ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ソーヴィニヨンブランSauvignon Blanc

ソーヴィニヨン・ブラン特集

こちらもあなたに飲んでほしい
おすすめソーヴィニヨンブラン

  • アラン スコット ソーヴィニヨンブラン

    アラン スコット
    ソーヴィニヨンブラン 2021

    奇をてらわない王道の旨さ!
    2021年ワインスペクテイターに『価値ある安旨ワイン』として選出されたコスパ抜群の1本。日本で取り扱っているショップは極わずか、 知らなきゃ損する貴重なバリューワインです。
    ワイン・スペクテイター:93点 ニュージーランド

    ワインを見る

  • インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン 2019

    インヴィーヴォ マールボロ
    ソーヴィニヨンブラン 2019

    フレッシュなハーブや青草、フローラルなライムの香りが立ち昇ります。活気に満ちた新鮮でみずみずしい味わい。トロピカルフルーツのニュアンスも。味わいに厚みのある辛口ソーヴィニヨンブランです。棒々鶏や甘酢系の中華、しゃぶしゃぶなどと一緒にどうぞ。ニュージーランド

    ワインを見る

  • ショウ アンド スミス ソーヴィニヨン ブラン 2020

    ショウ アンド スミス ソーヴィニヨン ブラン 2020

    豪州人初のマスター・オブ・ワインが手がけるショウ・アンド・スミス。国際的にも評価は高く、豪州屈指のプレミアムワインとして毎年多くの賞を受賞しています。このワインを始め、人気銘柄は世界各国のハイエンド・レストランでも採用。ワイン・スペクテイター:90点 オーストラリア

    ワインを見る

  • キムラ セラーズ ソーヴィニヨン ブラン マールボロ ホーム ブロック ヴィンヤード 2021

    キムラ セラーズ ソーヴィニヨン ブラン マールボロ ホーム ブロック ヴィンヤード 2021

    木村滋久さんがニュージーランドの自社畑で造る逸品!芳醇な桃や洋梨、トロピカルな香りに、ハーブや白い花が調和した香りが溢れます。
    フレッシュな酸味と爽やかな果実のバランスがとれ、エレガントと力強さを兼ね備えたワインです。ニュージーランド

    ワインを見る

  • ヴァンダル ゴンゾー レジスタンス ( ソーヴィニヨン ブラン )2021

    ヴァンダル ゴンゾー
    レジスタンス (ソーヴィニヨン ブラン) 2021

    レジスタンスは入荷数が少なく、今年ワッシーズが入手できたのは、たった24本のみの希少品。ヴァンダルは「マールボロの伝統的なワインスタイルを破壊し、新たな可能性を拓く」ために2016年にスタートしました。このワインを造るワインメーカー3人組が「誰なのか」は公開されていませんが、NZでも著名な方たちだとか。ニュージーランド

    ワインを見る

  • シェアード ノーツ レ ルッソン デ メートル 師匠の教え 2020

    シェアード ノーツ レ ルッソン デ メートル 師匠の教え 2020

    名門ピゾーニのワインメーカー ジェフ・ピゾーニと、今注目の醸造家ビビアナ・コンザレス・レーヴの最強夫婦コラボで生まれるワイン。『師匠の教え』は、ビビアナのボルドー修行時代の師匠ジャン・フィリップ・マスクレフ(シャトー・オーブリオンのエノロジスト)の教えに敬意を表して造るボルドータイプです。ワイン・スペクテイター:92点 カリフォルニア

