ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
天候不良による配送遅延について
大雪の影響により、商品のお届けに遅延などが発生する可能性がございます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきます様お願いいたします。《佐川急便WEBサイト》

シャルドネ特集Chardonnay

シャルドネ特集

シャルドネ好きの
あなたに
こちらも飲んでほしい

ナパの偉大な生産者シュレイダー創業者が手掛けるソノマのシャルドネ

ボアズヴュー シャルドネ ザ コースト ソノマ コースト 2018

ボアズ ヴュー シャルドネ ザ コースト ソノマ コースト 2018

ボアズ・ヴューは、ナパ・カルトとして名高いシュレーダーの創業者“フレッド・シュレイダー”がソノマコーストで手掛けるプロジェクト。自社畑は、カリスマ女性醸造家ヘレン・ターリーが自ら造るマーカッシン・ヴィンヤードを見下ろす位置に拓かれています。英語の“Boar”とフランス語の“Marcassin”は、ともに猪のこと。「猪を眺望する」というワイナリー名に込めた自信のほどが窺える逸品です。ジェブ・ダナック:95点 米・カリフォルニア

ワインを見る

ワイン専門店が選ぶ
おすすめシャルドネ6本はコレ!!

  • リバティー スクール シャルドネ (ホープ ファミリー ワインズ) 2019

    リバティー スクール
    シャルドネ (ホープ ファミリー ワインズ) 2019

    アメリカの有名ワイン誌ワイン・エンスージアストから“アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー2022”を受賞したホープ・ファミリーが造る高コスパ・シャルドネ。フレッシュな柑橘や青りんごと、ドライアプリコットやキャラメルのアロマ。シルキーかつクリーミーな味わい。米・カリフォルニア

    ワインを見る

  • パイク & ジョイス シロッコ シャルドネ 2020

    パイク & ジョイス シロッコ シャルドネ 2020

    オーストラリアのジェームスハリデー五つ星ワイナリーが手掛ける上品かつ飲みごたえのある1本。桃・アプリコットなどのフルーツ、バランスの取れた酸、樽由来のヘーゼルナッツのニュアンスが非常に調和しています。余韻も長く、大きく膨らみのあるグラスでゆっくり楽しみたいシャルドネです。オーストラリア

    ワインを見る

  • メゾン ド ボワシャン ボージョレ ヴィラージュ ブラン 2018

    メゾン ド ボワシャン ボージョレ ヴィラージュ ブラン 2018

    「ハリー・ポッター」シリーズの日本語版翻訳で知られる松岡佑子さんが夫と共に所有するボージョレー地方のワイナリー。新鮮なリンゴやエキゾチックな果実のアロマ、飲み口はすっきりと繊細ながらも果実の風味が広がり、ほどよい酸とミネラルによるエレガントな余韻へ続きます。仏・ブルゴーニュ

    ワインを見る

  • ザ ヒルト エステート シャルドネ サンタ リタ ヒルズ 2019

    ザ ヒルト エステート
    シャルドネ サンタ リタ ヒルズ 2019

    ザ・ヒルトは、ワイン・コレクターの垂涎のキング・オブ・カルト“スクリーミング・イーグル”と同オーナーが所有する姉妹ワイナリー。リンゴやネクタリン、蜜のある花の上品な香りと、ほんのりと塩味とミネラル感。優しさとフレッシュ感がありながらも控えめなシャルドネです。ヴィノス:92点 ジェブ・ダナック:92点 米・カリフォルニア

    ワインを見る

  • ドメーヌ セリーヌ シャルドネ エヴェンスタッド リザーヴ 2018

    ドメーヌ セリーヌ シャルドネ エヴェンスタッド リザーヴ 2018

    過去ヴィンテージでワインスペクテイターTOP100の2位に選出された実力あるシャルドネ。黄桃や白い花の香りと、溶けこんだ樽の風味。ゆっくり寝かせておきたい1本です。手掛けるのはオレゴンワイン業界のパーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞したオレゴンの雄。ワイン・アドヴォケイト:93点 ワイン・スペクテイター:91点 米・オレゴン

    ワインを見る

  • ウェイフェアラー シャルドネ ウェイフェアラー ヴィンヤード フォート ロス シーヴュー 2019

    ウェイフェアラー シャルドネ ウェイフェアラーヴィンヤード フォート ロス シーヴュー 2019

    ナパの有名ワイナリー“パルメイヤー”から独立した新ブランド。ソノマコーストの中でも冷涼なフォート・ロス・シーヴューの自社畑から収穫したシャルドネを使用。有名なワイン誌や評論家から高い評価を得る気品ある1本です。ワイン・アドヴォケイト:95点 ジェブ・ダナック:97点 米・カリフォルニア

    ワインを見る

228件中 1-20件表示
1 2 12
  • 白ワイン

ケイマスのワグナーファミリーが手掛ける希少なシャルドネ
ベル グロス シャルドネ グラシール ホルト ヴィンヤード サンタ リタ ヒルズ [2020]

ベル・グロス初のシャルドネ!

ピノ・ノワールに魅せられた男、ジョー・ワーグナーが「この区画はシャルドネ以外あり得ない」と、ついに白ワイン造りに乗り出すきっかけとなった特別な単一畑がついにリリースされました。日本には、たった120本しか割り当てがなかった超レアワインです!オンライン・ワッシーズの割当もごくわずかでした。

元々、ピノ・ノワールを栽培するために、手に入れたサンタ・リタ・ヒルズの区画「グラシール・ホルト」ですが、そのチョーキーな石灰質の土壌を見てシャルドネを新たに植えることを決意したそうです。

海風の影響で、昼夜問わず涼しくキレイな酸が生まれ、土壌のミネラル感とともに上品な味わいを生み出します。フレンチオーク樽90%、コンクリートタンク10%で12か月間熟成しています。

アップルパイや軽く焼いたマシュマロ、バナナクリームの香りに、メロンやバターたっぷりのブリオッシュの味わい。カリフォルニアらしい芳醇な甘味を、リンゴのフレッシュな酸味がまとめ上げています。そのゴージャスな見た目と超絶リッチかつエレガントな味わいで、アメリカのワイン好きセレブたちを魅了しています。


