアーモンドのような香ばしさを兼ね備え、複雑でリッチな味わいです。アルコール度数:14.2%
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,480 のところ
販売価格 ¥ 5,984 税込
  • 白ワイン
  • WA94点
  • WS94点

■お取寄せ ポール ホブス シャルドネ ロス ステーション エステート ロシアン リヴァー ヴァレー [2016]

海の影響がある、ロシアン・リヴァー・ヴァレーのサブ・アぺレーションであるグリーン・ヴァレーにある畑では朝と夕に霧が出るため、日中の平均最低気温は6.7度、平均最高気温は23.8度と中程度の寒暖差が生まれます。このようなブドウ栽培に適した環境で育った輝きのある麦わら色をしたシャルドネには、白桃、ブリオッシュ、クレームブリュレのような表情豊かな香りがあります。口に含むとミネラル感をまず感じ、その後黄色いリンゴとトロピカルフルーツのフレーバーに包み込まれ、塩味のある長い余韻へとつながります。

ペアリング
桃をグリルしたものとブラータ・チーズとバジルを合わせたもの、クロック・マダムに新鮮なレタスを添えたもの、もしくはスナップエンドウとベーコンと卵のチャーハンと合わせてみてください。サーブ時の適温:7度-10度

■ワイナリーについて
ポール・ホブスは1978年にナパ・ヴァレーのロバート・モンダヴィ・ワイナリーでワイン・メーカーとしてのキャリアをスタートしました。その後の25年間、彼はモンダヴィ、オーパス・ワン、ソノマ・カウンティにあるシミ・ワイナリーや、また醸造コンサルタントとしてチリやアルゼンチンでその技術と専門知識に磨きをかけました。この間、ポールはヨーロッパの主要ワイン産地を頻繁に訪れ、さらなる技術やアイデアを蓄積しました。ポールは1991年にカリフォルニアにポール・ホブス・ワイナリーを、1999年にはアルゼンチンにヴィーニャ・コボスを、2000年にはカリフォルニアにクロスバーン・ワイナリーを設立しました。

11人兄弟の中で育ったポールのブドウ畑に対する強い興味は、1969年ニューヨーク北部地方の彼の家族の農場に初めてブドウが植えられた時に芽生えました。仕事熱心だったポールの姿を見て、ポールの父は直ぐにポールをブドウ栽培の責任者にしました。ポールはノートルダム大学在学中に初めて世界のワインを試飲し、経験しました。それが彼の一生の仕事となる醸造家のキャリアの情熱に火をつけました。

1975年、彼はUCデイヴィス醸造学科の食物学の修士コースに入学します。オーク樽の熟成について書かれた彼の修士論文はプレミアム・ワイン・コミュニティーの人々の相当な注目を浴びました。現在でもポールの樽に関する知識は右に出る者がいなく、樽を使用したワインのマスターと言っても過言ではありません。ポールの才能を見抜いた故ロバート・モンダヴィは直ぐに彼を研究技術者として雇います。そして、1979年にポールは同ワイナリーの醸造家へ昇進します。1981年にはオーパス・ワンの醸造チームに配属され、4年間その地位に留まりました。

1985年、ポールはソノマの歴史あるシミ・ワイナリーにアシスタント・ワインメーカーとして入社しました。彼に課せられた最初の仕事のひとつに新しいカベルネ・ソーヴィニョンのスタイル造りがありました。醸しや果実を丁寧にやさしく扱う事で、よりリッチでしなやかなワインを造り、評論家や一般消費者の注目を引きました。1989年には副社長兼ワインメーカーとなり、カリフォルニアのプレミアム・ワイナリーの醸造プログラムを指揮する最初の機会となりました。

1991年、何人かのパートナーと一緒に、ソノマにポール・ホブス・ワイナリーを設立しました。ここは手工芸的ワイン、ナパとソノマのシングル・ヴィンヤード・ワインを専門とするワイナリーです。一流建築家がデザインを手がけたワイナリーも2003年に完了し、そのワイナリーを囲む「リンゼイ」と名付けられた14エーカーの自社畑にはピノ・ノワールが植えられています。

1999年、ポールはアルゼンチンのメンドーサにヴィーニャ・コボス・ワイナリーを設立しました。ここでは古樹で高く評価されているマルキオリ・ヴィンヤードのウルトラ・プレミアム・ワインを始め、バリューレンジで気軽に飲めるフェリーノとブラマーレのワインを生産します。

