ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

カベルネソーヴィニヨンCabernet Sauvignon

カベルネソーヴィニヨン特集

カベルネソーヴィニヨン好きの
あなたに
こちらも飲んでほしい

  • ジョエル ゴット 815 カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア 2018

    ジョエル ゴット 815
    カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア 2018

    ナパ、ソノマ、パソ ロブルス、モントレー、メンドシーノ、ロダイといった多くのエリアをブレンドすることで複雑な深い味わいを生み出し、結果としてコストパフォーマンスの高いカベルネとなりました。ワイン名の815は、生産者ジョエル・ゴット氏の娘のバースデー。このワインへの思い入れが窺えます。 ワイン・スペクテイター:89点
    カリフォルニア

    ワインを見る

  • 96 ポインツ カベルネ ソーヴィニヨン ロダイ 2018

    96 ポインツ
    カベルネ ソーヴィニヨン ロダイ 2018

    熟した果実味に溢れ、カリフォルニアワインの良さがストレートに感じられる大変コストパフォーマンスに優れた1本。ワインメーカーであり、創設者の一人であるアンドリュー・ネルソン氏は、2020年9月号のワイン・エンスージアスト誌のアンダー40アワードにも選ばれる注目の若手醸造家です。
    カリフォルニア

    ワインを見る

  • ジャガーナット ヒルサイド カベルネ ソーヴィニヨン ( ボーグル ) 2019

    ジャガーナット
    ヒルサイド カベルネ ソーヴィニヨン ( ボーグル ) 2019

    ジャガーナットは、高い人気とコスパを誇るカリフォルニアの人気生産者ボーグルの希少な最上級カベルネ。ヒルサイド(丘陵地斜面)のブドウを使った結果、豊かに熟し、強烈に凝縮したフレーバーと複雑さを持った果実が得られました。ラベルに描かれてた未知の野獣のように獰猛で、勇敢で、そして美味しいワインです。
    カリフォルニア

    ワインを見る

  • ナパ ワイン アーツ<br>ナパバレー カベルネソーヴィニヨン 2016

    ナパ ワイン アーツ
    ナパバレー カベルネソーヴィニヨン 2016

    大人気ナパハイランズと同じ生産者が造るおすすめカベルネ。ダークチェリーのアロマにコーヒーやココア、仄かな杉の香り。スパイスの風味で引き立てられたブラックチェリーとブルーベリーの味わいが、ベルベットのように滑らかなテクスチャーに包まれます。
    カリフォルニア

    ワインを見る

  • デリンガー カベルネ ソーヴィニヨン ロシアン リヴァー ヴァレー 2014

    デリンガー
    カベルネ ソーヴィニヨン ロシアン リヴァー ヴァレー 2014

    古参のカリフォルニアファンも垂涎!ソノマの名門デリンガーから日本に入荷した幻のワイン!正規の日本入荷はわずか60本。ソノマ・カウンティならではの力強い濃厚な味わいながら、ボルドー ワインを想起する上質な酸、ほどよい重み、しっかりとワインを支えるタンニン分も感じられる味わいです。アントニオ・ガローニ:92点 カリフォルニア

    ワインを見る

  • ケイマス ヴィンヤーズ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー 2019

    ケイマス ヴィンヤーズ
    カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー 2019

    古くからファンの多い、甘美で芳醇なナパカベルネを代表する1本。フレンチオーク樽や熟れたカシス、なめし革、エスプレッソなどの香りが広がり、口に含むと濃厚で柔らかいタンニンに、チャコールのような香りが奥行きを与えています。ワイン・スペクテイター:92点 カリフォルニア

    ワインを見る

“ワイン・アドヴォケイト98+点”などの高評価

スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン 2014

スポッツウッド エステイト カベルネソーヴィニヨン 2014

ワイン評論家やワイン雑誌で高い評価を受けているカベルネ主体のカリフォルニアワイン。スポッツウッドのワインを一言で表現すれば「洗練」ということに尽きます。色調も濃く、凝縮感に富んでいてタンニンも十分ですが、そのタンニンは磨きぬかれた感があります。重すぎるというようなことはなく、熟成によって、その洗練さに、さらに磨きをかけるといったワインです。 ワイン・アドヴォケイト:98+点 ワイン・アドヴォケイト:98+点 ワイン・エンスージアスト:98点 ヴィノス:96点 ジェームス・サックリング:96点 ジェブ・ダナック:95点 カリフォルニア

ワインを見る

194件中 1-20件表示
1 2 10
  • 赤ワイン

シックス エイト ナイン セラーズ 689 サブミッション カベルネ ソーヴィニヨン [2019]

サブミッションは、人気の689セラーズのアイテムのひとつで、ナパ・ヴァレーやソノマなどノースコーストの地域を中心にワイン生産を行うプレミア・ワイン グループと長きにわたりナパ・ヴァレーでワインメーカーを勤めるケント・ラスムーセン(Kent Rasmussen)とのジョイントベンチャーです。

このカベルネには、ソノマ、ナパ・ヴァレ-、ロダイ、メンドシーノのブドウを使用しています。熟したボイセンベリー、チョコレートに包まれたブルーベリー、カシスのノートが、オーク樽の豊かなアロマと無理なく溶け合っています。