■ベル・グロスについて
ベル・グロスはカリフォルニアを代表する有数の生産地域のブドウを使用し、個性的なピノ・ノワールを生産しています。

ベル・グロスというワイナリー名は、ケイマスを手掛けるワグナー・ファミリーのオーナー兼醸造家のジョー・ワグナーが、祖母のローナ ベル・グロス ワグナー氏に敬意を表して、ベル・グロスと名づけました。

ワイン生産者である前に栽培家であり続けた血族らしく、凝縮した果実からは濃潤で深みのあるワインの実現を可能とさせました。1880年代からナパに続く伝統一家の名を汚さぬ姿勢が伝わる、エネルギッシュな完熟ピノ・ノワールを生み出します。
  • Belle Glos Chardonnay Glasir Holt Vineyard Santa Rita Hills[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ/サンタリタヒルズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 11,000 税込
(0)
  • 白ワイン

ソレナ シャルドネ ウィラメット ヴァレー [2016]

オレゴン州の冷涼な海洋性気候で育まれる伸びのある酸と、夏の暖かさが与える充実した果実味を十分に味わえるワインです。

黄桃やアプリコットなどの甘い香りに加え、樽由来の栗やヘーゼルナッツ、マロラクティック発酵がもたらすバニラ、カスタード クリームなどがほのかに香ります。まろやかなアタックと、溶け込んだ主張しすぎない樽のニュアンスがエレガントな味わいを感じ させ、クリーミーなテクスチャーによって長い余韻も楽しめます。

フレンチオーク樽(新樽30%)にて10ケ月間熟成しています。。アルコール度数13.1%。


■ソレナについて
Solena(ソレナ)とは、SolanaとSolenceというスペイン語とフランス語のコンビネーションで、太陽と月を意味し、娘の名前でもあります。オーナーのロラーン・モンタリュー氏と妻のダニエルは、結婚のお祝いギフトとしてウィラメットヴァレー/ヤムヒル・カールトン地区に土地を購入し、子供の世代に引き継いでいけるようにとお互いにプレゼントして、ぶどう畑の栽培を始めました。

この自社畑をドメーヌ・ダニエル・ロラーンと名付け、ビオディナミ農法でピノノワールとシャルドネを栽培しています。ウィラメットヴァレー内に5つの自社畑を持ち、環境保全型農業を営み、オレゴンのテロワールを表現できる土壌にて丁寧に育てられたぶどうのみを使用しています。

栽培されたぶどうは各種、丁寧に選別され、最新の醸造設備を備えた自社ワイナリーにて醸造されます。ワインメーカー兼オーナーであるロラーン・モンタリュー氏は畑を最高の基準にもっていこうという情熱と、最小限の干渉をモットーにしたワイン造りが高く評価され、業界のリーダーとして尊敬されています。
  • Solena Chardonnay Willamette Valley[2016]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,500 のところ
販売価格 ¥ 5,500 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA96点
  • WS96点

2022年ワイン・スペクテイターTOP100「第3位」
ハイド ド ヴィレーヌ シャルドネ ハイド ヴィンヤード [2019]

このハイド・ド・ヴィレーヌ シャルドネ カーネロス ナパヴァレー[2019]は、2022年ワイン・スペクテイターTOP100「第3位」を受賞しています!!ロマネコンティ共同経営者のオベール・ド・ヴィレーヌとハイド・ヴィンヤードのラリー・ハイドのコラボレーション・ワイン!

洗練と純粋さが2019年ヴィンテージの特徴です。黄色いリンゴとマンゴーの果皮のアロマは、クリスピーなミネラルとスモークしたアーモンドの香りによってバランスがとられています。味わいは、フレッシュで柑橘系のような酸味と伸びやかな口当たりを持ち、トーストしたエゼキエルブレッド(発芽穀物パン)のトーンとバニラビーンズの繊細なヒントでバランスがとれているのが特徴です。若いうちから表情豊かなワインですが、5~10年熟成させることで、その特質がよりよく発揮されます。フレンチオーク樽で15か月間(新樽15%)熟成しています。

■ワイン誌ワイン・スペクテイターのコメント
「96点」。ホワイト・ネクタリン、マンゴー、熟したバートレット梨のピュアな風味が、パウンドケーキ、トーストした塩味のヘーゼルナッツ、ナツメグの香りと混ざり合い、しなやかで豊かな骨格に、明るい酸のラインが強調されているのが特徴です。今飲んで2030年まで。


■ハイド・ド・ヴィレーヌについて
カリフォルニアワインの可能性をいち早く知ったドメーヌ・ド・ラ・ロマネ コンティの共同経営者である「オベール・ド・ヴィレーヌ」。そして、キスラー、パッツ&ホールなどの名だたるワイン生産者へもブドウを供給してきたハイド ヴィンヤードの「ラリー ハイド」。 ド・ヴィレーヌの妻となったパメラが、ハイドの従姉妹にあたることから、2000年に二人のパートナーシップが成立しました。2002年からは、ステファン・ヴィヴィアーが醸造責任者を務め、ブルゴーニュの造りと、ナパ・ヴァレーのテロワールの融合を実現しています。
  • Hyde De Villaine Chardonnay Hyde Vineyard[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/カーネロス
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 18,150 のところ
販売価格 ¥ 18,150 税込
(0)
  • 白ワイン

銘醸畑ブラウン・ランチ×トーマス・リヴァース・ブラウン
リリックス シャルドネ ブラウン ランチ カーネロス ナパ ヴァレー [2016]

ナパヴァレー/カーネロスの銘醸畑ブラウン・ランチのシャルドネから、数々の高評価ワインを手がけるトーマス・リヴァース・ブラウン氏が造り出す逸品!!