    ワインを見る

私市友宏&レベッカ夫婦が造るナパ・ソーヴィニヨンブラン

マボロシ 幻 ソーヴィニヨンブラン ナパ ヴァレー 2018

マボロシ 幻 ソーヴィニヨンブラン ナパ ヴァレー 2018

日本人醸造家、私市友宏さん&レベッカさん夫婦の冒険心から、新たな品種への挑戦として造られた、ナパ・ラザフォードのソーヴィニヨンブラン。2018年が2度めのヴィンテージです。
2018年はグリーンアップル、ライムの皮、桃の花のアロマが豊富。はじけるような爽やかさ、パイナップル、シトラスフルーツの味わいが口に広がります。ネクタリンに、ほんのりと重なるオークの香り。素晴らしい酸がとても心地よいこのワインは、新鮮なホタテやオイスター、ライムのセヴィーチェなどとの組み合わせがおすすめ。 カリフォルニア

ワインを見る

79件中 1-20件表示
1 2 4
  • 白ワイン

ジョエル ゴット ソーヴィニヨン ブラン カリフォルニア [2021]

ナパ、ソノマ、モントレー、サンタ・バーバラ、レイクのブドウをブレンドしています。低価格なソーヴィニヨン・ブランにありがちな青臭さは、ほとんどなく、きれいな酸味とほんのりとしたハーブ香が食欲をそそる爽やかな白ワインです。樽を使わず、和食を含め幅広い食事になじむ繊細な味わいです。

2021年 ジョエル・ゴット カリフォルニア ソーヴィニヨン・ブランは、ハニーデューメロン、桃、ライチのアロマに柑橘系のニュアンスが感じられます。口に含むと、トロピカルフルーツのフレーバーが広がり、中盤にはキリッとした爽やかな酸味が続き、長くきれいなバランスの良いフィニッシュには、ルビーレッドのグレープフルーツのノートが感じられます。

契約畑、発酵:ステンレス・タンク、熟成:ステンレス・タンクにて。


■ジョエル・ゴットについて
ジョエル・ゴットは、「有名醸造家に会いたければ、ワイナリーではなくランチタイムにここに行け!」と言われる、ナパの人気レストラン「Gott's Roadside」のオーナーであるジョエル・ゴット氏と、クインテッサやジョセフ・フェルプスなど超一流ワイナリーの元敏腕ワインメーカーであるサラ・ゴット夫人の夫婦が手掛けるコストパフォーマンス抜群のワインです。
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,475 税込
  • 白ワイン

アルノー ロバーツ ソーヴィニヨンブラン ランダル ヒル ヴィンヤード ヨークヴィル ハイランズ [2020]

■アルノー・ロバーツについて
アルノー・ロバーツは、ニューヨークとサンフランシスコのソムリエの間でカルト的な人気を誇る生産者です。ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノー氏と、樽職人のネイサン・ロバーツ氏の2人の幼馴染みによるコラボ・ワイナリーです。

現在のカリフォルニアワインに強い影響を与えた「The New California Wine」には、一章全てがアルノー・ロバーツについて書かれてます。更に、2012年にはアメリカの全国紙「San Francisco Chronicle」にてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、注目を浴びているコンビです。

ネイサン氏とダンカン氏は、珍しい品種の栽培や、通常、温暖な気候に適した品種を冷涼な環境で育てる等、カリフォルニアの土壌のポテンシャルを最大限に引き出すことができる才能溢れる生産者です。

ワインは土着酵母で発酵され、ほとんどは旧樽のみで熟成をし、ブドウ本来が持つフレーヴァーを重視します。多様性の時代に入ったカリフォルニアワインのスタイルにおいて、「土地固有の風土を表す本来のエレガントなワイン造り」をスローガンに、革命を起こそうとしている「ニュー・カリフォルニア」スタイルを代表する生産者です。
通常価格 ¥ 5,830 のところ
販売価格 ¥ 5,830 税込
  • 白ワイン

スタッフ一押し!タスマニア島のソーヴィニヨン・ブラン
ムーリラ プラクシス ソーヴィニヨン ブラン [2021]

夏らしい、トロピカルな饗宴。草原に咲く花々(芝生、スグリ、新鮮なイチジク)の香りに、トロピカルなキャラクターと白スグリの豊かな香りが、爽やかでキリッとした酸味と共に広がります。温度帯により味わいが変わるので、最初は良く冷やしてから徐々に変化を楽しみながら飲むのがお勧めです!!