ミディアムからフルボディで、ソフトでビロードのようなテクスチャー、そして紛れもないフレッシュさが特徴です。ダークフルーツのジューシーな層が 繊細で官能的な仕上がりになっています。フレンチオーク樽(新樽30%)で10か月熟成しています。
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン85%、メルロー10%、プティヴェルド5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,530 のところ
販売価格 ¥ 2,241 税込
  • 赤ワイン
  • WA98点
  • WS95点

【ワイン・アドヴォケイト:98+点】
プランプジャック リザーブ カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー [2014]

濃く染み込むような、深みのあるインク色に呼応するような豊かなフルーツの香りが鼻を包みます。一握りのミックス・ベリーやプラムジャム、クレーム・ド・カシスなどの香りが現れ、ベイキング・スパイスや焼いたブラック・ベリー、ほんのりとしたココアの香りが広がります。タンニンのテクスチャーは、ビロードのようにしっとりと織り交ざっています。


■プランプジャック・ワイナリーについて
プランプジャック・ワイナリーは、カリフォルニア州サンフランシスコの作曲家・慈善家であるGordon Gettyと、現カリフォルニア州知事のGavin Newsomによって、1997年に設立されました。

カリフォルニアの中でも、カベルネ・ソーヴィニョンの最高の産地と言われているオークヴィルの中心に位臨し、東側は、ヴァカ山脈の良く乾燥した丘陵地帯、西側は、逆にナパ川に沿った水分の多く柔らかく根が深く伸びやすい粘土質の土壌という異なるテロワールを有します。

カベルネ・ソーヴィニョンに限らず、すべてのワインがハイクオリティーであると、著名なワイン評論家ロバート・パーカーに言わしめたほどです。

また、プランプジャック・ワイナリーは、ナパバレーで初めて高級ワインに、スクリューキャップを導入し、環境保護の先駆者としても認知されています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン97%、プティヴェルド3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 60,500 のところ
販売価格 ¥ 60,500 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点

【ワイン・アドヴォケイト:95点】
プランプジャック エステート カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー [2014]

ブラック・カラントやプルーンなどの凝縮された黒い果実の香リと、白い花のアロマが広がります。トーストやバニラのオーク樽由来の香りに、混ざり合う力強いタンニンが感じられます。チョコレートやカカオニプのビターな味わいと、ベーキングスパイスのニュアンスがあり、長期熱成にも耐えうる素睛らしい出来映えです。


■プランプジャック・ワイナリーについて
プランプジャック・ワイナリーは、カリフォルニア州サンフランシスコの作曲家・慈善家であるGordon Gettyと、現カリフォルニア州知事のGavin Newsomによって、1997年に設立されました。

カリフォルニアの中でも、カベルネ・ソーヴィニョンの最高の産地と言われているオークヴィルの中心に位臨し、東側は、ヴァカ山脈の良く乾燥した丘陵地帯、西側は、逆にナパ川に沿った水分の多く柔らかく根が深く伸びやすい粘土質の土壌という異なるテロワールを有します。

カベルネ・ソーヴィニョンに限らず、すべてのワインがハイクオリティーであると、著名なワイン評論家ロバート・パーカーに言わしめたほどです。

また、プランプジャック・ワイナリーは、ナパバレーで初めて高級ワインに、スクリューキャップを導入し、環境保護の先駆者としても認知されています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン95%、プティヴェルド5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 19,250 のところ
販売価格 ¥ 17,960 税込
  • 赤ワイン

ロング メドウ ランチ カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2013]

グラスに注ぐと、すぐに若々しくバランスの取れたワインだと分かるくらい、いきいきと輝いて見えます。カシスや黒い果実、ドライ・プラムのアロマが口に広がります。カカオやレザー、カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴であるアーシーさが印象深いです。また、樽由来のパニラやシダー、フェンネルシードの甘いニュアンスが絶妙なパランスで混じり合います。


■ロング メドー ランチについて
ロング メドー ランチは、ナウァロ川に沿って、ナパヴァレーのラザフォードとマヤカマスのエステートと、メンドシーノのアンダーソンヴァレーという様々な標高、土壌組成、日射などの条件が違う多数のブロックで構成されており、これにより多様性のあるワイン造りが行われています。

主に、アンダーソン・ヴァレーの醸造を担当するのは、フランス・ブルゴーニュ生まれのステファン・ヴィヴィエ。フランスでは、ポマール、ムルソーおよびシャサーニュ・モンラッシュといった銘醸地で修業し、その後スイス、ニュージーランドを経てカリフォルニアでは、DRCの出資者であるオーベル・ド・ヴィレーヌ氏と有名ワイナリーにブドウを供給してきたラリー・ハイド氏が立ち上げたワイナリー「ハイド・ド・ヴィレーヌ」で醸造責任者を務めました。

ステファン・ヴィヴィエは、ワイン造りについて、「自分たちはワイン・メイキングではなく、ワイングローイングをしている。売れるワインを造りたいわけではない、フランス人のハートでナパワインを造り、この土地のテロワールを表現したい」と述べています。

