ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ウインダウリー エステートWindowrie Estate

ウィンダウリー サクラ・シラーズ

美しい桜のワインが伝える「歴史」と「願い」

このワイン、『サクラ・シラーズ』に描かれている桜には、オーストラリア/ニューサウスウェールズ州・カウラ地区の深い歴史と想いが込められています。

第二次世界大戦中の1944年、ここカウラの地で捕虜になっていた日本兵約1000人余りが大脱走を企てる事件が起こりました。脱走とはいえ、実際は戦陣訓の教えの元、「名誉の死」を遂げるための行動であり、この事件で200名以上もの死者を出しました。

カウラの人々は事件で命を落としてしまった日本兵を手厚く葬り、日本との友好関係を深めるために本格的な日本庭園や日本文化センターを作りました。

さらには日本人墓地から日本庭園までの5kmの間に約2000本の桜を植え、毎年10月頃には桜祭りが行われるようになったのです。

ウッドブロック・サクラ シラーズは、国際理解を象徴するカウリの桜をモチーフに、平和への想いとともに造られました。

この美しい桜のラベルのワインは、お花見の季節にお楽しみいただきたいのはもちろんですが、改めて平和への想いを感じていただきたい1本です。

メディア掲載

●漫画「ソムリエール」(le vin #33「それぞれの桜」)
●日本テレビ開局55年記念スペシャルドラマ「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」
-カウラ捕虜収容所からの大脱走-を題材にしたドラマとして放映。

ウインダウリー・エステートについて

ウインダウリー・エステート

ウインダウリ エステイトはシドニーより車で西へ5時間ほどの所に位置するカウラ地区初のブティック・ワイナリー。

ワイナリーは1861年に建てられた歴史的建築である製粉所(ミル)を改築しセラー、テイスティングルームとして使用されています。

ワインメーカーでオー ナーのデイビッド・オデア氏は1959年にウインダウリーを購入。1961年にホークスブリー大学農学部を卒業し、ハンター・ヴァレー近くの農場育ちの ウィズと1964年に結婚後、2人3脚で穀物類を育て農場を切り開いてきました。

1980年代に入り、ブドウ栽培へと移行したことはオデア・ファミリーに とって大きな決断でした。始めは上手くいかないこともあり、試行錯誤の繰り返しでしたが、今ではこの地域・カウラ地区初のワイナリーとして 大成功をおさめ、家族全員がワイナリーの運営に携わり成長しつづけており、現在、4人の兄妹がワイナリーの軸となっています。

並び替え
1件中 1-1件表示
  • 赤ワイン

桜ラベルが印象的な濃厚な赤ワイン♪
ウインダウリー エステート サクラ シラーズ [2020]

桜ラベルが印象的な濃厚な赤ワイン♪ このサクラ シラーズは、日本限定で特別に限定数量を醸造しており、日豪友好の証である桜がラベルにはデザインされています。

熟したプラムや肉厚なベリー系果実に、樽由来のリッチなヴァニラの風味が感じられるクラシックな造りのシラーズです。ブドウは収量を抑え、またその中でも選りすぐられた一部のブドウのみを使用しています。発酵・熟成にはアメリカンオークを使用しています。タンニンは非常に滑らか、果実味だけではなく複雑味としっかりとした余韻を感じられる、上質な赤ワインに仕上がっています。

サクラ シラーズの「桜ラベル」は、日本とオーストラリアの歴史に深く関わっています。1944年、第二次世界大戦中カウラの地で捕虜になっていた日本兵約1000人が大脱走を企て、200名以上もの死者を出した事件がありました。カウラの人々は事件で命を落とした日本兵を手厚く葬り、日本との友好関係を深めるために日本庭園を作りました。そして日本人墓地から日本庭園までの間に約2000本の桜を植え、毎年桜祭り(10月頃)が行われるようになりました。国際理解を象徴する桜、それを後世に受け継いでいくためのサクラ シラーズなのです。

このカウラ捕虜収容所からの大脱走を題材にしたお話は、以前、日本テレビ開局55年記念スペシャルドラマ「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」 で放映されています。また、漫画「ソムリエール 6巻」(le vin #33「それぞれの桜」)でも取り上げられています。


■ウインダウリ エステートについて
ウインダウリ エステートは、1988年に設立されたワイナリーです。シドニーより車で西へ約5時間ほどの所に位置するニューサウスウェールズ州カウラ地区にあります。

ウインダウリ・エステートはカウラ地区、初のブティックワイナリーです。ワイナリーは、1861年に建てられた歴史的建造物である製粉所(ミル)を改築し、セラードア・テイスティングルームとして現在使用されています。

やや温暖な気候で、四季があり、野鳥や野ウサギ・カンガルーがブドウ畑を駆け回る、そんな穏やかな土地です。600ヘクタールもの広大な土地には、シャルドネやソーヴィニヨンブランを始めとする白ブドウ、シラーズやカベルネ・サンジョベーゼなどの赤ブドウと多種多様なブドウが植えられており、収穫された優良なブドウ(全体の40%)は自社ワインとして醸造し、残りの60%は大手ワイナリーに果汁を販売しています。

サクラ シラーズに関しては、現地の通常レンジには入っておらず、毎年、日本限定で特別に限定数量を醸造しているため、リリースと共に試したい、そんな1本となっています。
  • Windowrie Estate Sakura Shiraz[2020]
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/カウラ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラーズ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,960 のところ
販売価格 ¥ 3,442 税込
(0)
並び替え
1件中 1-1件表示