ワイン名にあるPRAXIS(プラクシス)は、練習や実習などの意味があります。ムーリアの数あるワインの中でも、「まずは、このレンジから。」というメッセージが込められています。


■ムーリアについて
オーストラリア/タスマニア島にあるムーリアのオーナーは、プロのギャンブラーであり、ポーカーで稼ぎに稼ぎ、巨万の富を手に入れた大富豪デイビット・ウォルシュ氏です。自閉症だったデイビット・ウォルシュ氏は特異な記憶力を持ち、トム・クルーズとダスティン・ホフマンの主演する映画「レイン・マン」さながらに、出されたカードを全て記憶し、頭の中で勝率を導き出し、大勝ちを続けるという信じられない逸話を持っています。

また、アートに興味を持ち、オーストラリア/タスマニア島に住み、美術館「Museum of Old and New Art」(通称MONA)を所有しています。「Cult&Sex」をテーマとした、この美術館は、今もっともクールな場所と言われているそうです。ワインのラベルにもアート性があり、クールなものが多いのは、この美術館に由来しています。

1995年に、デビッド・ウォルシュ氏は、ムーリラを購入し再建します。2007年には、ジェームズ・ハリデイから紹介されたカナダ出身の醸造家コナー・ヴァン・デル・リースト氏を説得して、ムーリラの舵取りを任せることにします。コナー氏のワイン造は、新世界の果実味と旧世界の複雑さを合せ持つワインに加え、ムーリラのテロワールを表現するように仕上げられています。
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 3,300 税込
  • 白ワイン
  • WS90点

オーストラリア人初のマスター・オブ・ワインが造るワイン
ショウ アンド スミス ソーヴィニヨン ブラン [2020]

アデレード・ヒルズで手摘み収穫される豪州を代表するソーヴィニヨン。ピンク・グレープフルーツを想わせるフレッシュで丸みのある果実味とクリスピーな酸の調和が見事な白ワインです。

土壌は、鉄鉱石、珪岩、頁岩の母岩の上に赤粘土、砂質ロームが広がります。醗酵はステンレスタンク、熟成はステンレスタンクで澱と共に4カ月熟成しています(マロラクティック醗酵なし)。


■ショウ・アンド・スミスについて
ショウ・アンド・スミスは、オーストラリア人初のマスター・オブ・ワインであるマイケル・ヒル・スミス氏と、オーストラリア国内のみならずニュージーランド、フランス、イタリア、スペイン、チリといった多くの国々で醸造家として、またコンサルタントとしても活躍するマーティン・ショウ氏が、1989年に設立したワイナリーです。

国際的にも高く評価され、豪州屈指のプレミアムワインとして多くの賞を毎年受賞しています。また、蔵の顔とも言えるソーヴィニヨン・ブランやM3シャルドネを含む人気銘柄は世界各国のハイエンドなレストランで採用されています。
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,571 税込
  • 白ワイン
  • WS92点

インヴィーヴォと有名ハリウッド女優のコラボ・ワイン
インヴィーヴォ X SJP ソーヴィニヨン ブラン (サラ ジェシカ パーカー) [2021]

「INVIVO(インヴィーヴォ)」とサラ・ジェシカ・パーカーのコラボレーションワイン!