また、ロング メドー ランチは、複数農作物を生育することが農場全体の健康に寄与する農業哲学採用しており、オリープ果樹園や養蜂場、牧場などが同じ地域で営まれています。また、152ha以上の土地を自然保護区として寄付しており、これらの土地は、決して開発されず、自然のままであることを意味しており、自然の生態系を後世に残し、恒久的な農業が行われることにも力を入れています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン86%、プティヴェルド7%、プティシラー7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,350 のところ
販売価格 ¥ 9,350 税込
  • 赤ワイン

【正規品】 ロバート モンダヴィ カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2018]

オークヴィルおよびスタッグス・リープ・ディストリクトといった、ナパヴァレーの恵まれた産地の特徴を融合したワイン。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にメルロー、カベルネ・フラン等をブレンドし、それぞれの個性が美しくバランスを保っています。完熟したブラックベリー、カシス、ミネラル、すみれ、ブラックリコリスのキャラクターに、ベルベットのようななめらかな口当たり、チョコレート、レバノン杉、スィートスパイスのノートが織り重なり、豊かな味わいを造り出しています。


■ロバート・モンダヴィについて
カリフォルニア・ワインの父と呼ばれる「ロバート・モンダヴィ」が1966年に創業しました。世界中の偉大なワインと肩を並べるワインをカリフォルニアで造るというロバート・モンダヴィのヴィジョンは、その革命的精神と伝統を尊ぶ精神により見事に結実し、数々のプレミアム・ワインを世界中の食卓に届けています。

2004年にモンダヴィ・ブランドがコンステレーション社の傘下に入り、現在のオーナーは変わっていますが、現在も、世界中で高い人気を誇るワインです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン主体
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,570 のところ
販売価格 ¥ 7,671 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点
  • WS93点

ロバート・モンダヴィの最上級品
【正規品】 ロバート モンダヴィ カベルネソーヴィニヨン ザ リザーブ [2016]

ロバート・モンダヴィ・ワイナリーのアイコン・ワインである最上級品です!!美しいト・カロン・ヴィンヤードのぶどうを使用し、ト・カロンのセラーで重力を使って優しく醸造したワインです。

豊かなブラック・ベリーとブラック・プラムのフレーバー、ドライ・ハーブの複雑さ、甘いオーク樽からくる香り、バニラビーンズ、トーストしたアーモンドが魅力的な層となって広がります。


■ロバート・モンダヴィについて
カリフォルニア・ワインの父と呼ばれる「ロバート・モンダヴィ」が1966年に創業しました。世界中の偉大なワインと肩を並べるワインをカリフォルニアで造るというロバート・モンダヴィのヴィジョンは、その革命的精神と伝統を尊ぶ精神により見事に結実し、数々のプレミアム・ワインを世界中の食卓に届けています。

2004年にモンダヴィ・ブランドがコンステレーション社の傘下に入り、現在のオーナーは変わっていますが、現在も、世界中で高い人気を誇るワインです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン92%、カベルネフラン6%、プティヴェルド2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 33,891 のところ
販売価格 ¥ 30,500 税込
  • 赤ワイン

アッシュ & ダイヤモンド カベルネ ソーヴィニヨン No.1 レッド ヘン ヴィンヤード [2016]

アッシュ&ダイヤモンドのカベルネソーヴィニヨン レッドヘンヴィンヤードは、カリフォルニアワインの歴史を語る上で重要なバート&ダフネ・アロウホの主有するナパヴァレーのオークノル地区にある畑のカベルネソーヴィニヨン100%で造ったワインです。

ワイナリーから29号線を渡り、マヤカマスマウンテンの麓に位置した畑です。大変水はけの良い砂利の多いローム層の土壌はスポンジのように近隣の山々からの雨水を吸い上げるので灌漑はほとんど必要ありません。このレッドヘンヴィンヤードの4つの異なったブロックのカベルネソーヴィニヨンを9月9日に収穫後、自然酵母を用い17日間ステンレス鋼のタンクで醸しました。その後、Seguin Moreau 社製フレンチオーク樽(新樽35%)に移し20か月間樽熟成しました。このワインのワインメーカーはダイアナ・スノーデン女氏です。

物静かで大変バランスのとれた印象、フレッシュな果実とシルキーで程よいタンニンがあり、土壌由来の香り、味わいも重なり、幾度となく、さざ波のように長い余韻へと続きます。単一畑ならではの素晴らしい味わいはアロウホ夫妻の環境保全に努め、ビオデナミ農法を実践した努力の賜物です。この質の高いビオデナミ農法、健全な醸造環境はテロワールを如実に反映したワイン造りを可能にしているのです。レッドヘンヴィンヤードならではの味わいをお楽しみいただける事でしょう。

度数:13.7%
総ケース数:850ケース
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 17,600 のところ
販売価格 ¥ 17,600 税込
  • 赤ワイン

クロ デュ ヴァル カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2018]

ナパ・ヴァレーを代表する生産者のひとつ「クロ・デュ・ヴァル」の世界観をカジュアルに楽しめるカべルネ。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン主体
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,930 のところ
販売価格 ¥ 4,851 税込
  • 赤ワイン
  • WA94点

レアム・セラーズの醸造家ブノワ・トゥケ自身のブランド
フェ マン カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ミズーリ ホッパー ヴィンヤード [2018]

ブノワ・トゥケ(フランス出身)のプライベート・ブランドが「フェ・マン」です。ブノワ・トゥケは、無名であったレアム・セラーズを、ワイン・アドヴォケイト(パーカー)100点連発のワイナリーに仕立てあげた立役者であり、現在ナパ・ヴァレーの注目株です!!


