ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
ゴールデンウィークの配送について ゴールデンウィークの配送について
ゴールデンウィークの配送について

新着ワインNew Arrivals

新着ワイン
372件中 1-20件表示
1 2 19
  • 白ワイン

コロンビア クレスト グランド エステーツ ピノ グリ [2014]

パイナップル、桃、洋梨、ナッツなどの風味を感じます。果実味が豊富で、キレのある酸が特長のワインです。グラタン、白身魚のソテーなどの料理と相性が良いです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ピノグリ主体、ピノブラン
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,557 のところ
販売価格 ¥ 2,486 税込
  • 赤ワイン

コロンビア クレスト グランド エステーツ メルロー [2015]

ラズベリー、ブルーベリー、ローストしたココナッツなどが折り重なった複雑な香りと長く続く上品な余韻が特長です。数々の受賞歴を誇るワシントン州を代表するメルローです。回鍋肉、トマトソースのパスタなどの料理と相性が良いです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • メルロー97%、その他3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,557 のところ
販売価格 ¥ 2,173 税込
  • 白ワイン

コロンビア クレスト グランド エステーツ シャルドネ [2016]

りんごや洋梨のアロマ、メロンやクリーミーなバターの風味を感じます。甘く上品なオークの香りが続く、長い余韻が魅力的なワインです。クリームソースのパスタ、ハーブチキンなどの料理と相性が良いです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,557 のところ
販売価格 ¥ 2,178 税込
  • 白ワイン

コロンビア クレスト H3 シャルドネ [2014]

焼きりんご、スイカズラ、ナツメグ、ミネラルのニュアンスのアロマが感じられ、エレガントな中にもフレッシュさが残ったミディアムボディに仕上がっています。樹木系の果実や甘いオークの香りは誘惑的で、少しクリーム状のバニラのようなフィニッシュをもたらしています。ホタテのグリル、ポークステーキなどの料理と相性が良いです。

コロンビア・クレスト・ワイナリーの「H3」シリーズは、ワシントン州コロンビア・ヴァレーのAVA「ホース・ヘヴン・ヒルズ」のぶどうで造られたワインです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/ホースヘヴンヒルズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,088 のところ
販売価格 ¥ 3,003 税込
  • 赤ワイン

コロンビア クレスト H3 レ シュヴォー レッド ブレンド [2015]

口に含むと、新鮮なブルーベリーやアニス、土の風味のアロマにより、タンニンが丸みを帯びてきます。また、砂糖をまぶされたナッツやカンゾウ、ダークチョコレートの風味が幾重にも重なり、より深みを増していきます。フィニッシュは、甘みのあるタンニンを特長としているモカのように感じられます。ペッパーステーキ、ビーフシチュー、ブルーチーズなどの料理と相性が良いです。

コロンビア・クレスト・ワイナリーの「H3」シリーズは、ワシントン州コロンビア・ヴァレーのAVA「ホース・ヘヴン・ヒルズ」のぶどうで造られたワインです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/ホースヘヴンヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • メルロー75%、シラー17%、マルベック7%、その他1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,088 のところ
販売価格 ¥ 3,003 税込
  • 赤ワイン
  • WS90点

コロンビア クレスト H3 カベルネ ソーヴィニヨン [2016]

このまろやかなボディーのワインは、サクラの花やバラの花びらのようなアロマを持ち、ミネラル分と深いベリー風味のバランスは完璧で、柔らかいココアのようなタンニンのフィニッシュをもたらします。牛肉や仔羊のロースト、ハードタイプのチーズなどの料理と相性が良いです。

コロンビア・クレスト・ワイナリーのH3シリーズは、ワシントン州コロンビア・ヴァレーのAVA「ホース・ヘヴン・ヒルズ」のぶどうで造られたワインです。


■コロンビア・クレスト・ワイナリーについて
1983年に設立されたコロンビア・クレスト・ワイナリーは、ワシントン州最大級のワイナリーとして知られています。過去に150アイテム以上で90点以上のスコアを獲得するなど、ワインの銘醸地コロンビア・ヴァレーのぶどうの個性を最大限に活かしたワインのコストパフォーマンスの高さは、ワイン評論誌でも折り紙つきです。大規模なワイナリーでありながらも、トップクラスの高品質、ワインメーカーの想いをこめた人の手で造るワインの温かさ、ぶどう本来の味わいを実現した、注目すべきワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/ホースヘヴンヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン85%、メルロー14%、その他1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,088 のところ
販売価格 ¥ 3,058 税込
  • 赤ワイン

バス・フィリップの血統を継ぐアヴァニのフラッグ・シップ!
アヴァニ ワインズ アヴァニ シラー [2015]

バス・フィリップの血統を継ぐアヴァニ・ワインズのフラッグ・シップ・ワイン!