淡い黄金色で、縁は経年変化により淡い麦わら色を帯びています。香りに、はちみつ漬けのレモン、レモン・メレンゲ、マスカルポーネ・チーズ、バタースコッチなどやや熟成した樽由来の香りが現れ始めています。口当たりは、優しくまろやかで、味わいはトロピカル系のパイナップル、バニラビーンズのニュアンスが現れ、僅かな塩味と酸がしっかりとした骨格を造り、ブルゴーニュ格付けワインが熟すような優美なフィニッシュを迎えます。

葡萄は、ナパヴァレーのカーネロスにある銘醸畑ブラウン・ランチのシャルドネをつかっています。ブラウン・ランチは、ハイドが所有するヴィスチュラ・ヴィスタの畑に、隣接する起伏のある丘にうねるように植樹されています。冷たい霧が朝晩入りますが、日中の日照量は十分あります。フレンチオーク樽発酵、16か月熟成(新樽25%)しています。


■銘醸畑ブラウン・ランチについて
1992年、セインツベリーのデイヴィッド・グレーブスと故ディック・ワードが植樹した自社畑(当時)。カーネロスのシャルドネとピノノワールがブルゴーニュに引けを取らない繊細さとフィネスを持ち、更にカリフォルニアらしい果実の厚みと凝縮感をも兼ね備えることを証明し、スターダムに押し上げました。1997年ワイン・スペクテイターTOP100で、この畑を主体とするリザーヴ・シャルドネがトップ10入りを果たした伝説の畑です。

2010年が、セインツベリー最後のヴィンテージとなり、2013年に栽培及び農業労働者管理会社の「レンテレリア・ヴィンヤード・マネージメント」が買収。状態の良くなかった古樹もあり、残すものを選択、改植、徹底的な栽培管理を行い畑は完全復活を遂げています。


■リリックスについて
クリス&アンドレア・ディアマンティス夫妻と、ケン&リサ・カシン夫妻は、ナパ・ヴァレーを旅したことによりナパ・ヴァレーのワイン、ワインに関わる人々、コミュニティーが地球上のどの場所とも違うものであることに惚れ込んでしまい、可能な限り最高のワインを造ることが生涯の目的となり、それを実現させる為情熱を注いでいます。

最高のワインを造るには「最高の畑から葡萄を調達し、最高のワインメーカーに醸造を任せる。」そんな夢のようなワイナリーを4人で創業。シャルドネは、セインツベリーのトップキュベとして一世を風靡した「ブラウン・ランチ」、カベルネはハウエル・マウンテンの畑とプリチャード・ヒルの畑から調達しています。

ワインメーカーは言わずと知れた「トーマス・リヴァース・ブラウン」パーカー100点ゲッター、ミダス・タッチ(触るものを黄金に変える)、ナパのトップ・ガンと言われ、シュレイダー、アウトポスト、マイバッハで素晴らしいカベルネを、自身のリヴァース・マリーで秀逸なシャルドネを造っています。オーナーの意向に沿ったワイン造りに手腕が冴えます。
  • Lyrix Chardonnay Brown Ranch Napa Valley[2016]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/カーネロス
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 22,000 のところ
販売価格 ¥ 22,000 税込
(0)
  • 白ワイン

ファヴィアの「セカンド」ワイン
ファヴィア カルボーン シャルドネ クームスヴィル ナパ ヴァレー [2021]

この「カルボーン」は、手に入りやすい価格でファヴィアの精神を引き継ぐ、ファヴィアの「セカンド」ワインです。

2016年秋に、ナパヴァレー/クームスヴィルにある1886年に建設された石造りのアントニオ・カルボーネ(英語読み:カルボーン)・ワイン・セラーのワイナリーを買い取り、ファヴィア専用のワイナリーにリノベーションしました。そして、その歴史ある名前を冠したファヴィアのセカンド・ワインをリリースしています。

レモンの皮、白胡椒、ミント、割れた石、チョークなどの印象的な香りに、トロピカル・フルーツ系のニュアンスが加わります。口当たりはクリーミーで厚みがあり、レモン・クリームやタルト・タタンの様な濃厚な味わいと、リフレッシュする秀逸な酸が全体を引き締め、長い余韻に導かれていきます。フル・ボディのシャルドネに、生き生きとした酸が加わり、一層の輝きを増しています。

葡萄は、クームスヴィルにあるワイナリーすぐ横の樹齢30年になる畑から収穫しています。栽培管理は、アニー・ファヴィアと契約農家がじっくりと行い、成熟し凝縮した果実となります。

クームスヴィルはナパ・ヴァレーの中で南東にあり、古代から長年にわたる地滑りにより西側に向けて、すり鉢状になった穏やかな斜面に畑は位置し、サンパブロ湾に近い為、涼しい霧や海風が朝晩入り込みます。ナパの北部に比べると平均気温は低いですが、日照は十分ある為、葡萄はゆっくりと成熟していき、更に栽培管理をしっかりすることで、このワインの個性を生み出しています。

フレンチオーク樽発酵・樽熟成(シュール・リーにて旨味成分を取り込む)、マロラクティック発酵は行なわず、秀逸な酸をキープしています。


■ファヴィア・エリクソン・ワイン・グローワーズについて
ファヴィア・エリクソン・ワイン・グローワーズは、アニー・ファヴィア&アンディ・エリクソン夫妻のコラボレーションにより生まれたブランドです。

アニー・ファヴィアは、デヴィッド・エイブリューの栽培管理会社で1998年から11年間働き、多くのことを学び、その間、スクリーミング・イーグルの栽培管理を担当も同社で担当しました。2003年にファヴィアを興し、2009年からフェヴィアに専念しています。

アンディ・エリクソンは、UCディヴィスの醸造学を修め、世界各国で修行を積んだ後、ハーラン・エステートで醸造家のキャリアをスタートし、2001年には、スタッグリンのワインメーカーに任命され、2003年に妻のアニー・ファヴィアと自らのブランドを立ち上げるまでスタッグリンに在任しました。ファヴィアと平行して、2006~2010年までハイジ・バレットの後任として、スクリーミング・イーグルに携わっています。そして、これまでに、オーヴィッド、ダラ・ヴァレ、マヤカマス、スポッツウッド、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズなど500以上のワイン・ブランドと関わって仕事をしているカリフォルニアを代表する醸造家の一人です。

ファヴィア・エリクソン・ワイン・グローワーズは、2016年秋にナパヴァレー/クームスヴィルにある1886年建設のAntonio Carbone Wine Cellarの醸造所を買取り、リノベーションし本拠地としました。今後がますます期待される生産者です。
  • Favia Carbone Chardonnay Coombsville Napa Valley[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,120 のところ
販売価格 ¥ 10,120 税込
(0)
  • 白ワイン

