ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
サイトメンテナンスのお知らせ
サイトメンテナンスに伴い、2021年1月21日(木)午前01:00 - 午前07:00の期間、WEBサイトの閲覧・通販がご利用頂けません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

448件中 1-20件表示
1 2 23
  • 赤ワイン

ゼヴィア パパ [2019]

このPapa(パパ)は、ピノ・ノワール100%。Xavier(ゼヴィア)が最も愛するブドウと公言して、はばからない品種を駆使した、スルスル飲めるタイプの赤ワインとなります。

但し、昨年まで南オーストラリアのMount Gambier(マウント ガンビア)から収穫していたフルーツからうって変わり、盟友Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)と、その師匠William Downie(ウィリアム ダウニー)が管理する畑からフルーツを得ています。

Papaは、ボジョレーに恋したXavier(ゼヴィア)にとって、彼の地の赤に想いを馳せながら、醸した彼唯一の赤ワインです。軽やかで飲み易く、万人に愛されるスタイルを目指して醸造も熟成も同じステンレスタンクで行っています。

ストロベリーとラズベリーの香りが満載で、イージードリンクスタイル。軽く冷やせばXavier(ゼヴィア)が恋した、かの地から生まれるワイン同様に果実の愛らしい美味しさがストレートに楽しめる筈です。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常 ¥ 4,290 のところ
特価 ¥ 4,290 税込
  • ロゼワイン

ゼヴィア シャーリー ロゼ [2019]

カベルネ・ソーヴィニヨン種100%。本来この品種は、ソーヴィニヨン・ブランとカベルネ・ブラン種の掛け合わせ。親品種の2つを駆使して生まれるロワールのロゼが余りに美味で気に入っていたXavier(ゼヴィア)が突然のインスピレーションによって、その掛け合わせであるカベルネ・ソーヴィニヨンを使ったロゼを造る事が最高のアイディアだと信じた訳です。

ちなみに畑はヴィクトリア州のWarragul(ワラグル)。親友Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)と共にケアをする小さな畑です。

現在、全てのフルーツを完全なるオーガニックで育てているXavierですが、ハングタイムの長いカベルネ・ソーヴィニヨンは病気や自然災害のリスクも高まる品種。リスクを分散させつつ、味わいに深みをもたらす為に、1つの品種を2回の収穫期に分ける試みを行っています。

全ては手作業によるデリケートなヴィンテージですが、アーリーピックしたボリュームはステンレスタンクへ。熟度を高めて、収穫を遅らせたロットは全房プレスで古樽へ。発酵と熟成は共に同じタンクと樽の中で行い、同時に4ヶ月のシュール・リーを経て、味わいに深みを生んでいます。

ストロベリー・クリームを思わせるチャーミングな香りと、凛とした清い食感が印象的。 Xavier流のシンプルなロゼです。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常 ¥ 4,290 のところ
特価 ¥ 4,290 税込
  • 白ワイン

ゼヴィア ハーフ ウェイ トゥ ヘヴン [2019]

生れ故郷であるBendigo(ベンディゴ)に戻り、自身のガレージワイナリーを立ち上げたXavier(ゼヴィア)。次に、彼がスタートしたのは自らのワイン作りを支える畑の新たなセレクションでした。

当初、オルタナティヴなFiano種で醸しの長い白ワインを作り始めた彼ですが、求めていたのは大袈裟ではなく、忍び寄る様な旨味とミネラリティ。2019は、紆余曲折を経て、シャルドネとソーヴィニヨンン・ブランのフィールドブレンドに辿り着きました(比率非公表)。

しっかりと完熟を待ったフルーツは、凡そ3日間のコールドマセラシオン。ホールバンチ プレスで果汁だけでなく、果皮や梗の旨味も抽出しています。発酵と熟成は10年以上使用されたフレンチオークの古樽。攪拌は極力いませんが、酵母を温度コントロールする訳ではない為、高い揮発酸が発生する可能性が垣間見えた時だけ樽を転がしてみたそうです。

