ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ナパNapa

ナパワイン 産地風景

ナパ・ヴァレーは、世界有数の高級ワイン産地。サンフランシスコから車で約1時間ほどの距離にあり、南北に約50キロ、東西に約8キロの広さにもかかわらず、世界的に高い評価を受けるワイナリーが多く存在しています。

また、ナパではワインの品質を重視するため、ぶどう畑の収穫量を抑えて質の高い葡萄の実が育つよう管理されており、ワインの生産量もおのずと少なくなってしまいます。

主要品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ等。凝縮した果実味が特徴です。

オンラインWassy'sではデイリーに楽しめるお手頃なナパワインから、なかなか手に入らない難しいカルトワインまで幅広いナパ産のワインをお楽しみいただけます。

ナパワインをもっと知りたい方はこちら≫

ナパのおすすめワイナリー

メリーヴェール
ゴーストホース
スタッグス リープ ワイン セラーズ
トレフェッセン
パルマッツ
シェーファー
4件中 1-4件表示
4件中 1-4件表示
446件中 1-20件表示
1 2 23
  • 赤ワイン

■お取寄せ ホール メルロ- ナパ ヴァレー [2018]

  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • メルロー
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,260 のところ
販売価格 ¥ 5,808 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ ジラード プティット シラー ナパ ヴァレー [2019]

様々な種類の野生のベリー類の香りに、ラズベリー、プラム、そしてシガーの箱のようなスパイシーな香りもあります。ボディはミディアムからフルボディで、ブラックベリーのジャム、バニラ、タバコの葉が層をなしています。余韻にはスパイス、バニラ、そしてロースト香といったオーク樽由来の香りを感じます。タンニンはしっかりとそして完熟しており、うっとりとするような長い余韻があります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティットシラー86%、ジンファンデル12%、その他黒ブドウ2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,940 のところ
販売価格 ¥ 4,798 税込
  • 赤ワイン
  • WA98点

■お取寄せ コンティニュアム エステート プロプライエタリー レッド ナパ ヴァレー [2019]

  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン50%、カベルネフラン37%、プティヴェルド7%、メルロー6%
  • 750ml
通常価格 ¥ 49,500 のところ
販売価格 ¥ 39,600 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ イングルヌック ブランカノー ラザフォード ナパ ヴァレー [2017]

「ブランカノー」はイングルヌックのフラッグシップ・ワイン「ルビコン」のパートナーとして1999年に発売されたローヌ・スタイルの白ワインです。自社畑で栽培されたルーサンヌ、マルサンヌ、ヴィオニエ種のブドウをブレンドして造られています。畑は敷地内にあるマウント・セント・ジョンの麓にある日陰の多い土地に位置する白ワイン用の2.6ha程の小さな畑で、生産量も極少です。
これらのブドウ3種類は樹齢10年以上のブドウから収穫され、アロマやリッチな舌触り、複雑なフレーバー等、ブドウの高樹齢を良く表現しています。マルサンヌとルーサンヌはミネラル感や重量感とボディを与え、ヴィオニエはトロピカルフルーツやスパイスの凝縮したブーケを与えます。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/ラザフォード
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ヴィオニエ
  • 750ml
通常価格 ¥ 12,650 のところ
販売価格 ¥ 10,120 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ アイズリー ヴィンヤード シラー ナパ ヴァレー [2017]

最初はシャイな印象ですが、牛骨のブロスやオリーブのペーストの香りから、ブラックベリーやアメリカンチェリーへと開いていきます。口に含むと甘みとうまみが爆弾のように弾け、タンニンはまるでベルベットのように滑らかです。ジューシーな完熟果実の印象に溢れ、バニラ、サクランボ、プラムのタルト、そしてかすかにアーモンドパウダーのような余韻があります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラー100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 40,700 のところ
販売価格 ¥ 32,560 税込
  • 赤ワイン
  • WA97点
  • WS96点