「セックス・アンド・ザ・シティ」で有名なハリウッド女優であり、ニューヨークのアイコン的存在、サラ・ジェシカ・パーカーがニュージーランドのワイナリーとタッグを組み、特別なワインをリリースしました。サラ・ジェシカ・パーカーが深くワインメイキングに関わり、自身の感性を通して追求したテイストのソーヴィニヨン・ブランです。

グレープフルーツやパッションフルーツ、ライムの香りが立ち昇ります。芳醇なフルーツ感が広がる味わいで、みずみずしさと、ふくよかさがバランスよく調和し、綺麗な酸味がテイストを見事に引き締めています。

マールボロの5つの個性的なヴィンヤードのからのワインを絶妙にブレンド。ワイホパイヴァレーのパワフルなテイストに、ウエスタン・ワイラウのピュアでアロマティックなフルーツ感、そして冷涼なダッシュウッドの綺麗な酸味とタイトな質感が調和しています。
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,406 税込
  • 白ワイン

アルファ オメガ 2 スクエアー ソーヴィニヨンブラン ナパ ヴァレー [2017]

コットンキャンディー、ヌガー、白桃、カルダモン(ショウガ科)、すもも、ブラッドオレンジジュース、ツゲの木の葉、朝露の香り。口の中では、フレッシュなライムジュースや柑橘果実の砂糖漬けにしたピール、キャラメルキャンディー、竹林のニュアンスを感じます。ほのかにバナナを剥いた時に感じるニュアンスやフレッシュストロベリーを思わせる味わいが感じられます。フレッシュで美しい酸味の余韻が長いです。ステンレスタンク発酵、ステンレスタンクにて5か月間熟成しています。アルコール度数:14.1%。


■アルファオメガについて
ナパの最高峰が集うラザフォード地区に優美に佇むブティック・ワイナリーが、アルファオメガ・ワイナリーです。2006年、ロビン・バジェットとエリック・スクラーによって設立。高品質のブドウを丁寧に醸造できる最新施設を建設し、万全の体制でワイン造りに臨みました。

醸造コンサルタントにワイン界の巨匠ミシェル・ロラン氏を迎え、醸造家ジョン・ホフリガー氏の指揮のもと、クオリティの非常に高いワインを造っています。醸造家のジョン・ホフリガー氏はランシュ・バージュ、カルボーニュでワイン造りに参加し、ボルドーでクラシックな醸造を学び、その後カリフォルニアへ渡り、5年間ニュートンでのニューワールドの醸造経験を積んだのちに、アルファ・オメガに参画しました。

また、醸造コンサルタントであるミシェル・ロラン氏の醸造スタイルは、カリフォルニアで不動の人気を誇り、多くの影響を与えています。アルファオメガのワインは、ワイナリーVIPやクラブ会員などの限られた人しか入手できず、現地でも入手困難。ブティック化されたワインは、日本でもめったにお目にかかることはできません。見つけたら必ず買うという熱狂的なファンもいるほど、希少性の高いワインです。
通常価格 ¥ 4,950 のところ
販売価格 ¥ 4,950 税込
  • 白ワイン

ルリ ソーヴィニヨンブラン アロヨ セコ [2019]

桃、グレープフルーツ、熟したレモンやライチの香りが感じられます。生き生きとしたミディアム・ボディのワインで、クリーンで複雑なフィニッシュが続きます。マロラクティック発酵行わず、古樽100%で熟成しています。アルコール度数13.6%。


■ルリ・ワインズについて
ルリ・ワインズは、カリフォルニアにおけるピノノワール栽培と醸造の名門ピゾーニのディストリビュータであり、またマスターソムリエでもあるサラ・フロイド女史のアイデアで2007年に始まりました。

彼女は、美味しく、もっと手頃な価格のワインを作りたいと考えており、この点でピゾーニと考えが一致しました。ピゾーニが、葡萄の調達とワイン醸造を受け持ち、サラがセールスとディストリビューションを担当するルリ・ワインズがスタートしました。現在はシャルドネ、ピノノワ ール、ソーヴィニオンブラン、シラー、そしてロゼが作られています。

葡萄はピゾーニヴィンヤードのものではありません。ピゾーニで葡萄栽培を担うマーク・ピゾーニが、彼の良く知る複数のヴィンヤードから調達しています。人手によるワイン醸造で高品質なワインを作っていますが、古樽を使うなどコスト削減に努めリーズナブルな価格を実現しています。
通常価格 ¥ 4,620 のところ
販売価格 ¥ 4,378 税込
  • 白ワイン