黒系果実、チョコレート、タバコなどの凝縮した香りが漂う熟したジューシーさと、繊細な花の香りが感じられます。このワインは、エネルギーと魅力に満ちています。口に含むと、タンニンは滑らかでまとまっています。素晴らしいヴィンテージとテロワールの純粋さを示していて、パワフルでありながら、エレガントさがあります。この2018年が初ヴィンテージとなります。


畑は、ベクストファーのミズーリ・ホッパー・ヴィンヤードです。ミズーリ・ホッパー・ヴィンヤードは、ナパ・ヴァレー/ヨントヴィルの町の北、オークヴィルAVAに位置し、もともとは、ヨントヴィルの町の名前の由来となったジョージ・C・ヨントが所有していた広大な土地の一部でした。

1877年にチャールズ・ホッパーが購入し、娘のミズーリが葡萄畑にしたのが始まりです。1960年に、ブルース・ケルハム氏が、後に伝説となるヴァイン・ヒル・ランチの一部としてこの土地を購入しました。1996 年に、ベクストファーがケルハム家から購入し、1997年から1999年にかけて大部分を植え替えました。2002年には、農地以外の開発を永久に禁止する保護地役権に特定されました。

ト・カロンからはわずか 1.6 キロほど南だが、サン・パブロ湾からくる冷気を受け、より冷涼。土壌は主にポロポロとした粘土質のローム土壌。マヤカマス山脈から流れてきた土砂が堆積していて、山側は砂利質が比較的深いです。

フェ・マンに使われる葡萄は、ヴァイン・ヒル・ランチに隣接するブロックBとCから収穫されます。ブノワ・トゥケが、この畑を知ったのはチャリティーオークションのために、ここの葡萄からワインを造ったのがきっかけだそうです。

畑は、カバークロップを使用することで、春の土壌の水分を減らしています。4 月の芽吹きの後に、カバークロップを鋤きおこし、土壌の栄養分とします。慎重に設定された畝の向きにより、葡萄樹には両側か均等に陽が当たります。また、葉で果実に影を造り強い日差しから実を守っています。

基本的な醸造過程は、フレンチオーク樽(新樽85%)熟成、樽はタランソ、ダルナジューがメインで、シルヴァンも少々使用しています。樽熟成期間は、約16~18か月。ワインは、可能なかぎり表現力を高めるため、無濾過、無清澄。また、フレッシュでテクスチャーがあり、個性的でエネルギーに満ちたワインを目指し、SO2添加や澱引きは最小限に抑えています。

ミズーリ・ホッパー・ヴィンヤードは、ラス・ピエドラス・ヴィンヤード同様に、アロマの複雑さだけでなく、ストラクチャーと完全な味わいを得るために Clone4とClone337使用しています。別々にステンレスタンクで発酵させ、ブレンドしています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 35,200 のところ
販売価格 ¥ 35,200 税込
  • 赤ワイン
  • WA94点

レアム・セラーズの醸造家ブノワ・トゥケ自身のブランド
フェ マン カベルネソーヴィニヨン ベッティネリ スリーピング レディ ヴィンヤード [2018]

ブノワ・トゥケ(フランス出身)のプライベート・ブランドが「フェ・マン」です。ブノワ・トゥケは、無名であったレアム・セラーズを、ワイン・アドヴォケイト(パーカー)100点連発のワイナリーに仕立てあげた立役者であり、現在ナパ・ヴァレーの注目株です!!


スリーピング ・レディ・ヴィンヤードからのワインは、花の香、グラファイト、明るい赤い果実味を持ち、フィネスを備えた味わいが特徴です。


畑は、ベッティネリ家のスリーピング ・レディ・ヴィンヤードです長年、この畑を管理していたベッティネリ家が2013年に取得しました。現在のオーナーであるジャンカルロ・ベッティネッリの父は、ナパにおける葡萄栽培者の伝説的存在であるラリー・ベッティネリです。

スリーピング ・レディ・ヴィンヤードは、ゴールドラッシュ時代にサンフランシスコ住民のための別荘として始まりました。敷地内には、今でも当時のヴィクトリア朝の家が残されています。マヤカマス山脈の麓に位置し、背後の山が横たわる女性のフォルムに見えることからその名前が付けられました。ナパ・ヴァレーのヨントヴィルAVA の西端に位置し、表土の下に厚い砂利の層を持ちます。

ちなみに、「アローホ」をシャトー・ラトゥール売却した後に、バート&ダフネ・アローホ夫妻と子供たちで始めた新ワイナリーであるアクセンド・セラーズは、この畑から葡萄を調達しています。アローホ夫妻は畑の選別に大変厳しいことで知られています。その他、スターリング・ヴィンヤーズ、アルファ・オメガ、アドヴィムなどにも葡萄を供給しています。

栽培は、その古い歴史とは裏腹に、葡萄畑では革新的な事が行われています。葡萄樹の光合成、ストレスレベル、フェノールの進化を、年間通して追跡できる最先端の技術を取り入れています。

