ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ターリー ワイン セラーズTurley Wine Cellars

ターリー ワイン セラーズ

ターリー ワイン セラーズの早わかりポイント

  • 古樹ジンファンデルにこだわるパーカー5つ星ワイナリー
  • ありふれたジンファンデルをカルトワインに引き上げた最大の立役者
  • 醸造家はワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出された若手ホープ

古樹ジンファンデルに特化するパーカー5つ星ワイナリー

ターリー・ワイン・セラーズの創設者ラリー・ターリー

ターリー・ワイン・セラーズは、パーカー5つ星を獲得するカリフォルニアにおけるジンファンデルとプティ・シラーのトップ生産者。

創設者ラリー・ターリーは、カリスマ女性醸造家ヘレン・ターリーの弟。ラリーは、ナパの人気ワイナリー“フロッグス・リープ”設立者の一人であり、カリフォルニアではありふれたジンファンデル種をカルトワインというステータスにまで引き上げた最大の立役者です。

当時、大成功をおさめていたフロッグスリープ。しかしラリーは、オールド・ヴァイン(古樹)ジンファンデルの可能性に関心を持ち、“フロッグス・リープ”を離れます。カベルネ、ピノ・ノワール等の人気品種におされて伐採を危惧され、失われつつあった、古樹のジンファンデルの畑に新しい命を吹き込もうとしたのです。

1993年、ラリーは古樹のジンファンデルとプティ・シラーにスポットライトを当てたブティックワイナリー“ターリー・ワイン・セラーズ”を設立しました。

ターリー・ワイン・セラーズのワイン

幾多の生命を救ってきた元 ER 医師として荒廃した葡萄樹も救ってみせると意気込んだラリーは、フロッグス・リープ・ワイナリーで確立したオーガニック農法をターリーにも取り入れました。

畑と葡萄の育成には、今も昔も非常に細やかな管理を行っており、自社畑は全てオーガニック推進団体“California Certified Organic Farmers(CCOF)”の認証を取得しており、発酵プロセスでは全て天然酵母を使用しています。

ターリーといえば以前はアルコール度数の高さと男性的で濃厚な果実味が目立っていましたが、現在のワインメーカーであるティーガン・パッサラクア就任後は既存のスタイルを受け継ぎつつ更に洗練されたワインを造り出しています。

一時期に比べ新樽率とアルコール度数を抑えており、ハイアルコールながら以前よりエレガントでスムーズに仕上がっています。

ターリーを支える歴代ワインメーカー

ターリー・ワイン・セラーズの醸造家ティーガン・パッサラクア

設立当初はラリーの姉であり、これまでに多くのカルトワインを手掛けてきたカリスマ女性醸造家でもあるヘレン・ターリーがワインメーカーを務めていました。

1995年、ヘレン・ターリーの退任後はアシスタントだったアレン・ジョーダンがワイン造りを引き継ぎました。アレンは、ジンファンデルとプティ・シラーで幾多のパーカー高得点を獲得しながらターリーのブランドとスタイルを構築していきました。

2013年アレン・ジョーダンが、自身のブランド“フェイラ”に集中する為に退任。以降現在に到るまで、ティーガン・パッサラクアがターリーのワインを造り続けています。

ニュージーランドのクラギー・レンジや、ローヌ、クローズ・エルミタージュを代表するアラン・グライヨ、南アフリカの著名生産者サディ・ファミリーでもインターンを経験した、ティーガンは、2005年からアレン・ジョーダンの下で栽培・醸造チームの一員として経験を積んできました。

2015年にはサンフランシスコ・クロニクル誌でワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出された若手のホープです。

オールド・ヴァインにフォーカスする理由

ターリー・ワイン・セラーズの古樹ジンファンデル

ターリーが古樹にこだわり、多大な労力と資金をかけるのは、オールド・ヴァイン・ジンファンデルを再生させ、次世代の為に保存したいという思いがあるからです。

元気過ぎて過剰に育ちがちな若木に比べて、古樹のブドウはずっと安定していて賢いといいます。畑の土壌と気候に適応している為、干ばつや雨期にも強く、均一に熟する事に加え収穫量も安定していて、自然とバランスの良い葡萄が作れるそう。

また古樹は小粒な果実を付けるので、より骨格とタンニンのしっかりした凝縮感のある味わいのワインが造れます。

もちろん、古樹にだけではワイン造りは継続できません。ターリーでは、現行の古樹と平行して若木の育成行っています。

育成中の若木を有効活用する為に造られたのがマルチ・ヴィンヤードの一つジュヴナイル。古樹の植えられている区画に再植林された若い木にタグ付けし、古樹とは別けて収穫・醸造します。

古木は素晴らしいワインを生みますが、若木も同様に方向性は違えど素晴らしいワインを生むというのがターリーの主張です。こうしたこだわりを持ち、ワイン造りを追求しているターリーには、カルト系のカベルネ・ソーヴィニヨン生産者に匹敵するメーリングリストのフォロワーがいます。