トゥー リバーズ コンバージェンス ソーヴィニヨン ブラン マールボロ [2021]

マールボロのアワテレ、サザンヴァレー、ラパウラに位置する5つの異なるヴィンヤードから収穫したソーヴィニヨンブラン。それぞれの特徴的なミクロクリマを投影した風味を掛け合わせて、ワインメーカーのデイビッドが「Convergence」なソーヴィニヨンブランとして表現しています。最適な熟度で収穫されたぶどうは、ピュアな果実味と個性を最大限に引き出すため、優しいプレスののち低温で発酵。3ヶ月間澱とじっくり寝かせます。更にテクスチャーや複雑さ、味わいの広がりを持たせるため、合計約12%を古樽(6ヶ月)、エッグタンク(コンクリート)、アンフォラでの熟成をおこなっています。

ブラックカラントや白桃、チョーキーなアロマが特徴的で、エルダーフラワーやいちじく、百合の香りと共に広がります。味わいは凝縮して風味と優雅さがあり、辛口で爽やかです。マンダリンピールやグレープフルーツのニュアンスとリフレッシュ感のある酸味が心地よい仕上がりです。
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,948 税込
  • 白ワイン

1000円台のおススメ!ソーヴィニヨン・ブラン
ランチ32 ソーヴィニヨン ブラン [2020]

日中は暖かく、午後になるとモントレー湾から涼しい風が吹いてくるため、激しい寒暖差によるメロンやトロピカル・フルーツのフレーバーが引き立ちます。柑橘系の香りに、ほんのり花のニュアンスが加わり、ミディアム・ボディの味わいに、青リンゴとグアバの愛らしさが広がります。鮮やかなフルーツの余韻が長く続き、さわやかな味わいで飲み飽きません。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、創設者アル・シャイドが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,762 税込
  • 白ワイン
  • WS92点

カリフォルニア初のパーカー100点生産者「グロス」
グロス ソーヴィニヨンブラン ナパ ヴァレー [2020]

ソーヴィニヨン・ブランを主体に、丸みやボディを与えるためにセミヨンをブレンドしています。ジャスミン、白桃、マンゴーのようなトロピカル・フルーツに、フレッシュなレモンの魅力的なアロマ。レモンやグレープフルーツを思わせる爽やかなフィニッシュにはクリスピーな酸が感じられます。オーク古樽93%(シュールリー)、ステンレスタンク7%にて3ヶ月熟成しています。アルコール度13.9%。

このソーヴィニヨン・ブランの爽やかできれいな酸味と豊かな果実味は、淡白な魚の調理法を上手く補完し、生牡蠣や寿司、貝類、白身の肉、アジア料理や大胆なスパイスの効いたカレー料理などと相性がよいです。

このワインは、オークヴィル・エステートで栽培された葡萄と、ナパ・ヴァレー内の多様な気候を代表する厳選された生産者の葡萄から造られています。温暖な地域では、メロンと柑橘類の特徴を持つアロマとフレーバーのソーヴィニヨン・ブランができます。冷涼な地域では、しっかりとした骨格を持つ果実が得られ、ワインに刺激的な活力を与え、シュール・リー熟成による豊かなクリーミーさとのバランスをとっています。セミヨンはオークヴィル・エステートで栽培され、口当たりに丸みと重みを与えています。


■グロスについて
デニス&ジュディ・グロス夫妻が、1981年にナパ・ヴァレー/オークヴィル・クロスロードに畑を購入し、1982年にワイナリーを設立しました。これは、まだカルト・ワイン・ブームが巻き起こる前の事です。この地で素晴らしいワインができると信じた彼らの予感が正しい事は瞬く間に証明されることになります。