2000年にはクロスバーン・ブランドを立ち上げ、現在ではソノマに醸造設備を建設しクロスバーン・ワイナリーとして、若きワインメーカー達に醸造のノウハウを伝授しています。ポールは2000年12月、「Connoisseurs?Guide to California Wine」において「Wine make rof the year」に選ばれ、2004年には「The Quarterly Reviewof Wines」に於いて「Most important wine maker in California」に選ばれました。2013年にはアメリカの経済誌「Forbes」において、「The Steve Jobs of Wine」と名付けられました。最近ではポールの故郷であるニューヨークのフィンガー・レイクス地方でのリースリングの栽培も行っています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 15,950 のところ
販売価格 ¥ 12,760 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点
  • WS90点

■お取寄せ レイン ホーム フィールド ヴィンヤード ピノノワール フォート ロス-シーヴュー [2017]

■ワイナリーについて
世界に通用するカリフォルニア産のピノ・ノワールを自分達の手で造りたい・・・そんな思いから始まったプロジェクトがレイン(RAEN)です。ワイナリーの名前は「Researchin Agriculture and Enology Naturally」の頭文字を一つの単語にしたもので、自分達の農業とワイン醸造学への研究心を表しました。また、畑に降った雨は、いずれ樹木によって吸い上げられ、ワインの原料となるブドウに形を変えます。ワイナリーの名前は、このブドウの生命の源になる雨(Rain)も掛かっています。

レインはカリフォルニアワイン業界のサラブレッドの二人、カルロ・モンダヴィとダンテ・モンダヴィによって、2013年にソノマ・コーストに設立されたフレッシュなワイナリーです。カルロとダンテは、「コンティニュアム」のティム・モンダヴィを父に持ち、「カリフォルニア・ワインの父」と呼ばれる、ロバート・モンダヴィの孫にあたります。ナパ・ヴァレーで生まれ育ったカルロとダンテは幼い頃からロバート・モンダヴィ・ワイナリーやオーパス・ワンでワインに触れ、2005年にスタートした「コンティニュアム」では父ティム監修のもと設立当初から栽培や醸造に幅広く関わっています。

カルロとダンテがピノ・ノワールに魅了されたのも、祖父ロバートと父ティムの影響でした。全盛期のロバート・モンダヴィで醸造を担当していた父ティムはピノ・ノワールのパイオニアとして知られ、彼のブルゴーニュ・ワインへの強いパッションを息子たちは受け継ぎました。2013年、レインという基盤の上でカルロとダンテのピノ・ノワールへの追求が始まりました。「ワールド・クラスのピノ・ノワール」がモンダヴィ家の歴史に刻まれた瞬間です。

ロイヤル・セント・ロバート・キュヴェは、祖父ロバートが二人に教えてくれた「クオリティへの追求心」がモットーとなっています。ブドウにとって過酷な環境で知られるロシアン・リヴァー・ヴァレー内のグリーン・ヴァレーの西向きの畑のブドウで造られます。オクシデンタルの畑のブドウが少量のブレンドされ、ワインのアロマが複雑になります。

ホーム・フィールドは太平洋から内陸およそ3km、ジェナーの街の北側、フォート・ロス-シーヴューAVAにある畑です。とても冷涼な気候で、ブドウの生育期が長くなります。この畑は、毎朝発生する霧よりも高い位置にあるため、ブドウが光合成を続けることが可能になります。

ボデガはセコイアの木と野生の植物に囲まれ、現在フリーストーン・オクシデンタルとしてAVAの申請が進んでいるソノマのユニークなブドウ産地にある畑です。ここは日中の気温が最も低く、生育期がとても長い畑です。結果、バランスと深みを兼ね備えたワインができあがります。

ワインのラベルは、AVA名が一番大きく記載されていて、どこかフランスのワインを思わせるような雰囲気があります。これは、醸造家である自分達の名前やレインというブランドのアピールよりも、各産地の個性やテロワールを全面に出した造りを味わってもらいたいというカルロとダンテの願いが込められています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト/フォートロスシーヴュー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 17,600 のところ
販売価格 ¥ 14,080 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点

■お取寄せ ピーター マイケル ワイナリー レスプリ デ パヴォ エステート ナイツ ヴァレー [2016]