■お取寄せ アイズリー ヴィンヤード カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2017]

2017年のカベルネソーヴィニヨンは、まるでベルベットの手袋に包まれた鉄拳のようなワインです。2017年の象徴である非常に小さい果粒は、色の濃い深みのあるスパイシーな果実を核に感じます。凝縮されたスミレの香りと、アイズリー・ヴィンヤード特有の青系果実の香りから始まり、かすかにローストした肉の肉汁の香りもあります。時間がたつにつれ、アメリカンチェリーとタバコの葉の香りも立ち上がります。口当たりはフレッシュかつ精巧で、うまみと素晴らしい凝縮感があります。タンニンは非常にきめ細やかで緻密で、ココナッツパウダーやダージリンティーの香りが後を追い、長い余韻には色の濃い果実の層が広がります。長期熟成のポテンシャルが高いワインです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 99,000 のところ
販売価格 ¥ 79,200 税込
  • 赤ワイン
  • WS91点

■お取寄せ パッツ アンド ホール ハイド ヴィンヤード ピノ ノワール [2018]

1988年に設立され、シャルドネとピノ ノワールに特化したワイン造りを行っています。自社畑は持たず、設立当初から最高の畑を探し求め有能なブドウ栽培者たちと長期的な関係を築いてきました。44もの区画に分けられるハイドヴィンヤードの、「カレラ=ハイド」クローンのピノノワールを使用。果実の複雑味とピュアさが同居し、バラやクランベリー、クローブやチェリーの香りに、カシス、リキュールやシナモンのニュアンス。酸が豊富で、色々な表情を併せ持つピノ ノワール。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ロスカーネロス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 15,400 のところ
販売価格 ¥ 12,320 税込
  • 赤ワイン
  • WS95点

■お取寄せ ユリシーズ [2017]

ペトリュスやドミナスを造り上げたクリスチャン ムエックスがナパヴァレー、オークヴィルのマヤカマス山脈の麓に広がるブドウ栽培に非常に適した扇状地を2008年に購入して始めたワイナリー。2012年がファーストヴィンテージ。新樽使用率50%。素晴らしく優美なワイン。ラベンダーやセージ、タバコや紫のプラムのアロマが層になって広がります。長熟のポテンシャルの高いワイン。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、プティヴェルド
  • 750ml
通常価格 ¥ 27,500 のところ
販売価格 ¥ 22,000 税込
  • スパークリング

クルーズ ワイン カンパニー スパークリング ヴァルディギエ ランチョ チミレス ペティヤン ナチュレル ナパ ヴァレー [2020]

若々しいメロン、イチジクの葉、バジル、スパイスの香りがあります。しっかりしつつもキメ細かい泡があり、味わいにはしっかりとした酸も感じます。フィニッシュには塩味とミネラル感も感じられる、素晴らしく洗練されたペティヤン・ナチュレルです。

このヴァルディギエ(別名ナパ・ガメイ)は、ナパヴァレーAVA内のウドゥンヴァレーにあるランチョ・チミレス・ヴィンヤード(テリー・ウィルソン氏所有)のブドウです。ヴァカ山脈に囲まれている場所のため、ナパ・ヴァレーのなかでは冷涼な産地です。樹齢は40年以上で、シルトロームの土壌を耕起をせず天然のカバークロップをそのままにしている畑で、2018年からオーガニックに転換を始めています。

2020年は、COVID-19と森林火災が原因で大変厳しいヴィンテージでした。ランチョ・チミレスも例外ではなく、火が畑の間近まで迫ってくるほどでした。

このワインは、例年ロゼに造っていましたが、果皮についた煙の汚染を回避するため、収穫後、すぐに細心の注意を払いながら圧搾し、一番搾り果汁のみを使用しています。ステンレスタンクで、野生酵母のみで発酵。灰やほこりなどを取り除くため、さらに数か月静置させてから瓶詰めをしました。なので、このヴィンテージはロゼではなく、色の付いていない真のブラン・ド・ノワールに仕上がりました。