2012年までの8年間に渡り、大きな影響をうけたバス・フィリップの醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、バスフィリップで重要なワイン造りを様々な経験と共に習得した「シャシ・シン」が手掛けるシラーです。

アヴァニ・ワインズが、唯一の自社畑で造るフラッグ・シップ・ワインです。手摘みで収穫されたシラーを、さらに手作業で選果し、100%除梗します。ステンレス・タンクにて、低温で1週間ほど浸し、10日間かけて野生酵母による自然発酵を行います。一次発酵のあとマセラシオンに1週間、プレスしたあとは、1年経過のフレンチオークにて最低18ヶ月の熟成。タンクに戻してブレンドし、無濾過・無清澄でボトリングされます。

エレガントで複雑味があり、オーストラリアのシラーズよりも南仏のシラーと表現するべきスタイルです。赤や紫のベリーの果実味、土っぽさ・白コショウやスモーキーなニュアンスがワイン全体をうまくまとめています。タンニンは絹のように滑らかで、長い余韻を楽しめる仕上がりになっています。アルコール度数は毎年12%前後と赤ワインにしては低く、収穫時期の早さや気候が表現されています。


■アヴァニ・ワインズについて
アヴァニとは、サンスクリットの言葉で、「the earth」(大地)を意味します。「自然との共生」をテーマに一品一品手作りしている、それがAvaniのワイン造りです。全ての葡萄は、有機栽培を行い薬品・除草剤・二酸化硫黄などを一切使用せず、ブドウ栽培においても灌漑は行わず降雨のみに依存しています。アヴァニ・ワインズでは、土壌の健康に焦点を当てるために、それを可能にするバイオダイナミック農法の実践を採用しています。

最も影響を受けた醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、着飾る事無く、自分たちの信念を持ち、概念を受け継ぐ残された唯一の語り部が、アヴァニ・ワインズの「シャシ・シン」です。

2012年までの8年間に渡り、バス・フィリップで重要なワイン造りを様々に経験し習得しました。フィリップ・ジョーンズから、「正しいブドウ栽培を行っていれば、味わいは生まれる。」ことを教わり、葡萄畑が自らを表現するということを確信しました。ワイン造りにおいても、野生酵母を使用し、清澄・ろ過・ポンプも一切使用せず重力以外の負荷を果汁にかけることはしません。その為、ワイン果汁の移動も全てバケツを使用し人力で行います。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントンペニンシュラ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,560 のところ
販売価格 ¥ 10,560 税込
  • 赤ワイン

バス・フィリップの血統を継ぐアヴァニのピノ ノワール!
アヴァニ ワインズ アムリット ピノ ノワール [2016]

バス・フィリップの血統を継ぐピノ・ノワール!

2012年までの8年間に渡り、大きな影響をうけたバス・フィリップの醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、バスフィリップで重要なワイン造りを様々な経験と共に習得した「シャシ・シン」が手掛けるピノ・ノワールです。

手摘みで収穫されたピノ・ノワールを20%全房、80%は除梗して使用します。ステンレス・タンクで野生酵母にて1週間かけての発酵を行い、手作業による醸し作業。プレスした果汁は5年落ちのフレンチオークにて最低12ヶ月の熟成を行います。その後、ステンレスタンクにてブレンドされ、無濾過・無清澄で瓶詰めされます。

ダークベリー・プラム・ラズベリーなどの果実味とともに果皮のタンニンや柔らかな渋みもしっかりと感じられる複雑な味わい。力強く、スパイスやほんのり土の香り。ややボリュームを感じ、オーストラリアの日照量が起因した厚みのあるピノノワールに仕上がっています。


■アヴァニ・ワインズについて
アヴァニとは、サンスクリットの言葉で、「the earth」(大地)を意味します。「自然との共生」をテーマに一品一品手作りしている、それがAvaniのワイン造りです。全ての葡萄は、有機栽培を行い薬品・除草剤・二酸化硫黄などを一切使用せず、ブドウ栽培においても灌漑は行わず降雨のみに依存しています。アヴァニ・ワインズでは、土壌の健康に焦点を当てるために、それを可能にするバイオダイナミック農法の実践を採用しています。