黒に近い濃い紅色。レ・パヴォとオー・パラディのいいとこ取りをしたようなブルーベリー、チョコレート、杉、コーヒー、ヴァニラ、黒トリュフのアロマがあります。口に含むとブラック・チェリー、ブラックカラント、プラム、革、タバコ、白胡椒が感じられ、とても複雑なアロマがあります。フルボディで凝縮感があり、旨味や塩気も感じます。しなやかなタンニンが長い余韻にあります。今飲んでも美味しいですが15年以上の熟成も可能でしょう。

■ワイナリーについて
現在、ピーター・マイケル・ワイナリーのワインが、カリフォルニア・ワインのサクセスストーリーとして世に知れ渡っていることは言うまでもありません。1987年のモン・プレジール・シャルドネのリリース当初から問い合わせが絶えず、20年近く経つ現在でも数量限定販売を行っています。これは、設立当初に定められた企業理念が現在でも変わることなく活動の柱として息づいているからです。

1983年、ブドウ畑と家族の保養の地を求めて7年間のリサーチの末、設立者のピーター・マイケル卿はカリフォルニア・ソノマのナイツ・ヴァレーに位置するセント・ヘレナ山の西向きの麓にある火山性土壌の630エーカー(252ha)の土地を購入しました。これはピーター・マイケル卿がまだ若かった頃、当時フランスに在住していた父親に連れられ、ヨーロッパ各国のシャトーや生産者を見学に行って以来心に抱いていた、将来自分でワイナリーを経営する夢が現実になった瞬間でした。

起業家精神に溢れた「クォンテル」の創業者として何度も北カリフォルニアに訪れていた彼は、この土地に一目惚れしたのでした。

ワイナリーのモットーは至ってシンプルで、フランスワインの様に、最高のブドウと厳選された樽、そして昔ながらの醸造テクニックを用いてワインを造るということでした。これは、カリフォルニアワインをフランスワインに模して造るのではなく、現在でも見られる一般消費者のフランスに対するワイン贔屓を覆す意味が込められていました。将来的に、世界に匹敵する品質のワインがカリフォルニアで多数生産されることを期待すると同時に、その中のいくつかはピーター・マイケル・ワイナリーで造られたワインであることをゴールとしました。

その後、数年をかけて、敷地の標高が低く暖かい場所にボルドー品種の畑を広げ、標高の高い涼しい土地にシャルドネの畑を開墾しました。敷地のユニークなコンディションの利点を生かし、それぞれのブロックはパズルのように複雑に入り組んだ土壌によってデザインされ開墾されました。土壌・マイクロクライメット・地形・日照の条件を基に、全てのセクションの品種・台木・畝の向き・密植度・排水を決定します。畑に加えて、マイケル家は長期に渡る敷地の自然保護を提唱し、土着の植物を植樹して自然の生息環境を復元しています。

ピーター・マイケル・ワイナリーのワインメーカーとしてこのワイン業界に輝かしい名声を残した人物にはヘレン・ターリー、マーク・オベール、ヴェネッサ・ウォング、リュック・モルレ、そして現在のワイン・メーカーであるニコラ・モルレがいます。ワイナリーはこれらの時代を通じて、ピーター卿の信条である「マウンテン・ヴィンヤード、伝統的な醸造方法、少量生産」を継承しています。

また、ピーター卿の「100by100plan」-少なくとも100年間続く100%家族経営、を踏まえて、ワイナリーでは世代のバトンが渡されつつあり、現在では、息子のポール・マイケルと妻エミリーがワイナリーの戦略的な方向性を示す責務を徐々に増やしています。

そして、1998年、マイケル家はトゥルー・ソノマ・コースト(現在のFort Ross-SeaviewAVA)に400エーカーの土地を購入しました。土地は沿岸と山間の二つの特徴を併せ持つ驚きの土地です。生育期を通してかなり冷涼な気候ですが、霧に覆われる事のない標高の高い部分はブドウが完熟するのに十分な日照量を得る事が出来ます。この土地に2006年と2007年にピノ・ノワールを植えました。

2009年にナパ・ヴァレーを見下ろすオークヴィル・アペレーション東側の山間に41エーカーの土地を購入し、そのうち26エーカーにボルドー品種が植えられています。この畑は「オー・パラディ」と名付けられ、このワインの2012年ヴィンテージが、デビューわずか2年目にしてWineSpectator誌のTOP100の#1ワインに輝きました。