リバティー スクール シャルドネ (ホープ ファミリー ワインズ) [2019]

色合いは淡い金色で、レモンやオレンジピール、青リンゴのフレッシュなアロマにドライアプリコットやキャラメル、ほのかなバニラが香ります。クリーミーなバニラの味わいが爽やかな柑橘とアプリコットの風味をソフトにし、ワインにシルキーなテクスチャーを与えています。

収穫した葡萄は全房圧搾をして発酵前に1-2日間冷蔵。その後5ヶ月間アメリカンオーク樽でシュールリー製法で熟成させ、その間クリーミーさを出すために2回撹拌を行いました。樽熟成後にブレンドし、ボトリング前の1ヶ月間ステンレスタンク内で寝かせています。アルコール度数13.5%。


■ホープ・ファミリー・ワインズについて
1980年代初頭、高い人気を誇るナパヴァレーのワイナリー「ケイマス」のチャック・ワグナー氏は、低価格で良質なセカンド・ブランドの創作をもくろみ、カリフォルニア各地を渡り歩いて、ホープ・ファミリーと出会い「リバティー・スクール」という名のブランドを生み出しました。

その後、ハイ・コスト・パフォーマンスなワインとして大成功を収めた後、ホープ・ファミリーは独立して自らのブランド「トレアナ」を設立し、それを機会にリバティー・スクールもトレアナ・ファミリーの一員となり、更なる躍進を遂げてました。そして、現在、ホープ・ファミリー・ワインズとして、5つのブランド「リバティ・スクール」「トレアナ」「クエスト」「オースティン・ホープ」「トラブルメーカー」を手掛けています。

現オーナー兼ワインメーカーのオースティン・ホープは、ナパ、モントレー、サンタ・マリアにて「ケイマス」のチャック・ワグナーの下で学びながら、カリフォルニア・ポリテクニック州立大学にて果樹に関する技術開発、栽培、生理学を研究する果樹園芸学を修めます。1996年には、ドミナスやケイマスでの従事経験を持つ現スワンソン・ヴィンヤーズのヘッドワインメーカー、クリス・フェルプスと協力し「トレアナ」の初ヴィンテージを造ります。

オーナーとして就任後もワイン造りに対する前向きな姿勢は変わらず、2022年にはアメリカの有名なワイン誌ワイン・エンスージアストにて、Wine Enthusiast's 2022 Wine Star Awardsにて「American Winery of the Year」を受賞しています。
  • Liberty School Chardonnay[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/セントラルコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ98%、ヴィオニエ1%、ルーサンヌ1% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 2,970 税込
(0)
  • 白ワイン

ジャムシード ディクソンズ クリーク シャルドネ [2021]

オーストラリア/ヴィクトリア州のヤラ・ヴァレー地区にあるディクソンズ・クリーク・ヴィンヤードで収穫されたシャルドネから造られる白ワインです。

色調は明るい黄色。白い柑橘系の花、白桃の皮、ネクタリンのフレーバー、ジューシーでピチピチした酸、素晴らしいストラクチャーを持つワインです。このシャルドネは、砂利質ロームの「有機栽培に転換した」ディクソンズ・クリーク・ヴィンヤードで栽培し、大きな古樽にプレス、土着酵母で発酵させ、澱とともに8ヶ月間熟成されています。

ちなみに、ディクソンズ・クリーク・ヴィンヤードは、ヤラ・ヴァレーではシャルドネの畑として最もよく知られています。1971年に、ワイン生産者デ・ボルトリによって開墾されたこの畑は、ウィリアム・ダウニーやティモ・メイヤーといったデ・ボルトリの歴代卒業生も自身のワイン造りを始めた頃から定期的にフルーツを購入して来た老舗です。


■ジャムシードについて
ジャムシードのオーナー兼ワインメーカーはギャリー ・ミルズ。彼の経歴は、変化と起伏に富んでいます。若き日に村田製作所の実業団(野球)に所属し、島根県に住んでいた彼は広島カープのプロテストを受ける程の逸材でしたが肩の故障により英会話の教師となりました。

オーストラリアへ帰国後、故郷西オーストラリア/マガレット・リヴァーでのビンテージ参加、ここから急転直下で彼のキャリアは変化していきます。日本語堪能な彼を見込んで、カリフォルニアにあるリッジからワイナリーでの仕事が舞い込んだのです。

5週間の滞在予定でしたが、世界の偉大な造り手の一人リッジのポール・ドレイパーは、ギャリー ・ミルズの鋭敏な味覚と醸造センスを感じ取り様々な仕事を課す事になりました。結果として2年半、リッジ・ヴィンヤードでワインメーカーとして研鑽を積み、その後、自身のワイン手で造るべくオーストラリアへと舞い戻りました。

ギャリー ・ミルズのワインは彼が心から愛するブドウ品種シラーとリースリングを基本としています。そのスタイルは繊細にして優美。今やニューヨークタイムズ紙が、オーストラリア最良の生産者として特集する程に世界から注目される存在となっています。
  • Jamsheed Dixon's Creek Chardonnay[2021]
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ヤラヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 7,150 税込
(0)
  • 白ワイン

カリフォルニア・シャルドネの礎を築いたウェンテが造る
ウェンテ ヴィンヤーズ モーニング フォグ シャルドネ [2021]

カリフォルニア・シャルドネの礎を築いたウェンテが造るシャルドネ。

モーニング・フォグは、サンフランシスコ湾から、リバモア・ヴァレーに流れ込む、朝の霧にちなんで名付けられました。この毎日の現象が気候を和らげ、美しくバランスのとれた素晴らしいシャルドネを生み出しています。

2021年のモーニングフォグ・シャルドネは、シトラスとグリーンアップルのアロマがはじけ、樽熟成によるトースティーなオークとバニラのヒントによって引き立てられています。長く続くミネラルと自然な酸味のバランスがとれた美しいワインです。