最も影響を受けた醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、着飾る事無く、自分たちの信念を持ち、概念を受け継ぐ残された唯一の語り部が、アヴァニ・ワインズの「シャシ・シン」です。

2012年までの8年間に渡り、バス・フィリップで重要なワイン造りを様々に経験し習得しました。フィリップ・ジョーンズから、「正しいブドウ栽培を行っていれば、味わいは生まれる。」ことを教わり、葡萄畑が自らを表現するということを確信しました。ワイン造りにおいても、野生酵母を使用し、清澄・ろ過・ポンプも一切使用せず重力以外の負荷を果汁にかけることはしません。その為、ワイン果汁の移動も全てバケツを使用し人力で行います。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントンペニンシュラ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,710 のところ
販売価格 ¥ 6,710 税込
  • オレンジワイン

8年間バス・フィリップに師事したシャシ・シンのオレンジ
アヴァニ ワインズ アムリット ピノ グリ オン スキン [2019]

8年間バス・フィリップに師事したシャシ・シンのオレンジ・ワイン。

2012年までの8年間に渡り、大きな影響をうけたバス・フィリップの醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、バスフィリップで重要なワイン造りを様々な経験と共に習得した「シャシ・シン」が手掛けるオレンジ・ワインです。

手摘みで収穫されたピノグリを全房100%でステンレスタンクに移し、4週間かけて野生酵母による自然発酵を行います。プレスをかけて、果汁は5年落ちのフレンチオークに移します。ワイン果汁は澱引きをせずにそのまま7ヶ月間寝かせます。その後ステンレスタンクに戻してブレンドし、無濾過・無果汁で瓶詰めを行います。ネガティヴや不安定な要素は一切なく、いつ飲んでもパフォーマンスを発揮できるオレンジ・ワインです。

色合いはオレンジ・ピンク。4週間のスキンコンタクトにより、味わいにも旨味やコクを感じます。スミレや薔薇の花弁の香り、白コショウ、土のついた朝鮮人参など漢方のような香りなど、めくるめく多様な香りが立ち上ります。心地よいフレッシュ感や適度な酸、後味は非常にドライで、抜栓から1週間経ってもどんどんと味わいが良くなるそんな力を持ったワインです。


■アヴァニ・ワインズについて
アヴァニとは、サンスクリットの言葉で、「the earth」(大地)を意味します。「自然との共生」をテーマに一品一品手作りしている、それがAvaniのワイン造りです。全ての葡萄は、有機栽培を行い薬品・除草剤・二酸化硫黄などを一切使用せず、ブドウ栽培においても灌漑は行わず降雨のみに依存しています。アヴァニ・ワインズでは、土壌の健康に焦点を当てるために、それを可能にするバイオダイナミック農法の実践を採用しています。

最も影響を受けた醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、着飾る事無く、自分たちの信念を持ち、概念を受け継ぐ残された唯一の語り部が、アヴァニ・ワインズの「シャシ・シン」です。

2012年までの8年間に渡り、バス・フィリップで重要なワイン造りを様々に経験し習得しました。フィリップ・ジョーンズから、「正しいブドウ栽培を行っていれば、味わいは生まれる。」ことを教わり、葡萄畑が自らを表現するということを確信しました。ワイン造りにおいても、野生酵母を使用し、清澄・ろ過・ポンプも一切使用せず重力以外の負荷を果汁にかけることはしません。その為、ワイン果汁の移動も全てバケツを使用し人力で行います。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントンペニンシュラ
  • スティル ワイン色: オレンジワイン甘-辛: 辛口
  • ピノグリ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,160 のところ
販売価格 ¥ 6,160 税込
  • 白ワイン

8年間バス・フィリップに師事したシャシ・シンのシャルドネ
アヴァニ ワインズ アムリット シャルドネ [2019]

8年間バス・フィリップに師事したシャシ・シンのシャルドネ

2012年までの8年間に渡り、大きな影響をうけたバス・フィリップの醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、バスフィリップで重要なワイン造りを様々な経験と共に習得した「シャシ・シン」が手掛けるシャルドネです。

手摘みで収穫されたシャルドネを全房100%で圧搾し、果汁は手作業でステンレスタンクに移して一昼夜落ち着かせます。そのあと300Lのホッグスヘッド樽に移してから3週間かけて野生酵母による自然発酵を行います。最低でも7ヶ月は熟成を行い、すべての樽の果汁はタンクに戻されブレンドされます。清澄や濾過を一切行わず瓶詰めされ、瓶詰めの際も重力に任せた手詰めで、生産数はかなり少なく希少なワインです。