相変らずジュースの美味しさが素直にボトルの中へ閉じ込められており、ガブ飲みスタイル。適度なマセラシオン由来の軽い渋みと旨味があり、パイナップルとレモンライムの香りが爽快です。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ、ソーヴィニヨンンブラン
  • 750ml
通常 ¥ 4,290 のところ
特価 ¥ 4,290 税込
  • 赤ワイン

ウィリアム ダウニー ピノ ノワール ギプスランド [2018]

William Downie(ウィリアムダウニー)は、2003年に自身の名を冠したワインを作るプロジェクトをスタートしましたが、リリースするワインは全てピノ・ノワール。しかも3つの異なる生産産地から、土地の味わいを反映させるという強い意志の元に発した野心的コンセプトでした。

しかし紆余曲折を経て、現在は自身が住むGippsland(ギプスランド)のみを醸造。少なくとも自分が毎日ケアしていないブドウを使う気持ちが無くなってしまったそうです。

Gippsland(ギプスランド)は、ヴィクトリア州の州都メルボルンから東にあるヤラヴァレーを超えた、タスマニア海を南に据えたエリアに広域に渡り広がる冷涼区域です。年間降雨量もニューワールドの中では比較的多く、過去Williamが作っていた3種の異なるキュヴェの中では最もブルゴーニュ的とも云われています。植えられているクローンはロマネ・コンティ・クローンとポマール・クローン。

手作業による除梗(完熟したとみなした茎は使用します)の後にコールド・ソーク。古いオーク材で出来た開放発酵槽で野生発酵。余分なエッセンスを欲しがらないWilliamは醸造プロセスでは一切のプランジ(攪拌やパンチダウン)を拒絶しています。かつて使用していた新樽の使用率も、もう0%。自宅の庭に植えていたBlack Tree(Tea Treeの一種)で作った大樽で1年熟成してボトリングされています。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常 ¥ 9,900 のところ
特価 ¥ 9,900 税込
  • 赤ワイン

ルーシー マルゴー メルロー [2019]

ベルベットのように滑らかでリッチ、ブラッド プラムやチョコレートなどの味わいが感じられるメルローが今年も登場しました。

アデレードヒルズのマギー・スプリングスからメルローを調達し、除梗、セニエを行い、オープントップの木樽で発酵させます。時折、プランジングし、10日後にプレスして500Lの樽にて熟成されます。
  • オーストラリア/南オーストラリア/アデレードヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • メルロー
  • 750ml
通常 ¥ 4,950 のところ
特価 ¥ 4,950 税込
  • 赤ワイン

ヤウマ アルフレッド グルナッシュ [2017]

現在、オーストラリア国内のナチュラルメイド ワインに於ける最高峰としてその名声と地位を高めつつあるヤウマ。その中でもアルフレッドは別格の存在として、ジェームスが作るキュヴェの白眉と言われています。

ブドウは、ウッド ヴィンヤード。マクラーレンヴェールの最高区画であるクラレンドンに位置する彼等の畑は、砂質の表土下にシスト土壌や泥岩土壌、花崗岩土壌が織りなす複雑極まりないレイヤーです。

ヤウマのワインはウッド一族が管理する、この完璧なるオーガニックの畑から生まれるものが殆どですが、特に、このアルフレッドは接ぎ木されていない自根の樹木を使用しており、1981年に植えられたブッシュヴァイン(株仕立)の個性が素直に反映されています。

除梗せずに、無造作に植えられたグルナッシュを足で破砕。表面が乾かない様に手で優しくプランジする以外は何も行いません。基本的にはフリーランのみを使用しますが、プレスする一部は自分達の素手で優しく絞るのみです。

至上とも思えるシルキーで美しいタンニン。プラムやアメリカンチェリー的なダークフルーツと香りが確かに満載なのですが、ワイン自体は決して重すぎる訳ではなく寧ろエレガントで軽やか。深いミネラルが長期熟成のポテンシャルを物語っています。
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラーレンヴェイル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • グルナッシュ
  • 750ml
通常 ¥ 7,480 のところ
特価 ¥ 7,480 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点