6件中 1-6件表示
  • 赤ワイン

カリフォルニアのジンファンデルの名手が造る
ターリー ワイン セラーズ ジンファンデル ステーシー ランチ [2020]

クラシックなローヌを思わせる、青系や紫系の果実、ラム肉、スパイスの香り。ビロードのような口当たりのワインです。

野生酵母、オーク樽(フレンチオーク80%、アメリカンオーク20%)(新樽20%)で15か月熟成しています。無清澄、無濾過。アルコール度数15.3%。

■ステーシー・ランチについて
ステーシーランチは、後にカリフォルニアにおいてジンファンデルを造る基準となった台木セントジョージが初めて植樹された畑の一つです。1907年に植樹されたこの畑のジンファンデルは古いカリフォルニアの畑でよく見られるグルナッシュ、カリニャン、ミッションと混植されています。


■ターリー・ワイン・セラーズについて
ターリー・ワイン・セラーズは、ジンファンデルとプティ・シラーのトップ生産者として知られ、フロッグス・リープの設立者の一人であるラリー・ターリー氏が、1993年にナパ・ヴァレー/セント・ヘレナで設立したパーカー5つ星ワイナリーです。また、ターリー氏はカリフォルニアでは、ありふれたジンファンデル種をカルト・ワインというステータスにまで引き上げた最大の立役者です。

ターリー氏は、当時失われつつあったオールド・ヴァイン(古木)のジンファンデルに可能性を感じ、それに特化したブティックワイナリーを始めたいと考え、自身のワインビジネスの原点であるフロッグス・リープを離れました。

荒れたジンファンデルのオールド・ヴァインの畑を再生する鍵は、フロッグス・リープで取り入れていたオーガニック農法だとターリー氏は考えました。その理念に基づいて、ターリー氏は今も昔も畑と葡萄の育成に非常に細やかな管理を行っています。自社畑は全てオーガニック推進団体の California Certified Organic Farmers(CCOF) の認証を取得しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ロダイ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル、グルナッシュ、カリニャン、ミッション
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,800 のところ
販売価格 ¥ 8,800 税込
(0)
  • 赤ワイン

カリフォルニアのジンファンデルの名手が造る
ターリー ワイン セラーズ ジンファンデル キルシェンマン ヴィンヤード [2020]

陽を浴びたワイルドストロベリーや、アニス、ミント、スパイス、フェンネル、刻んだハーブをかけてローストしたラム肉やほのかなラズベリー・リキュールの風味が感じられます。

野生酵母、オーク樽(フレンチオーク80%、アメリカンオーク20%)(新樽20%)で15か月熟成しています。無清澄、無濾過。アルコール度数14.9%。

■キルシェンマン・ヴィンヤードについて
キルシェンマン・ヴィンヤーは、ターリー・ワイン・セラーズのワインメーカーであるティーガン・パサラクア(Tegan Passalacqua)氏が所有し、農場を営んでいることから、ターリー・ワイン・セラーズにとって身近な存在の畑です。

1915年に、ロダイ/マカロミーリヴァーAVAの西側、シリカに富んだ砂質土壌に接ぎ木されていない葡萄樹が植樹されています。株仕立て、乾地農法で育てられる葡萄は、川やデルタからの涼しい風によって暑さから守られています。古木のフィールドブレンドで、モンデュース、サンソー、カリニャンが少量植えられています。


■ターリー・ワイン・セラーズについて
ターリー・ワイン・セラーズは、ジンファンデルとプティ・シラーのトップ生産者として知られ、フロッグス・リープの設立者の一人であるラリー・ターリー氏が、1993年にナパ・ヴァレー/セント・ヘレナで設立したパーカー5つ星ワイナリーです。また、ターリー氏はカリフォルニアでは、ありふれたジンファンデル種をカルト・ワインというステータスにまで引き上げた最大の立役者です。

ターリー氏は、当時失われつつあったオールド・ヴァイン(古木)のジンファンデルに可能性を感じ、それに特化したブティックワイナリーを始めたいと考え、自身のワインビジネスの原点であるフロッグス・リープを離れました。

荒れたジンファンデルのオールド・ヴァインの畑を再生する鍵は、フロッグス・リープで取り入れていたオーガニック農法だとターリー氏は考えました。その理念に基づいて、ターリー氏は今も昔も畑と葡萄の育成に非常に細やかな管理を行っています。自社畑は全てオーガニック推進団体の California Certified Organic Farmers(CCOF) の認証を取得しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ロダイ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル、モンデュースノワール、サンソー、カリニャン
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 11,000 税込
(0)
  • 赤ワイン

ターリーの入門的ジンファンデル
ターリー ワイン セラーズ ジュヴナイル ジンファンデル [2020]