ドライアプコットや白桃のフローラルな風味が綺麗に香り、色合いは透明感のある藁色です。厚みのある果実感、複雑なスパイスと少しミネラルを感じます。樽というよりはブドウ果実本来の存在感の強さ、野生酵母によるゆっくりとした発酵がワインを非常に多層的で奥行きのあるものに仕上げています。


■アヴァニ・ワインズについて
アヴァニとは、サンスクリットの言葉で、「the earth」(大地)を意味します。「自然との共生」をテーマに一品一品手作りしている、それがAvaniのワイン造りです。全ての葡萄は、有機栽培を行い薬品・除草剤・二酸化硫黄などを一切使用せず、ブドウ栽培においても灌漑は行わず降雨のみに依存しています。アヴァニ・ワインズでは、土壌の健康に焦点を当てるために、それを可能にするバイオダイナミック農法の実践を採用しています。

最も影響を受けた醸造家「フィリップ・ジョーンズ」に師事し、着飾る事無く、自分たちの信念を持ち、概念を受け継ぐ残された唯一の語り部が、アヴァニ・ワインズの「シャシ・シン」です。

2012年までの8年間に渡り、バス・フィリップで重要なワイン造りを様々に経験し習得しました。フィリップ・ジョーンズから、「正しいブドウ栽培を行っていれば、味わいは生まれる。」ことを教わり、葡萄畑が自らを表現するということを確信しました。ワイン造りにおいても、野生酵母を使用し、清澄・ろ過・ポンプも一切使用せず重力以外の負荷を果汁にかけることはしません。その為、ワイン果汁の移動も全てバケツを使用し人力で行います。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントンペニンシュラ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: やや重口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ 100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,610 のところ
販売価格 ¥ 5,610 税込
  • 赤ワイン

リヴァース マリー ピノ ノワール プラット ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

リヴァース・マリーにとって、2017年が、初リリースのプラット・ヴィンヤードは、今までラジオ・コトー、レイミー、レッド・カー、リトライ、フェイラ、シェアーなど名だたる名手がこの畑からワインを造っており、特にラジオ・コトーのワインに感銘した時から、もしこの葡萄が手に入ったら造りたいと思っていたそうです(現在ラジオ・コトーは契約していません)。

2019年は、涼しい気候から、自然に収量落ち、故に個性が更に発揮されましたが、今後の課題は出来れば、もう少し量がほしいです。

旨味たっぷりで、野性味溢れ、黒系果実が満載です。海からの冷たい風が直接入ってくる非常に風の強い土地で育つ為、葡萄自身が果皮を厚くし、小粒となります。故にタンニンはたっぷりと力強く仕上がりますが、非常に鋭角な酸も共存します。余韻は、長く複雑で力強いですが、フレッシュな果実の旨味と酸が濃さよりも強い印象を残します。生産量は、68ケースのみです。


醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間10℃で行います。5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 14,300 のところ
販売価格 ¥ 12,210 税込
  • 赤ワイン

リヴァース マリー ピノ ノワール シルヴァ― イーグル ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

シルヴァ―・イーグル・ヴィンヤードは、オキシデンタルの町より北、ロシアン・リヴァー・ヴァレーの中央部西端に位置し、畑内をグリーン・ヴァレーの境界線が通ります。ソノマ随一の栽培家・故ユリシス・ヴァルデスが所有していた畑ストーツ・レーン沿いにあります。また、マイケル・ブラウンのCIRQ.を造る畑のひとつトゥリー・ハウスもこの東側の丘に隣接しています。

シルヴァ―・イーグル・ヴィンヤードは、多くの生産者が葡萄を求めるソノマ・コーストのピノ・ノワールの優良畑で、畝毎にクローンが分かれており、その畝毎を選ばれた生産者が契約栽培を依頼しています。リヴァース・マリーが、契約栽培を依頼している区画は、3つの個性が異なるクローンがあり、そのコンビネーションが複雑味を出しています。

使用しているクローンは、この3つです。
1.カレラ・クローン:カリフォルニアにおける歴史的なクローン。もとは、ブルゴーニュからです。
2.VR・クローン:ブルゴーニュ、ヴォーヌ・ロマネ(VR)のラ・ターシュからと言われています。
3.スワン・クローン:ロシアン・リヴァー・ヴァレーに、1900年代中期ジョゼフ・スワン氏が植えたクローン。もとは、ブルゴーニュからです。