ワイン・アドヴォケイト誌のロバート・パーカーは、グロスの1985年カベルネ・リザーヴに、【 カリフォルニアワイン初めての100点 】を与えました。ワイナリー設立から、わずか3年での大快挙です。その後も、ワイン・スペクテイター誌で毎年発表されるThe Top100 Winesでは、1990年以降、7度にわたり選出(1990、1994~1996、1998、2000)、1996年では、ロバート・モンダヴィやシルバー・オーク、シャーファーといった錚々たる顔ぶれを抑え、見事2位に輝いています。

そこから、評価誌上で姿を消したのには訳があります。カベルネの所有畑が、病害に侵され全面改植を余儀なくされ、その期間、フラグシップであるリザーヴの生産中止を決定したためです。それによる損失は5億円を越えたといわれています。植替直後の若木も安定しはじめ、テロワール表現ができるようになってきた近年、再度評価紙上の高スコア常連の顔ぶれとなっています。 見事、ワイン・スペクテイター誌の2019年The Top100 Winesにて第4位に返り咲き、 完全復活を遂げました。今後も、ますます目が離せないワイナリーです。
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 3,990 税込
  • 白ワイン

エモロー ソーヴィニヨンブラン (ワグナー ファミリー オブ ワイン) [2020]

カリフォルニアで最も歴史ある家族経営の名門ワグナー ファミリー オブ ワインが、カリフォルニアで造るソーヴィニヨン・ブラン。

このソーヴィニヨン・ブランは、ナパ郡の畑とソラノ郡のスイサン・ヴァレーの畑(約40%)のブドウを使用して造られる白ワインです。爽快なミネラル感とフレッシュ感や柑橘系の風味をご堪能いただけます。

黄金色のシルクのような色合いで、ネクタリンやハニーデューの香りに、柑橘類の花や香ばしいレモンスコーンの香りが重なっています。2020年の早朝の霧のようなフレッシュさを感じさせるミネラル感が特徴的な香りです。

エントリーは軽くて無駄がなく、ジューシーなレモンのフレーバーが現れるにつれて、味わいが明るくなり広がります。生き生きとした酸がフィニッシュまで続き、爽やかなクリスピーさと濡れた石のような余韻をもたらします。


■エモローについて
エモローは、1994年にナパ・ヴァレーの中でも冷涼産地、オーク・ノール・ディストリクトにて、ケイマス・ヴィンヤーズの当主チャック・ワグナー氏の妻、シェリル女史によって設立されたワイナリーです。現在は、シェリル女史の長女、ジェニー・ワグナー女史がワインメーカー兼オーナーを務め、ワイン造りを継承しています。

元々シェリル女史の祖父サルヴァトーレ・エモロー氏が、出身地であるイタリア・パレルモにちなんでセント・ヘレナに設立した「パレルモ・ワイナリー」が前身で、ワイナリー名のエモローはそのファミリーネームから取っています。
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,971 税込
  • 白ワイン

アミスフィールド ソーヴィニョンブラン [2021]

パッションフルーツ、グリーンパイナップル、ライム、エルダーフラワーの香りが漂うアロマティックな香り。味わいは、パンチの効いた酸味と強烈なトロピカルフルーツのフレーバーが調和しています。ジューシーでエネルギッシュなワインです。


■アミスフィールドについて
アミスフィールドのワイナリーと畑は、ニュージーランド/セントラル・オタゴのピサ・レンジの麓、レイク・ダンスタンの西側、標高230mの場所に位置しています。

アミスフィールドのワインに用いられるのは全て自社畑産のブドウです。「素晴らしいワインは、造るのではなく畑から産まれるもの。」という哲学のもと、最新技術に頼るのではなく、自然の力に任せ、土地とブドウの個性を反映したワインメイキングを心がけています。

国内外での評価も高く、ワイン・スペクテイター誌「ニュージーランド・ベスト6 ピノ・ノワール生産者」として選ばれた実績を持ち、さらに、ニュージーランド政府推薦のもと英国王子夫妻も訪れたことで世界的な注目が集まるワイナリーです。
通常価格 ¥ 3,850 のところ
販売価格 ¥ 3,231 税込
  • 白ワイン