■クルーズ・ワイン・カンパニーについて
「クルーズ・ワイン・カンパニー」と「ウルトラマリン」は今、世界中から最も注目を浴びているカリフォルニア・ブランドです。この2つのブランドのオーナー兼醸造家であるマイケル・クルーズ氏は、2013年にクルーズ・ワイン・カンパニーとウルトラマリンを設立しました。

そして、そのわずか3年後に、サンフランシスコ・クロニクル紙でワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、カリフォルニア・ワイン業界における異端児として脚光を浴びます。

クルーズ・ワイン・カンパニーでは、カリフォルニア特有のピュアな果実味と透明感、そしてしっかりとした骨格を持つ感受性の高いワインを、ウルトラマリンではシャンパーニュのレコルタン・マニュピュランをインスピレーションに、単一畑、単一ヴィンテージの香り高い手造りスパークリング・ワインを生産しています。

アメリカ現地の星付きレストランでさえも年間の割当が数本のみで、数多くのソムリエやワインバイヤーが、喉から手が出るほど欲しがる人気ワインです。

従来のスタイルやブドウ品種に囚われずに、複雑で個性あるフレッシュなワインを造ります。クチコミやSNS 等を積極的にマーケティング・ツールとして活用し、まさに次世代を担う新進気鋭のワインメーカーとして世界に飛躍しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • ヴァルディギエ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,050 のところ
販売価格 ¥ 5,170 税込
  • 白ワイン

アルノー ロバーツ リボッラ ジャッラ ヴェア ヴィンヤード ナパ ヴァレー [2019]

ナパ・ヴァレーのオークノール地区で、このリボッラ・ジャッラというブドウ品種が健在なのは、ジョージ・ヴェア氏のおかげです。ジョージ氏は90年代初頭、イタリア北東部のフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア地方を旅行中にリボッラ・ジャッラに惚れ込み、この品種をカリフォルニアに持ち帰ることを決意しました。

2001年、ナパ・ヴァレー西部のマウント・ヴィーダーの麓にある自宅のブドウ畑に、この挿し木を植えました。この場所の土壌は、深い沖積土で、砂利質の粘土ロームであり、ブドウの木は密に植えられています。日中の気温は、マウント・ヴィーダーに隣接するレッドウッドの森に覆われた斜面に近いため、緩和されます。

「スティーヴ・マサイアソン氏」によって、完璧に管理されたこの畑は、今後何年にもわたって、並外れた、熟成に値する、特別なリボッラ・ジャッラを生み出し続けることでしょう。


■アルノー・ロバーツについて
アルノー・ロバーツは、ニューヨークとサンフランシスコのソムリエの間でカルト的な人気を誇る生産者です。ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノー氏と、樽職人のネイサン・ロバーツ氏の2人の幼馴染みによるコラボ・ワイナリーです。

現在のカリフォルニアワインに強い影響を与えた「The New California Wine」には、一章全てがアルノー・ロバーツについて書かれてます。更に、2012年にはアメリカの全国紙「San Francisco Chronicle」にてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、注目を浴びているコンビです。

ネイサン氏とダンカン氏は、珍しい品種の栽培や、通常、温暖な気候に適した品種を冷涼な環境で育てる等、カリフォルニアの土壌のポテンシャルを最大限に引き出すことができる才能溢れる生産者です。

ワインは土着酵母で発酵され、ほとんどは旧樽のみで熟成をし、ブドウ本来が持つフレーヴァーを重視します。多様性の時代に入ったカリフォルニアワインのスタイルにおいて、「土地固有の風土を表す本来のエレガントなワイン造り」をスローガンに、革命を起こそうとしている「ニュー・カリフォルニア」スタイルを代表する生産者です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • リボッラジャッラ
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,370 のところ
販売価格 ¥ 7,370 税込
  • 赤ワイン
  • WA100点