アメリカン・オーク古樽50%、ステンレス・タンク50%にて発酵。樽発酵の部分は、5か月間、シュール・リーにて熟成し、ステンレス・タンク発酵の部分の半分は、5か月間、シュール・リーにて熟成し、残り半分は、フレッシュな果実の特徴を保つため、オリ引きして熟成しています。アルコール度数13.5%。
  • Wente Vineyards Morning Fog Chardonnay[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/アラメダ/リヴァモアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ95%、ゲヴェルツトラミネール5% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,530 のところ
販売価格 ¥ 2,241 税込
(0)
  • 白ワイン

オベロン シャルドネ ロス カーネロス ( マイケル モンダヴィ ) [2019]

2019年のロス・カーネロス・シャルドネは、表情豊かで親しみやすく、バランスのとれた果実味と余韻のある酸味が特徴です。キャラメリゼした白梨、新鮮なフジリンゴとゴールデンデリシャスリンゴ、リンゴの花、クレームブリュレの豊かなフレーバーとアロマが感じられます。

オベロンのシャルドネは、ロス・カーネロスのブドウ畑から収穫されたものです。サンフランシスコ湾とサンパブロ湾の影響を強く受けたロス・カーネロスは、夏の霧、暖かい日差し、涼しい夜、長い生育期間という完璧な組み合わせをもたらし、シャルドネを育てるのに理想的な場所となっています。ワインメーカーのトニー・コルトリは、午後の暖かい日差しに長時間さらされ、午後には涼しい風が吹く、カーネロスの西側斜面から収穫したブドウのみを使用することを好んでいます。

醸造は、樽発酵を行い、その後、新樽33%で9ヶ月間熟成しています。 アルコール度数13.7%。


■オベロンについて
カリフォルニアワインの父と言われたロバート・モンダヴィの長男マイケル・モンダヴィは、妻のイザベル、息子のロブ・ジュニア、娘のディナとともに、2004年に「マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステート」を設立しました。

このオベロンは、マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステートのマスター・ワインメーカーを務める「トニー・コルトリン」が手掛けるブランドです。

ナパ・ヴァレーで育ち、45年以上ワイン業界で働いてきたトニー・コルトリンは、その経験を、オベロンに注ぎ込んでいます。ナパ・ヴァレーの中でも最良の畑から良質なブドウを選び抜く能力を持ち、またナパ特有の典型的なボルドー品種の育て方を理解したエキスパートです。ナパ・ヴァレー中の葡萄栽培者との生涯に渡る関係を築いており、これがオベロンの品質の鍵となっています。
  • Oberon Chardonnay Los Carneros[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ロスカーネロス
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,620 のところ
販売価格 ¥ 4,620 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA94点

デュモル イソベル シャルドネ チャールズ ハインツ ヴィンヤード [2018]

カリフォルニアの偉大なシャルドネの畑のひとつ「チャールズ・ハインツ・ヴィンヤード」から、デュモルが造り出す白ワイン!!

アロマは深く、幅広く、複雑で、レモングラス、スペアミント、タイム、白い花の香りが広がります。リッチなブリオッシュとドライアプリコットの香りとともに、スイカズラのほのかな香りがでてきます。

口の中では、すぐに様々な味わいが重なり、フルボディーで、ブドウの木から直接もたらされる深いエキスと凝縮感が感じられます。ストーンフルーツ、オイリーな柑橘類、レモン・ジャムの風味が、フレッシュで満足感のある生き生きとした酸味とバランスをとっています。テクスチャーの構築は、長く続く味わいの反響へと導きます。

この古木の広い畝のブドウ畑チャールズ・ハインツ・ヴィンヤードは、カリフォルニアを最も象徴する場所の一つであり、海からの強い影響を受け、複雑な香りとミネラルの要素をもたらしています。特に、生育期間中、海岸沿いの霧が畑の上でも下でもなく、直接畑を通過することが大きな特徴です。その結果、果実のアロマとフレーバーに大きな多様性と奥行きが生まれます。土壌のタイプも多様です。西側は地表に近い砂岩、東側は粘土が多いのが特徴です。砂岩の土壌は酸味のある風味豊かなワインを、粘土質の土壌は豊かで丸みのある果実味豊かなワインを生み出します。

手摘みで葡萄(収穫期の樹齢は36年)を収穫。フレンチオークのホグスヘッド樽(新樽35%)で11ヶ月間熟成し、その後タンクで6か月間熟成しています。アルコール度数14.1%。


■デュモルにつきまして
デュモルは、カリフォルニアでのブルゴーニュ品種の最高傑作と言われるワイナリーです。ワインメーカーは世界的な評論家ロバート・パーカーにより「Wine Makers of the Year」に選ばれ、「神の手を持つ」と呼ばれるアンディ・スミスです。

ソノマのロシアンリバーヴァレーを中心に、最高の畑のみのぶどうを使って造り出すワインは、1996年設立ながら、既に「カルトワイン」と評価され、アメリカのオークションの常連。入手困難なワインの一つとされています。

ロバート・パーカーは、ほとんどのワインに毎年90点以上をつけており、「私の愛するワイナリーの一つ」と評しています。
  • Dumol Isobel Chardonnay Charles Heintz Vineyard[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 15,180 のところ
販売価格 ¥ 14,300 税込
(0)
  • 白ワイン

パリンガ エステート エステート シャルドネ [2021]

パリンガのエステート シャルドネに使用されるブドウは、パリンガのエステート・ヴィンヤードとキャラナンズ・ロード・ヴィンヤードから収穫されたものです。手摘みで収穫されたブドウは全房圧搾され、果汁はフレンチ・オークのパンチョン樽(新樽比率35%)で発酵されました。最初は樽の中で毎月攪拌し、重さと複雑さを作り出しました。マロラクティック発酵は行っていません。

2021年は冷涼な年で収量が少なく、自然な酸が高いため、熟成のポテンシャルがあります。レモン・シャーベット、白桃、そしてマッチの微かな香りの表現豊かなアロマは、キレのある味わいにつながっています。生き生きとした果実のフレーバーは、キレのある酸によって縁取られ、ワインに長く伸びやかな余韻を与えています。


■パリンガ・エステートについて
パリンガ・エステートのオーナーであり、ワインメーカーのリンズィ氏は、オーストラリア/モーニントン・ペニンシュラ初の商業ワイナリーを造ったNat WhiteやBrian Stonierなどの著名なワインメーカーとともに、モーニントンのパイオニアの一人として数えられています。