基本的な醸造過程は、フレンチオーク樽(新樽85%)で熟成、樽はタランソ、ダルナ ジューがメインでシルヴァンも少々使用しています。樽熟成期間は約16~18か月です。ワインは可能なかぎり表現力を高めるため、無濾過、無清澄。また、フレッシュでテクスチャーがあり、個性的でエネルギーに満ちたワインを目指し、SO2添加や澱引きは最小限に抑えています。7つの異なったクローンごとに別々に醸造し、最終的なブレンドは、ベッティネリ家と一緒に行います。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 44,000 のところ
販売価格 ¥ 44,000 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点

レアム・セラーズの醸造家ブノワ・トゥケ自身のブランド
フェ マン カベルネソーヴィニヨン ベクストファー ラス ピエドラス ヴィンヤード [2018]

ブノワ・トゥケ(フランス出身)のプライベート・ブランドが「フェ・マン」です。ブノワ・トゥケは、無名であったレアム・セラーズを、ワイン・アドヴォケイト(パーカー)100点連発のワイナリーに仕立てあげた立役者であり、現在ナパ・ヴァレーの注目株です!!


ブノワ・トケは、このワインにつかわれるラス ピエドラス ヴィンヤードを訪れた時、故郷のように感じました。ソフトでリッチなヴァレー・フロアの土壌とは異なる岩がちの硬い土壌が露出しており、ボルドーを彷彿とさせました。

それまで、自身のブランドのワインを造りたいと思ったことはなかったが、この地からは素晴らしいワインを造ることができると確信し、自分のワインを造ることを決心したそうです。


ブラック・フルーツに、タバコの香、石のようなミネラルが感じられます。骨格が、しっかりしていて男性的なラス・ピエドラスの特徴を持ちます。ボルドー左岸の影響を受けながら、セント・ヘレナらしさも表現されています。

畑は、LPV(ベクストファーのラス ピエドラス ヴィンヤード)です。ナパヴァレーのセント・ヘレナの北西に位置し、ヴァレー・フロアからマウント ヴィーダーに続くなだらかな斜面にある岩の多いローム層と川の小石と岩が堆積した土壌を持ちます。1840年代に、エドワード・ベール氏によって最初に葡萄が植樹されたセント・ヘレナ最古の畑です。1983年に、ベクストファーが購入し、カベルネ・ソーヴィニヨンの2つのクローンを密植で植え替えました。その際に、小石の多い土壌だった為、 畑の労働者たちが「ラス ・ピエドラス ( スペイン語で小石 )」と命名したそうです。

日照と風通しを確保するため、リラ仕立てを採用している D2ブロックのクローン4を使用しています。ベクストファーとブノワは長年に渡り協働して栽培方法を調整しています。

基本的な醸造過程は、フレンチオーク樽(新樽約85%)で熟成、樽はタランソ、ダルナジューがメインでシルヴァンも少々使用しています。樽熟成期間は約16~18か月。ワインは、可能なかぎり表現力を高めるため、無濾過、無清澄。また、フレッシュでテクスチャーがあり、個性的でエネルギーに満ちたワインを目指し、SO2添加や澱引きは最小限に抑えています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 47,300 のところ
販売価格 ¥ 47,300 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト「ゴースト・ホース」の上位レンジ
ゴースト ホース アバリッション カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースのカベルネ・ソーヴィニヨンには、入口なるカベルネが1種と、上位レンジに、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名の順で高額となる4種のカベルネが存在しております。

この「アパリッション」は、強靭なボディーをもつ怪力ワインで、上位4種のカベルネ(ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニション)の中では、もっとも筋骨隆々と表現される「力」の銘柄です。すべてを圧倒する力を誇ります。

チェスでいう豪胆なルークのような存在です。ゴーストホースの余韻は、全てにおいて極めて長く、ひとたび飲むと、他のカリフォルニア・ワインがチェスでいうポーンのように感じてしまうワインです。生産量は、わずか288本と少量です。


■ヴィンヤードについて
ゴーストホースのヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーの最南端、東部のクームスヴィル地区(Coombsville)。葡萄の生育・成熟期間がナパ・ヴァレーで最長のエリア環境下にあり、非常にゆっくりと成熟を迎えることから強靭な葡萄が多く育つ地域として生産者に知られています。

ゴーストホースの畑は、たったの3.02エーカー、そして1エーカーあたり2200本を植樹 (畝幅は1.5m、葡萄樹間のスペーシングは1.2m)というタイトスペーシングによって果皮が分厚く実が凝縮し、マイクロクライメート、朝夕の霧、土壌の複雑性など実に様々な環境が入り組んだ土地柄で育てられています。

ヴィンヤードは、標高858mのヴァカ山脈麓にあり、寒流のサンパブロ湾が東側方向に近いことから夏~秋にかけても朝には冷気に近い霧が立ち込むため、複雑かつ非常にユニークな酸を葡萄内に構成します。

ゴーストホースが手掛ける各ワインは、それぞれ違う区画の独立したキャラクターをもつ葡萄の特性を極限まで引き出され、ひと樽で数千ドルする最高級の新樽を贅沢にも2度使用して、各ロットが醸造されてます(ダブル・オーク法)。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/クームスヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 519,200 のところ
販売価格 ¥ 519,200 税込
  • 赤ワイン