【ワインアドヴォケイト:100点】
スケアクロウ カベルネソーヴィニヨン ラザフォード ナパ ヴァレー [2019]

■ワインメーカーのセリア・ウェルチのコメント
スケアクロウ 2019年は、カシス、ブラックベリー、ボイセンベリーの紫黒色のノート、トースティなバニラとスパイスのアロマが感じられます。ファースト・アタックの印象は、フレッシュで、やや控えめな味わいです。中盤は、豊かな黒い果実の味わいが広がり、スパイス感と混ざり合います。長い熟成を可能にするに足るに十分な骨格があり、豊満なタンニンはカシミアのような温かみと質感を持ちます。

■ブドウ畑と醸造
ナパヴァレー/ラザフォードの自社畑で手摘み収穫されたブドウを使用。1945年植樹の老木「オールド・マン」という愛称で珍重されるカベルネソーヴィニヨンも使われています。

収穫後、房を選別し除梗、光学式選別機で粒を選り分け、スキンコンタクトを21日間とって醗酵させた後、フレンチオーク樽(新樽約80%)にて、10か月熟成後、ブレンドして樽に戻して、さらに12か月熟成。清澄とフィルターはせずに、2021年7月に瓶詰めしています。


■スケアクロウについて
オーナーのブレット・ロペス氏は、J.J.コーン・エステート創業者の孫です。創業者のJ.J.コーン氏はハリウッドの映画配給会社MGMで「ベンハー」、「オズの魔法使い」などハリウッド映画の黄金時代を築いた映画人です。このスケアクロウは、「オズの魔法使い」に登場するカカシに由来しており、映画人であった祖父に敬意を表してつけたものです。

J.J.コーン・エステートのカベルネは、第二次世界大戦後、イングルヌックに使われ始め、その後、オーパスワン、ニーバウム・コッポラ、ダックホーン、インシグニアにも供給されてきた歴史ある畑です。スケアクロウにも使われる、1945年植樹の老木がいまだ残り「オールドマン」という愛称で珍重され、ナパで最も古いカベルネ・ソーヴィニヨンの一つと言われています。

畑を管理するマイケル・ウルフは、ベクストファー・ヴィンヤードを始めとするナパの大小ワイナリー、特にプレミアム・ワインの畑の管理を任されている著名なヴィンヤード・マネージャーです。また、ワインメーカーは、1999年に殿堂入りした時の人セリア・ウェルチ女史が担当しています。

ワイナリーのウェイティング・リストには5000人が控えます。アメリカの消費者から日本にまで問い合わせが入るほどの超人気、希少商品です。2017年プレミア・ナパ・オークションでもトップ・ロット。2014年には史上最高落札価格24万ドル(60本)を記録するなど、注目を集める生産者です。
通常価格 ¥ 165,000 のところ
販売価格 ¥ 165,000 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点

【ワインアドヴォケイト:95-97点】
ボンド クェラ [2018]

ボンド・クェラの特徴である、鮮やかで生き生きとした青系ベリーと石のようなミネラル感が香りたち、味わいは軽やかながら、複雑な奥行きを見せます。2018年は、例年になく、果実はしっかりと凝縮し口の中に広がる統制の取れたタンニンは、デリケートながら大きくジャンプするかのように広く拡散していきます。余韻には、継ぎ目がなく調和のとれた振動が長く続いていきます。ボルドーに例えると、グラーブ/ペサック・レオニャンのシャトー・オー・ブリオンの薫り高さと品格が感じられるそうです。

クェラの畑は3.6ha、標高132-181m、南西向き急斜面、この地域に最後にあった火山活動で発生したトゥーファと呼ばれる火山灰が固まった礫や、小石が混ざる古い河床が隆起した土壌。ナパ・ヴァレーの中心を見下ろすセント・ヘレナの東の丘陵にあり、2006年が初ヴィンテージ。名前はドイツ語で「純粋な源」という言葉に由来。1990年代に植樹。5つの畑の中で一番早く葡萄が熟し、その特徴は潮風、オレンジの花、砕石のアロマ、ハーブのニュアンスが表れます。