メディアでも取り上げられることの多いパリンガ・エステートは、オーストラリアのワイナリーとして最も品評会の受賞が多いブティック・ワイナリーとしても知られています。また、2006年には、ジェームス・ハリデー・ワインコンパニオンでワイナリーに「5つ星」の評価がされました。
  • Paringa Estate Estate Chardonnay[2021]
  • オーストラリア/ヴィクトリア/モーニントンペニンシュラ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,050 のところ
販売価格 ¥ 6,001 税込
(0)
  • 白ワイン

ダッシュウッド シャルドネ マールボロ [2020]

熟したストーン・フルーツとトースティなオークの鮮やかなアロマが感じられます。クラシックなシャルドネのアロマに、柑橘類の皮のタッチが加わっています。味わいは素晴らしく、リッチでクリーミーなフルボディで、グリルしたピーチ、レモン、ブリオッシュが中盤にかけて感じられます。繊細なトーストしたオークとバランスのとれた酸味が、長く満足のいくフィニッシュへと導きます。


■ダッシュウッドについて
ダッシュウッドは、ニュージーランドのマールボロ内にあるワイン産地、アワテレとワイラウのベストなブドウをブレンドし高品質のワインを造り出す大人気ブランド。アワテレ・ヴァレーで初めてブドウを植樹した地域のパイオニア・ファミリー「ヴァヴァサワー」によって造られたブランドです。

また、ワイン業界でソムリエ協会に並んで人気のある資格「WSETR(Wine & Sprits Education Trust)=ワインとスピリッツにおける教育期間」のテイスティング講習でも、ダッシュウッドのソーヴィニヨンブランやピノノワールが使用されたことがあります。
  • Dashwood Chardonnay Marlborough[2020]
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,530 のところ
販売価格 ¥ 2,353 税込
(0)
  • 白ワイン

醸造担当はポール・ラトー!
シャトー イガイ タカハ トキメキ シャルドネ サンタ バーバラ [2017]

このシャトー・イガイ・タカハ Tokimeki(トキメキ)のワイン・メイキングを担当しているのは、カリフォルニアで高い評価をうけている醸造家ポール・ラトーです。

黄桃にローストしたパイナップルの香りや、キャラメル様のニュアンスがほんのり感じられる複雑なアロマを形成し始めています。柔らかく、滑らかなテクスチャーで、フレッシュな酸味が全体を引き締める味わいです。バニラやナッツなどのフレーヴァーとともに程よい厚みと凝縮度を持ち合わせながらもエレガントな余韻を持っています。


■シャトー・イガイ・タカハについて
シャトー・イガイ・タカハは、杉本隆英さんのこだわりと夢を沢山詰め込んだプライベート・ブランドワインです。ワインラベルには、自身の「家紋 丸に違い鷹の羽紋」をモチーフに、ワイン名は、アルファベットにしたCh.igai Takahaのi の点を左下に落としドットとして使い、シャトー・イガイ タカハとなりました。

和テイストの食事に合うよう上品に造り上げられたその味わいから、まさに、日本の文化「侘び・寂び」が感じられると高く評価され、JAL国際線ファーストクラスに採用されるほか、高級ホテル、高級旅館、ミシュラン星付きレストランなどでオンリストされるなど、注目のワイナリーです。
  • Ch.igai Takaha Tokimeki Chardonnay Santa Barbara County[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,800 のところ
販売価格 ¥ 8,800 税込
(0)
  • 白ワイン

日本人醸造家・平林園枝さんがカリフォルニアで造る
シックス クローヴズ シャルドネ リンダ ヴィスタ ヴィンヤード [2020]

日本人醸造家・平林園枝さんが表現するカリフォルニアのエレガンス。

ナパ・ヴァレー南側のサン パブロ湾からの冷たい霧が入り込むナパヴァレー/オーク・ノールに位置する、スティーヴ・マサイアソン氏が栽培を行うオーガニック畑「リンダ ヴィスタ ヴィンヤード」の葡萄がつかわれています。パッションフルーツやグレープフルーツのキャラクターが感じられる、豊かさとエレガンスが共存する素晴らしいシャルドネです。

契約畑、フレンチオーク(新樽29%)&ハンガリアンオークにて10ヶ月熟成しています。無清澄、無濾過でボトリングされました。アルコール度数13.1%。生産量170ケース。


■シックス・クローヴズについて
シックス・クローヴズを設立した平林園枝氏は、信州北アルプス山麓のリンゴ農家に生まれ、幼い頃から美しい自然に囲まれ、親戚が味噌醤油や酒造りを行っていたこともあり、「発酵」が常に身近にある環境で育ちました。

成人し、アメリカに渡り、ニューヨークでの商社勤務時代にワインの素晴らしさに魅せられ醸造家となることを決意した彼女は、UCデイヴィスで醸造学を修め2011年に卒業、ニュージーランドのクスダ・ワインズ、チリのモンセカーノ、ソノマのリトライ、ナパのマサイアソンを始めエレガントでフード・フレンドリーなワインを手掛ける、多くの一流生産者達の元で経験を積みました。そして、2017年、これまでの集大成として最初のワインをリリースしました。

そのコンセプトは、「繊細な味覚を持つ日本人にも愛されるカリフォルニアの風土を表すワイン」。

初ヴィンテージには、その土地固有の風土を鏡のように映すと言われるシャルドネを選びました。ものづくり精神の継承の意味を込め北陸の薬屋であった先祖の屋号「六丁字」にちなみ「Six Cloves」と名付けた、そのワインは丹精込めて仕上げられ、口の中に沁み込むような美しい酸と果実味のバランスを持つ素晴らしい味わいを持ちます。
  • Six Cloves Chardonnay Linda Vista Vineyard[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,140 のところ
販売価格 ¥ 6,980 税込
(0)
  • 白ワイン

シェーファー シャルドネ レッド ショルダー ランチ [2021]

クリーミーでリッチな複雑な風味とクリーンで豊かな酸味の調和。

シャルドネはカーネロスにある自社畑レッド・ショルダー・ランチ産。サンフランシスコ湾を丘から見下ろすことが出来、毎日早朝には丘にまで冷たい霧が達して留まります。しっかりとブドウは冷やされて豊かな酸味を持つのですが、やがて、霧も9時頃には引いていき日中は豊かな太陽光をたっぷりと浴びます。