1980年の創業から造り続けるスタンダード・キュヴェ
ロンバウアー カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2018]

1980年の創業時から造り続けるスタンダード・キュヴェです。全てのブドウは手摘みされヴィンヤード内でソーティング(選果)され、最良の果実のみが使われています。セント・ヘレナ、カリストガ 、オークヴィル、スタッグス・リープ、アトラス・ピーク、カーネロスなどナパの複数のAVAのブドウ(自社畑と契約畑)をブレンドをブレンドしています。

レッドチェリーやセージ、スパイス、スミレなど様々な風味に溢れ、全体を心地よいオークの香りが包み込みます。ラズベリーやブラックチェリーの豊かな果実、しなやかで上質なタンニンが心地よく、長く続く余韻に癒されます。フレンチオーク(60%新樽)で16ヶ月熟成しています。アルコール度14.8%。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーは、1980年には最初のブドウであるカベルネ・ソーヴィニヨンを、スタッグス・リープ・ディストリクトから収穫し、ワインメーカーのボブ・レヴィ(ハーラン、ボンドなどで活躍)と共にシェーファーのワイナリーと自宅ガレージで最初のヴィンテージを醸造しました。1982年、ロンバウアーはセント・ヘレナの所有地で自身のヴィンヤードを開拓。自身最初のワインは1984年にリリースされた1980年のカベルネ・ソーヴィニヨンと1982年のシャルドネでした。

さらに、醸造施設を持たない生産者を支援するカスタム・クラッシュ・ビジネスを始めました。1982~2008年まで続け、今やカリフォルニアを代表するワイナリーに成長したドミナスやスポッツウッド、ダックホーン、メリーヴェール、コリソン、エチュードなどの拠点として、ロンバウアーの設立した醸造所は活躍していました。

2004年、ロンバウアーのシャルドネはワイン&スピリッツ誌のRESTAURANT POLL RANKING(Wine&Spirits誌による全米ソムリエを対象に行われる年間人気ランキング)のTOP10に初めてランクイン。それからは毎年のようにオンリストされています。

ナパ・ヴァレー興盛の時代を生き抜いたカーナー・ロンバウアーは、2018年に83歳で他界。ナパ・ヴァレーのワインビジネスへの貢献、環境への取り組みは次世代へと継承され、現在も飲み手に愛されるワイン造りを生み出し続けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン90%、プティヴェルド3%、カベルネフラン4%、メルロー3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 12,760 のところ
販売価格 ¥ 10,890 税込
  • 赤ワイン

パーカー100点連発のあの醸造家自身のブランド!
ティーター トッター カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2019]

ティーター・トッターは、レアム・セラーズのワインメーカーに就任以来、2021年時点で、13回のパーカー・ポイント100点を獲得したブノワ・トゥケ自身のブランドです。

カシス、ベリー類、花の香りに多様なスパイスの香がグラスから飛び出してくるよう。熟した洗練されたタンニンがフルボディでリッチ、且つソフトな味わいを演出する。酸味がフィニッシュに長く素晴らしい余韻を与えています。フレンチオーク樽熟成(新樽率65%)です。

畑情報は畑のオーナーの希望により非公開。ブノワ・トゥケ自身は、暖かい気候のカベルネを探しているので常にスタッグス・リープより北側のAVAの葡萄を使っているとのことです。


■ティーター・トッターについて
フランス人ブノワ・トゥケは、ミッシェル・ロランからカリフォルニアに派遣されて以来「自由なカリフォルニアのワイン造りに惚れ込んだ。」とカリフォルニアに腰を据えます。

2011年に、レアム・セラーズのワインメーカーに就任以来、2021年時点で、13回のパーカー・ポイント100点を獲得しています。無名ワイナリーを今や、100ポイント・常連ゲッターに引き上げた手腕が高い評価を受けています。

ティーター・トッター(Teeter-totter=シーソー)はブノワ・トゥケ自身のブランドです。ワインのラベルは、シーソーに乗った小さいねずみ(ブノワが造るワイン)が、巨象(巨匠のワイン)に立ち向かう姿を表現しているそうです。

コンセプトは、ナパ・ワインの価格高騰を懸念し、高品質、且つ少しでも手の届きやすい価格のワインを目指しています。これは、ブノワ・トゥケが、ワインメーカーを務める各ワイナリーでの栽培農家とのコネクションにより実現しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン85%、ジンファンデル7%、プティシラー5%、シャルボノ3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 8,800 税込
  • 赤ワイン

ト・カロン・ヴィンヤードのカベルネ100%
ト・カロン ヴィンヤード カンパニー ハイエスト ビューティー カベルネソーヴィニヨン [2018]

鮮やかな赤紫色を帯び、エネルギーとフレッシュさを兼ね備えてト・カロンを表現します。カベルネ・ソーヴィニヨンですが、赤系ベリーの要素を感じさせ、バニラビーンズ、土っぽさ、クローブのスパイシーさが香ります。

口当たりはシルキーでまろやか、タンニンも良くこなれて丸みを帯び、繊細な酸が全体のバランスをとっています。内に力強さを秘め、重厚ですが重すぎず、複雑で長い余韻が伸びやかに続きます。今飲んでもト・カロンのポテンシャルの高さを十分に認識でき、これから長い時を経て更にその個性を徐々に開いていくでしょう。生産量は500ケースのみです。