■ボンドについて
ボンドは、ナパ・ヴァレーで栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨン品種で、様々なテロワールの違いを究極に表現したワインを造り出すことを目標に掲げています。明確なヴィジョンを持ったオーナーのビル・ハーラン氏(ハーラン・エステイトも手掛けています)が、ディレクターのボブ・レヴィー氏とともに、20年以上のリース契約を結んだ 5つの畑(メルバリー、ヴァシィーナ、セント エデン、プルリバス、クェラ)からワインを造りつづけています。この5つの畑は、25年をかけて、80以上の畑から慎重に選び抜かれた畑です。

ビル・ハーランが目指しているものは、ブルゴーニュのグラン・クリュと同品質・価値のワインを、品種をカベルネ・ソーヴィニヨンにかえて、ナパ・ヴァレーで造ることです。「ボンド」ブランドのもと、同じ哲学、同じチーム、同じ水準で5つのワインは、それぞれにナパ・ヴァレーの素晴らしいテロワールを鮮明に描きだしています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 126,500 のところ
販売価格 ¥ 126,500 税込
  • 赤ワイン
  • WA97点

【ワインアドヴォケイト:97-100点】
ボンド プルリバス [2018]

ボンド・プルリバスは、ナパ・ヴァレーを見下ろす西側急斜面にある為(西日は当たらない)、ヴィンテージの個性を良く表します。2018年は、森林のニュアンスが、アロマにとても良く現れ、ダークベリー、樹脂、土っぽさを含む若々しいエネルギーとソフトで、しなやかなタンニンが共存しています。まるで、ワインの若さと葡萄の樹の成熟具合の両方を感じ取れるようです。ボルドーに例えると左岸、シャトー・ラトゥールの力強さと複雑さを持つワインだそうです。

プルリバスの畑は2.8ha、標高347-404m、針葉樹林に囲まれた北、東、北東向きの急斜面に分かれます。火山灰堆積土壌。ナパ・ヴァレーの北西スプリング・マウンテンの壮大なスロープに位置し、5つの畑の中で標高が一番高い為、収穫は、いつもプルリバスが最後となります。名前は、ラテン語の「とても、たくさん」という意味からとられ、太陽、土壌、気候、ワイン作りに携わり、ワインを進化させるチーム・メンバーと様々な要素を持つ素晴らしいワインであることを表現する為に命名しました。

初ヴィンテージは2003年。収穫時に選果選別を厳正に行うことで、この小さな畑から最高品質の葡萄が生み出されます。高い標高と北東向斜面の畑から山カベ特有の力強いタンニンと樹脂(松脂)、スパイス、土壌のニュアンスが現れます。


■ボンドについて
ボンドは、ナパ・ヴァレーで栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨン品種で、様々なテロワールの違いを究極に表現したワインを造り出すことを目標に掲げています。明確なヴィジョンを持ったオーナーのビル・ハーラン氏(ハーラン・エステイトも手掛けています)が、ディレクターのボブ・レヴィー氏とともに、20年以上のリース契約を結んだ 5つの畑(メルバリー、ヴァシィーナ、セント エデン、プルリバス、クェラ)からワインを造りつづけています。この5つの畑は、25年をかけて、80以上の畑から慎重に選び抜かれた畑です。

ビル・ハーランが目指しているものは、ブルゴーニュのグラン・クリュと同品質・価値のワインを、品種をカベルネ・ソーヴィニヨンにかえて、ナパ・ヴァレーで造ることです。「ボンド」ブランドのもと、同じ哲学、同じチーム、同じ水準で5つのワインは、それぞれにナパ・ヴァレーの素晴らしいテロワールを鮮明に描きだしています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 126,500 のところ
販売価格 ¥ 126,500 税込
446件中 1-20件表示
1 2 23