表土が薄く、水分ストレスのかかるこの畑から収穫されるブドウは、非常に豊かな果実味と引き締まった酸味のバランスを持ったワインとなります。マロラクティック発酵(乳酸発酵)をせず、クリスピーなアタックが印象的なオールドスタイルに仕上げられています。

自社畑「レッド・ショルダー・ランチ」は、畑を荒らす害獣を食べ生態系を作ってくれている、肩の赤い鷹から名付けられています。ヒルサイド(丘)にある畑で、丘の下部では2.5t/ha、丘の上部では0.5t/haという驚くべき低い収量、しっかりと詰まった果実の凝縮感に納得です。

2021年は、メロン、スイカズラ、アプリコット、パイナップル、火打石などの明るくエレガントなアロマとフレーバーがグラスいっぱいに広がり、しなやかなストラクチャーと完璧なバランス、そして純粋で上品な酸からくるエネルギーでまとめあげられています。

自社畑レッド・ショルダー・ランチから収穫した葡萄は、全房プレスされ、野生酵母による発酵(オーク樽75%、ステンレスタンク25%)、マロラクティック発酵0%。フレンチオーク新樽75%、ステンレスタンク25%にて14か月間熟成しています。アルコール度数14.9%。
  • Shafer Chardonnay Red Shoulder Ranch[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,440 のところ
販売価格 ¥ 9,152 税込
(0)
  • 白ワイン

カベルネで人気ナパ・ハイランズが造る白ワイン
ナパ ハイランズ シャルドネ ナパ ヴァレー [2020]

2017年の年末に、ホンマでっか!?TVで、さんまが絶賛したことで、ナパ・ハイランズはカベルネが一気に人気を獲得しましたが、このシャルドネも素晴らしい味わいですので是非お試しくださいませ!!

色合いは麦わら色から黄金色。柑橘類や青りんごの爽快な香り、マンゴーなどのトロピカルフルーツ、メロンとフレンチオーク樽からくるリッチな厚みとハニーのニュアンスが混じります。クリーミーな口当たり、重すぎず、フレッシュで綺麗な酸と、白桃、ネクタリン、ライチなどの風味が広がります。シーザーサラダ、ホタテのソテーやクリーム煮、甲殻類と相性が良いです。

葡萄は、ナパヴァレー/クームスヴィル地区の畑から収穫したシャルドネが中心っとなっています。

クームスヴィル地区は、サンパブロ湾からの冷たい霧、風の影響を受けながらも、カーネロス地区のように直接、風が当たらないため、泡は冷たい霧が静かに充満し、昼間は暑すぎず温暖な気候と日の光を受け、夜になると冷たい風が優しく吹き込んできます。土壌は、水はけの良い火山性で、火山灰と砂利質の堆積土壌が混じります。

特徴のある気候と土壌から、葡萄は綺麗な酸を保ちながら、ゆっくりと完熟した葡萄となり、ナパヴァレー特有のトロピカル・フルーツの味わいが柔らかく表現され、リッチな口当たりと樽のニュアンスが絶妙にバランスをとり、複雑なアロマが印象的で、飲みごたえのある仕上がりとなっています。

醸造は、梗のついたまま優しくプレスし、ステンレス・タンクで2日間静置し、澱を落ち着かせた後、フレンチオーク樽にて醗酵(6か月間、澱を撹拌しながら熟成。リッチさと複雑な味わいを引き出す。)し、マロラクティック醗酵100%行っています。フレンチオーク樽(新樽50%)でトータル10か月熟成しています。熟成後、ステンレス・タンクに移して、味わいを落ち着かせてから瓶詰めしています。
  • NAPA HIGHLANDS Chardonnay Napa Valley[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,280 のところ
販売価格 ¥ 4,330 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA93点
  • WS91点

自社畑マウント・ハーランのシャルドネ
カレラ シャルドネ マウント ハーラン [2017]

カレラの自社畑マウント・ハーランのシャルドネから造られた白ワイン!!

マウント・ハーランの石灰岩を多く含む土壌で栽培されたこのワインは、冷涼気候のシャルドネの洗練された表現であり、グアバ、マンダリンオレンジ、フェンネル、杉のヒントの魅力的なアロマが感じられます。口に含むと、美しい厚みと豊かなテクスチャーが生き生きとした自然な酸味と調和し、白桃とパッションフルーツのフレーバーにピュアさと上品さを添えています。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤードは、モントレー湾の東25マイルのガヴィラン・マウンテンズに位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。

フレンチオーク樽(新樽30%)にて15か月間熟成されています。マロラクティック醗酵100%。アルコール度数14.5%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Chardonnay Mount Harlan[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,580 のところ
販売価格 ¥ 6,864 税込
(0)
  • 白ワイン

人気生産者「カトレア」のセカンド・ブランド
アルマ デ カトレア シャルドネ ソノマ [2021]

アルマ・デ・カトレアは、ワインメーカーの「ビビアナ・ゴンザレス・レーヴ」自身が手掛け、高い人気を誇るブランド「カトレア」のセカンド・ブランド!!

緑がかったレモン色と麦わら色の若々しい色調を持ち、さわやかな洋ナシ、ライムの皮、和梨、スイカズラの香りが満載です。蜜がたっぷり入ったリンゴ、レモンクリームパイのニュアンスが味わいを引き立て、生き生きとした酸味と塩味のミネラル感などの複雑な後味が印象的です。アルコール度数14.1%。

ブドウは、ソノマの冷涼地の畑から、シャルドネに適した冷たい海からの影響を受け、酸と口当たりのなめらかさとソフトな味わいに仕上がる畑を選抜しています。2021年は、ラシアン・リヴァー・ヴァレーと「トゥルー」ソノマ・コーストと言われるソノマ海岸沿いの秀逸な畑をブレンドしています。クローンは、4、95、オールド・ウェンテを使っています。