≪高得点≫ ■お取寄せ マウント メアリー クインテット [2013]

  • オーストラリア/ヴィクトリア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン、メルロ、カベルネフラン、マルベック、プティヴェルド
  • 750ml
通常 ¥ 16,390 のところ
特価 ¥ 13,992 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ マウント メアリー トリオレット [2015]

  • オーストラリア/ヴィクトリア
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ミュスカデル
  • 750ml
通常 ¥ 10,890 のところ
特価 ¥ 9,273 税込
  • 白ワイン
  • WA90点
  • WS91点

■お取寄せ ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)(サクラ) [2014]

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。

イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。

凝縮したレモン、ライムや滑石の香りに、パイナップルやドライハーブの香り。口に含むとすぐにその余韻の長さと味わいの深みが感じられ、その中に白い花やフレッシュローズマリーなど、果物やハーブのフレーバー。
  • オーストラリア/南オーストラリア/イーデンヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • リースリング100%
  • 750ml
通常 ¥ 3,938 のところ
特価 ¥ 3,300 税込
  • 赤ワイン

コールドストリーム ヒルズ カベルネ ソーヴィニヨン リザーヴ [2017]

オーストラリアで最も有名なワイン評論家「ジェームズ・ハリデー」が自ら立ち上げたワイナリー。

ダークチョコレートとナツメグのスパイスのニュアンスがワインを引き立て、シームレスなフレンチオークの香りに支えられています。重層的でテクスチャーのある味わいは、特徴的な細粒のタンニンでフィニッシュしています。

シルキーで凝縮感のあるこのワインは、冷涼な気候のカベルネ・ソーヴィニヨンのエッセンスを示しており、少なくとも15年は熟成させることができるでしょう。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ヤラヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常 ¥ 8,580 のところ
特価 ¥ 7,150 税込
  • 赤ワイン

コールドストリーム ヒルズ シラーズ リザーヴ [2014]

オーストラリアで最も有名なワイン評論家「ジェームズ・ハリデー」が自ら立ち上げたワイナリー。

ダークチェリーのような香りに、スターアニスや土、スパイスのニュアンス。きめ細かなタンニンにフレンチオーク樽のほんのりした香りが特長です。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ヤラヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラーズ
  • 750ml
通常 ¥ 7,260 のところ
特価 ¥ 7,260 税込
  • 赤ワイン

コールドストリーム ヒルズ ピノ ノワール リザーヴ [2018]

オーストラリアで最も有名なワイン評論家「ジェームズ・ハリデー」が自ら立ち上げたワイナリー。

1985年に植えられた低収量のアンフィシアター・ヴィンヤードのAブロックを含むエステート・ブロックから手摘みで収穫された果実を使用しています。

ダーク・チェリーとプラムの香りが、繊細なフレンチオークと石灰質、持続性のあるタンニンによって強調されています。長い余韻と繊細なバランスが、このリザーヴを締めくくっています。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ヤラヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常 ¥ 10,010 のところ
特価 ¥ 10,010 税込
  • 赤ワイン

コールドストリーム ヒルズ ピノ ノワール ディア ファーム ヴィンヤード [2018]

オーストラリアで最も有名なワイン評論家「ジェームズ・ハリデー」が自ら立ち上げたワイナリー。

イチゴとクランベリーが混ざったような優美な香り。ミネラル香と僅かなフレンチオークの香りが複雑さと奥行きを与えてくれます。シルクーな舌触り、長い余韻が特徴です。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ヤラヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常 ¥ 7,480 のところ
特価 ¥ 7,480 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS92点

ペンフォールズ カベルネ ソーヴィニヨン ビン407 [2018]

ペンフォールズ ビン407は、質の高いカベルネ・ソーヴィニヨンのぶどうの収穫量が増えたことから製造可能となったワインで、1993年に1990年ヴィンテージが初めて発売されました。カベルネのグランジとも呼ばれるビン707にインスピレーションを得たビン407は、品質の特徴と飲みやすさとともに、ストラクチャーと深みのある味わいを持っています。