醸造については、リヴァース・マリーの中では多めの10~15%全房醗酵、そして、熟成時のフレンチオーク樽(新樽15%)と意図して新樽を減らしています。

青、赤、黒系のベリーミックスが特徴です。非常に薫り高く、スパイス、土っぽさ、ミント、煙草、ポプリなど、ピノ・ノワール典型の複雑さが楽しめます。2019年は、特に清涼感とブルー系果実が複雑で長い余韻が感じられます。数年の瓶熟でこなれてきます。生産量は、350ケースです。


醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間10℃で行います。5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 9,350 税込
  • 赤ワイン

リヴァース マリー ピノ ノワール オキシデンタル リッジ ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

リヴァース・マリーのピノ・ノワールオキシデンタル・リッジは、ピノ・ノワールスーマ・オールド・ヴァインと双璧を成すフラッグシップといっても過言ではないピノ・ノワールです。

華やかな香りがよく広がり、秀逸な酸をしっかりと保持し、赤系と黒系果実の両方がうまく混ざり合っています。この畑独特のペニーロイヤルミントが華やかに香り、アジア系のスパイス(コリアンダー、クミンなど)やリコリスの甘い香りも感じられます。

2019年はまったく欠けることなく全ての要素が整い、アタックの香りから印象的で、凝縮した果実は心地よく、タンニンはしっかりと存在するが過剰にならず、果実と酸が混ざり合い口中をコーティングするように包み込みます。生産量は、250ケースです。


オキシデンタル・リッジ・ヴィンヤードは、オキシデンタルの小さな街に近い丘の斜面にあり、海からの冷たい風が吹き込むが、日照量も十分です。リヴァース・マリーの中でアルコールは低いながらも、一番果実が凝縮し、密度の高いワインとなります。

2019年のワインは、まだ出来立てですが、その若さの中でも、ほぼ間違いなく一番の完成度を示しています。毎年どのような気候であっても、この畑の特徴はしっかりと表現されます。

クローンは、ディジョン・クローン115、667、777の三つが全てブレンドされています。早熟のデジョン・クローンながら、自然の酸が綺麗に生き、バランスの取れたワインとなっています。


醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間10℃で行います。5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 9,350 税込
  • 赤ワイン

リヴァース・マリーを始める、きっかけのワイン
リヴァース マリー ピノ ノワール スーマ オールド ヴァイン ソノマ コースト [2019]

このワインは、まさにリヴァース・マリーを始めようとしたきっかけのワインでもあります。この魅惑的で薫り高いワインは、いつも私たちを驚かせてくれます。

2019年もまた、スーマ・オールド・ヴァインの特徴が良く出た年となりました。オールド・ヴァインの区画は自然に収量が落ち、凝縮した果実となるります(1.5トン/エーカー=25hl/ha。参考までにロマネ・コンティは18hl/haと言われています)。

色合いが、特に印象的で、ややトーンが落ちた赤系で透明度が高いですが、その色の印象とは別に、味わいはしっかりとタイトに目が詰まっています。

いつも通りに香り(オレンジの皮のニュアンス、松の葉、白檀、紅茶、森林、ルーボワ、柘榴、スミレ、砕けた石のような鉱物的なミネラル感)が感じられ、味わいはしっかりと凝縮し、タンニンは緊張感があるほど詰まっていますが、決して重くならない軽やかさがスーマ・オールドの特徴を良く表しています。長い瓶熟が期待出来ますが、今でも飲んでも魅力的です。生産量は、160ケースのみです。


スーマ・ヴィンヤードは栽培家のスコット&ジョアン・ツェラー夫妻より譲り受けた畑で、以前より多くの生産者が葡萄を購入した珠玉の畑です。

1980年代からはWilliamsSelyemが、2000年代になるとRobertMueller、Littorai、BroganCellarsなどが葡萄を調達してきました。オリジナル・スーマ(オールド・ヴァイン)は約0.8ha、植樹されたのは1978~80年位で、現在樹齢は約40年ですが、1998年に新たに買い足された区画(樹齢約20年)には、オールド・ヴァインの中でも優良な樹から挿し木をして増やしています。

また、樹齢40年のオールド・ヴァインは樹間(樹と樹の間の畝の部分)が広かったので、その間に新しい区画と同じように優良な樹から挿し木をして新しい列を作り、樹間を狭くしています(樹齢約20年)。