ピーター・マイケル・ワイナリーのワインはロバート・パーカーを始めとする著名なワイン評論家に認められています。パーカー氏に至っては、「もしも自分がボルドーかブルゴーニュに住むフランス人醸造家だった場合、ピーター・マイケルの様なトップのカリフォルニア生産者の存在は気にしないでは居られない」と言っています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ナイツヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニョン34%、メルロ29%、カベルネフラン28%、プティヴェルド9%
  • 750ml
通常価格 ¥ 21,450 のところ
販売価格 ¥ 19,170 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点
  • WS93点

■お取寄せ ピーター マイケル ワイナリー レ パヴォ エステート レッド ボルドー ブレンド [2016]

黒を帯びたルビー色。なめし革、モリーユ茸、ヴァニラ、黒果実、チェリー、ブラックベリー、ブルーベリーペースト、岩っぽいニュアンスがあります。フルボディ且つエレガントな舌触りと共に、柔らかいタンニンとミネラルが長い余韻にほんのり感じます。レ・パヴォのニュアンスがしっかりと出ているクラシカルなワインです。今飲んでも美味しいですが、4年~25年間は熟成を楽しめます。

■ワイナリーについて
現在、ピーター・マイケル・ワイナリーのワインが、カリフォルニア・ワインのサクセスストーリーとして世に知れ渡っていることは言うまでもありません。1987年のモン・プレジール・シャルドネのリリース当初から問い合わせが絶えず、20年近く経つ現在でも数量限定販売を行っています。これは、設立当初に定められた企業理念が現在でも変わることなく活動の柱として息づいているからです。

1983年、ブドウ畑と家族の保養の地を求めて7年間のリサーチの末、設立者のピーター・マイケル卿はカリフォルニア・ソノマのナイツ・ヴァレーに位置するセント・ヘレナ山の西向きの麓にある火山性土壌の630エーカー(252ha)の土地を購入しました。これはピーター・マイケル卿がまだ若かった頃、当時フランスに在住していた父親に連れられ、ヨーロッパ各国のシャトーや生産者を見学に行って以来心に抱いていた、将来自分でワイナリーを経営する夢が現実になった瞬間でした。

起業家精神に溢れた「クォンテル」の創業者として何度も北カリフォルニアに訪れていた彼は、この土地に一目惚れしたのでした。

ワイナリーのモットーは至ってシンプルで、フランスワインの様に、最高のブドウと厳選された樽、そして昔ながらの醸造テクニックを用いてワインを造るということでした。これは、カリフォルニアワインをフランスワインに模して造るのではなく、現在でも見られる一般消費者のフランスに対するワイン贔屓を覆す意味が込められていました。将来的に、世界に匹敵する品質のワインがカリフォルニアで多数生産されることを期待すると同時に、その中のいくつかはピーター・マイケル・ワイナリーで造られたワインであることをゴールとしました。

その後、数年をかけて、敷地の標高が低く暖かい場所にボルドー品種の畑を広げ、標高の高い涼しい土地にシャルドネの畑を開墾しました。敷地のユニークなコンディションの利点を生かし、それぞれのブロックはパズルのように複雑に入り組んだ土壌によってデザインされ開墾されました。土壌・マイクロクライメット・地形・日照の条件を基に、全てのセクションの品種・台木・畝の向き・密植度・排水を決定します。畑に加えて、マイケル家は長期に渡る敷地の自然保護を提唱し、土着の植物を植樹して自然の生息環境を復元しています。

ピーター・マイケル・ワイナリーのワインメーカーとしてこのワイン業界に輝かしい名声を残した人物にはヘレン・ターリー、マーク・オベール、ヴェネッサ・ウォング、リュック・モルレ、そして現在のワイン・メーカーであるニコラ・モルレがいます。ワイナリーはこれらの時代を通じて、ピーター卿の信条である「マウンテン・ヴィンヤード、伝統的な醸造方法、少量生産」を継承しています。

また、ピーター卿の「100by100plan」-少なくとも100年間続く100%家族経営、を踏まえて、ワイナリーでは世代のバトンが渡されつつあり、現在では、息子のポール・マイケルと妻エミリーがワイナリーの戦略的な方向性を示す責務を徐々に増やしています。