畑:ト・カロン・ヴィンヤード(自社畑)
高い評価をうける醸造家アンディ・エリクソンが「ハイエスト・ビューティー」の理想を求めて、広大なト・カロン・ヴィンヤードの区画図を手に持ち、土壌と日照の角度を検証しながら全てのブロックを歩き、別々に醸造・熟成された56のキュヴェを全てテイスティングし、味わいと質感がその畑の区画を表現するものだけを選び出し、ト・カロンの美しさを表現するアンディーのベスト・チューニングを施しました。

醸造は、厳格な選果を行い、醗酵・マセラシオンを約30日間行い、フレンチオーク樽(新樽100%)で20か月熟成しています。


■ト・カロン・ヴィンヤード・カンパニーについて
2019年、コンステレーション・ブランドは満を持して「ト・カロン・ヴィンヤード・カンパニー」を設立しました。初ヴィンテージ2016年。ト・カロンの葡萄のみを使い、最高峰のワインを作り上げる為に、ワインメーカーにアンディ・エリクソン(スクリーミング・イーグルの2代目ワインメーカーとして名を上げ、ダラ・ヴァレ、オーヴィッド、マヤカマスなどをコンサルタント)を抜擢し、ナパ・ヴァレーの世界最高峰の畑からワインを造り上げています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 47,300 のところ
販売価格 ¥ 44,990 税込
  • 赤ワイン

オーパス・ワンのすぐ後ろの区画の畑がブレンド!
ナパ ハイランズ リザーブ カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパ ヴァレー [2019]

人気生産者ナパ・ハイランズが、ナパ・ヴァレーのオークヴィルのヴァレー・フロアと、ヨントヴィル著名ワイナリーの自社畑から造る希少&限定ワインです!!
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル&ヨントヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 8,800 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト・ワイン「ゴースト・ホース」の上位レンジ
ゴースト ホース ファントム カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースのカベルネ・ソーヴィニヨンには、入口なるカベルネが1種と、上位レンジに、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名の順で高額となる4種のカベルネが存在しております。

この「ファントム」は、上位4種のカベルネ(ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニション)の中では、最もソフトで究極のシルキーさを持つ「柔」の銘柄です。飲むほどに妖艶で強靭。脳裏に憑りつきます。チェスでいう神出鬼没のクイーンのような存在です。生産数は、わずか288本です。


■ヴィンヤードについて
ゴーストホースのヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーの最南端、東部のクームスヴィル地区(Coombsville)。葡萄の生育・成熟期間がナパ・ヴァレーで最長のエリア環境下にあり、非常にゆっくりと成熟を迎えることから強靭な葡萄が多く育つ地域として生産者に知られています。

ゴーストホースの畑は、たったの3.02エーカー、そして1エーカーあたり2200本を植樹 (畝幅は1.5m、葡萄樹間のスペーシングは1.2m)というタイトスペーシングによって果皮が分厚く実が凝縮し、マイクロクライメート、朝夕の霧、土壌の複雑性など実に様々な環境が入り組んだ土地柄で育てられています。

ヴィンヤードは、標高858mのヴァカ山脈麓にあり、寒流のサンパブロ湾が東側方向に近いことから夏~秋にかけても朝には冷気に近い霧が立ち込むため、複雑かつ非常にユニークな酸を葡萄内に構成します。

ゴーストホースが手掛ける各ワインは、それぞれ違う区画の独立したキャラクターをもつ葡萄の特性を極限まで引き出され、ひと樽で数千ドルする最高級の新樽を贅沢にも2度使用して、各ロットが醸造されてます(ダブル・オーク法)。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/クームスヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 311,300 のところ
販売価格 ¥ 311,300 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS92点

スタッグス・リープで初めてカベルネを栽培した畑
スタッグス リープ ワイン セラーズ フェイ (FAY) カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー [2017]

熟したベリー、イチジク、プラム、砂糖漬けチェリー、イチゴのジャム、そしてジャスミンの香水のような魅力的なアロマを持っています。このワインは、明るく生き生きとしたエントリーとミッドパレットを持ち、豊かで洗練されたタンニンとチェリーパイのようなアフター・テイストとのバランスが取れています。初めてカベルネフランをブレンドしたヴィンテージになり、ブルーベリーのアクセントを与えています。

■FAY(フェイ)について
FAY(フェイ)は、1961年にブドウ栽培の先駆者であるネイサン・フェイが設立し、現在のスタッグス・リープ・ディストリクトで、初めてカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培したのがこの畑です。1986年、ワイナリーはネイサン・フェイのブドウ畑を購入し、彼に敬意を表して「FAY」と命名しました。単一畑のFAY カベルネ・ソーヴィニヨンの初ヴィンテージは1990年です。赤や黒のベリーや官能的な香り、きめ細かいテクスチャーが特徴です。


■スタッグス・リープ・ワイン・セラーズについて
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、ウォレン・ウィニアルスキ氏が、ネイサン・フェイ氏と出会い、1970年にスタッグス・リープ・ヴィンヤードを取得し、設立しました。1972年に醸造所が完成、コンサルタントにはアンドレ チェリチェフ氏を招きました。