仮面を被った3人の謎のワインメーカーが造る
ヴァンダル ゴンゾー レジスタンス ( ソーヴィニヨン ブラン ) [2021]

マールボロのサザン・ヴァレーのシークレット・スポットにある樹齢35年のソーヴィニヨン・ブランを手摘みしています。全房で自発的なマセラシオン・カルボニックを促し、果皮と共に発酵しています。発酵後に、プレスして300Lの古樽で、全ての澱と一緒に6ヶ月間の樽熟成しています。野生酵母での発酵、100%のマロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。残糖1.0g/l。アルコール度12.0%。

※2021年は、発酵中にブラフ・オイスターを投入していません。


■生産者ヴァンダルについて
「ヴァンダル」は、マールボロを拠点とする 3 人のワインメーカーが、「マールボロの伝統的なワインスタイルを破壊して新たな可能性を拓く」ために 2016 年にスタートしたシークレットプロジェクトです。ワインメーカーの詳細もシークレットです。

マールボロで生まれた葡萄を自然酵母で発酵し、自由な発想とナチュラルなアプローチにより、マールボロワインのスタイルに新たな可能性を拓くべく、挑戦的なワイン造りを追求しています。
通常価格 ¥ 4,070 のところ
販売価格 ¥ 3,630 税込
  • 白ワイン

ダオ ソーヴィニヨンブラン パソ ロブレス [2020]

南カリフォルニア/パソロブレスで造られるリッチで魅力的なソーヴィニヨン・ブラン!!

グーズベリーとレモングラスの香りに続き、パイナップル、キウイ、グレープフルーツの魅力的な香りが感じられます。 ライムの皮、カリン、アカシアの花の香りがアロマの輪郭を引き締めます。

口に含むと、ジューシーなパイナップル、グリーンアップル、キウイ、メロンなどの食欲をそそるフレーバーが広がり、クリーンで生き生きとしたエレガントな味わいが広がります。キーライム、白桃、ドラゴンフルーツ、シトラスの余韻が長く美しいフィニッシュへと続きます。アルコール度13.7%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 4,180 税込
  • 白ワイン

ダッシュウッド ソーヴィニョンブラン マールボロ [2021]

ワイン業界でソムリエ協会に並んで人気のある資格「WSET」のテイスティング講習でも使用されたこともあるソーヴィニヨン・ブランです!!
通常価格 ¥ 2,200 のところ
販売価格 ¥ 2,090 税込
  • 白ワイン

ナパヴァレーのソーヴィニヨンブランから造られる
スタッグス リープ ワイン セラーズ アヴィータ ソーヴィニヨン ブラン ナパ ヴァレー [2020]

1976年に開催された「パリスの審判」と言われるフランス対カリフォルニアのブラインド・テイスティングでカリフォルニア・ワインの素晴らしさを世界中に知らしめたアメリカを代表する生産者スタッグス リープ ワイン セラーズが造るナパヴァレーのソーヴィニヨン・ブランです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン83%、ソーヴィニヨンムスク13%、セミヨン3%、マスカットカネリ1% おすすめソーヴィニヨンブランを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,873 のところ
販売価格 ¥ 3,898 税込
  • 白ワイン
  • WS90点

ペレグリン ソーヴィニヨン ブラン セントラル オタゴ [2020]

オーガニック認証を受けたペレグリン・エステート・ベンディゴ(52%)とクロムウェル・ベイシン(48%)の畑で、手摘みで収穫されたブドウがつかわれています。

セントラル・オタゴの2020年のシーズンは、寒く乾燥した冬に始まり、その後、暖かい夏を経て、秋には素晴らしい状態に熟した果実の時期を迎えました。その結果、ぶどうは小ぶりで、素晴らしい清らかさや力強さを併せ持つ房と果実に育ちました。