私たちのワインは多くがシングルヤードですが、ジュヴナイルは様々な若い葡萄の木から収穫した葡萄を使用しています。

それらの若い木は、樹齢の高い木の植えられている区画に再植林された木です。その若い木にタグ付けし、別々に摘み取り他とは異なるワインを造ります。

ジュヴナイルで使用している木は、樹齢6~25年と幅があります。カリフォルニア州内の選り抜きの自社畑であるハイン、ペセンティ、サルバドール、ヴィンヤード101、フレデリックス、キルシェンマンなどの葡萄を使用しています。

煮込んだプラム、ブラッドオレンジ、アプリコットの風味にしっかりしたタンニンとバランスのとれた酸味。ジュヴナイルのクラシックなテクスチャーで、今すぐから飲むことが出来ます。ブショネの原因となるトリクロロアニソールを除去した新しいコルクをこのヴィンテージから使用しています。

自然酵母、フレンチオーク80%、アメリカンオーク20%で12か月間熟成(新樽5%)しています。アルコール度数:15.2%。


■ターリー・ワイン・セラーズについて
ジンファンデルとプティ・シラーのトップ生産者として知られるターリー・ワイン・セラーズは、フロッグス・リープの設立者の一人であるラリー・ターリーが1993年にセントヘレナで設立しました。

カベルネ、ピノ・ノワール等の人気品種におされ伐採を危惧され、失われつつあったオールド・ヴァイン(古木)のジンファンデルに可能性を感じ、それに特化したブティックワイナリーをやりたいと考えたラリーが自身のワインビジネスの原点であるフロッグス・リープを離れた事から始まりました。

ラリー氏は単独でこのジンファンデルの畑を保護管理した事で多大な信頼を集めています。荒れきったオールド・ヴァインのジンファンデルの畑を再生する鍵はフロッグス・リープで取り入れていたオーガニック農法と考えるラリーの理念の元、ターリーは、今も昔も畑と葡萄の育成に非常に細やかな管理を行っています。

自社畑は、ジンファンデルとプティ・シラーの単一葡萄畑を約30保有しており、全てアメリカ農業省認定の有機認証機関California Certified Organic Farmersによって認定されています。
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,050 のところ
販売価格 ¥ 5,470 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA90点
  • WS91点

ターリー ワイン セラーズ エステイト ジンファンデル [2017]

ワイナリーの裏庭に当たる畑を使っていて、毎日ワイン造りをしながら、自宅からも見渡せるこの畑には皆、特別な思い入れがあります。1996年植樹した葡萄樹に加え2006年、オーガニック認証を受けたジンファンデルを6エーカー植樹しました。

純粋で鮮やかな赤と紫の果実、オールスパイスとローズマリーやタイム、ラベンダー等のハーブが強く香ります。これに仄かなチョコレート掛けの柑橘類も感じられます。口当たりはまるみがあってクラシカルなナパの洗練さがあり、特に今は無きアイーダ(シングル・ヴィンヤード)のファンにとってはアイーダが蘇ったように感じられるでしょう。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 7,920 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

ターリー ワイン セラーズ ジャッジベル ジンファンデル [2016]

ジャッジベルは、ターリーのアマドール・ワイナリーが面しているベル通りと、ゴールドラッシュ時代に近隣の街を統括し悪名をとどろかせたジャッジ・ベル(ベル裁判官)から引用されました。1907年に植樹され長い歴史を持つ葡萄樹は有機栽培の花崗岩の土に深く根をはっており、この葡萄からできるワインはきらめくような赤色で赤色果実のアロマに満ち、アマドールの花崗岩の地質を反映したきめ細やかなタンニンが活きています。

醸造ディレクターのティーガンは、2016年ヴィンテージについて「どこかネッビオーロを彷彿とさせる味わいをもっている」と言います。セージ等のドライハーブ、赤や濃色果実のアロマなど複雑な香りが混じり合い、存在感のあるタンニンが骨格を作り上げ、アマロリキュールを思わせるようなほろ苦いフィニッシュは、これまでのターリーワインとは一線を画しておりラインナップの中でも個性的なワインに仕上がっています。
  • アメリカ/カリフォルニア/アマドール
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • ジンファンデル100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,800 のところ
販売価格 ¥ 8,800 税込
(0)
  • 赤ワイン

ターリー フレデリックス ヴィンヤード ジンファンデル [2015]

1937年に植樹された畑でオーガニック認定を受けています。マヤカマス山脈のソノマ側から見てナパとの境界より1マイル半の距離で葡萄樹は標高900フィートの位置にある起伏のある急斜面で育てられています。黒の果実やベリーを中心に香るハーブや低木を果実が引き立てています。山岳部で生まれたワインの為、複雑味があり、しっかりとした酸とタンニンが特徴です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,470 税込
(0)
6件中 1-6件表示