そして、1998年、マイケル家はトゥルー・ソノマ・コースト(現在のFort Ross-SeaviewAVA)に400エーカーの土地を購入しました。土地は沿岸と山間の二つの特徴を併せ持つ驚きの土地です。生育期を通してかなり冷涼な気候ですが、霧に覆われる事のない標高の高い部分はブドウが完熟するのに十分な日照量を得る事が出来ます。この土地に2006年と2007年にピノ・ノワールを植えました。

2009年にナパ・ヴァレーを見下ろすオークヴィル・アペレーション東側の山間に41エーカーの土地を購入し、そのうち26エーカーにボルドー品種が植えられています。この畑は「オー・パラディ」と名付けられ、このワインの2012年ヴィンテージが、デビューわずか2年目にしてWineSpectator誌のTOP#100の#1ワインに輝きました。

ピーター・マイケル・ワイナリーのワインはロバート・パーカーを始めとする著名なワイン評論家に認められています。パーカー氏に至っては、「もしも自分がボルドーかブルゴーニュに住むフランス人醸造家だった場合、ピーター・マイケルの様なトップのカリフォルニア生産者の存在は気にしないでは居られない」と言っています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ナイツヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニョン62%、カベルネフラン18%、メルロ13%、プティヴェルド7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 37,400 のところ
販売価格 ¥ 32,450 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ メートル ド シェ シュナン ブラン キアークガード ドライ クリーク ヴァレー [2018]

■ワイナリーについて
カリフォルニアのナチュール・ムーヴメントを切り開いた先駆者「スコリウム・プロジェクト」のアシスタント・ワインメーカーとして長年活躍したアレックス・ピッツ(AlexPitts)が独立し、レオ・スティーンで醸造を学び、ナパでミシュラン三つ星の「メドーウッド」でソムリエをしていたマーティン・ウィンター(Martin Winter)とタッグを組んで2012年に設立したブランドです。2019年には米国の全国紙『San Francisco Chronicle』にて、Wine makers to Watch(最も注目すべき醸造家)に選ばれ、今最も勢いがある若手コンビです。

人為的介入を最小限に抑え、畑の個性を最大限に引き出す醸造を心がけながら、高品質でユニークな「カリフォルニアらしい」ワインを造ることがモットーです。彼ら独自のネットワークを使い、有機栽培はもとより、まだ注目されていない自根の古樹や、灌漑を行っていない畑を探し当て、土着酵母のみを使用した醸造を行うことでブドウ品種本来がもつ旨味と個性をしっかりとワインに反映させます。

「メートル・ド・シェ」はフランス語(主にボルドー)で醸造責任者を意味する言葉です。現在では独立して自身のワイナリーの経営だけで生活ができるようになりましたが、「メートル・ド・シェ」設立当初は二人とも別のワイナリーの醸造責任者やアシスタントとして仕事を掛け持ちしていました。そんな苦しい中、自分たちにセラーで働くチャンスを与えてくれて、醸造や栽培の知識を共有してくれた恩師がいたからこそ現在の自分が居るという意味で、労いの気持ちを表現したブランド名です。つまり、「メートル・ド・シェ」とはアレックスとマーティンがワインの業界に入るきっかけとなった役職名であり、彼らの原点なのです。

1883年に描かれたイラストがラベルに採用されていて、ローマ神話における自由の女神「リーベルタース」とカリフォルニアのシンボルであるハイイログマが乾杯をしています。カリフォルニアが州旗としてハイイログマを採用したのが1911年なので、この絵はその前に描かれたものになります。樽の側面にはゴールドラッシュ発生時(1848年)に長い道のりを経てアメリカ西海岸にたどり着いた帆船とクワを持つ労働者が描かれています。もともとのオリジナルのイラストには樽の側面に「見つかった!」を意味する「Eureka」の文字があり、ワイン木箱の側面にはそれぞれ「Mission」、「Pineau」、「Riesling」、「Zinfandel」と書かれていましたが、そのままでは米国酒類タバコ税貿易管理局からの許可が降りなかった為、「Eureka」の文字を削除し、木箱の側面には実際に中に入っているワインに使われたブドウ品種が記載されています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ドライクリークヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シュナンブラン
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,960 のところ
販売価格 ¥ 3,313 税込
320件中 1-20件表示
1 2 16