リヴァース・マリーでは、古い区画(樹齢40年)をスーマ・オールド・ヴァインとし、新しい区画と古い区画の樹間に新たに植えた葡萄をスーマとして分けて、ワインを造っています。しかし、品質的に満足できないとしてスーマ・オールド・ヴァインは造らず、全てスーマにブレンドする年もあるそうです。


醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間10℃で行います。5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 14,300 のところ
販売価格 ¥ 12,155 税込
  • 赤ワイン

リヴァース マリー ピノ ノワール スーマ ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

2019年のスーマは、スーマ・オールド・ヴァインと注ぎ間違えたかと思うほど味わいの差が近くなりました。スーマ・オールド・ヴァインの特徴は、全てスーマからも感じ取れます。大きな違いは、スーマ・オールド・ヴァインに現れる独特な軽やかさで、スーマの方がダーク・チェリー、プラムのニュアンスが現れ、凝縮感と果実味の力強さは勝っています。

飲み手により、スーマを好まれる可能性もあります。スーマ・オールドと同じ、オレンジ、ミント、塩味、旨味、まろやかな後味などはしっかりと現れ、リリースしたてでもスーマの個性が十分に楽しめる仕上がりとなっています。生産量は275ケースです。


スーマ・ヴィンヤードは栽培家のスコット&ジョアン・ツェラー夫妻より譲り受けた畑で、以前より多くの生産者が葡萄を購入した珠玉の畑です。

1980年代からはWilliams Selyemが、2000年代になるとRobert Mueller、Littorai、Brogan Cellarsなどが葡萄を調達してきました。オリジナル・スーマ(オールド・ヴァイン)は約0.8ha、植樹されたのは1978~80年位で、現在樹齢は約40年ですが、1998年に新たに買い足された区画(樹齢約20年)には、オールド・ヴァインの中でも優良な樹から挿し木をして増やしています。

また、樹齢40年のオールド・ヴァインは樹間(樹と樹の間の畝の部分)が広かったので、その間に新しい区画と同じように優良な樹から挿し木をして新しい列を作り、樹間を狭くしています(樹齢約20年)。

リヴァース・マリーでは、古い区画(樹齢40年)をスーマ・オールド・ヴァインとし、新しい区画と古い区画の樹間に新たに植えた葡萄をスーマとして分けて、ワインを造っています。


醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間10℃で行います。5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 9,350 税込
  • 赤ワイン

リバース・マリーの入門的ピノ・ノワール
リヴァース マリー ピノ ノワール ソノマ コースト [2019]

ソノマ・コーストらしく、ピノ・ノワールらしく、リヴァース・マリーらしい、ピュアな魅力溢れるワインです。

華やかな赤い花、赤系ベリー、スパイス(クローブ、ミントなど)、芳ばしいパンを焼きあげた香りに、フレッシュな酸が惹き立ち、一本のボトルを二人で楽しんで飲み干せるようなバランスに仕上げています。毎年、畑の割合は異なりますが、そのヴィンテージの特徴を良く表したワインとなります。

心地良い凝縮感があり、キリッとした酸とエネルギーに満ちた明るさがあります。フレッシュな酸と、青、赤、黒系のベリーが華やかにミックスされ、タンニンはしなやかできめ細かく長い余韻を楽しめます。フリーストーン地区の特徴でもあるザクロのような赤系のフレッシュな酸と、オキシデンタル地区でもやや内陸の暖かい畑の黒系のスパイス感が複合しています。

2019年は、初めてシングル・ヴィンヤードとなりました。オキシデンタルより、北にあるリドル・ランチの葡萄のみで造られます。樹齢が20年を超え、葡萄の質が創業当時(2002年)より格段と向上し、重くならず、凝縮感がある理想のソノマ・コーストとなりました。

クローンについては、マウント・エデンは、やや早めに収穫し、エレガントで薫り高くフィネスをワインに与えています。クローン828は赤・黒系ベリーの特徴が良く出て味わいの中心になっています。ポマール・クローンは、ワインの骨格を形成し長い余韻をもたらします。

醸造は、手摘みされた葡萄を除梗し(一部とても良い房だけ梗を残しておく)、コールド・ソーク(低温浸潤)を、表面が乾かないように注意しながら、約7日間 10 ℃で行います。 5日目に冷却装置を止め、自然に温度の上昇を待ちます。7~8日目には、醗酵が始まり、自然のまま醗酵を待ちます(涼しい年は、3日で終わってしまうことも、10日間続くこともあるそうです。)。