カベルネ・ソーヴィニヨンのお手本ともいえる品種の特徴を明確に持つビン407は、ペンフォールズが得意とする複数の地区の畑からブレンドする技術を活かしたワインで、核となる熟れた果実の味わいをフレンチ・オークとアメリカン・オークが精妙にサポートしています。

丸みを帯びて溶け込んだタンニン。オーク樽の香りが複雑な味わいを生み出し、チョコレート、スモーク肉、ブラックベリーなどの黒い果実に、ナツメ、イチジクも感じられます。フレンチオーク(21%新樽)とアメリカンオークのホグスヘッド樽(9%新樽)で12ヶ月熟成させています。
  • オーストラリア/南オーストラリア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常 ¥ 13,208 のところ
特価 ¥ 11,000 税込
  • 赤ワイン

絵本作家・谷口智則さんデザイン 牛ラベル 丑年
オーバー ザ レインボー PF シラーズ 保存料無添加 [2020]

絵本作家・谷口智則 氏がラベルのデザインを担当し、オーストラリアのウィンダウリ・エステートで醸造・ブレンドされたワイン。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • シラーズ
  • 750ml
通常 ¥ 2,750 のところ
特価 ¥ 2,750 税込
  • 白ワイン

絵本作家・谷口智則さんデザイン 牛ラベル 丑年
オーバー ザ レインボー シャルドネ [2019]

絵本作家・谷口智則 氏がラベルのデザインを担当し、オーストラリアのウィンダウリ・エステートで醸造・ブレンドされたワイン。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常 ¥ 2,750 のところ
特価 ¥ 2,750 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ ジョン デュヴァル ワインズ プレキサス マルサンヌ ルーサンヌ ヴィオニエ [2013]

ペンフォールズにて16年間チーフワインメーカーを勤めたジョン デュヴァル氏が2002年設立。「最高のワイン産地の一つ」バロッサのブドウの魅力を表現し、至宝のような卓越したワインを産み出します。樹齢100年を超えるブドウも使用。マルサンヌの一部とルーサンヌはステンレスタンクで発酵させ、秋の瓶詰めまで澱と共に寝かせます。残りのマルサンヌとヴィオニエは樽で発酵、熟成。魅力的なライムがかった麦藁色。種のある果物とスイカズラ、柑橘系の爽やかなアロマ。ほどよく厚みがあり滑らかな口当たり。口に含むとマンダリンオレンジや洋ナシ、フェンネルなどアジアのスパイスが感じられます。
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • マルサンヌ55%、ルーサンヌ32%、ヴィオニエ13%
  • 750ml
通常 ¥ 6,380 のところ
特価 ¥ 5,280 税込
  • 赤ワイン

ヤウマ ティッカ ザ コズミック キャット [2017]

ティッカは、ジェームスがワイン作りを行う小屋の周りに住み着いた猫に付けた名前。フワフワに生えそろった長い毛と、太くカールした尾が印象的なヤウマ ファミリーの一員です。

2015年に離婚したジェームス。かつての愛妻デニスは未だ同じ村に住んではいるものの、最早2人がアートワークを含めたワイン作りをする事はありません。そして彼女が携わったラベルワークを誂えていた全てのワインは二度と作られなくなる事が悲しくも決定された事はデニスの意志によるものでした。

ティッカは「ゴクゴク飲める」がコンセプト。2014ビンテージにメッセージ シラーズとしてリリースされたワインがアイディアの根幹を成しています。

フォアマン ブロック産のグルナッシュはビーツの様な野性味を。ウッド ヴィンヤードのシラーズによってベリー豊富な果実味を。アセンシオン ヴィンヤード産のグルナッシュからはカンパリやアニスの様なスパイシーなアロマを。異なる3種の畑から収穫されたシラーズとグルナッシュをほぼ均等にブレンドしながら絶妙な味わいを醸しています。