葡萄は明け方の涼しい時間帯に収穫され、すぐにワイナリーに運び込まれ、選果を行います。ソフトな圧搾を行い、果汁は一晩落ち着かせて大きな澱を取り除き、フレンチオーク樽225L(数年使いの樽)に丁寧に移して発酵と熟成を行っています。フレンチオーク樽(数年使い)で8か月熟成し、2022年5月23日に、人工的な清澄をせず瓶詰めしています。

アルマ・デ・カトレアではDIAMコルクを使用。コルクによる状態の悪いワインが発生することが無いように考慮しています。


■アルマ・デ・カトレアについて
アルマ・デ・カトレアは、ワインメーカーの「ビビアナ・ゴンザレス・レーヴ」自身が手掛け、高い人気を誇るブランド「カトレア」のセカンド・ブランドです。

アルマ(魂)・デ・カトレア(コロンビアの国花)は、ソノマを中心とした冷涼産地の選び抜かれた畑から造られ、家族や仲間と一緒に食事と共に楽しめるエレガントなワインを目指しています。

ビビアナ・ゴンザレス・レーヴはコロンビア出身、フランス・ボルドー、ローヌ、アルザス、ブルゴーニュ、南アフリカ、カリフルニアで修行し、現在はカリフォルニアに定住し、家族と共にワインを造っています。

ナパ・ワインで有名なパルメイヤーがソノマ・コーストで立ち上げたプレミアム・シャルドネ&ピノ・ノワールのブランド「ウェイフェアラー」の立ち上げに栽培、醸造面で関り、パーカー97+点を獲得するまで磨き上げたことで、2015年にサンフランシスコ・クロニクル紙が選ぶ「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した注目の女性ワインメーカーです。

2017年からバルメイヤーでも醸造責任者と勤め、2018年の収穫・醸造を終えてから退任し、2012年より造っていた自身のブランド「カトレア」に専念しています。
  • Alma De Cattleya Chardonnay Sonoma[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,050 のところ
販売価格 ¥ 5,580 税込
(0)
  • 白ワイン

フラッグシップ「侍」、最後のヴィンテージ
シャトー イガイ タカハ 侍 サムライ シャルドネ サンタ リタ ヒルズ [2019]

Ch.igai Takahaのフラッグシップ「侍」。

2006年より、シャトー・イガイ・タカハのワインメーカーとして共に歩んできたグレッグ・ブリューワー氏が退任します。それに伴い、ワイナリーのフラッグシップ「侍」は、残念ながら、2019年ヴィンテージが最後となりますので、ご希望の方は、お早めにどうぞ!

「侍」は、Ch.igai Takahaのワインの中でも高い人気を誇る漢字・ワイン・シリーズのひとつです。このシャルドネは、鋭い切れ味のClone4と温かさを感じさせるClone76のブレンドにより、鋭い切れ味の刀と温かい心を持つ真の侍を表現しています。

洋梨、カリン、白桃のニュアンスに、レモンのような清涼感もプラスされており、ヴァニラや白檀に鉱物的なニュアンスなど特徴的なアロマ。若々しくも、優しく滑らかなテクスチャーで凝縮感のある味わいにフレッシュな酸味と塩気がバランスよく引き締めます。抑制感を持ちつつも果実の豊かさを感じさせてくれる味わいです。


■シャトー ・イガイ ・タカハについて
シャトー・イガイ・タカハは、杉本隆英氏のこだわりと夢を沢山詰め込んだプライベート・ブランドワインです。「Ch.igai Takaha」のワイン・ラベルには、自身の「家紋 丸に違い鷹の羽紋」をモチーフに、ワイン名は、アルファベットにしたCh.igai Takahaのi の点を左下に落としドットとして使い、シャトー・イガイ タカハとなりました。

和テイストの食事に合うよう上品に造り上げられたその味わいから、まさに、日本の文化「侘び・寂び」が感じられると高く評価され、JAL国際線ファーストクラスに採用されるほか、高級ホテル、高級旅館、ミシュラン星付きレストランなどでオンリストされるなど、人気の生産者です。
  • Ch.igai Takaha Samurai Chardonnay Santa Rita Hills[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ/サンタリタヒルズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,800 のところ
販売価格 ¥ 7,447 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WS92点

ルイス セラーズ シャルドネ ナパ ヴァレー [2021]

ルイス・セラーズが造るナパ・ヴァレーのシャルドネです!!

2021年の傑出したヴィンテージのナパ・ヴァレーのシャルドネは、華やかで本格的な味わいを持つ魅惑的なワインです。青い洋ナシ、白い花、バニラカスタード、火打石を思わせるアロマを持ち、クリーミーなテクスチャーとバタースコッチのような甘くリッチな味わいが広がります。さらに、自然な酸味とオークのニュアンスで縁取られ、長くゆったりとしたフィニッシュを持ちます。

シャルドネは梗のついたまま優しくプレスし、フレンチオーク樽で発酵・熟成。バトナージュ(澱を撹拌)し、マロラクティック発酵を100%行い、清澄やフィルターがけせずにボトリングしています。


■ルイス・セラーズについて
ルイス・セラーズのオーナー、ランディ・ルイス氏は、フォーミュラ3のレーシング・ドライバーなど23年間に渡り、プロのレーサーとして活躍しました。レーサーとしてヨーロッパに滞在している時代に、各地の素朴なワインや、ヨーロッパの生活様式に大変興味を持ちました。帰国後の1983年~1991年の間にフォーミュラ・5000、CAN NAM、インディ・カーなどで活躍、引退後の1992年にルイス・セラーズを設立しました。

2001年のプレミア・ナパヴァレー・オークションでは、並み居るカルトワインを押さえて最高落札額を記録、世界的な知名度を誇るカルト・ワイナリーとしての現在の地位を築きました。

完熟したブドウを使ったナパらしい力強いスタイルを得意とし、2016年ワイン・スペクテーターTOP100では、第1位に、ルイス・セラーズのカベルネ・ナパ・ヴァレー2013年が選出されました。

1999年からデビーの息子デニス・ベル氏が加わり、のちに社長就任。2021年9月にJustin Vineyards&Winery/The WonderfulCompanyの傘下に入りましたが、現在でもデニス氏が社長を務めています。
  • Lewis Cellars Chardonnay Napa Valley[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 13,200 のところ
販売価格 ¥ 10,824 税込
(0)
228件中 1-20件表示
1 2 12