フリーランジュースとプレスジュースを一晩寝かせてから、樽に移し、マロラクティック醗酵は大体10か月位で終わります。澱を自然に落とした時点で、初めてSO2を少量入れます。初夏にブレンドを決め、次のヴィンテージの収穫前に瓶詰します(ノン・フィルター、人工的な澱引きはしません。)。約半年休ませ、年が明けてから、春頃にリリースします。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,380 のところ
販売価格 ¥ 5,423 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点

【 ジェブ・ダナック:97点 】
ブリリアント ミステイク ザ・ポエット&ザ・ミューズ カベルネソーヴィニヨン リザーブ [2017]

【 ジェブ・ダナック97点 】世界的にその名を知られるワイン評論家ジェブ・ダナック氏(Jeb Dunnuck)は、「2017年の他のナパ・ヴァレーには見いだせないパワーとエレガンスが共存する。」と絶賛しています!

濃厚な紅紫の色合い、力強くリッチで骨太の味わいに、瑞々しい果実と滑らかな口当たり、秀逸な酸をしっかりと内包しています。

印象的で弾ける様な果実感は、口の中をコーティングするように広がり、カシス、プラム、エスプレッソ・コービー、モカ、ハーブや土のニュアンス、スパイス感が溢れ出します。タイトな緊張感があり、濃厚なだけでなく、シルキーなタンニンと弾ける様なフレッシュ感が究極のバランスを生み出しています。

畑は、ナパ・ヴァレーのオークヴィル、 ラザフォード 、 セント・ヘレナのカベルネ・ソーヴィニヨンと、プリチャード・ヒルのカベルネ・フランの四つのナパ・ヴァレー屈指の地区の最優良栽培家の葡萄が選び抜かれました。畑名は非公開であるが、特級クラスの畑であることは間違いないです。

ブリリアント・ミステイクとして造られる最高品質の樽をセレクトして究極のブレンドを施しました。フレンチ・オーク樽(新樽80%、1年使い樽20%)にて、28か月間熟成しています。

■ポエット&ミューズの物語について
真実の愛、創造性、そして2つの情熱的な魂から誕生したワインです。まさに、オーナーであるジョンとステイシー・ライナート夫妻の物語です。ジョンは詩人であり、ステイシーは彼の魅惑的なミューズ。 二人とも芸術と音楽を愛し、ピアノを弾き、ギターを奏で、キャンバスに油絵の具やアクリル絵の具を使って思いのままに心の様を描き出します。芸術性を磨き、美しいものを完成させることを共有。二人の感性はワインにも物語を語らせます。

ワイン・ラベルのデザインは、ナパ在住の抽象画家リサ・レドソン氏が担当しています。




■ブリリアント・ミステイクについて
ブリリアント・ミステイクの初ヴィンテージは2013年です。2017年当時3年目のワインながら、プレミア・ナパ・ヴァレー・オークションにて、2015年が高額落札されました($30000/60本=1本あたり約5万円!!)。 このことは、「なぜ3年目にして、このロケット・スタートは?」と各ワイン・メディアを驚かせ、注文を集める生産者のひとつとなりました!

ちなみに、ブリリアント・ミステイクとは、直訳すると「華麗なる間違い」となり、イギリスのミュージシャン、エルビス・コステロ氏の曲として有名なんだそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン92%、カベルネフラン8%
  • 750ml
通常価格 ¥ 46,200 のところ
販売価格 ¥ 39,600 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点

【 ワイン・アドヴォケイト:96点 】
ブリリアント ミステイク カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2018]

【 ワイン・アドヴォケイト96点 】深みのある紅紫色、リッチでフルボディ、素晴らしい凝縮感。フレッシュな果実味とバランスの取れた酸があり、フィネスとエレガンスも合わせ持ちます。

香りには葉巻、チョコレート、ハーブや黒系ベリーが溢れ、味わいにはカシスやプラムの濃厚さ、薫り高いエスプレッソが印象的です。美しく構成されたワインで、濃厚なタンニンと幾重にも重なる複雑味が長い余韻をもたらします。ナパ・ヴァレーの個性が見事に表現されています。生産量は300ケースのみです。

畑は、契約で畑名を明らかにできないとのことながら、2018年は、ラザフォードとセント・ヘレナ、二つのナパ・ヴァレー屈指の地区の最優良栽培家の葡萄が選び抜かれ、ブレンドされています。フレンチ・オーク樽(新樽65%、1年使い樽35%)にて熟成しています。


■ブリリアント・ミステイクについて
ブリリアント・ミステイクの初ヴィンテージは2013年です。2017年当時3年目のワインながら、プレミア・ナパ・ヴァレー・オークションにて、2015年が高額落札されました($30000/60本=1本あたり約5万円!!)。 このことは、「なぜ3年目にして、このロケット・スタートは?」と各ワイン・メディアを驚かせ、注文を集める生産者のひとつとなりました!!