40日間、冷暗所に放置したカルボニック マセラシオン。フリーランのジュースのみを11ヶ月古樽熟成。そして、日本にやって来るキュヴェのみが二酸化硫黄を一切添加せずにヤウマの手許を離れています。

ジェームスの新たなる冒険の始まりです。(インポーター資料より)
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラーレンヴェイル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • シラーズ、グルナッシュ
  • 750ml
通常 ¥ 4,840 のところ
特価 ¥ 4,620 税込
  • 赤ワイン

ヤウマ ラルフ グルナッシュ [2017]

マクラーレン ヴェールの中でも特に良質な果実で高名なクラレンドン ヒルズ。その中でもウッド ヴィンヤードは1988年にラルフ ウッドによって植えられた自根のゴブレだらけの個性溢れる畑です。

特に凝縮感よりもミネラルや酸を重視するヤウマにとってウッド ヴィンヤードは特別な畑として彼の寵愛を受けて来ました。今迄ヤウマが過去にウッドの名を冠したグルナッシュをリリースしたのは2回のみ。特に一切の除梗をせずに、ただ只管茎も含めたフルーツの個性を素直に表現する事だけを願って作られるこのキュヴェは、ジェームスにとっても特別な1本であり、彼の才能と畑のポテンシャルを秘めたスペシャル リリースとして、ある一区画の果実だけを使用しています。

カンガルー諸島を見下ろす様に東向きに広がる、この区画はフィオナでは無くサム ヴェルガラスという頑固な職人的農夫によってケアされており、鉄石土壌に赤土や灰土が表土として折り重なるスピリチュアルな雰囲気に満ちています。

自根のゴブレのみが植えられたスロープはまるで異世界。収穫される果実も一般的な仕立てよりも遥かに少なく、当然ジュースのイメージは重く尊大なものかも知れません。しかしながらこの「ウッド」はまるで正反対。ヤウマが「品種の個性をこのワインに見出そうとするならそれは間違っている。このワインの個性は大地そのものなんだ」と言う理由は飲む事でしか理解出来ないかも知れません。(インポーター資料より)
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラーレンヴェイル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • グルナッシュ
  • 750ml
通常 ¥ 7,480 のところ
特価 ¥ 7,480 税込
  • 赤ワイン

ヤウマ シーヴュー バーズィー カベルネ フラン [2017]

海の見渡せるシーヴュー地区の畑から生まれたカベルネ フラン。力強いタンニンとインクや野生の花を思わせる魅惑的アロマに溢れる、この果実を使ってワインを作る事は足掛け5年に渡るヤウマの挑戦でした。

バーズィー一族によって所有されているこの畑を一貫したビオディナミで管理しているのが、ヤウマのブドウを全てケアしているフィオナ ウッド。ケイ ブラザーズやペンフォールズといったオーストラリアを代表するワイナリーが重く凝縮した果実を求めるこの区画で、フィオナが生む果実はエレガント過ぎるのでしょうか?誰にも見向きもされず、シラーズも含めてテーブルワイン用のブドウとして安価に買い叩かれていたそうです。

ジェームスは一念発起し、彼女が収穫する全てのシラーズとカベルネ フランでワイン作りを始めました。シラーズの出来には満足していましたが、彼が満足するカベルネ フランは全く出来上がらず。過去4年間は約18リットル入りのペットボトルで売り歩く現地消費用のテーブルワインにブレンドされていたそうです。そしてようやく2013年にシングル キュヴェとして発売に至りました。

2015からスタートしたSO2ゼロの世界も3シーズン目。カベルネフラン特有の「スミレ香」がフローラルに鼻腔を擽るのは勿論、しなやかでセクシーな食感は、既に南半球のそれとは到底想像も出来ない程。ヤウマの第2ステージを代表する素晴らしいキュヴヴェとして仕上がりました。(インポーター資料より)
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラーレンヴェイル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • カベルネフラン
  • 750ml
通常 ¥ 6,490 のところ
特価 ¥ 6,490 税込
448件中 1-20件表示
1 2 23