商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > ワイナリー > カリフォルニア > マ行 > ミウラ

ミウラ

ミウラ / Miura

食通をうならすマスターソムリエ醸造ワイン

世界で150人程しかいないマスターソムリエの称号を持ち、サンフランシスコのリッツ・カールトンで名物ソムリエであったエマニュエル・ケミジと、カリフォルニアピノ・ノワールの名手セインツ・ベリーのワイン・メーカーとして名声を得たバイロン・コスギがタッグを組んで始めたワインです。

カリフォルニアの特級畑とも言える名醸畑のブドウから単一畑のピノを造っています。「ミウラ」はエマニュエルが子供の頃に住んでいたスペインの、闘牛調教師の名前から来ています。ボトルには雄々しい闘牛が描かれています。

アメリカ合衆国に生まれ、スペインとイギリスで育ったエマニュエル・ケミジは、カリフォルニア大学のデイヴィス校を卒業しました。経済とスペイン文学の学位に加えて、ブドウ栽培と醸造学も勉強しワインの興味を深め、最終的には1995年にミウラ・ヴィンヤーズを始めるに至りました。その後1998年にはキャンデラ、2000年にはアルマス、2001年にはアンティクィス、2003年にはアカスを立上げ、またスペインのプロジェクトとして、2003年のアレルス、2005年のクロ・ピサーラを立ち上げました。

彼は1988年から1999年までリッツカールトンのワイン&スピリット・ディレクターとして活躍し、最初はロサンゼルス南の有名なラグーナ・ビーチにあるラグーナ・ニゲールからスタートし、その後サンフランシスコの有名なザ・ダイニング・ルームに移りました。

1989年にはロンドンに本部のあるマスター・ソムリエの試験に合格しました。アメリカ人としては13番目、また一度目の試験で合格した9人のうちの一人となりました。同年、彼はカリフォルニア・レストラン・ライター協会の「ソムリエ・オヴ・ザ・イヤー」も受賞しました。また、クリティクス・チョイス・アワードの「ワイン・ディレクター・オヴ・ザ・イヤー」にも選ばれ、1999年のサンフランシスコ・マガジンで表彰されました。サンフランシスコ・クロニクル誌はケミジを「2000年に注目すべきワイン醸造家トップ10人」の一人と名づけました。

2006年には、コミュニティとチャリティへの模範となる献身に対して名誉毀損防止組合からワイン・インダストリー功労賞を受賞しました。またロサンゼルス・カウンティ・フェアーとサンフランシスコ・インターナショナル・ワイン・コンペティションでは常に審査員として参加しています。

3 件中 1-3 件表示 

■【お取寄せ】ミウラ ピノ ノワール ロキオリ ヴィンヤード ロシアン リヴァー ヴァレー[2015]

■【お取寄せ】ミウラ ピノ ノワール ロキオリ ヴィンヤード ロシアン リヴァー ヴァレー[2015]

通常14,850円のところ
特価13,750円(税込)

「ロシアン・リヴァー・ヴァレー」AVA のワインとしてラベルに記載されていますが、このブド ウは、実はソノマで最も著名な栽培家として知られるジョーとトム・ロキオリの畑100%のワイン です。

世界で 150 人程しかいないマスターソムリエの称号を持ち、サンフランシスコのリッツ・カールトンで名物ソムリエであったエマニュエル・ケミジと、カリフォルニア ピノ・ノワールの名手セインツ・ベリーのワイン・メーカーとして名声を得たバイロン・コスギがタッグを組んで始めたワインです。カリフォルニアの特級畑とも言える名醸畑のブドウから単一畑のピノを造っています。「ミウラ」はエマニュエルが子供の頃に住んでいたスペインの、闘牛調教師の名前から来ています。ボトルには雄々しい闘牛が描かれています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ミウラ ピノ ノワール ピゾーニ ヴィンヤード サンタ ルシア ハイランズ[2015]

■【お取寄せ】ミウラ ピノ ノワール ピゾーニ ヴィンヤード サンタ ルシア ハイランズ[2015]

通常14,850円のところ
特価11,880円(税込)

ピゾーニ・ヴィンヤードは、丘とサンタ・ルシア・ハイランズの南に位置するドライ・クリークにひっそりと佇む畑 です。ビッグ・サーやモントレー・コーストとサリナス・ヴァレーを隔てる丘の一角にあります。ブドウの樹はいく つかの小さなブロックに植えられ、土壌は山からの砂利と細かい砂です。ブロックは人や物、家族の名前をとって気 まぐれに命名されました―“キャンパー”や“マミーズ”、“エリアス”などです。(このワインのブドウは“キャンパ ー”と“ハーモノス”、単に“オールド”と呼ばれるオリジナルのブロックのものです。) 立地は乾燥していて砂漠に 近いですが、特別暑くはありません。ほとんどの畑は東から南東を向いていて、日中よりも朝の日照時間が長くなり ます。運が良ければとてもフレンドリーなピゾーニの長老、ゲイリーに出会えるかもしれません。耕されたこの畑は、 高地やそのほかの場所にはそぐわない強さがあります。ブドウは冷蔵のトラックでワイナリーまで運ばれ、できるだ けブドウが収穫された時のコンディションを保つようにします。ワイナリーに着くと、ほかのブドウと同じようにす ぐに実が選果台で選別されます。ピゾーニ・ヴィンヤードで獲れたブドウに関しては一定量を全房のままタンクの底 に入れ発酵し、手作業でパンチダウンされます。程よいタンニンを好むので、発酵槽に加えられた果梗が爽やかなし っかりとした口当たりのタンニンを与え、ワインの柔らかさは保たれるようにします。 すべてのミウラのワインと同じように酵母は加えていません。最近ではお決まりになっていますが、目指すべきはあ くまで畑を最大限に表現することです。

世界で 150 人程しかいないマスターソムリエの称号を持ち、サンフランシスコのリッツ・カールトンで名物ソムリエであったエマニュエル・ケミジと、カリフォルニア ピノ・ノワールの名手セインツ・ベリーのワイン・メーカーとして名声を得たバイロン・コスギがタッグを組んで始めたワインです。カリフォルニアの特級畑とも言える名醸畑のブドウから単一畑のピノを造っています。「ミウラ」はエマニュエルが子供の頃に住んでいたスペインの、闘牛調教師の名前から来ています。ボトルには雄々しい闘牛が描かれています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る



3 件中 1-3 件表示