一躍、その名を有名にしたのは、1976年5月、後に「パリスの審判」と呼ばれるアカデミー・デュ・ヴァン主宰のブラインド・テイスティングで、五大シャトーなどフランスの著名ワインを抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンの中で「スタッグス リープ ワイン セラーズ S.L.V. カベルネ ソーヴィニヨン1973」が見事1位を獲得したことです。

このことで、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、世界中に熱狂的なファンを持つワイナリーとなり、そして、カリフォルニア・ワインの実力を世界に知らしめる契機ともなりました。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/スタッグスリープディストリクト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン98.5%、カベルネフラン1.5% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 31,460 のところ
販売価格 ¥ 23,800 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点
  • WS93点

フェイとSLVの良いとこ取りしたフラッグシップ
スタッグス リープ ワイン セラーズ カスク23 カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2017]

フェイ・ヴィンヤードの特徴的な香水の香りと、S.L.V.のストラクチャーとダークな果実味が組み合わされています。ワインは、豊かなベリー類のメドレーで始まり、ナツメヤシ、カカオのスパイス、カシス、ブラックオリーブ、ザクロなどの絹のように重層的なアロマが感じられます。口に含むと、ストラクチャーは充実していますが、バランスが取れており、みずみずしいテクスチャーが持続します。カシス、ダークチェリー、スパイスのフレーバーが後味に残ります。

■CASK23について
CASK 23の物語は、1974年の収穫時に始まりました。当時のワイナリーは、著名なワインメーカーであるアンドレ チェリチェフ氏の協力を得ていました。その年の新酒をいろいろとテイスティングしているうちに、S.L.V.の1つのロットが非常に美しく、個性的であったため、別々にボトリングすることにしたのです。

このワインは、熟成に使われた大きな木樽にちなんで「CASK 23」と名付けられました。現在、このワインはS.L.V.とFAYの畑から得られた最も特徴的な果実をブレンドしており、並外れた深みと豊かさを持ち、抑制されたバランスのとれたワインとなっています。CASK 23は、長年にわたり、世界で最も高く評価され、収集されるワインのひとつとなっています。


■スタッグス・リープ・ワイン・セラーズについて
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、ウォレン・ウィニアルスキ氏が、ネイサン・フェイ氏と出会い、1970年にスタッグス・リープ・ヴィンヤードを取得し、設立しました。1972年に醸造所が完成、コンサルタントにはアンドレ チェリチェフ氏を招きました。

一躍、その名を有名にしたのは、1976年5月、後に「パリスの審判」と呼ばれるアカデミー・デュ・ヴァン主宰のブラインド・テイスティングで、五大シャトーなどフランスの著名ワインを抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンの中で「スタッグス リープ ワイン セラーズ S.L.V. カベルネ ソーヴィニヨン1973」が見事1位を獲得したことです。

このことで、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、世界中に熱狂的なファンを持つワイナリーとなり、そして、カリフォルニア・ワインの実力を世界に知らしめる契機ともなりました。
通常価格 ¥ 56,650 のところ
販売価格 ¥ 41,580 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点
  • WS92点

カリフォルニアワインの実力を世界に知らしめたワイン
スタッグス リープ ワイン セラーズ SLV カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2017]

ダークチョコレート、黒鉛、トリュフ、乾燥イチジク、そして、スミレの愛らしいタッチの寛大なアロマを備えています。 リッチで洗練されたミッド・パレットには、ほこりっぽいココア・パウダーのニュアンスがあり、長くてしっかりとした構造のフィニッシュがあります。タンニンの構造、豊かなダークフルーツ、心地よいミネラル感は、このワインの熟成能力の高さを示しています。

■S.L.V.について
S.L.V.は、Stag's Leap Vineyards(スタッグス・リープ・ヴィンヤーズ)の略で、ワイナリーの最初の畑です。1970年に植えられた、この畑は、1973年に収穫された樹齢3年のブドウから、「パリの審判」と呼ばれる1976年のブラインド・テイスティングで、フランスの偉大なワインを凌駕するワインを生み出し、ワイン界に衝撃を与えたことで世界的に有名になりました。今日、この歴史的な畑は、幾重にも重なる複雑さ、スパイシーな強さ、優れた構造を持つワインを生産し続けており、長い寿命と熟成能力を備えています。


■スタッグス・リープ・ワイン・セラーズについて
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、ウォレン・ウィニアルスキ氏が、ネイサン・フェイ氏と出会い、1970年にスタッグス・リープ・ヴィンヤードを取得し、設立しました。1972年に醸造所が完成、コンサルタントにはアンドレ チェリチェフ氏を招きました。

一躍、その名を有名にしたのは、1976年5月、後に「パリスの審判」と呼ばれるアカデミー・デュ・ヴァン主宰のブラインド・テイスティングで、五大シャトーなどフランスの著名ワインを抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンの中で「スタッグス リープ ワイン セラーズ S.L.V. カベルネ ソーヴィニヨン1973」が見事1位を獲得したことです。

このことで、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは、世界中に熱狂的なファンを持つワイナリーとなり、そして、カリフォルニア・ワインの実力を世界に知らしめる契機ともなりました。
通常価格 ¥ 34,980 のところ
販売価格 ¥ 27,412 税込
194件中 1-20件表示
1 2 10