ちなみに、ブリリアント・ミステイクとは、直訳すると「華麗なる間違い」となり、イギリスのミュージシャン、エルビス・コステロ氏の曲として有名なんだそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 30,800 のところ
販売価格 ¥ 26,400 税込
  • 赤ワイン

ブラックスミス オールド ヴァイン ジンファンデル テルデスキ ヴィンヤード [2018]

1929年イタリアからの移民、フランク・テルデスキ氏によって植えられた「樹齢100年超」の古樹が整然と並ぶテルデスキ・ヴィンヤードは、豊かな陽光と冷たい霧が混在するドライ・クリーク・ヴァレーの歴史を象徴する畑の一つです。混植されたプティット・シラー、カリニャンが複雑な風味を醸し出す。手摘みで収穫されたブドウで丁寧に造られるワインは年間生産量は、たった150ケースです。

発酵は、ステンレスタンク、熟成はフレンチ&アメリカンオーク (一部新樽) にて19ヶ月です。

余談ですが、
レイベンスウッドの創始者でジンファンデルのゴッドファーザーとして知られるジョエル・ピーターソン氏も、レイベンスウッドを退職後、自身のワイナリー・ワンス&フューチャーで、テルデスキ・ヴィンヤードの特別な区画からジンファンデル主体のワインを造っています。テルデスキ・ヴィンヤードは、大御所ジョエル・ピーターソン氏も使いたくなる特別な畑だそうです!

ブラックスミスが造る、このワインは、ワンス&フューチャーと同じテルデスキ・ヴィンヤードをつかっていますが、価格は、定価ベースで約半値に押さえられています。その理由としては、収穫の終わった畑に、まだ、とても状態の良いブドウが多く残されていたそうで、それを利用してワインを醸造しているため、価格を抑えることができたそうです。そのため、生産量も少量です。(収穫時に、メキシコ人を雇って、ブドウを摘むのですが、プロではないので状態の良いブドウの積み残しがでるそうです。)


ワッシーズ社内でも試飲したのですが、とても評判が良いワインでした!

力強く、濃厚でアロマティック。干しブドウ、ブラックベリー、チェリーなどの果実味やタル香、そして、わずかなハーブ感がアクセントとして感じられます。ボリューム感がありますが、酸味がバランス良く感じられ、タンニンは滑らかで、口当たりも良いです。余韻も長く、心地良い香りが鼻から抜けます。

この味わいで、この価格は、コスパが高く、とてもお買い得だと思います。ワッシーズ、おすすめの1本です!
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ドライクリークヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル90%、プティシラー5%、カリニャン5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 3,938 税込
  • 白ワイン

ミルトン ヴィンヤーズ シャルドネ オポウ ヴィンヤード [2018]

ネクタリン、アプリコット、白い花びら、クローバーの蜂蜜のような華やかなアロマ。ヘーゼルナッツやオートミールの様な、複雑でフレッシュな味わい。空気と触れる事でうま味が繊細な酸にまとめられ、シルクの様なタンニンはまろやかで長く続きます。

フレンチオークの小樽で自然発酵(新樽10%)、マロラクティック発酵を行いフレッシュさを残しながら柔らかさとふくよかさを出しています。12ヶ月樽熟成後、ステンレスタンクで数ヶ月置き、瓶詰しています。

■ミルトン・ヴィンヤーズについて
1984年に創業したミルトン・ヴィンヤーズは、小規模なワイナリーながら、ニュージーランド産オーガニック(ビオディナミ)ワインのパイオニアとして、今日ではその品質の高さや彼らの栽培や醸造に対する姿勢などがニュージーランド国内はもとより海外の多くの著名な評論家やワイン愛好家から大きな賞賛を集めています。
  • ニュージーランド/ギズボーン
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,520 のところ
販売価格 ¥ 3,113 税込
372件中 1-20件表示
1 2 19