手摘みで収穫後、全房プレスと除梗した果実の組み合わせで、少しの時間スキンコンタクトを行い、ステンレス・スチールによる低温発酵しています。

パッション・フルーツやフェイジョア、ライムの香りがあります。さやえんどうと、フェンネルのほのかな香りが印象的です。独特のミネラル感と繊細な口当たりを兼ね備えた、生き生きとしたアロマと純粋な味わいが感じられます。
通常価格 ¥ 3,509 のところ
販売価格 ¥ 3,509 税込
  • オレンジワイン

NZのレジェンド、キムクロフォード夫妻が造るワイン
ラブブロック ティー ソーヴィニヨン ブラン マールボロ [2021]

ラブブロックは、ニュージーランドワイン業界のレジェンド、キムクロフォード夫妻が設立した自身のワイナリーです。
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 2,838 税込
  • 白ワイン

繊細なアロマと複雑味のあるソーヴィニョン・ブラン
ピーター フラヌス ソーヴィニヨンブラン ナパ ヴァレー [2019]

うっすらとした麦わら色。フローラルでシトラス、ジンジャーやストーン・フルーツのアロマは繊細で、ミネラルさをほんのりと感じさせます。一般的なソーヴィニヨンブランを彷彿とさせるフレーバーを感じさせない特徴的な一本です。


■ピーター フラヌスについて
ピーターフラヌスは、ナパヴァレー随一のジンファンデルを生み出すワインメーカーであり、ワイナリーです。

当主であるピーターは 1978年にワインの世界に入りました。のちに、彼らのブドウ造りの要となるマウント・ヴィーダー・ワイナリーでワインメーカーとして働く機会を得たのちに、1987年に自身の名を冠したワインをリリースします。それから40年近く、妻のディアンヌと共にナパヴァレーの土地でブドウと向き合いながらワイン造りを続けています。
通常価格 ¥ 6,160 のところ
販売価格 ¥ 4,963 税込
  • 白ワイン

岡田岳樹氏がニュージーランドで造る
フォリウム ヴィンヤード ソーヴィニヨンブラン リザーヴ マールボロ [2019]

ニュージーランド・マールボロの特徴を日本人生産者の岡田岳樹氏が有機栽培農法で丁寧に表現したワインです。

しっかりとした骨格、芯のある強さ、どっしりとした密度をゆったりと楽しむ旨味が重厚なソーヴィニヨン・ブランです。どっしりとした厚みと骨格がありながら、繊細な口当たりです。バターを使った魚料理、鶏料理などと相性が良いです。

畑は、1996年植樹。栽培面積 0.9ha。植樹密度4200 本/ha。粘土質と砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。グイヨ仕立て。醸造は、ステンレスタンク醸造、熟成。マロラクティック発酵なしです。


■フォリウム ヴィンヤードについて
フォリウム ヴィンヤードは、岡田岳樹さんが設立したワイナリーです。2003年に、フランス/サンセールのドメーヌ・ アンリ・ブルジョワが手がけるニュージーランド/マールボロのクロ・アンリに加わり、栽培責任者として2009年まで働きました。その後、2010年に自身のレーベルであるフォリウム・ヴィンヤードを立ち上げました。

「高品質なワインを造る一番の近道は高品質なぶどうを育てることです。」と栽培・醸造家の岡田さんは語ります。畑での徹底した収量制限、除葉を始めとするキャノピーマネージメントを行い、秋には完熟した果実を全て手摘みで収穫します。収穫したぶどうの個性を最大限に生かす為、醸造での人的関与を必要最小限に留め、フォリウム・ヴィンヤードのテロワールを反映させたワインを生産しています。

ニュージーランドのクリーンな環境を維持する為、有機農業認定機関「Biogro(2014 年に認定取得)」の規定に則った農法を行っています。
通常価格 ¥ 5,280 のところ
販売価格 ¥ 4,224 税込
79件中 1-20件表示
1 2 4